www.dontneednomelody.com

好きなこと中心に細々ともの書き。読書とか映画とかリウマチとか




【防寒】靴 手袋

76Lubricants ナナロク ”アンクルマジック” ウインタービーンブーツ No.76 DB1307 お買い得,新品

→こんなビーンもあります!!【今までのS3Sヤッケはコチラ】 → 発売日2012年9月25日頃予約販売の有無予約販売の予定はありません。 【アウトレット商品ご購入に関するお願い】 当店アウトレット商品ご購入をご検討されているお客様にお願いがございます。 当店の説明が足りておらず大変申し訳ござませんが、アウトレット商品にはそれぞれアウトレットになる理由があり、基本的に「販売継続が難しくなった」商品が対象となります。 現在、お届けの際、「サイズが合わないから交換して欲しい」「画像と色が違うので返品したい」というお声が少なからず発生しております。 非常に申し訳ありませんが、アウトレット商品に関しては原則「交換不可」「ご返品不可」とさせていただいております。 それ故、価格がお安く・アウトレット商品となっておりますので、どうかご理解いただけましたら幸いです。 ただし、下記「お届けの際の明らかな製造不良」に関しましては、別途ご返品をお受けいたしますので当店までお手数ですがご一報いただけましたら幸いです。 それでは、今後とも当店アウトレット商品をお楽しみいただけましたら幸いです。 【返品対象の商品(製造時の致命的不良)リスト】 (1)その物本来の役割を果たさない。(例:カッパなのに滲みる。長靴なのに破れている。) (2)明らかに画像と全く違う商品が届いた。 (3)デザイン上の荒さや仕上がりの悪さは画像に表示、それ以外の表面上製造欠陥が見受けられる。 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 いやぁ、今年も残すところあと僅かになってきましたが 今年の北海道は例年に比べて雪が多い 気がするのは私だけでしょうか??私(作者)は冬季間、「自宅から会社まで40分間」かけて徒歩で会社に来ていますが、さすがにスニーカーではもう最近の雪には対応できません(泣)。  そこで!私がこよなく愛する通勤シューズが 2年前に発売されたナナロク・ビーンブーツ!! です。これはもう私的には「無敵」ですね☆。深夜に降り積もった朝のふわふわの雪だって、湿ったベチャ雪や、猛吹雪の日だってこの1足で完全解決!!雪国のお客様には本ッ当に心強いアイテムですよ!!  今年の冬はナナロクからビーンブーツも充実。お仕事でも日常でも大いに着用していただけるハイセンスなビーンブーツがリリースされています!!そして!今回もナナロクから新作のご紹介!! そう!雪国でも安心・快適なアンクルマジック・ビーンブーツ!! の発売です! 【QUICKな感じがとってもGOOD!新作76ビーンブーツ!】 ■スポッと履ける気軽さがGOOD☆・・・この商品の特徴といえば、一見長靴のように見えるこの筒型形状。例えば、スーツで通勤されるお客様や、ジーンズをお召しのお客様がちょっとの用事のときに「長靴を履こう」とはなかなか思うに至りません。それは何故か?答えは簡単ですよね、「ファッション的にNG」だと何となく思ってしまうからです。でもこのビーンブーツならいかがです?例えば、近くのコンビニまで、ちょっと車でお出かけ、通勤や通学の際の制服・スーツの上からでも長靴を履いた時のような印象にはなりません。ちょっとしたアウトドア感覚なウェアと合わせてもらったらオシャレなアウトドアコーディネートの完成です☆ ■アンクルバンドが機動性をアップ☆・・・先に発売されているファータイプのビーンブーツと比べて、ちょっとずん胴に見えてしまうかもしれませんがこの商品の”要”は足首の辺りにあるマジックテープで機動性をアップしているところです。紐タイプのビーンブーツでは紐を緩めるor締めるで各部の調節は可能ですが、何しろ手間がかかりますよね?脱ぐときにも締めた紐を緩めないと脱ぐことが出来ません。ところが、この商品はスポッと足を通した後にキュッとマジックテープを締めることでまるでスニーカーのような履き心地を実現することが可能なんです!! ■あまり無い?インナーソックス・・・正直、ナナロクでなければどこの靴屋さんにも冬場見かけそうなブーツですが、これが作業用品の極みです! 中身が取り外し出来るインナーソックス機能で、いつも清潔で、汚れが匂いが気になればソックスを外してファ○リーズでシュシュッと1吹していただき、乾燥したお部屋でじっくり乾かせていただければいつも新鮮な風合いを保ちます。 足首をキュッと締めることにより歩きやすくなったビーンブーツは、私のような「長時間」歩く人にはまさにピッタリなウインターブーツだと思いますね♪。足首を固定されるとここまで動きやすくなって、40分間歩き続けても不思議と疲れを感じないのもお勧めのポイント!!  私の場合、正直、もうファッションよりも「寒いのがイヤ!雪が付いたらイヤ!」っていう性格なので、足元は長靴でもイイんですが、 長靴ってカポカポしているんで、長時間歩くと疲れがハンパない・・・ んですよね。  そんな私のような無精者にも抜群の暖かさと着脱性、カッコイイデザインブーツ、そして動きやすさと軽さを実現した当商品であれば、もう「長靴でなくてもいいかな」なんて思ってしまいます。最後に、 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm、普段履く長靴のサイズ:Lサイズ の私が履いてみたところ・・・、 Lサイズで問題なし でした!!私の場合、Lサイズで少し余裕があるので厚手の冬用靴下も入りそうです。 あまりの履きやすさ・脱ぎやすさに思わず「こっちにしようかな・・・」と浮気な気持ちが出ましたが、チラッと玄関を見ると、もう2年も履いてるのにピンピンしているナナロク・ビーンが自分の下駄箱に入っているのをみて、「まだ買えないや・・・(苦笑)」と思ってしまう今日この頃でした。

