www.dontneednomelody.com

好きなこと中心に細々ともの書き。読書とか映画とかリウマチとか




空調服 薄生地素材 ツイル長袖空調服 KU91400 限定SALE,安い

空調服セット価格:21,600円(税込) ※空調服として使うには以下の付属が必要です。 →別売りファンはコチラ☆RD9260A:4,500円 →別売電池&充電器はコチラ☆RD9410:9,500円 →2015年新商品はコチラ☆KU91410:8,200円 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  いやぁ、いよいよこの時が来ましたね・・・。夏場でも30℃もいけば「暑い暑い!」とパニックになる我々北海道民。寒さには強いんですが、暑さにはめっぽう弱いのが特徴です。科学的な根拠もあり道民は27~28℃の気温で「熱中症」に掛かってしまうらしいです。 当然、夏用の薄い生地の作業着も扱っていますがメインで動くのは「6月~8月お盆」くらいまでです。(笑)北海道はお盆が過ぎたらもう「秋=一気に寒くなる」という気持ちですから、残暑が何日続こうとお盆が過ぎたら夏物は買わなくなってしまいます。 作業着に関しては、あまり薄いと返って「寒い」といわれますので、薄生地の中でも「厚手」をチョイスされるお客様が多いんです。そんな、そんな当店が・・・・、 バリバリ猛暑対策用の作業服 をお取り扱いを開始いたします!!「またぁ~?!また生地にこだわった、とか生地の厚さ・機能にこだわったとか、言うんでしょ??」とか思ってません?今回ばかりは、お客様からのそんな意見も吹っ飛ばす、「まさに」猛暑用の作業着の発売なんです!!! 画像をご覧のお客様なら、既にピーン♪ときているかも知れません。初めて見たお客様は「ぷっ!おぃおぃプロノまじかよ、とうとう作業着に扇風機つけちゃったよ」と笑われているかもしれません。しかし!!きっと説明文を読んでいただいているうちにきっと「イイかも☆」と思っていただけるのではないかと思います。 「?」だらけでどこからご説明したらよいか当店も悩んでしまいますが、まずはここからご説明いたします。 【ここだけ読めば7割は分かる!空調服の 大特徴☆】 ■扇風機?それとも・・・■ お客様全員が気になる部分といえば両脇下に取り付けられた「ファン」だと思います。これを見て「扇風機」と思ったお客様、非常に惜しいです。正解は「空調機(サーキュレーター)」です。照明の上についているプロペラとか、最近だと個人宅用の扇風機のようでいて見た目がゴツイ送風機がありますよね?それがサーキュレーターです。 扇風機の目的は「風を体に当てるため」ですよね?サーキュレーターは暖められた空気と冷たい空気を循環させ気流を生み出し、結果「快適な空気環境を作り出す」機械 です。  つまりこれは「扇風機」ではありませんから、体に当てる目的でくっついている訳ではありません。 ■涼しい仕組み・・・■ 前述通り、ファンが直接冷やす目的ではないとすれば、どうやって涼しくするのかというモヤモヤが残ります。実は「通気がしづらい生地を用いて衣服内で気流が発生」するように作業着は作られており、ファンで衣服内に入った空気は衣服内の肌の表面を流れながら(気流)、作業着の中をぐるぐる循環するわけです。 この時、肌表面の汗ばんだムレは気流の流れに反応し乾燥を早く促します。そして 肌表面の汗が乾燥した時に、肌表面の熱を奪い取る現象(マイナスの気化熱)が発生し、(1)肌のベトベトが無くなり、(2)新たな汗の発生源となる肌表面の体温上昇を抑える 効果を生み出します。 「う~ん。わかんね~なぁ」っていうお客様。自宅のお風呂を思い出してみてください。アツアツのお風呂は気持ちいいですが、換気扇をつけずに長時間放置するとお湯の温度が下がりますよね。これはお湯の温度を風呂場の空気が「奪う(マイナスの気化熱)」からです。そして、お湯の温度が下がり風呂場の室温度が上がりますよね。ここまでは分かってもらえると思います。 では、「アツアツのお風呂場で今度は換気扇をつけっぱにして放置しておくとどうなる?」と思いますか?これも想像しやすいんじゃないでしょうか?お湯の温度は下がりますよね。そして室温度が上がります。がしかし外気と繋がっている換気扇がガンガン動いていたら、室温はどんどん下がりますよね。下がった室温は、お湯から更に熱を奪う。恐らく正解は「お湯の温度がどんどん下がり、室温はそんなに上がらない」だと思いませんか?  この場合、「お湯=肌」「室温=衣服内温度」そして「換気扇=ファン」に置き換えられるわけです。結構アナログですがこれが涼しさのメカニズムです。 どうです?分かっていただけました?一応、メーカーさんからもらった説明書もWEB用に書き換えて転載させていただきますが、結構難しいので私なりにアレンジさせて今回ご説明させていただきました。 「う~ん、言いたいことは分かったけど、どうも信じられないなぁ」っていうお客様、私(作者)もそうでした。「暑いからファンをつけちゃえ的なウケ狙い作業着」と、最初思ったことも事実です。 こちらも参考資料でページにご案内差し上げましたが、イメージしづらいので当店がちょっと分かりやすくご説明いたします。ずばり、この空調服で日本の夏を乗り越えることができるのか??それは・・・、 【気温と湿度で徹底比較!猛暑にどこまでイケる?!空調服】 ◎北海道の夏(屋外)・・・気温28度、湿度55% 木をのこで切ったり、屋外での重労働を行っても科学的見地では「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎北海道の夏(雨)・・・気温24度、湿度100% 通常速度での長時間歩行や、日曜大工などの比較的動きのある作業を行っても「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎関東地方の夏(屋外)・・・気温35度、湿度60% ずっと動き続けるわけではなく、軽作業であれば「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎関東・関西地方の夏(雨)・・・気温28度、湿度100% 残念ですがあまり冷却効果を得ることが出来ません。 ◎九州南部・沖縄・離島地方の夏(屋外)・・・気温37度、湿度40% 通常速度での長時間歩行や、日曜大工などの比較的動きのある作業を行っても「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎九州南部・沖縄・離島地方の夏(雨)・・・気温30度、湿度100% 通常速度での長時間歩行や、日曜大工などの比較的動きのある作業を行っても「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 っとまぁ、こんな感じでしょうか?全体通していえるのは「雨に日(高湿度)に弱い(効果が薄い)」っていう事です。ですからカンカン照りには、気温35度までなら重労働を除く大体の作業で「効果が得られる」のではないかと思います。 もしも、もうちょっと詳しくお知りになりたいお客様がいらっしゃいましたら、是非ページ上部の情報もご覧ください。 早速、話題の空調服を着てみましたよ!!これはお客様も「で、どうなのよ~!!」って気になりますよね☆北海道はまだまだ暑くはないので試しに日中太陽光が降り注ぐ「昼下がりの事務所」で着てみました!!着てからスイッチを入れようとするとモタモタするので、スイッチを入れてから着たほうがいいですよ!「ブーン」と音は常にしていますが、特に静かな空間でなければ気になる音ではありません。それよりも 風船みたいに膨らみます(笑) 。それもそのはず、この作業着、袖周りも首周りもあまり余裕がありません。ウエストのゴムギャザーに限っては 最近、経験したことがないくらい、キツめのギャザーにびっくり です。しかし、これが「空調服の真骨頂」なんです。  素材はポリ100%素材なんですが「通気を少し落としている」んです。正直昨年までの空調服は「機能ありき・ファッション性=?」でしたが、例年場数と経験を積み、今年の最新モデルは 作業服業界のトレンドをしっかり押さえたデザイン性と、カラーバリエーション だと思っています。今までの空調服は、ただでさえ外見が「ぷぅ」と膨らんでしまう上、カラーもビビットなカラーか暗い濃紺色が多かったのですが、今年のモデルはBURTLEさんはじめ、ファッション性の高い作業服メーカーさんが新商品に必ず入れ込むカラー「ベージュ」を主体に製品が仕上がっています。 上着でベージュを着ると、不思議とボトムは変な話、「なんでもよい」んですね。例えば季節感を出したいならボトムは「シロ・アイボリー系」がベスト、汚れやハードなお仕事環境であれば「チャコール」や「ブラック」系のボトムも大人気です。 小さめのカラー(襟)がとてもイマドキな雰囲気を醸し出しています。見た目は最近の作業服スタイルですが、従来の空調服共通の特徴である ウエストゴムの締め付け感の強さ は、空気を循環させるコンセプト上、致し方ない仕様だと思いますのでご了承いただけましたら幸いです。 何故締め付け感が強いと循環がよくなるかというと、ファンで取り入れた新鮮な空気が生地から漏れないようにするためです。ですからファンをつけたとたん、「ぷぅぅ」と膨らみます。正直私が感じたのは、膨らんだ途端、 な、なんだこれ!めっちゃ涼しい!! 空気の流れが生まれているのが着ていてすぐに感じる事が出来ますから、猛暑の時だけは見た目を気にせず熱中症対策をした方が良いと私は思います。 最後に私が実際に着用してみました!! 身長:178cm、体重:64kg、ウエスト:82kg、普段着る夏物作業着のサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでプゥッと膨らんでピッタリ☆ でした。 初めてお届けになったら、是非ご家族でご覧ください!イイ意味で笑いが起きて試着の際和みますよ☆ 空調服 薄生地素材 ツイル長袖空調服 KU91400 限定SALE,安い

BURTLE バートル ”サーモトロンRadiPoka”軽量中綿ワークブルゾン 7210 100%新品,HOT

→お揃いのパンツはコチラ→品切れ寸前、軽防寒モデル 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■首元の防寒にはコチラがおススメ!ハイネックタイプ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年(2013年冬)のBURTLEさんの新商品、ドレも凄い人気ですよね。当店も「無ければ作る」をコンセプトに次々とオリジナル化を進めているお店ですので、こういう先進的なデザインを繰り出すBURTLEさんを尊敬しています。 「作業着は作業着、カジュアルでも無ければアパレルでもない、BURTLEはあくまで”作業着のカッコよさ”を目指す」という開発コンセプトが、結果全国多くのお客様の厚い支持とファンを獲得し続けている要因だと思います。BURTLEさんの新商品って決して「作業服以上」のモノを作らないんです。「必要以上にタイト」とか「柄つきのカラバリ」、「作業服とは思えない高額価格設定」などの作業服としてあってはならない仕様は決して企画として上げなのがBURTLEさんの強みです。 そして!今回ご紹介する商品もまさに「BURTLEイズム」が凝縮した逸品です!今まで当店で販売されていたBURTLEさんの製品はいわば「軽防寒(適応気温15度~5度)」前後の、まさに今時期着用するにはピッタリの商品ですが、今回ご紹介するのは「極寒冷地用防寒作業服」といって、どちらかというと冬の寒さが厳しい地域(適応気温:10度~-5度)前後の屋外作業に適したモデルです!! この極寒冷地仕様の防寒服って実はメーカーさんとしても「そんなに作らない」んです。だって、日本全国 そんなに寒いところってそんなに無い ですからね。必要最小限の数しか作らないので、どのメーカーさんも大体12月くらいで大方無くなってしまいます。 実は、今回ご紹介するこの商品も元々は「4色」あって、当店ではその全てを取り扱う予定でおりましたが、BURTLEさんの人気は凄まじく当店が在庫を確保する頃には 既に在庫が無くなっていた(泣) という事情があります。 【そりゃ、無くわな!BURTLEさん新商品#7210防寒服の凄いところ!!】 ■軽量・防風・保温設計・・・見た目重たそうな雰囲気を醸し出していますが、これが持ってみると意外! 軽い!んです。ポリエステル100%の生地で触った感じもサラサラした風合いで、重さはLサイズで810g!! とこのクラスではトップクラスの軽さを実現しています。また、生地の裏から ポリウレタンコーティングといって防水膜を生地の裏に貼り付けているので、生地を通しての浸水はなくなりました! ただし、縫い目の防水保護は行っておりませんので、「完全防水」と呼べない点はご了承ください。このポリウレタン膜、実は防水性のほかに「防風性」という特性も持ち合わせているため、 「生活防水(一般生活上で発生する水がかかる程度の防水)+防風」 、両面の特性を持っています。 ■サーモトロン・ラジポカ・・・肌身に接する裏生地にはユニチカさんで作っている「サーモトロン・ラジポカ」を採用しており、裏生地の銀色の部分がまさに「ラジポカ」です。このサーモトロンの特徴はざっくばらんにいうと「体温と光を原料に暖かさを作り出す」という発熱要素と「作られた暖かを維持」する保温要素、両面を併せ持った業界注目の「防寒繊維」です。太陽光から吸収された「光」は即座に熱に変換、体温から発する熱は、裏生地から「反射」され再度身体へ戻る「ふく射熱」を応用し、ダブルで保温します。まぁ、正直、繊維のアップ写真を見てもよく分かりませんので、簡単にいうと「最先端素材で、科学的に蓄熱・保温・維持する凄い素材」だという事を認識いただけましたら幸いです。 ■静電気防止で「パチパチ防止」・・・防寒服の大敵といえば「脱ぎ着の際のパチパチ」です。寒ければ寒いほど、乾燥していれば乾燥しているほどパチパチが発生するという、夏場のじめじめ同様、冬場のもっとも「嫌われるポイント」ですよね。当モデルは裏生地に「サーモトロン・ラジポカ」を採用すると同時(一緒)に、 静電気防止のメガーナを採用 してるので、脱ぎ着の際もパチパチは軽減されています。(パチパチが絶滅するわけではありません・・・) ■スマートデザイン・・・極寒冷地仕様の重防寒着なのに、どこかスッキリして見えるのは、 フード周り(首周り)のもたつきは解消 されています。フードはジッパーで固定されていますが、通常の防寒服であればフードの淵と、襟の淵が首もとのあたりでゴチャつくんですが、このモデルではそれがスッキリ。ですから、スマートに見えているんです。 襟の淵に小さなポケットがあり、そこにフードの淵がすっぱりと挿入、フードエンドが襟の一部になってしまうんですね!!そしてワザアリポイントなのがフードの接面されているパイピングがネオングリーンなのが非常に良いアクセントになっています 。 ■襟裏にはブロック・フリース採用・・・常に顔に接地する「襟裏素材」は、常に触れていても心地いい「ブロックフリース」を採用。ポコポコした風合いが、肌に触れていてもさわやかな上、全くストレスに感じません。 どうです?これぞ、「絶対に作業服の粋を脱しない、BURTLEイズムの結晶」だと思います。BURTLEさんはず~っと前から作業服を作り続けているメーカーさん。日本のワーカーさんを昭和から支え続けてきた老舗の作業服メーカーさんは平成の世になっても「決してカッコだけに捉われない」「決して作業服価格を逸しない」、その上で時代を反映したデザインを落とし込むこのモノづくりの技術は本当に凄いな~って、販売店である当店も感動しちゃうくらいですから、それを買うお客様はもっと感動しちゃうのも無理はないと思います。 最後に、今日手元に届いた商品を実際に私(作者)が着用してみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、シャツのサイズ:Mサイズ の私が着用してみたところ・・・ 上着はインナーシャツ1枚であればLサイズ、パンツはインナー1枚であればLサイズでピッタリ!! でした!!いやぁ、朝の寒い事務所で上下試着したんですが・・・、 暑ッい!! ですね・・・。それでいて重防寒特有の「ズシッ。」とした重量感がないのが本当に不思議でした!! なにしろ、後発なので他店さんと比べて取り扱いカラーが少なく感じますが、それでも当店は寒さ厳しい北海道のお店!在庫はそれなりに確保しましたよ~!!是非、重防寒をご希望のお客様は「BURTLEさんのイチオシ商品」なので早めにご検討・ご購入くださいますようお願い申し上げます☆ BURTLE バートル ”サーモトロンRadiPoka”軽量中綿ワークブルゾン 7210 100%新品,HOT