76Lubricants ナナロク ”アンクルマジック” ウインタービーンブーツ No.76 DB1307 お買い得,新品 —— 3,000円

【防寒】靴 手袋

Prono プロノ 裏フェルト防寒長靴スターマリンパーフェクト STM015T お得,大人気

→■先芯入り安全タイプはこちら■ 必見、製作者が語るアピールポイント!!  いつかは自分にもチャンスが訪れると思っていましたが、まさか最初のページ作りが「長靴」とは・・・。恥ずかしながら長靴のことはお客様のほうが詳しいのでは?という知識レベルです。  「冬の一番の売れ筋だから頼むよ!」へ・・・?一番売れるの?それって全国でかなりのお客さまが必要としているってことだよね。そういえば最近確かに「あのさ、スターマリンっていつ出るの?おととし買ってよかったからさ、今回は夫と私で2足買いたいんだよね。え?まだ買えないの。いつになったら買えるのよ~~」みたいな問い合わせを受ける事が多い・・・。 こうして突如、スターマリン密着生活が始まったわけです。  まず写真撮影。このときがスターマリン実物とのはじめての出会いです。ふんふん、いかにも当店にありそうな、ゴツい長靴ね、と特に感動はありませんでした。ブルーも自然な色合いだし、地味系?…わわっ!ファンの皆さんそんなに怒らないでくださいよ。どうぞ、お手柔らかに。恥ずかしながら長靴と無縁の生活を送ってきたんです。「何がカッコ良くて何がダサいのかも分からない」、「正直、はきたい・はきたくないを決められない。」それくらいピンと来てません(苦笑)  何故、先輩は私のページ作成デビュー作にこの長靴を選んだんでしょうか?でもリサーチや勉強を進めると後々スターマリンに特別な気持ちを抱くようになっていったのを、今でも鮮明に覚えています。  お仕事をされるお客様にとって「良い長靴」とは何か、雪国である北海道で「必要な防寒長靴」とは何か、極寒の北海道のワーカーを支える当店がお客様にしてあげられることは何か?を徹底的にリサーチ・検証してみました!!この1カ月体を張って得てきた情報はこれでもかってくらいこれからお伝えしますね!! 【そもそもスターマリンって何?驚きの誕生秘話】  真夏のある日、サンプルが届きました。「今年のスターマリンはスゴいぞ!!」と社内でザワついてます。が、わたしの心はモヤモヤ。だって「今年の」「去年は」以前に「そもそもスターマリンって…何よ?!」って事で早速、一見怖い風貌の開発担当者に直接聞いてきました☆知りたい事は山ほどあります。  ビックリですが驚きの連続!!きっと当店リピーターのお客様もご存じない情報を入手できちゃいました。今までのページ制作でも入手できなかった情報☆そう、これぞ「スクープ」です!! 開発秘話その(1)  目指しているのは昭和の長靴?!スターマリンって2年同じ仕様は無いんです。それは毎年お客様の声を反映して改善しているから☆まさに進化する長靴といえますね。進化し続けると聞くと未来的ですが、スターマリンが目指しているのは昭和の長靴。意外すぎます!どういうことなんでしょう??30年前までの長靴は実は国産品がほとんどでした。日本の職人さんによるていねいなモノづくりの精神で、不良は皆無に近かったんです。しかし1980年代から国内から海外へ工場がドンドン移転していきました。大量に安く生産できるようになったものの品質は低下してしまう、という事態が起こります!