BURTLE ワークジャケット 6071 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 驚きの破格値,新品

→Sから3Lサイズはコチラ 発売予定日次回入荷12/上旬掲載予定日掲載中 品番:6071 素材:ポリエステル65%/綿35% ■コダワリのカラーを徹底解剖!お客様のシーンに合わせたカラーリングが魅力です。 ■BURTLEコダワリのポイントをご紹介!この価格でこの機能、ありえません。 ■■■商品説明文■■■ 今まで、メーカー名(ブランド名)をここまで強烈に打ち出してきたメーカーさんってあるかな??ってずっと考えていましたが、少なくても私が在籍している間はなかったな。と思います。  「BURTLE(バートル)」って読みます。昨年までは「WORKBOX(ワークボックス)」、または「クロカメ被服」って呼ばれていました。ここのメーカーさんの特徴は、いつでも「時代の最先端」。今でも一般的に作業服といえば「アースグリーン(知っている人はかなりのツゥです)」や「ネイビー」の作業服を主なラインナップとして組みますが、このめーカーさんはそういった既成概念がまったくありません。時代が欲しているモノ、また世の中で流行しているモノを作業服に落とし込んでモノツクリが進行されるため、毎回、新商品の発表が楽しみなメーカーさんです。  そして今回、ブランド名を「BURTLE」としてロゴも一新、新しいコンセプトの元、当店が提唱し続ける ワークカジュアルウェア として新発売!!とてもメーカーさんのコダワリが感じられる逸品となりました!!  手にしてまず思ったことは「え?コレが2500円なの??」でした。具体的に言うと、まずはその質感。 肌触りの感触がすこぶる良い ですね。綿とポリエステルの混紡素材だけあって、高ポリの作業服には無い ハリとコシがハンパじゃない です。重量感もそれなりにあり、見た目以上にタフな印象を受けました。  ジッパーが襟先まであり、最後まで締めると「スタンドカラー」に早替わり、強雨・悪天候時にはこの襟形状はうれしい機能です。また胸ポケット形状は鋭角になっており、さりげない工夫ですが全体をシャープに見せていますね。また、今までのような ガブガブした大作り ではなく、全体的にしゅっとしたシルエットに仕上げていますので、肩の取り回しが少々不安かな?とも思ったんですが、後ろを見てみると不安は解消。 後ろ身頃の肩の付け根の部分に深いタック が肩のラインに沿うように設けられており、思いのほか「腕を上げる」「肩を回す」ようなアクティブな動きにも柔軟に対応できる仕様になっていました!!  見た目の印象を決定付ける 「着丈」はやや短め。現在流行りの丈だと思います。 裾のサイドには デニムジャケット(ジージャン)でお馴染みのボタン式の2段階アジャスター を装備。作業服の裾では定番の サイドゴムアジャストは上記の仕様につき無くなっています。 細かい仕様を徹底的に見直すことにより、スタイリングを向上させていているモデルだな。としみじみ感心していました。 カラーリングは全部で6色ですが、着る人、着る職種を選んでしまう2色は除き、どんな方でもバッチリ似合う4色をご用意いたしました!中でも 新色「クーガー」 はヒットしそうな予感。また、もはやセオリー色となっていますが キャメル もイイ味だしていました。ちょっと毛色が異なるのが ネイビー です。紺色って実はメーカー毎に細かく違いがあり、現在巷に出回っている通称「紺(ネイビー)」は「濃紺(ダークネイビー)」がほとんど。すなわちネイビー色は「ダークネイビー」が旬な訳です。  しかし、このブルゾンのネイビーはどうみても「紺(ネイビー)」です。見た瞬間「懐かしいな~」と思える色でした。しかも、ジッパーの色が「白」なんです!!私のテンションが上がるのが分かりました。これはまだ私が入社して間もない頃の「絶対売れる紺色作業服」の配色だったんです!最先端のスタイルで往年のヒット配色。一人よがりはよくありませんが、是非これをご覧の若者のお客様も「いいなぁ。」と思っていただけると幸いです!! シルバー は、画像で見ると「白っぽく」見えてしまいますが、白ではありません。正直カメラ泣かせなカラーですが、一般的に言われている「シルバーグレー(すっごい薄いグレー)」とイメージしていただけますと分かりやすいかもしれません。 最後に恒例の作者である私が実際着用してみました!! 身長:178cm、体重:61kg、ウエスト:79cm の私が着てみたところ・・・、 「Lサイズ」が妥当かな? と思いました。「妥当」というのが、私、結構細いので、正直「Mサイズ」の方がイイかな?とも思ったんですが、Mサイズを着ると「袖丈が短い」という悲しい現象になり、結果 Lサイズ着用で、裾のボタンアジャスターを締める という着方になりました。細身で腕が長い私にはちょっと悲しい現実でしたね・・・。  ちなみにコチラの商品、同時発売として「カーゴパンツ」と「レディース専用パンツ」の2種類をご用意。「レディースパンツ」は夏生地で既に発売済みで大人気な商品、実はこの「レディースパンツが好評だった」というのが、今回ラインナップを増やした一番の理由なんですよ!! 6071 サイズスペック サイズ バスト 肩幅 袖丈 着丈 S 106 40 55 60 M 112 46 58 63 L 116 48 60 65 LL 120 50 62 67 3L 124 52 62 69 4L 130 56 63 71 BURTLE ワークジャケット 6071 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 驚きの破格値,新品

BURTLE バートル 夏素材綿100% ワークブルゾン 8091 激安大特価,大得価

→お揃いのカーゴパンツはコチラ☆ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 「今年の夏物の作業着って・・・やらないの??」と不安なお気持ちのお客様、そんな事はないですよ!もちろん、当店でも大人気の作業着メーカーさん「BURTLE」さんの夏物作業着も発売になりますよ!! BURTLEさんって言えば、当店とは古くからのお付き合いでして最近のお話ではメーカーさんからお客様のお住まいへ直送するサービス「BURTLE エクスプレス」なんてサービスも行っていました。当店のWEB通販の可能性をひたすら信じてくれて、メーカーさんからお客様の下へ1年間ちょっとご協力していただきました。当店がBURTLEさんのワーキング(作業着)が大好きなところってやっぱり 抜群のカッコよさ☆ だと思います。 ただ私も作業着服屋さんの端くれです、もう一つ別の目で見たときもBURTLEさんの製品が好きなんです。 【ココが好きなんだ!!BURTLE商品の凄いところ☆】 ■こんな世の中にこそ日本製!・・・今や、家電も海外製、服も海外製、身の回りはほとんど海外製、もちろん作業着業界だってそのほとんどは「海外製」なんです。しかし!!こんな世の中にこそ「日本製の良さを知ってもらおう!」と動いているのがこのBURTLEさんなんです。私は一度社屋(広島県)へお邪魔させていただきましたが、製品のほとんどは今やアウトソーシング(外部委託)で作っている中、BURTLEさんはその社屋の中の一角に未だに「縫製工場」を構えているんです!!(驚)。その中には昔ながらの職人さんがミシンをリズム良く刻み、そしてアイロンがけをしていました。日本で作られる生地を日本の工場で、豊富な経験をもつ職人さんが緻密な計算の元、完成度の高い作業着を未だに作っているんです!! そう!つまり、当商品は国産の生地(綿100%)を使用した作業着 なんです!!今ドキ、日本で生地を調達したら結構お金がかかってしまい、ついつい海外製の生地を調達してしまうのが人情なんですが、BURTLEさんは今作だけではなく、以前から一部の作業着に関しては未だに国産生地にこだわって作っているんです☆ ■カッコイイの意味を履き違えない・・・カッコイイ=ファッショナブル。ほとんどの人がそう思っているし、ある意味、それでいいのかもしれません。ただし、BURTLEさんが考え、商品としてリリースする作業着は、 ファッションとしてのカッコよさ。ではなく、あくまで作業着として(コレを着てハードに仕事をする)カッコイイと思える商品作り をモットーに作っています。「同じじゃねーかよ」って突っ込まれたちょっと辛いんですが、簡単にいうと、BURTLEさんの作業着は誰が見てもカッコイイですよね?これ着て仕事場に行きたいと誰もが思いますよね?!ただし、 コレを着てデートや、中心部にショッピングにはなかなか行きづらい・・・ ですよね。でも、それでイイんです。BURTLEさんの狙うカッコよさは街やデートで着れるカッコよさではなく、あくまで「舞台は仕事場」なんです。昨今の作業着はどれもファッション性を追及してどっち付かずなデザインになっている事が多いんですが、BURTLEさんの製品はどれを見ても旧新作どれを見ても「作業着としての軸」をブレずにカッコよさを追求しています。 ■ターゲットが広い・・・作業着としてカッコよさを追求すると、行き着く先は「シンプル」。シンプルなのでワーカーさんであれば老若男女全てのお客様から高評価をいただけるんです!!ファッション性を高めると「ツートーンなど色の切り替え」や「ジッパーやボタンがガチャガチャ」したデザインになりがちで、そんなファッション性作業着をほしいと思えるワーカーさんはどちらかというと若年層です。そう考えるとBURTLE作業着は本当にターゲットが広いデザイン性の高さだと思います。 最先端をひた走っているように見えながら、実は業界の中でも屈指の「職人気質」メーカーさんかもしれません。ですから、当商品もやっぱり随所に「作業着だな」と思える感触が残っているんです。 作業着は、薄くサラサラした触り心地の綿100%素材。持ってみるとさすがに夏物、軽いですが綿製品ということで「他の夏物よりも圧倒的に軽いという事ではない」と断言できます。まぁ、私の感覚では夏物としては「ごく普通の重さ」ではないかと思います。早速袖を通してみると、うん。なかなかいい着心地です。着丈も昨今の「ショート丈作業着」からはいち早く脱出した感じで好感が持てますね☆着丈もしっかりとしています。ただ一つ、 今作、ウエストにアジャスターが無いのでウエスト幅の調節は不可、私のような線の細い人間は大きめのサイズを選んでしまうとウエスト幅が余りガバガバしてしまう 可能性があります。胸ポケットも大きくて使いやすい、コレも作業する事を考えると大きなポケットの方が良いに決まっています。ストレスがかかる箇所にはリベットが打っており、ポケット自体の強化もなされています。ペン挿しも実に豊富(笑)。こんなにあればペンをたくさん持っていても問題ありません。これも仕事を考えるとあって困る機能ではございません。中でも必見なのが 肩周りの取り回しの良さと通気性 でしょうか。肩(腕)とボディのつなぎ目の間には通気性向上を目的としたメッシュが装備されており、このメッシュの柔らかさと伸縮性のよさ、そして通気性の良さで抜群の効果を発揮します。  また、腕から伸びる肘の部分には、2本小さい折り込み(タック)を入れて肘の自然な曲線に合わせてスタイルが維持できるようにシルエットを変えています。首元にはメッシュの背アテも付いておりジメジメした日にはこの背アテの有無が随分着心地を左右します。 身幅もたっぷり取られており、 全体的にやや大作り(ルーズシルエット)なのは、BURTLEさんがあくまで作業着=いろんな体型・年齢層・性別にストレスなく着てもらうため に、ルーズに仕上げられています。 同時発売する別売りのカーゴパンツも、やっぱりルーズストレート・スタイル。 「ノータック」、「股上が深い」ことや「ワタリ(フトモモ幅)が大きい」、「裾幅も広い」 そんなスタイルは、分かりやすく言うと ズドン!としたワイド・カーゴパンツ といえそうです。股上が深いので正直腰骨で引っ掛けて履くウエストハンギング(腰履き)では、「やりすぎはダラしなく見えてしまうので注意が必要」です。ウエストのくびれの2~3cmちょっと下辺りで採寸するのが良いかもしれません。 最後に実際に私が着てみた感想をお伝えします!! 身長:178cm、体重:64kg、ウエスト:82cm、普段着る上着のサイズ:Lサイズ、普段履くパンツのサイズ:82cm(ジーンズ32inch) の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズで少し身幅大きめ、パンツは82cmでピッタリ でした。ちなみにインナーはTシャツ1枚のみですから、もうちょっと着る方はLサイズでピッタリかもしれません。パンツは・・・太ッいですね~(笑)。でもノータックなので画像を見ていただいたらお分かりになると思いますが「すっきり見える」のではないでしょうか?? 夏物なんですぐほしい!に対応するためにシーズン当初は「翌日配達サービス」対象とさせていただきます。 BURTLEの製品がとにかく好きなお客様、今年の夏からず~と気になっていたBURTLE社の作業着に衣替えを考えていたワーカーさん、職人さん、最近では日本固有の作業着「鳶装束」からBURTLE社の作業服にイメージチェンジをする鳶さん、火気や熱を帯びた作業場では綿100%は持ち前の特性(生地が溶けない) を発揮します。 ■サイズスペック■ サイズバスト肩幅袖丈着丈 S108465462 M112485664 L116505866 LL120525968 3L124545970 4L(+500円)132576070 5L(+500円)140606072 BURTLE バートル 夏素材綿100% ワークブルゾン 8091 激安大特価,大得価

WoodsCanada ウッズカナダ フリースボアジャケット WB4766J SALE,爆買い

■ ■ WB4766J ボアジャケット 素材 ポリエステル100% 生産国 中国 単位(cm) 身長 胸囲 M 165-175 88-96 L 175-185 96-104 LL 175-185 104-112 【ページ制作者が語る、この商品の凄い魅力☆】   「今年の夏は暑かったよね~、ってかまだ暑いか(笑)」なんてどうでもいい話を店内スタッフとしていた先日、作業服担当者より「フフフ・・・面白いモノ、見つけました☆見たい??」って言われ、反射的に「いや、いい」と言ってしまいそうな天邪鬼な自分を追い出し、ニヤニヤしている担当者に「ホントに?!そりゃ見たい♪」と伝えました。  なんだろうな~?夏もすっかり後半に差し掛かった今時期、出てくるとしたら、 すっかりアテの外れてしまったメーカーさん夏物商品の処分品 などが考えられます。「いくら値段を下げていると言っても、既に夏物商戦は終盤を迎えているのでそうそうOKは出さないぞ!!」なんて気合をいれていたら、担当者がダンボールを抱えて戻ってきました。そして自信満々に蓋を開けてみると、・・・ モコモコ&フワフワしたガッツリ秋冬モノのフリースジャケット!! でした!この時の気温、屋外が31度、室内が25度・・・、正直まともに直視出来ません(笑)。担当者が「どうだ~!!」みたいな顔しているけど、正直毎日暑いこの時期に「冬物を扱ってください」と言われるほどピンと来ないことはありません。 う~ん、今回は(暑いし)掲載は見送りで・・・と言おうと思った瞬間、別のスタッフが「あれ?このブランド、どっかで見たことあるな~」とか言い出し、胸元を見てみると「モミの木」のようなロゴマークが・・・。私にはまだピンカンきていません。しかし見たことがあると言っていたスタッフでグーグルで検索するとあっという間に真実が分かりました。このブランド、 本国カナダでは130年も続いている人気老舗アウトドアブランド!!! だったんです!!130年って「1世紀以上って事???」と店内がザワつき、ようやく担当者のニヤけている理由が分かりました。 この商品(ブランド)は、正式には「Woods Canada(ウッズ・カナダ)」と言って、カナダではアパレルだけではなくてグッズも取り扱う本格アウトドアブランド。古くはアメリカのゴールドラッシュ、南極点への探検隊へのスポンサー活動を経て130年も経営が続いている由緒正しいブランドです。 「っていうことはカナダ製?輸入品??」って事になると思いますが、残念ながらカナダからの輸入品ではありません。ウッズ・カナダのロゴの使用許諾権を買い、日本で製造されたアパレルにロゴをつけて販売するいわゆる「日本国内限定のウッズ・カナダ製品(別名:ライセンス商品)」と呼ばれる種類のアイテムです。 今回、担当者が私に見せてくれた商品はどちらかというと、「アウトドア専用アパレル」というよりは「アウトドアファッションのエッセンスを加えた普段着モデル」といえる商品。ですから大切な人との屋外デート、ちょっとコンビニまでに向う用のちょっと着、職場へ向う車に常備し通勤着に、そして軽登山やハイキング、秋のキャンプ等本来のアウトドアウェアとして、実に「幅広い着用シーンが想定」出来ます。 表面素材はいわゆる「フリース」で毛足の長いタイプを使用。このフリースのカタチって思いのほか女子に人気が高く、その理由は着用するとどんなにイカつい男子も「ぬいぐるみみたいにモコモコする可愛さ」に周囲の女子の反応が良くなります。実際、このモコモコは毛足の短いフリースよりも「暖かい空気層を厚く持てる」ため、保温効果も高いのが特徴。 3色あるボディ色と切り替えしになっている胸ポケットはもはやドコのアウトドアブランドウェアにも見える「常套手段」ですよね?こういうセオリーを踏まえながらジッパーラインのカラーを変えたり、ジッパートップにはアクセントとなる引っ張りレース(ヒモ)を通して合ったりとコダワリが随所に見受けられます。 シルエットはどちらかというと「ファッション着」ですね。着丈もそんなに長くないし、身幅もシャープなので細身のお客様でもカッコ良く着用する事が可能です。私の個人的な意見ですが、ちょっと袖丈がファッション着にしては短いかな~なんて思いました。 通常、本格的なアウトドアウェアは「防風」の目的で表生地と裏生地の間に「防風素材」を挟む事が多いんですが、この商品はそのような仕様になっておらず、毛足の長いフリースから漏れる風は衣服内まで侵入します。そういう意味だとやはり「ファッション性重視」という事と「超低温下や常に風に晒される環境(バイク等)には不向き」といえるアイテムです。 コーディネートは既に多く出回っているフリースジャケットと同様、まさに「神レベルの合わせやすさ」は本当に助かります。毎日「どんな格好して仕事に行こうかな~」なんて、悠長な時間はワーカーにはありません。手に取ったワークパンツとインナー、そしてこのフリースがあれば仕事に向うコーディネートは完成です。 ファッションとして使うなら、デニムとの相性は抜群なのでアメカジにもサーフにも◎。ハーフパンツ×スパッツの「山男スタイル」にも◎。ただしカラーパンツやダボダボ系のスケーターファッション、草食男子に代表されるゆるふわファッションには、この商品の特性上マッチしないかもしれません。家着スタイルならスウェットパンツにも◎。靴だってスニーカーもサンダルもブーツでも何でも合わせることが可能です。 大きな可能性を感じた私は担当者に「メーカーさんに何着あるの??」と質問すると、「500着くらいあるんでまずはド~ンと100着くらいもらいますか!」っていうので、「全部もらうと伝えて!!」と言い、暑いね~って話していた制作スタッフにこの手元にあるサンプルを使って即ページを作成するようにお願いをしました。 っていう事で、初めてのブランド、初めてのフリースジャケットの掲載で、限定500着で販売開始となりました!! もはや、500着だと「限定とも言わないんじゃないか」と思ってしまいます(笑)。 でも、このブランドの歴史とコンセプトは業種は違えど当店と同じ「イイモノはきっと仕事を楽しくする。」と似ているんです。何故か凄い可能性を感じています。この直感がお客様に伝わればイイなと思いながら説明文を作りました。 まだまだ日本に多く流通していない商品ですから、是非「他人とカブるファッションは嫌だ!」という頑固なファッションワーカーは是非、この商品をお買い求めください☆ WoodsCanada ウッズカナダ フリースボアジャケット WB4766J SALE,爆買い