ご経験のある方もいらっしゃるでしょう「折り切れ」。この折り切れは海外に生産シフトした時点から始まった問題なんです。 開発秘話その(2)  ないなら作っちゃえ~!そこで当店は長靴のあるべき姿を取り戻すために、メーカーさんにお願いをして回りました。メーカーさんは「ぜひともやらせていただきたい。ただし、品質をそこまで上げるとなると・・・この価格は覚悟してね」提示された見積もりを見てビックリ。この価格ではお客様が仕事等で普段使いすることができない。「品質を上げると非常に高額になり、買いやすい価格にすると品質が悪くなる」私たちは壁にぶち当たりました。でも、あきらめられません。長靴を必要としているお客様の顔が浮かんだからです。冬場の北海道・東北は長靴が生活必需品であり特に“外で働く人”にとっては重要な道具です。本当に暖かく、丈夫で、デザインのよい長靴をお求め安い価格提供することは当店の使命。メーカーさんでの開発が困難であるならば、直接工場に出向いて商品作りをしよう!ここから伝説が始まりました。 【ここがスゴい!スターマリン2015】 ■フィット性を重視した型を採用。 長靴っていうと「歩きにくい、重い、ムレる」そんなイメージを持ってませんか?実は歩きやすさと重さって密接な関係があるんです。歩きやすいのは「足にフィットしていて重さを感じにくい」ということ。そもそも通常長靴で重さを感じる要因は甲の部分の余白。これは着用がスムーズになる大切な余白でもあるんですが、いざ歩き始めると踏み出すたびに甲で持ち上げる形になり、そのたび負担がかかります。これが重みを感じる理由でもあるんです。スターマリン2015は型が去年とまるっきり違います。フィット感をもっとも重視したため、格段に歩きやすくなりました。去年のスターマリンと履き比べたスタッフも「おお、歩きやすくなった」と喜んでいました☆ ■保温性バツグン。 防寒長靴の暖かさの決め手となるのは裏生地です。裏地に選んだのはフェルト、厚さは6mm!「ふーーん。6mmって普通じゃない?けっこう売ってるよ」っていうお客様、実は「フェルト」で6mmというのがミソなんです。巷で売られている裏生地6mm以上のものはウレタンが主流なんですね。ウレタンは簡単にいうとスポンジです。空気を内部にたくさん含んでいます。空気のスペースが多いほど体温熱をたくさん取り込むので温かい、という構造になっています。しかしフェルトの場合、ギュッと繊維がつまっていますよね。内側を覗いていただければもう一目瞭然です!手芸屋さんで売っているようななめらかなタイプではないものの、この密集した繊維が0.1mmのスキマ風も通しません。さらにフェルトの特徴として吸水性があります。よく中敷に使われるのは汗を吸うから、という理由なんです。これで長靴のムレ問題も多少は改善するかもしれません☆ ■アウトソールの耐久性がアップ。 肉厚な靴底。その深い凹凸は雪の上でもグリップ力を発揮してくれます。模様をつけました程度じゃない深さがあります。靴底には2つの製法があります。1つは「モールド製法」もう1つは「ロール製法」どちらも一長一短ありますが、モールド製法はカカト部分の軽量化のために、内部を空白にする場合があります。軽いけれど、カカトに穴が空いてしまうリスクがあるんです。今期スターマリンで採用したのはロール製法。カカト部分にはゴムシートをプラス。これでお客様から強くご要望いただいていたカカト穴あきの心配がほぼ0になりました!