サンエス 薄生地素材 フード付ツイル長袖空調服 KU91410 新品,人気SALE

※税抜10,000円以上お買い上げで送料無料! 空調服セット価格:23,976円(税込) ※空調服として使うには以下の付属が必要です。 →別売りファンはコチラ☆RD9260A:4,500円 →別売電池&充電器はコチラ☆RD9410:9,500円 空調服まではいらないけど、 涼しい作業着が欲しい!!という方へ ■本体の50%がメッシュのブルゾン!!■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  いやぁ、いよいよこの時が来ましたね・・・。夏場でも30℃もいけば「暑い暑い!」とパニックになる我々北海道民。寒さには強いんですが、暑さにはめっぽう弱いのが特徴です。科学的な根拠もあり道民は27~28℃の気温で「熱中症」に掛かってしまうらしいです。 当然、夏用の薄い生地の作業着も扱っていますがメインで動くのは「6月~8月お盆」くらいまでです。(笑)北海道はお盆が過ぎたらもう「秋=一気に寒くなる」という気持ちですから、残暑が何日続こうとお盆が過ぎたら夏物は買わなくなってしまいます。 作業着に関しては、あまり薄いと返って「寒い」といわれますので、薄生地の中でも「厚手」をチョイスされるお客様が多いんです。そんな、そんな当店が・・・・、 バリバリ猛暑対策用の作業服 をお取り扱いを開始いたします!!「またぁ~?!また生地にこだわった、とか生地の厚さ・機能にこだわったとか、言うんでしょ??」とか思ってません?今回ばかりは、お客様からのそんな意見も吹っ飛ばす、「まさに」猛暑用の作業着の発売なんです!!! 画像をご覧のお客様なら、既にピーン♪ときているかも知れません。初めて見たお客様は「ぷっ!おぃおぃプロノまじかよ、とうとう作業着に扇風機つけちゃったよ」と笑われているかもしれません。しかし!!きっと説明文を読んでいただいているうちにきっと「イイかも☆」と思っていただけるのではないかと思います。 「?」だらけでどこからご説明したらよいか当店も悩んでしまいますが、まずはここからご説明いたします。 【ここだけ読めば7割は分かる!空調服の 大特徴☆】 ■扇風機?それとも・・・■ お客様全員が気になる部分といえば両脇下に取り付けられた「ファン」だと思います。これを見て「扇風機」と思ったお客様、非常に惜しいです。正解は「空調機(サーキュレーター)」です。照明の上についているプロペラとか、最近だと個人宅用の扇風機のようでいて見た目がゴツイ送風機がありますよね?それがサーキュレーターです。 扇風機の目的は「風を体に当てるため」ですよね?サーキュレーターは暖められた空気と冷たい空気を循環させ気流を生み出し、結果「快適な空気環境を作り出す」機械 です。  つまりこれは「扇風機」ではありませんから、体に当てる目的でくっついている訳ではありません。 ■涼しい仕組み・・・■ 前述通り、ファンが直接冷やす目的ではないとすれば、どうやって涼しくするのかというモヤモヤが残ります。実は「通気がしづらい生地を用いて衣服内で気流が発生」するように作業着は作られており、ファンで衣服内に入った空気は衣服内の肌の表面を流れながら(気流)、作業着の中をぐるぐる循環するわけです。 この時、肌表面の汗ばんだムレは気流の流れに反応し乾燥を早く促します。そして 肌表面の汗が乾燥した時に、肌表面の熱を奪い取る現象(マイナスの気化熱)が発生し、〓肌のベトベトが無くなり、〓新たな汗の発生源となる肌表面の体温上昇を抑える 効果を生み出します。 「う~ん。わかんね~なぁ」っていうお客様。自宅のお風呂を思い出してみてください。アツアツのお風呂は気持ちいいですが、換気扇をつけずに長時間放置するとお湯の温度が下がりますよね。これはお湯の温度を風呂場の空気が「奪う(マイナスの気化熱)」からです。そして、お湯の温度が下がり風呂場の室温度が上がりますよね。ここまでは分かってもらえると思います。 では、「アツアツのお風呂場で今度は換気扇をつけっぱにして放置しておくとどうなる?」と思いますか?これも想像しやすいんじゃないでしょうか?お湯の温度は下がりますよね。そして室温度が上がります。がしかし外気と繋がっている換気扇がガンガン動いていたら、室温はどんどん下がりますよね。下がった室温は、お湯から更に熱を奪う。恐らく正解は「お湯の温度がどんどん下がり、室温はそんなに上がらない」だと思いませんか?  この場合、「お湯=肌」「室温=衣服内温度」そして「換気扇=ファン」に置き換えられるわけです。結構アナログですがこれが涼しさのメカニズムです。 どうです?分かっていただけました?一応、メーカーさんからもらった説明書もWEB用に書き換えて転載させていただきますが、結構難しいので私なりにアレンジさせて今回ご説明させていただきました。 「う~ん、言いたいことは分かったけど、どうも信じられないなぁ」っていうお客様、私(作者)もそうでした。「暑いからファンをつけちゃえ的なウケ狙い作業着」と、最初思ったことも事実です。 こちらも参考資料でページにご案内差し上げましたが、イメージしづらいので当店がちょっと分かりやすくご説明いたします。ずばり、この空調服で日本の夏を乗り越えることができるのか??それは・・・、 【気温と湿度で徹底比較!猛暑にどこまでイケる?!空調服】 ◎北海道の夏(屋外)・・・気温28度、湿度55% 木をのこで切ったり、屋外での重労働を行っても科学的見地では「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎北海道の夏(雨)・・・気温24度、湿度100% 通常速度での長時間歩行や、日曜大工などの比較的動きのある作業を行っても「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎関東地方の夏(屋外)・・・気温35度、湿度60% ずっと動き続けるわけではなく、軽作業であれば「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎関東・関西地方の夏(雨)・・・気温28度、湿度100% 残念ですがあまり冷却効果を得ることが出来ません。 ◎九州南部・沖縄・離島地方の夏(屋外)・・・気温37度、湿度40% 通常速度での長時間歩行や、日曜大工などの比較的動きのある作業を行っても「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎九州南部・沖縄・離島地方の夏(雨)・・・気温30度、湿度100% 通常速度での長時間歩行や、日曜大工などの比較的動きのある作業を行っても「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 っとまぁ、こんな感じでしょうか?全体通していえるのは「雨に日(高湿度)に弱い(効果が薄い)」っていう事です。ですからカンカン照りには、気温35度までなら重労働を除く大体の作業で「効果が得られる」のではないかと思います。 もしも、もうちょっと詳しくお知りになりたいお客様がいらっしゃいましたら、是非ページ上部の情報もご覧ください。 早速、話題の空調服を着てみましたよ!!今回、当店でメインで扱う空調服は夏生地では絶対にあり得ないと思われていた フード(帽子)付モデル!!!! 「え?作業服にヤッケみたいなフードが付いているの??」と思うかもしれませんね。・・・ズバリ、その通りです(笑)。実はこのモデル、去年2014年に当店で最もお問合せが多かったモデルです。気が付いた時にはもうメーカーさんで品切れ状態でした・・・(泣)。だから今シーズンは冬のうちに注文しておきました(笑)。何故フードモデルが良いかって?? それは着用すると2秒で分かります。フードを被りスイッチを入れると、いつもの「ブ~ン」っていう音と共に空調服が膨らむんですが、フードに空気が流入してきた途端・・・?!「え?マジで?こんなに涼しいの??」って思いました!! 本当はこのモデル、 素頭ではなくて、屋外でヘルメットを被って作業をするワーカー専用 モデル。ですからフードがデカイです(笑)。でもフードにもギャザーが設けてあり、フードが無駄に膨らまないようにする事と、どんなヘルメット・キャップ形状にもフィットするように細心の注意を払って設計されている気遣いがしっかりと伝わってきます。 夏場屋外での作業ではワーカーの頭が一番炎天下に晒されることになり熱中症や脱水症状を引き起こす原因になりますが、このモデルは頭まで空調し頭部の温度が上がるのを防ぐため、単なる暑さしのぎだけではなく、ワーカーの身体状態(健康状態)も良い方向へ導きます。  素材はポリ綿100%の夏生地としては珍しい素材。ギャザーを強めにしている事で「通気を少し落としている」んです。何故落とすかというと、ファンで取り入れた新鮮な空気が生地から漏れないようにするためです。ですからファンをつけたとたん、「ぷぅぅ」と膨らみます。正直私が感じたのは、膨らんだ途端、 な、なんだこれ!めっちゃ涼しい!! 空気の流れが生まれているのが着ていてすぐに感じる事が出来ますから、猛暑の時だけは見た目を気にせず熱中症対策をした方が良いと私は思います。 最後に私が実際に着用してみました!! 身長:178cm、体重:70kg、ウエスト:82kg、普段着る夏物作業着のサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 LLサイズでプゥッと膨らんでピッタリ☆ でした。 初めてお届けになったら、是非ご家族でご覧ください!イイ意味で笑いが起きて試着の際和みますよ☆ サンエス 薄生地素材 フード付ツイル長袖空調服 KU91410 新品,人気SALE

BURTLE バートル 国産生地採用タフネスライダースワークウェア長袖ジャケット 5301 お得,大人気

→Sサイズから3Lサイズはコチラをクリック! →お揃いのカーゴパンツはコチラをクリック! 入荷予定日 入荷済み 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年は、全国的に雪に翻弄された大変な冬ではなかったかと思います。現在も尚、雪に苦しんでいる地域にお住まいのお客様もきっと多いので、不謹慎な事はいえませんが、それでも雪と毎年戦っている北海道から一つ、お伝えする事があるとすればそれは「どんなに苦しめられた雪も、解けてしまえば怖くない」です。あともうちょっとの辛抱です!!春までじっくり・ゆっくり待ちましょう!!(ただし!!山間部にお住まいのお客様は雪崩・土砂災害にお気をつけください) さて、日に日に暖かくなってきている事を感じずにはいられない北海道ですが、いよいよ今年の春の新商品をお伝えする季節がまたやってまいりました!! やっぱり、春が近づいてくると皆さんそわそわすると思いますが、大半のお客様が「春に向けて作業服を新調しようかな~」って思っているんじゃないかと、私勝手に思っています(笑)。 もちろん、今の品揃えでも十分春の(新)作業服の新調にはオススメの商品がたくさんあるのですが、やっぱり 今年の春を代表する出来立てホヤホヤの新作作業服 が見たいし、欲しいですよね!! そんなお客様、大変お待たせいたしました!!当店で作業服!!といえば、みんなから「BURTLE(バートル)!!」と返ってくると思いますが、そう!!BURTLEさんの最強作業服が当店でGET 出来るようになりました☆ BURTLE自慢の新作作業服は・・・ あれ?ある意味「バートルさんらしくない?」コンセプトのタフネス・ワークウェア なんです!! 実は、この商品昨年2013年の夏に見て私(作者)が一目ぼれしたアイテム。本当は2013年の秋ー冬に入荷する予定だったんですが・・・、例のごとくBURTLEさんの人気ぶりが伺える事情なんですが、発注したときには既に「在庫が揃わない」といわれる始末・・・。仕方なく、再入荷を果たす2014年の春の目玉商品としてご案内する事にしました(苦笑)。本当に人気商品なのでまたいつ在庫がなくなるか、本当にヒヤヒヤしているんですが、在庫が揃っているうちに当店をご利用していただいているお客様にもご案内を差し上げたいと思い、マッハでお知らせしております!! 【#5301シリーズ専用(新)コンセプト!太くない、デカくない、深くない!】 ■太くない!・・・BURTLEさんの製品が日本全国のお客様に愛されている要因って、やはり「その形」にあると思っています。昨今、他社さんがこぞって開発している新感覚作業服はどれも「スリム」で「タイト」、ワークウェアを着用するお客様は「ガタイがイイお客様」が多いので、実際はこの風潮を喜ばしいと思っていない人も多いんです。 がしかし、昨今の「メタボ対策」の効果もあって、ちょっと前の日本よりもスリムなワーカーが増えたのも否めません。今回の新作は、BURTLE社が元来、得意としてきた「万人のワーカー体型に合うルーズフィット」の作業服から、1歩進んだ「イマドキのスタイリングを取り入れた」、周囲の”新感覚作業服を老舗ブランドBURTLEが手がけるとどうなるのか”と具現化したモデルといえます。 上着でいうと、腕周りや胴回りが今までのBURTLEアイテムよりも「若干細くなっている」ほか、パンツでいうとふとももから裾までのラインが明らかにシャープに仕上がっています。 今まで、どのBURTLEアイテムを着用しても、なぜか「どこかしらからだの一部分がガホガホしている・着られている感覚」がぬぐえなかったお客様は、体型がBURTLE製品にマッチしていない可能性がありましたが、そんなお客様には是非、今回の作業服に袖を通してみてもらえたら、今回のBURTLEのコンセプトをより深く理解できると思います。 ■デカくない!・・・BURTLE社の製品は、万人のワーカーに対してカッコよく着れる作業服を提供し続けている人気ブランドですが、そのコンセプトを遂行するために、上着もパンツも実は昨今の作業服より「ややワイド」に仕上げられています。これが大きな特徴であり、また細身のお客様からすると唯一の不満点だったと思います。 この商品はそんなワイドなシルエットから、若干細身に大変身!着用するとよく分かりますが、今までのBURTLE製品では感じた事のない「フィット感」を感じる事が出来ずスタイリングに、私(作者)は軽く衝撃を受けました☆ ■深くない!・・・これは「パンツ」のお話です。直接私(作者)がBURTLEさんから聞きましたので、間違いありませんが当商品(パンツ)は 股上が元来のBURTLEワークパンツよりも股上が浅く設定 されております!!この部分にBURTLEさんが着手したのは正直、「驚き」でしたね。BURTLEさんが頑ななまでに貫き通している事に「ワークパンツである以上、股上は深いほうが良い」という認識だと思っていましたが、あっさりこの商品で股上が浅いパンツの開発に乗り出しました。 BURTLEさんいわく、「今のところ、(股上が浅いパンツをつくるのは)このモデルだけです」と断言していますが、この身のこなしの軽さというか、フットワークのよさが今のBURTLE社人気を後押ししているような気がしてなりません。 どうです??全国にまたがるBURTLEファンの皆さまも、きっと今頃気になってしょうがないのではないでしょうか??今までのBURTLE製品とは一味違うこの商品は、きっと新たなBURTLEファンを生み出す起爆剤になること間違いなしと思っています。 早速、本日手元に届いた商品を手にしましたが、 商品を触った第一印象は”ゴツイ”な~。 でした。さすがカタログにも「タフ」を謳っている通り、かなり頑丈そうな生地です。「こりゃ間違いなく綿だな」って思っていたんですが、タグを見てみてビックリ、こんなに頑丈そうでタフに見えるのに、 ポリエステル65%+綿35%のツイル素材 を採用しているので、見た目とは全く違う「扱いやすさ」を有しています。綿製品って確かにタフで頑丈なんですが、ゴワゴワ感がハンパなかったり、お洗濯後乾きが遅かったり、縮みが心配だったりするんですが、ポリエステルが混ざることにより、それらの懸念ポイントが一気に消え去りました。 とはいえ、製品にかなりの厚みがある事は事実でそれが非常にタフな印象を与えている事はまちがいないと思います。春先にはこの商品は、この上ない以上の頼りがいのある作業服になると思いますが、正直6-8月の夏には暑過ぎて着れない時期があるように感じます。ただどちらにしても、生地の中を糸が通る「リップストップ」生地であることからも相当生地レベルで強靭なシロモノに仕上げられていると考えられます。 ブルゾンは、パッと見た目も良く分かるとおりかなり攻撃的に攻めたデザイン性でスタンドカラーが目を引く「ライダース・ジャケット」のように仕上げられています。袖丈もバッチリ保有しているので、腕を前に出しても袖が短くなる事はありません。随所に設けられたベンチレーション用の穴や、様々な切り替えし要素がより一層ファッション性を向上させています。 パンツも前評判通り、非常にスッキリしたフォルムとBURTLE製品として今まで感じた事の無い「股上の収まり方」が自分的にGOODでした☆一つ、間違えのないようにお伝えしておきますが決して「股上が浅い」という事ではありません。そこはBURTLEスピリットがしっかりと残してあり、作業パンツとしてありえない昨今のカジュアルパンツのような股上の浅さは、たとえお客さんがお願いしてもBURTLEさんは作りません。しっかりと作業パンツとして機能するように必要な股上はしっかりと保持されているので、細身のお客様のみならず、ガタイのイイお客様にもすっきりとお召しいただける綺麗なシルエットのワークパンツに仕上げられています。 最後に、実際に私が着て見ました!!BURTLEさんの作業服を試着するなんて本当に久しぶり☆しかも新コンセプトモデルなんで、なんとなく緊張している自分もいます。 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着る作業服のサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズでジャストサイズ、パンツはLサイズでピッタリ☆ でした。ちなみに上着のサイズは「インナーにシャツ1枚程度」でございます。それ以上着込むならLLサイズがオススメです。 新しい試み、そして開発コンセプト、とても面白いBURTLE新作作業服になりましたが、最後に超ド級の”ネタ”がございます。この商品、ラインナップ上、 女性専用型紙を採用した女性専用サイズ を採用しいている正真正銘の「ユニセックス」モデルなので、こんなに個性的ではありますが会社様で揃える時にも女性にもカッコよく来ていただけるサイズが予めご用意されているのがこの商品独特の利点です。 女性のページは別途鋭意製作中ではございますが、これもコレでカッコイイんですよね~☆ 男女でこの作業服に身を通し、屋外で作業している姿を見たら、きっと思わず見入っちゃうでしょうね・・・。それほどスタイリッシュでファッショナブルな一着です。 BURTLEさんの「カタさ」が取れた非常に感度の高い1着に仕上がっていると自分も思います。是非、実物をご確認ください☆ ※(新)サイズスペック サイズバスト肩幅袖丈着丈 M110465963 L114486165 LL118506267 3L122526369 4L(+500円)128546370 BURTLE バートル 国産生地採用タフネスライダースワークウェア長袖ジャケット 5301 お得,大人気