ゴムシートは切らないと分からない部分なので、お客様に見ていただけないのが残念です。長持ちすることでその効果を感じていただければと思います。 ■生ゴムの配合率の高さ。 一般的な長靴の生ゴムの配合率は平均45~50% スターマリン2015は何%かは企業秘密でいえないのですが、絶妙な配合で折り切れしづらくいたしました!本体ゴムには紫外線劣化防止剤を配合し、直射日光にも劣化しにくい工夫もしてあります☆屈曲検査は20万回を2セット。裂けやすいと言われているくるぶしから下を集中的におこなって実証済みです。本体の特徴としてほかにあげられるのは、高反発でしゃがんだあとかなり立ち上がりやすかったです。 ■普遍的なデザイン。 スターマリンの象徴である☆マークはバックに入れました。スターマリンは一般の長靴と比べ「ハデ」と言われていますが、私個人の感想では「そんなにハデかな??」という印象です。「☆マークはちょっとなぁ~」と抵抗ある方もいらっしゃるかもしれませんね。案外、長靴がズラッと並んでいるなかで見ても悪目立ちしないんです。かといって存在感がないワケではなく目には飛び込んでくるんです。特別に愛着があるからかもしれません(笑) いかがでしょうか??ワタクシが勉強してきた情報をすべてお伝えしようと思ったら盛りだくさんになってしまいました。あ!もう一つ大事なことを伝え忘れていました。これからは初期不具合品の割合も少なくなります!実は開発スタッフが生産現場に出向き、工場の方々と生産環境の整備をおこなったんです。これまでお届け時点での不具合でご迷惑をおかけしたお客様にもまたお試ししていただきたいです。不具合商品の少ないモノづくりにグンと近づいた今年のスターマリン、ほかの機能面をとってみても当店の理想に大きく近づいたといえます。 最後に、いつも長靴ではLサイズを履いているという当店の男性スタッフにはいてもらったところ・・・Lで良かったそうです。 ちなみに、そのスタッフの詳細情報としては、 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm(Nikeは26.5cm) でした。  従って、お客様はいつものサイズを選んでいただいて問題ございません。ただはいた瞬間「あれっ小さい??」と思うようです。なにせ今年は“歩きやすく”チェンジ!型が1から見直されています。昨年もはいた方がはくと少し驚くかもしれません。試着したスタッフに感想も聞いてみました。「中敷やインナーをはくゆとりは十分あるし、いつもよりワンサイズあげる必要はないね。それにしても重たいなぁ(汗)作業用長靴もここまでの重量感になったか」  重量感は丈夫さを選んだ結果ですが、 さすがに往年のスターマリンが1100g前後だったのに対して、今作1400gですから「気にしなくても良いレベルの重さです」とは口が裂けても言えません(笑)。でも、30%の重量アップで絶対的な安心感が得られました ので、私は重さの件については不思議と納得しています。でも私をはじめ、女性のお客様には厳しいかな~って思います(苦笑)。なぜ丈夫さを選んだか?それはこのスターマリンの出発点が“冬場外で働くお客様にとって本当に役立つ長靴”を目指したからです。暖かく、丈夫で、デザインのよい長靴――当店が使命とした長靴に今年は大きく近づきました。

Prono プロノ 裏フェルト防寒長靴スターマリンパーフェクト STM015T お得,大人気 —— 5,500円