Snap on スナップオン ミックス柄ウインドブロックジャケット SNO WJ141 超激得,大人気

→■4Lサイズはコチラ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  きっと、待っていたお客様も多いかと思います。今年の6月に突然バナーが出現し、当店のお客様が良い意味でザワつきました。  本当は、順調に行けばもっと早くにお伝えできたのですが、やっぱり企業と企業、ましてやその相手先が日本企業ではないとなったら、実際に私が思う以上に大変なことが多々ありまして、実質2ヶ月くらい遅れてようやくお伝えできるようになりました!!  声を大にして発表しますね!!せ~っの!! この度、当店(当社)はアメリカン・ツールブランド「Snap-on」とライセンス契約を結びました!! そうなんです!!ちょっと車や、バイクに興味があるお客様ならまずこの名前を知らない人はいないでしょう!!キング・オブ・ツールの名前がふさわしい、恐らく 「世界で一番有名で、世界で一番高級な工具」 なスナップオンのワーク・アパレル部門を、なんと当店(当社)が担当させてもらえるようになったんです!!これって凄いことですよね!! 「え~!スナップオンっていうからてっきり工具を扱うかと思った」っていうガッカリ感満載のお客様、スナップオンは工具の流通に際して非常に厳しい取り扱い基準を設けており、工具を当店(当社)が取り扱うメリットはほぼありません。「餅は餅屋」っていう言葉がある通り、結局は工具のような専門性の高い商品は、その筋の専門店が販売した方が結局がお客様もメリットがあるというものです。では、当店でスナップオンアパレルを取り扱う価値はドコにあるのか?それはズバリ、 当店が培ってきた作業着としてのノウハウを、スナップオン・アパレルの開発に十分活かせる!! という事が挙げられます。スナップオンとしても工具は一流ですから、あとは「それを使う人(メカニックさん)に一流になってもらう=着用する作業着もスナップオンにしてもらう=工具も一流、着るものも一流で当然出る仕事の成果も超一流!!」っていう流れにもっていきたいと常日頃から考えていたみたいで、そんな時縁がありこちらからからお声を掛けさせて頂き実現したんです!!  さすが、日頃からアパレルにも興味があったというだけあって、初めてお会いした時からリクエストの雨、あられでその日はメモするだけでへとへとになってしまいましたが、「適当にロゴつけて売ってくれればいいよ」的な超適当な対応ではなく、本当に熱意があってこそのスナップオン・アパレルなんだな~!と本当に関心してしまいました。 そして、今回様々なディスカッションを経て誕生したモデルが、 ウインド・ブレーカー・ジャケット です!!これはスナップオンさんからも熱望されていたアイテムですが、当店としてもまずは「得意」な分野で勝負したいと思い、輝かしい「当社スナップオンラインセンス商品第一号」としてリリースが決定いたしました!!  スナップオンを扱う業者さんはズバリ、「車屋さん」と「バイク屋さん」と「超リッチなサンメカさん」です。「え?工具のメーカーと使う業種なんてドレも一緒なんじゃないの??」っていうお客様、そんな事言ったら工具使っているお客様に怒られますよ。工具を扱うワーカーさんは皆、「こだわりと誇りを持って」工具を使いお仕事をしています。  何故、業種によって使う工具とメーカーさんが異なるかというと、一つは「業種ごとに主要ネジのサイズが違う」という事と、「対象物が海外製」っていうのが実情としてあるようです。例えば大工さんが使うサイズっていうのは14mmを越える大きなネジが対象ですが、車・バイクの整備では6-8-10-12mmなど比較的小さいサイズが主要です。スナップオンはアメリカの工具なので、アメリカの車(アメ車)と相性が抜群です。やっぱりアメリカで作られたネジは、アメリカの工具で回したほうがしっくりくるのは間違いないです。  「日本の工具が精度では世界一でしょう!」っていうお客様、確かに日本には機械よりも精度の高い職人さんがたくさんおり、日本製の工具をこよなく愛す世界の工具ファンもたくさんおります。ただ、「ネジを回す」っていう事に関しては精度も大事なんですが工具もネジも鉄であり、「相性」が一番大事です。  仕事の成果を常に問われるワーカーさんが工具にこだわりを見せるのは当たり前です。そんなこだわり要素の高いワーカーさんに今回オススメするのが、このウインドブレーカーです。「あれ?でも品名にはウインド・ブロッカーって書いてあるけど??」っていうお客様、とても鋭い。そうなんです。正式名称は「ウインドブロッカー」です。でもウインドブロッカーって言ってもピンと来ないお客様もいらっしゃると思ったので、今回は一般的にイメージしやすい「ウインドブレーカー」としてご紹介させていただきました。 【ウインド・ブレーカーorブロッカー?機能性の違いあり!!】 ■メカニズム・・・ウインドブレーカーは「風を避ける」という意味、ウインドブロッカーは「風を壊す」という意味から風から身を守るという目的上ではウインドブロッカーの方が効果が高い事ということがいえそうです。 ■仕様の違い・・・ウインドブレーカーはポリエステルやナイロンで表生地が生成されており、その裏にはメッシュがついていることが多いです。ウインドブロッカーは、多層構造により風そのものの「風の貫通を防ぐ」事を目的に作られており、ポリエステルやナイロンが使用されることもありますが、ニットや質感の良い表素材の下に、防風フィルムをかませて、裏生地を貼り付ける「ボンディング」という多層構造で風を完全にシャットアウトする事を目的に作られています。 ■デメリット・・・ウインドブレーカーは表生地の厚さにどれだけウインドブレーカーとしての防風性があるか左右されます。薄ければ強風の際、冷たい秋風がウインドブレーカーを貫通し衣服内が冷たく、寒く感じます。その変わり風が通過するということは「通気性が高い」という事になり衣服内で「汗やムレが発生する」ことは少ないといえます。 一方、ウインドブロッカーは多層構造生地によりどんなに強風が吹いても 衣服内に冷たい風が通過する事は物理学上、ありえません っていう事で、徹底的に風による寒さを感じない作りになっていますが、機密性が高い分ムレや汗も感じやすく、暖房が効いた室内などではサッと脱いでしまうほうが良いと思います。  ここまで説明して、ようやくこの商品が「ウインドブロッカー」である事がきちんとお伝えできます。主に外やこれから寒い展示ルームや整備エリアでアウターとして着てもらいたくて作りました。もちろん営業の際も着ていたらカッコイイと思いますし、納車のときとかスタッフさんが着ていたら、カッコイイなぁと私でも思っちゃいます。 また、高価なスナップオンツールをお買い求めいただいた際の「ノベルティ」としてご用意しても、きっと工具をお買い求めになったお客様はお喜びいただけるのではないかと思っています。是非、スナップオンの良さが分かる車屋さんには「定番モデル&ちょい買い足しモデル」としてお車やバイク、工具と一緒に展示していただけましたら幸いです。  最後に実際に着用してみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、普段着るインナーのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 インナーシャツ1枚でLサイズでピッタリ☆ でした!!結構、裾に余裕があったので、つなぎの上からも着れるかもしません。 最後の最後に、「スナップオンのアパレルであれば、サイズ感はやっぱりアメリカンサイズ?」とギモンに思うお客様も多いと思いますのでお伝えいたしますが、当商品は日本人のサイズに合わせて企画されておりますので、普段着用されているサイズでほぼ間違いないと思います☆  ちなみに当商品、全国各地をカッコイイ車で回っている「スナップオン・バンセーラー」さんでも並行して扱いますので、お買い求めしやすい方でお求めください!!スナップオンっていうと「ピンスト(ピンストライプ)」や「フレアパターン」でコテコテのアメリカンウェアを想像していたお客様も多いと思いますが、今回のような一件シンプルな色調の方が様々なシーンで役立つので、1着あると結構便利ですよ!! サイズ 着丈 胸囲 裾幅 裄丈 S 70 102 100 80 M 72 106 104 83 L 74 110 108 86 LL 76 114 112 89 3L 78 118 116 92 4L 80 122 120 92 Snap on スナップオン ミックス柄ウインドブロックジャケット SNO WJ141 超激得,大人気

BURTLE ワークジャケット 6071 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 定番人気,豊富な

→4Lサイズはコチラ 発売予定日次回入荷12/上旬掲載予定日掲載中 品番:6071 素材:ポリエステル65%/綿35% ■コダワリのカラーを徹底解剖!お客様のシーンに合わせたカラーリングが魅力です。 ■BURTLEコダワリのポイントをご紹介!この価格でこの機能、ありえません。 ■■■商品説明文■■■ 今まで、メーカー名(ブランド名)をここまで強烈に打ち出してきたメーカーさんってあるかな??ってずっと考えていましたが、少なくても私が在籍している間はなかったな。と思います。  「BURTLE(バートル)」って読みます。昨年までは「WORKBOX(ワークボックス)」、または「クロカメ被服」って呼ばれていました。ここのメーカーさんの特徴は、いつでも「時代の最先端」。今でも一般的に作業服といえば「アースグリーン(知っている人はかなりのツゥです)」や「ネイビー」の作業服を主なラインナップとして組みますが、このめーカーさんはそういった既成概念がまったくありません。時代が欲しているモノ、また世の中で流行しているモノを作業服に落とし込んでモノツクリが進行されるため、毎回、新商品の発表が楽しみなメーカーさんです。  そして今回、ブランド名を「BURTLE」としてロゴも一新、新しいコンセプトの元、当店が提唱し続ける ワークカジュアルウェア として新発売!!とてもメーカーさんのコダワリが感じられる逸品となりました!!  手にしてまず思ったことは「え?コレが2500円なの??」でした。具体的に言うと、まずはその質感。 肌触りの感触がすこぶる良い ですね。綿とポリエステルの混紡素材だけあって、高ポリの作業服には無い ハリとコシがハンパじゃない です。重量感もそれなりにあり、見た目以上にタフな印象を受けました。  ジッパーが襟先まであり、最後まで締めると「スタンドカラー」に早替わり、強雨・悪天候時にはこの襟形状はうれしい機能です。また胸ポケット形状は鋭角になっており、さりげない工夫ですが全体をシャープに見せていますね。また、今までのような ガブガブした大作り ではなく、全体的にしゅっとしたシルエットに仕上げていますので、肩の取り回しが少々不安かな?とも思ったんですが、後ろを見てみると不安は解消。 後ろ身頃の肩の付け根の部分に深いタック が肩のラインに沿うように設けられており、思いのほか「腕を上げる」「肩を回す」ようなアクティブな動きにも柔軟に対応できる仕様になっていました!!  見た目の印象を決定付ける 「着丈」はやや短め。現在流行りの丈だと思います。 裾のサイドには デニムジャケット(ジージャン)でお馴染みのボタン式の2段階アジャスター を装備。作業服の裾では定番の サイドゴムアジャストは上記の仕様につき無くなっています。 細かい仕様を徹底的に見直すことにより、スタイリングを向上させていているモデルだな。としみじみ感心していました。 カラーリングは全部で6色ですが、着る人、着る職種を選んでしまう2色は除き、どんな方でもバッチリ似合う4色をご用意いたしました!中でも 新色「クーガー」 はヒットしそうな予感。また、もはやセオリー色となっていますが キャメル もイイ味だしていました。ちょっと毛色が異なるのが ネイビー です。紺色って実はメーカー毎に細かく違いがあり、現在巷に出回っている通称「紺(ネイビー)」は「濃紺(ダークネイビー)」がほとんど。すなわちネイビー色は「ダークネイビー」が旬な訳です。  しかし、このブルゾンのネイビーはどうみても「紺(ネイビー)」です。見た瞬間「懐かしいな~」と思える色でした。しかも、ジッパーの色が「白」なんです!!私のテンションが上がるのが分かりました。これはまだ私が入社して間もない頃の「絶対売れる紺色作業服」の配色だったんです!最先端のスタイルで往年のヒット配色。一人よがりはよくありませんが、是非これをご覧の若者のお客様も「いいなぁ。」と思っていただけると幸いです!! シルバー は、画像で見ると「白っぽく」見えてしまいますが、白ではありません。正直カメラ泣かせなカラーですが、一般的に言われている「シルバーグレー(すっごい薄いグレー)」とイメージしていただけますと分かりやすいかもしれません。 最後に恒例の作者である私が実際着用してみました!! 身長:178cm、体重:61kg、ウエスト:79cm の私が着てみたところ・・・、 「Lサイズ」が妥当かな? と思いました。「妥当」というのが、私、結構細いので、正直「Mサイズ」の方がイイかな?とも思ったんですが、Mサイズを着ると「袖丈が短い」という悲しい現象になり、結果 Lサイズ着用で、裾のボタンアジャスターを締める という着方になりました。細身で腕が長い私にはちょっと悲しい現実でしたね・・・。  ちなみにコチラの商品、同時発売として「カーゴパンツ」と「レディース専用パンツ」の2種類をご用意。「レディースパンツ」は夏生地で既に発売済みで大人気な商品、実はこの「レディースパンツが好評だった」というのが、今回ラインナップを増やした一番の理由なんですよ!! 6071 サイズスペック サイズ バスト 肩幅 袖丈 着丈 S 106 40 55 60 M 112 46 58 63 L 116 48 60 65 LL 120 50 62 67 3L 124 52 62 69 4L 130 56 63 71 BURTLE ワークジャケット 6071 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 定番人気,豊富な

上下別売 EXOCET エグゾゼ 新 ウレタンストレッチレインジャケット”防水” F 11002J 2016 WEX 年間 カッパ 豊富な,HOT

* 作業着 作業服 ワークウェア * ■4L~5Lサイズはコチラ■ ■お揃いでどうぞ■ →【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→ ■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ ■■■商品説明文■■■ 当店で大人気なのは・・・「つなぎ」でしょう!、「ナナロク」でしょう!、「長靴」でしょう!そしてわすれちゃいけないのが・・・、 そう!雨ガッパ、レインウェア!! です!!! 当店はもともと作業用品専門店ですから、レインウェアの選定基準も職種に合わせて実に様々。。。「作業用だから安くて良い」っていうお客様用レインウェア、「作業用だけど快適に着用したい」っていうお客様用レインウェア、「重くても暑苦しくでもいいから丈夫なカッパが欲しい」っていうお客様用レインウェア・・・実にバラエティー豊富な品ぞろえで実際、多種多様なお客様に現在愛され着用されています。  しかし、気がついている人は既に気がついているかも知れません・・・。実は「ある用途のレインウェア」が長期欠品しております。それは・・・ 「縫い目ナシの伸縮性雨カッパ」 です。知っている方はかなり”通”ですが、その素材とは「ウレタン」。ウレタンとは防水性は100%「完全防水」なので、通常のレインウェアのように裏から防水フィルムコーティングは必要無いんですね。工程が一つ少なくて済むんでそれだけでまず「軽量化」が図れます。そしてウレタンがもつもう一つの特性は「伸縮性が良い」事です。両手の指でつまんで引っ張ると、確かに全方向に対して伸縮性を確認する事ができます。そして取って置きの特徴が「縫い目がない=ウエルド加工」を用いて、各主要パーツの結合はこの圧着製法で 縫い目が無く、縫い目からの浸水という事態は縫い目がなくなることにより論理的にありえなくなりました 。 【こんな人に向いている、伸縮「ウレタン」レインウェア】 (例)雨の日に着る・・・じゃなくて、仕事場が水気が多い場所。→→→通常のナイロン・ポリエステル素材のレインウェアは雨の日に着たりする「限定的な要素」で着用するなら快適ですが、「毎日のお仕事で長時間着用する」とかになると耐久性にやや不安が残ります。摩擦による表素材の僅かな損壊が防水の壁を破るからです。その点ウレタンは、上記のとおり「ウレタン自体が防水素材」、そして持ち前の「生地厚」から多少の表素材の損壊が発生しても水際で持ち堪える事が可能です。(トンネル工事現場/洗車場/コンクリート工場養生作業) (例)立つ・しゃがむを繰り返すお仕事。→→→これはウレタンの伸縮性を抜群に活かしたお仕事といえそうです。荷物を運んだり、車に乗せたり、おろしたり、また別の場所に移したり等のお仕事には必ず「立つ・しゃがむ」を連発する動作が発生します。その際、カッパの「背中」や「肩」、「お尻」「膝」が伸び縮みしレインウェア全体に掛かるストレスを軽減することが可能です。(運送業/引越し業/配達業) (例)一定の体勢で長時間維持する仕事・作業。→→→例えば趣味でする「釣り」。岸壁や、埠頭に腰を掛けて長時間します。腰を掛けるとき、まず「背中」、そして「お尻」、「膝」にテンションが掛かりストレスが発生します。しかし、このレインウェアは伸びた状態で素材を維持し、重量も軽いするので長時間同じ体勢でも疲れや凝りを感じにくいはずです。(陸釣り/バイク便/オートバイライダー) どうです??ウレタンの素材のレインウェアは、他店様を探してもなかなか見つからない素材です。それだけ「ウレタン」という素材は、レインウェアに転用しづらくまた作れたとしても「高コスト」なため、パフォーマンスが落ちてしまうんです。当店はそのウレタンウェアをしっかりと「低コスト」で製造出来るメーカーさんとめぐり合い、長い交渉の上、販売しているのでこの価格が実現出来ています。  早速、手に届いたばかりの(新)レインウェアを早速触りまくってみました☆。まずは質感、うん凄くイイです、しっとりした風合いは格別な一格上なレインウェアの素材を彷彿とさせ、またレインウェア特有の”カサカサ”音がありません。また、そんなに気にする人もいないかもしれませんが このレインウェア、全く臭いがしないんです 。上着に関してはボディと袖、ボディとフードは「ウエルド加工」を施しているので継ぎ目が裂けない限り浸水の可能性は0です。上着で唯一の収納となるハンドウォームポケットは両脇に設置しており、ポケットへの浸水を防ぐために前立てフラップを両端でリベット打ちし、フラップがめくれ上がって不用意な浸水を極力低減したポケットデザインに仕上がっています。 また、溶着されているフードは「襟収納式」なのであくまでイレギュラー対応程度のフードです。工事現場、オートバイ運転であればヘルメットが義務付けられているのでフードが簡易バージョンでも問題はありませんよね?!また、あると嬉しい「両裾スピンドル」は、ゴムひもを引っ張るときゅぅぅ~ッと裾が絞れます。これで台風などの雨+風のお天気でも裾からの浸水はほとんどなくなりました。  今回、共通のパンツとしてラインナップされたのが トレパン(ウエストゴム)タイプとサロペットタイプ。 どちらもブラック1色で統一されており、トップスにどのようなカラーが来ても落ち着いた雰囲気に仕上がるように作られています。  まずは、肩掛けのバンドが取り付けられている「サロペットパンツ」ですが、とってもシンプル。同じサロペットでも当店屈指の漁師さん用カッパ”マリンウェア・サロペット”に比べるとかなり細身のデザインです。どちらかというと、スッキリしたフォルムはカッパのサロペットパンツというよりは「ツナギのサロペットパンツ」のイメージの方がピッタリくるかもしれません。肩バンドはゴムを使用し、しゃがんだ際もこのゴムバンドが伸縮、なおかつウレタン素材自体も伸び縮みしますからサロペットだからといって肩が突っ張ることもありません。両脇にはマジックテープで簡単にウエストを絞る機能も付いていますから、ウエストのゆとりが気になる場合も手袋をしたままでキュッと調節が可能です。裾はプレーンなストレート。裾には裾幅を調節する「マジックテープ」が付いていますので幅が気になる・・・というよりは、長さが気になるお客様はここで絞っていただけると、裾がシューズに引っかかり裾を引きずる事はなくなります。  続きましては、ウエストがゴムで絞られている「トレパン」タイプ。基本的には同時発売の「サロペットパンツ」と相違はない機能性ですが、このパンツの特徴をあえて言うならば・・・「脱ぎやすいし、穿きやすい」でしょうね(苦笑)。「そんなもん、わかっとるわ!」とお叱りをいただきそうな雰囲気ですが、実は結構重要な要素。例えば「事務所」と「現場」を頻繁に渡り歩くようなお仕事であれば、脱ぎ穿きを優先したほうがイイと思いますし、一方一日中水気の中で仕事をされているお客様なら、脱ぎやすさよりも「ウエストよりも高い位置での防水(より高い防水性)」を求められると思うからです。この部分はお客様のお仕事を優先されたご選択をされると良いと思います。 最後に、作者である私が実際に(新)ウレタンレインウェアを着用してみました!! 身長:178cm、体重:66kg、ウエスト:82cm、普段着るレインウェアトップスサイズ:Lサイズ、パンツ:Lサイズ の私が上下で着てみたところ・・・、 どっちともLサイズでバッチリ☆ でした!!いやぁ、久々普段のサイズとおりで作業着が選べてよかったです。普段とおりで良いっていうことは、サイズ選びで悩む必要も無いってことですから、きっと多くのお客様も楽に感じると思いますよ! あ~、最後に肝心な事を言うのを忘れておりました。カッパといえば「防水」、そしてカッパといえば「ムレる(汗をかく)!」っていう問題がありますよね?この商品はどうかというと・・・、残念ですが防水性を高めるため、ボディには高い機密性を持たせており、ムレた空気の逃げ口はほぼゼロ・・・、つまり「汗は発生する」レインウェアと言えそうです。夏場に使用される際は、吸汗性の高いインナーウェアの着用を強くオススメいたします。 ※ご覧頂いている商品は上下別売りとなっております。 上下別売 EXOCET エグゾゼ 新 ウレタンストレッチレインジャケット”防水” F 11002J 2016 WEX 年間 カッパ 豊富な,HOT

I'Z FRONTIER アイズフロンティア ストレッチデニムワークシャツ #7251 新作入荷,大得価

■お揃いのパンツはコチラ■ ■お揃いのブルゾン■■お揃いのカーゴパンツ■ 必見、製作者が語るアピールポイント!! 忘れもしない2014年春、当店を驚かせた作業着が発売になりました。そう!I'Z FRONTIER(アイズ・フロンティア)さんというメーカーさんで作られた ストレッチ・デニム・ワークウェア です!!そりゃもう、この商品を見た時はシビれました☆一見、使い古されたかのうようなユーズドウォッシュのデニムは、今までも良かれ・悪かれワークの中でも見てきました。この商品との出会いも最初は「な~んだ。またデニムの作業服か」程度でした。実は私(作者)、デニムは大好きなんですが作業着、特に「作業服」には懐疑的な見方をする人でした。 その理由はデニムが好き過ぎて、「なんちゃってユーズド」や「なんちゃってウォッシュ」がど~しても好きになれなかったんです。それと、ツナギであればデニムもアリかな??と思っていたんですが、作業服にしちゃうとデニムの特徴がそのままデメリットになってしまうと思い込んでいたんです。そのデメリットとは・・・、 重い・硬い・動きずらい。 という事です。実は上記のデメリット、デニムの特徴(メリット)でもあるんです。この特徴はサイズ感が大きく、よりハードワークが求められる「ツナギ」であれば、デニムの特性が活きるのですが、体にフィットにするように作られている作業着であれば、ちょっと動きずらいかな~と思ってしまいます。ですから、よほどの事が無い限り、デニムの作業着は当店で扱うことが無かったんです。  しかし!!この作業着は見た目こそ、ありふれたデニムの作業着でしたが、この作業着にはデニムに厳しい私(作者)に「取り扱いたい」と強烈に思わせる要素がありました。それは・・・、 全身強烈なストレッチ(伸縮)性能 です!!デニムの生地に編みこまれた 伸縮性の高いポリウレタン素材 が、縦・横方向にストレッチが効いている事でフィットする事が前提で作られている作業着でもストレスを感じない着心地に進化していました。丈夫なデニムである事が作業着にもメリットとして十分お客様に伝わるレベルであると判断し、取り扱いに踏み切りました。その結果、 当初の見込みを大きく上回る販売数 を記録、今後の作業着の未来の形として大きな一歩を踏み出しました。 そして、発売から半年が経過したある日、再度メーカーさんから打診を受けサンプルを拝見させていただきました。それは、 先に発売されている#7250、#7252とお揃いのワークシャツ でした。私は即座に取り扱いをOKしましたね。やはりデニムのワークウェアにはシャツも必要だと思っていたからです。 【考え抜かれたデニム・シャツ!きっと欲しいと思っていたお客様も多いはず!】 ■ストレッチ・・・やはりこの作業着の大きなメリットであり作業着として活用できる大きな可能性であるストレッチはシャツになっても健在。全体的にタイト(細身)ながらもテンションがかかる「背中」「肩」「袖」などはグィ~ンと伸びるので、快適でアクティブな動きが可能です。 ■シルエット・・・先行発売されている「ブルゾン」と「カーゴパンツ」はドチラも細身、タイトな作りです。タイトな作業着なんて動きずらくて仕方がないんですが、それはこのストレッチ機能が完璧に機能しています。そしてそのDNAを正確に受け継いだこのシャツもやはり、見た目タイトな作りに仕上がっています。 ■デザイン・・・これぞワークシャツです。全身デニムに覆われたこのシャツは普通に作っちゃうとまったく普通のシャツになってしまうのですが、見事にワークシャツとして仕上げています。小ぶりな胸ポケットはデザインを考慮したうえで多角形にし左袖のペン指しは大きく、作業上もきっと大活躍すると思います。また、身頃と袖に設けられている「ボタン」は、よくある穴に通すタイプのボタンではなく、パチパチと留め外しが可能なボタンを使用しているので、ワークシャツと、ダンガリーシャツの間をとった絶妙なデザインといえそうです。 最近の当店の品揃えではワークシャツが少なくなっていますので、満を持しての発売となります。 「いやいや、満を持してって言っても7250作業着には合わないでしょ」っていうお客様、確かに一番合うのは7250シリーズですが、デニムであり、ダンガリーシャツであるなら、コーディネートの可能性は広がります。例えばこのシャツに、ベージュ系のパンツや、カーキ系のパンツでもしっかりワークカジュアルスタイルとしてハマります☆  最後に手元に届いた商品を実際に私が着用してみました!! 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段着る作業着のサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 このシャツではLサイズがベストサイズ でした!!・・・ですが、割とゆとりはないです。タイトなデザインなのでそう感じても仕方が無いのかもしれませんが、それ以上に体を動かしても随所にストレッチが効いていますので、全くストレスは感じないです。  既に7250シリーズをお持ちのファンであるお客様、またブルゾンでは仕事がしずらく、もっとカジュアルなスタイルでお仕事を楽しみたい方、はたまた巷のカジュアルデニムシャツでは薄くてダメだ!と日頃からお思いのお客様にはうってつけの商品です☆  屋外作業全般、運送業ドライバーさん、メカニックさんや車屋さんのユニフォームでもカッコイイかもしれません!またインテリア・コーディネーターさんやオシャレな内装屋さんにも着て欲しいです☆  割としっかりとしたデニム厚なので、11ozほどではないかと思います。通常、カジュアルでは7-9ozなのでシャツにしてはゴツイです。でも着ずらくない。そんな魔法のようなワークシャツを是非お買い求めいただけましたら幸いです。 7251サイズスペック I'Z FRONTIER アイズフロンティア ストレッチデニムワークシャツ #7251 新作入荷,大得価

VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーブルゾン 5101 お得,100%新品

発売予定日 2011/04/09 掲載日 掲載中 ■サイズスペック■ サイズバスト肩幅袖丈着丈 M112465863 L116486065 LL120506267 3L124526270 「当店でしか買えないワークギアを!」という事で、オリジナル商品化を進める当店(プロノ)ですが、時たま「やっぱりメーカーさんには適わないなぁ」と思ってしまう商品と出会うときがあります。一昔前の作業服では当店オリジナルのワークウェアの方が断然イイ!と思えて仕方無かったのですが、昨今の作業服メーカーさんの意気込みには、正直頭が下がります。そんな「すごいなぁ」と思わせてくれるメーカーさんの一つが、この春 「クロカメ被服」から「BURTLE(バートル)」に社名を変更した メーカーさん。以前から、他の作業服メーカーさんとは明らかに一線を画す路線を突っ走ってきた感のあるメーカーさんですが、ようやく時代が追いついてきた感じで今、ノリにノッているメーカーさんです。  「BURTLE」が長きにわたって追い求めてきたのが「ワークカジュアル」。そうです、当店現在、「最近の作業服はこんなにカッコイイんだよ!」という「ワークギアをカジュアルに着る」という「ワークカジュアル」を 当店よりもず~っと前から追求してきたメーカーさんです。 その間、失敗もあれば、成功もあり、そんな経験「ノウハウ」が今のBURTLEの人気をしっかり根元から支えています。  今回、ご紹介するアイテムは、「BURTLE」に社名を変更する前からの商品ですが、しっかり「ワークカジュアル」しています。画像を見ただけでもお分かりになると思いますが、ブルゾン一つ見ても「あ、他とは違うな」と一目瞭然。 作業服であるという前提をしっかり考慮しながら、余分なダブツキや、今まで作業服とはこういう形・・・という固定観念を根底からひっくり返しています。 プロノでは、年々、当店をご利用されるお客様が増え、実にさまざまなご要望が毎日当店へ届きます。その中でダントツのトップが「何で作業服屋なのに、作業服少ないの?」、「もっとプロノの視点から見た作業服が見てみたい」等、作業服屋元来の中心アイテム「作業服」への要望が高くなっています。確かに当店では今まで、あえて「作業服」には手を出してきませんでした(作業服屋なのに(笑))。理由は簡単、つい2~3年前までは、どこのメーカーさんの作業服も似た感じだったんです。だからネット上で販売しようにも、商品を撮影して一覧で並べると・・・、「どれも同じ」に見えてしまうため作業服の取り扱いはオリジナル以外は掲載していませんでした。  しかし!ようやく今年から当店は、バンバン作業服をリリースします!!一覧でご覧になったときに、「あれもこれも、全部が魅力的」と思っていただける作業服を取り扱う事になりました。その先駆けが今回紹介する「BURTLE」というわけなんです。  では、早速商品のご紹介を。今回ご紹介するのは ブルゾン・シャツ・カーゴパンツの3種類。 今まで当店では、「カーゴパンツのみ」を扱うことが多かったのですが、当店でパンツを販売しすぎてしまい、メーカーさんに「ブルゾンだけ余る」という由々しき事態が多発。メーカーさんからのたっての希望もあり、今年からは上着も扱う事にありました。「おや?どっかで見たことあるな??」というお客様は、当店と長いお付き合いをされているお客様。そうです、この商品、冬時期に「防寒着」としてリリースした ヌバックタッサー防寒ブルゾン と同じシリーズになる 夏服バージョン なんです!!ヌバックタッサーユーザーには、突然の朗報ですよね!!  ヌバックタッサーも例外なく、スタイリッシュなシルエットが大好評でしたが、夏服になってもそのシルエットの美しさは健在。夏服といっても過度なペラッペラッな生地ではなくて、綿100%の素材を使用しているので、市販されている「ペラッペラッ」な作業服ではなくて、何回洗濯をしても「パリッ」とした着心地がとても気持ちイイ作業服になっています。また生地は 国産のリップクロス素材 を使用しているので、信頼性抜群!!っていうか、「リップクロスって何?」とお思いのお客様もいらっしゃいますよね??リップクロスとは、もう当店では有名な素材。ただ「ジャンルが異なり」ます。そうです、一般的にリップが使用されるワークウェアは「ヤッケ」や「カッパ」が多いです。 リップとは生地の中を別糸が格子状に走り、あらゆるテンションによる引き裂けと、破れを防止する 事が目的として使用されている加工です。ですから、画像をよ~く見てみると・・・、表面に格子状の模様が見えますよね?これが「リップクロス」です☆そしてこの素材は「日本で作られている」という事ですね。ただし!だから「日本製」とはなりません。当商品の場合、「国産生地を外国へ持ち込み縫製」するので、輸入法上は「外国産」となってしまいます。がコストのかかる日本生地をこだわり使用しているBURTLEってやはりタダモノではない!って気がしませんか??さて、ここからは、「ブルゾン」「シャツ」「カーゴパンツ」について、個別のご案内。 説明が長いですね・・・。どうか諦めないで読んでくださいね(苦笑) 【5101 ブルゾン編】 手にした見た感じ、「とってもしっかりしているなぁ」と思ったのが第一印象。この質感は「日本生地を使用」しているからなのか「リップがもたらす生地のコシ」なのかはちょっと分からないですが、とにかくしっかりしています。それで明らかに年間作業服とは異なる生地厚を実現しているのだから、驚きです。ただし、夏場25~30度近くになってしまうと、さすがに綿素材は暑く感じてしまいそう・・・。つまり、極暑日に至るまでの「4月」「5月」「6月」、また秋口の「9月」あたりまで、ガッチリカバー出来る作業服のような気がします。  シルエットに関しては、もはやBURTLE製品は何の心配もなし。かなりカッコイイです。私(作者)のように線の細い人間にはありがたい「裾がバタバタしない」形状のブルゾンは、胸囲や、裾幅などの細かいスペック変更で、本当に余分なダブツキはありません。もちろん今まで必要の無かったダブツキですからガッチリ体型のお客様はNGという事では絶対ありません。またBURTLEの特徴としては「ブルゾンの丈が短く」感じる方もいらっしゃるかもしれません。この部分はどちらは悪いとかではなくお客様の好みにより賛否が分かれるところ。私個人の考えですが、私的にこの長さは「アリ」だと思います。というのも、羽織った感じ「ジージャン(古い?)」のような雰囲気です。これ以上長くなってしまうと、上下で合わせた時のバランスが崩れてしまうような気がします。また着用の際、ちょっとダラしなく思えるかもしれませんが、「フロントジッパーを上まで上げる」着方ではなく、夏場は全開!!みたいなワイルドな意気込みで着用すると、よりBURTLEの世界観が伝わると思います。  よく作業服で見かける「脇ゴム」もナシ。襟元はライダースジャケット(シングル)のようなボタンでスタンドカラーに早代わりする襟形状。袖口もゴムは使わず、全体的に「ストンしたストレート形状」が魅力です。 ちなみに作者ではある私が実際に着てみました! 身長:178cm、体重:62kg、普段着用するブルゾンのサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでジャストサイズ! でした。いやぁ~、細身の私でも作業服がかっこよく着れるなんて夢のようですね(泣)。サイズ選びのコツは、この商品、パンツは割とゆとりがありますので、作業上許される範囲内で、「ブルゾン→ジャストサイズ、シャツ→ジャストサイズ、パンツ→通常サイズ」で合わせると、ボトムのボリュームがトップスのスッキリ感で中和され、すんごいオシャレに見えます。ブルゾンもシャツも大き目を買うと、全体的にダブダブな印象になりますのでご注意ください!! 【5103 長袖シャツ編】 当店がシャツを扱うなんて、あまり考えられない事ですよね(苦笑)それだけBURTLE製品に対し、当店が信頼を寄せている証拠。ブルゾンよりも2割くらい薄い生地を使用しているので、見た目ブルゾンと同じ印象に思われちゃいますが手にした感じはかなり違います。ブルゾンと比べるとかなりソフトな印象です。私(作者)の場合は大丈夫でしたが、ひょっとすると「ブルゾン」と「シャツ」のサイズが異なるお客様もいらっしゃるかもしれません。それだけ着た感じの印象は違います。詳細は別記のサイズスペックをご参照下さい。シルエットとしてはタイトではありませんがスッキリした形なので、「シャツの中に着込む」事は基本的にお勧めできません。肩口の周囲寸法「アームホール」がスリムなため、厚地の下着や重ね着をすると、脇の部分で生地の大渋滞が起こります。裾形状もゆるやかなアールを描いているので、居ないとは思いますが、シャツを出して着用する事も可能です。 実際に私(作者)が着てみました! ブルゾンサイズと同じLサイズがジャスト! でした。う~ん、でもホントはMサイズでいきたかったんですが、袖丈が足りませんでした・・・。 【5106 パワーカーゴパンツ編】 近未来「ワークカーゴパンツ」みたいです(笑)。明らかに今までの作業カーゴパンツとは違います。ノータックスタイルでシンプルに仕上げている他、デザインを崩さないよう配慮されている出っ張りが無いサイドのポケット等、恐らく「今までのタックの作業パンツに抵抗があったお客様」は、それだけで魅力的なスペックではないでしょうか?しかし、一方で”しっかり作業パンツしているな”と思わせる点も。見た目はなかなか分かりませんが、実はこのパンツ「太い」です。つまりワンタックを潰しても決して細くはせず、作業に必要なワタリ(ふともも部の巾)はしっかりと確保されているんです。ですから「ノータックがキツイよな~」っていうガッチリ体型のお客様もご安心ください。びっくりするくらい問題無く履けますよ。まさに見た目のマジックですね。またタックを潰す事により、折り目がパンツの両足のセンターを通らず(スーツのパンツは両足のセンターに折り目が走りますよね)、ジーンズやチノパンと同じサイドに折り目がくる構造になるので、これだけでかなり見た目の印象も変わります。  また画像では全部が”イマドキ”のように見えますが、こんな部分でもBURTLEが大事にしている箇所があります。それは 「股上」 です。イマドキのジーンズのようにまた上が浅く見えますが、それは大間違い。実は、「かなり股上が深く設定」されているのでお尻の収まりがすんごく良いです。他社さんメーカーでやっちゃいがちなのが、全部を”イマドキ”にしてしまい、股上も浅く設定してしまうんです・・・。これではもういくらカッコよくてももはや作業服ではなく単なる「カジュアルパンツ」です(泣)。この部分はBURTLEがワークカジュアルを提唱し、ノウハウとして蓄積した結晶。「股上」を変にイジッてしまうと、仕事が出来なくなってしまうんです。BURTLEは、前衛的なワークデザインを実現しながら、しっかりと「古き善き知識」はしっかりと踏襲しているメーカーさんなんです。  最後に私(作者)が実際に履いてみました。 私の好みでは82cmがベストサイズ! でした。前述通り、トップスはジャストサイズで攻めて、ボトムは少しゆとりを持たせると、カッコイイスタイリングになるのではないかと思います。 VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーブルゾン 5101 お得,100%新品

アイズフロンティア 長袖消臭ハーフジップ #101 2016 EXS 夏物 インナー 100%新品,限定セール

アイズフロンティア 長袖消臭ハーフジップ #101 2016 EXS 夏物 インナー 100%新品,限定セール

REDLAVEL プロノオリジナルワークブルゾン 20918 * ワークブルゾン 作 着 作 ブルゾン メンズ * 正規品,得価

→Sサイズ~3Lサイズはコチラ☆→お揃いのパンツもご一緒に☆ 【WEB製作者が語るイチオシポイント】  早いもので今年もあと1ヶ月(12月1日制作)、ドコの、どんな、販売店さんももう「今年イチオシの商品」って店頭にズラリと並んでいますよね?!しかし!!当店は 2012年が終わる最後の最後まで新商品を出し続けますよ!! 。「え、それは単にお宅の掲載スピードが遅いからじゃ・・・」と鋭い突っ込みを入れているお客様、確かにそうなんですが 当店も今年は新商品を出しすぎましたね(疲)、正直ちょっと疲れています(苦笑)。  でも私は思うんです。世の作業用品って作業服にしても、長靴、手袋、ツナギやレインウェアにしてもお客様は新商品を知る術って皆無に等しいですよね?テレビで取り上げられるわけでもなく、作業用品専用の雑誌があるわけでもなく、新作のファッションショーもありません。ですから、 当店は常に”作業用品の今”をお伝えし続ける使命 があると思うんです。ですから、当店に変わる情報発信が現れるまで当店は、新商品をお客さまに発信し続けようと思うんです。そうでなければ当店を初め、メーカーさんの血の滲むような努力が報われませんもんね。お客様だってきっと、「買うかどうかは分からないけど、新作は見てみたい」っていう人が多いと思います。最近、掲載しすぎて誤字・脱字が多くなっておりますが(詫)、何とか今年いっぱいまでしっかりお伝えしていこうと思っています♪  という事で、12月最初のご紹介は・・・ 当店オリジナル鉄板作業服”レッド・ラベル”のご紹介です。 「もう売ってるじゃんかよ!」っていうお客様、よ~く聞いてくださいよ!きっとビックリします!! 昨日まで販売していた20815をベースに、フルモデルチェンジをした商品が発売! になるんです。 ■ココが変わった!新レッドラベル作業服!!■ 【20918 レッドラベルブルゾン】 前作(20818)と比べると、全体的に「小ぶり」になった印象。改良されたポイントは肩の縫合箇所”アームホール”に余分な隙間がなくなったため、腕と肩のラインはとてもスッキリとした印象です!!今までモタついていた脇下の余分な生地がなくなった分、腕の振り下ろしや上げ下げがとてもスムーズになりました。身幅も若干絞っており、前作20818がどちらかというと”昭和の作業服”のようなカタチを有していたのに対し、今作はしっかりと”平成サイズ仕様の作業服”に生まれ変わっています。 生地は前作同様、ポリエステル65%、綿35%のツイル素材を採用しているので、冬も含めた「全天候対応作業服」といえますし、お洗濯の際の扱いも綿よりはラクチンで乾きが早いです。(乾かす際はハンガーにかけていただき、手でパンパンしていただければアイロンも必要はないと思います。)概ね前作を踏襲したモデルとなっていますが、胸ポケットはフラップ(蓋)付きタイプでマジック固定、大きさは身幅の縮小に合わせて若干前作よりも小さく仕上がっています、コチラの方がイマドキでカッコイイですね。昔の作業服に多く見られた「裾サイドゴムギャザー」のジャンバータイプではなく、ジージャン(古い?)のようにストンと裾まで落ちて、隙間が気になるお客様は、サイドのボタンアジャスターで調節をする仕様なのも◎。あのゴムタイプって裾がどんどん上がってくるんで私的にはNGだったんです。袖の仕様はボタンロック。とてもシンプルなつくりです。 前作と異なるのが、襟形状。前作はオープンカラーになっていましたが、今作ではジッパーは襟の上部、最後まで上がる仕様にあっており、一番上まで上げると、寒い日に重宝する「ハイネック」仕様、そしてジッパーを下ろした上体では従来の「オープンカラー」と2WAYになっています。  着てみた感じ、率直に感じるのは、「しっかりした生地感だな」という点、それと「ショート丈」になっているという事ですかね。このブルゾンの形状からすると、きっと上下で合わせると相当カッコよく見えるんじゃないでしょうか☆ 【20915 レッドラベル裾上げ不要カーゴパンツ】 当店でも不動の人気を誇っていた「20815裾上げ不要カーゴパンツ」もフルモデルチェンジ。より多くの年齢層のお客さまに喜んでいたけるようなシルエットと仕様に進化しました!! っていうのも、 前作20815では”ワンタック”仕様だったのが、今作では”ノータック”仕様になったんです!!! これには私も驚きました!!ワンタックでもある程度のご支持をいただいていた全モデルを、思い切ってタックをなくしてしまうなんて、なんて暴挙だろう!と思っていたんですが、担当者のアツイ話を聞いているうちに、「変えなければならない理由」も分かりました。 <ワンタックだから買わない。というお客様が予想以上に多かった>らしいのです。。。なるほど。世の中「ワンタック派」と「ノータック派」の2極化がどんどん進み、その大きな波が作業用品にも押し寄せているです。「色も形もイイんだけど、タックがあるから買わない」、そんなワーカーさんの声が予想以上に多かったんです。もちろん、ワンタックモデルをこよなく愛されていたお客様も多かったんですよ。ただ当店は、「世の中のワーカーさん全員に着てもらいたい」との意気込みでこのパンツを開発したわけですから、前作モデルではその夢がかなわなかったんです。そこで今回はあえて一部のお客様に受けられなかった「タック」を外し、ノータックモデルとしたんです。「おいおい、ちょっと待てよ。じゃあ、ワンタックモデルを好きで買っていた俺らはどうすんだよ!」と今度はワンタック派のお客様から苦言をいただきそうですね。確かにフツーにノータックモデルを作ってしまったらワンタック派のお客様には許しがたい事ですよね。でも実はこのどうしようも無い問題にも、”一つの抜け穴”があるんです。 それは・・・、 ワンタック派は”履き心地”重視、ノータック派は”見た目”重視 とそれぞれ重点が異なるんです。前述通り、ノータック派のお客様が前作をお買い求めにならなかった理由が「タックが付いているから」なので、 純粋にタックをとっただけ にしたんです。つまりですね、こういう事です。 今作の最大の魅力はまるでワンタックが付いているかのようなゆとりを十分に保ちつつ、見た目を重視するノータック派のお客様のためにノータックとした という事ですね。これで「履き心地を重視する」ワンタック派のお客様のご要望と、見た目を重視するノータック派のお客様のご要望をいっぺんにかなえることが出来たんです。 そして、この商品のもう一つの魅力、「裾上げ不要」サイズ構成もしっかりと前作から引き継いでいますので、安心です。 どうです??これでより多くのワーカーさんに喜んでもらえる(新)レッドラベル作業服が完成しました(喜)!! 私、今当商品のブルゾンを着ながらこの説明文を打っていますが、周囲から大好評です。でも私普段スーツ着てても好評なんて受けないのに・・・、なんだか複雑な重いですが、それだけスッキリしたシンプルなデザインだと思います。 パンツに関してはノータックになりましたから、センターの折り目をアイロンでつぶしてもらえましたら、もう見た目は完璧な「チノパン」です。とは言え作業パンツですから股上は深めで、もともとワンタックだったので太もものワタリ(幅)も広めです。イメージするなら、あの超有名なディッキーズのインポートチノパンに近い印象です。私個人的には「ちょっとウエストを落として穿いたほうが良いかも」と思えるスタイリングですね。 最後に作者である私が直接この商品を着てみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82kg、普段着る作業服のサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、サイズ的にちょうど良かったのは ブルゾン:LLサイズ、パンツ:82cm×75cm でした!!いやぁ、ブルゾンもLサイズでイケそうだったんですが、袖丈が足りませんね。どうもウチのオリジナル製品全般に言えることなんですが、袖丈が短いです。この商品もしかりで袖丈を合わせると必然的にLLサイズでした。 パンツは、もう申し分なし。腰骨の辺りで引っ掛けて穿くのが一番この商品が良く見えるポイントだと思います。 今まで、前作をお買い求めいただいておりましたお客様は、本日を機に当商品へご購入を変更されることを当店は望んでおります。(前作は販売中止になる予定)また当商品へ移っていただいてもお買い求めいただいていたサイズそのままで問題はございませんのでご安心くださいませ。 新たにご購入をご検討のお客様は、普段着るアウターのサイズをブルゾンのご注文サイズ、普段穿くパンツ、作業パンツのサイズを、五自身のまた下の長さを計測(お気に入りのパンツの股の付け根、ひし型の部分の中央から裾までの長さを計ると分かりやすいです)の上、ご注文ください!!  ここ最近、ちょっと元気がなかった当店オリジナル「レッドラベル」もこれで土俵に上がれた感じ☆です!!現在当店で文字通り”一人勝ち”しているBURTLEさんの製品に何とかして追いつこうと思っています!!! サイズスペックM(身長170cmまで)L(身長175cmまで)LL(身長180cmまで)3L(身長185cmまで)4L(+500円) 胸囲55cm57cm59cm61cm65cm 裾幅56cm58cm60cm62cm66cm 肩幅46cm47cm49cm51cm54cm 着丈63cm66cm69cm72cm72cm 袖丈58cm60cm62cm62cm62cm REDLAVEL プロノオリジナルワークブルゾン 20918 * ワークブルゾン 作 着 作 ブルゾン メンズ * 正規品,得価

BURTLE バートルウィンターワークブルゾン 綿100% 8110 新作,SALE

→お揃いのパンツはコチラ 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →裏起毛長袖ポロシャツもあります!発売日2012年9月12日頃予約販売有無予約無しで販売します。 サイズバスト肩幅袖丈着丈 S110486063 M118526166 L124546269 LL130566372 3L136586572 4L(+500円)142606774 5L(+500円)148626774 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 いやぁ、当方北海道は最近朝晩どんどん寒くてなってきておりますが皆様の住まいの地域はどうでしょうか??「暑い~(汗)」って全国の皆さんがいってのはほんの一ヶ月前・・・、季節って確実に進んでいくんですね(しみじみ)。 それは メインとなるお勧めポイントは7110と変わらないが付加価値として一つ重要なスペックが加えられている という点。価格もそれに伴って先日発売された7110ブルゾンよりも若干高価なんですが、その理由を聞くと誰もが「なるほどね」と納得していただけるのではないかと思っています。何を隠そうこの商品、 ぶ厚い装甲のような綿100%素材で作られたハードコア・防寒服! なんです!!「ん?ハード・コアって何じゃ?」っていうお客様、分かりやすくいうと まるで象のようなザラザラしたゴッツイ綿100%で構成された、どんな過酷な作業現場、作業環境、そして着用シーンでも、完璧に着用者の体を守る防寒服 という事です。とにかく丈夫に仕上げられたボディは、極力ガチャガチャした雰囲気にはならないように7110や他のBURTLE作業服と比べてシンプルし仕上げられているのが印象的です。また、ストレスが掛かり易いボディの随所に 金属の鋲(リベット)を打ち込んでいる のでちょっとやそっと強引に扱ってもリベットが外れほつれてしまうなんて事はありえません!! とにかくゴツく出来ているので、着用して「動きやすい!」とはいえませんが「寒い!」ともならないのではないかと思えるくらいゴツイです。重さもまさにヘビー級。 1着Lサイズ=1.23kg!! 。体力に自信のある殿方に是非着用していただきたい逸品です。「今までぼんやり”防寒は綿がイイ”って思っていたけど、よ~く考えてみると一体何がイイんだろうね」と核心をつく疑問を思いつかれたお客様、綿の防寒服ってこんなところがウリなんです!! 【分かっているようで実はぼんやり。綿素材のイイところ!!】 ■熱に強い!!・・・「え?別にイイよ」っていうお客様。冬場の作業場には必ずといってほど「ヒーター」がありそこで作業員さんは暖をとりますよね?そこがポイントです。市販されている防寒服のほとんどはポリエステル製。ポリエステルは高温にさらされると「融解(溶けてドロドロになる)」現象を引きおこします。まぁ、ヒーターに当たっていてドロドロになるまで気が付かない人はいないと思いますが、高温状態になった表面素材は火傷するくらい熱くなります。綿素材は熱くはなりますが溶けることはありません。ポリエステル素材が熱に晒されると「融解」するのに対し、綿は「炭化(焦げる)」します。溶けてしまった繊維に触れると当然火傷をし2次災害へと発展しますから綿素材の方が火・熱に対しては耐性があるのは事実です。 ■摩擦に強い!!・・・壁・床に擦っちゃった時に「やっちゃった~」と思ったことありませんか?そう、ポリエステル素材の特徴は摩擦が加わるとツルツル・ピカピカ状態になってしまい、新品だったかないがっかりしますよね?!綿素材は壁や床に生地を擦ってもツルツルにはなりません。しっかりと摩擦強度を持っていますので、なんともなかったようにピンピンしています。 ■綿は保温素材!!・・・防寒服に限らず綿素材の最大の特徴は「保温性が高い」という点。「保温性が高い」という言葉の正しい認識は「温度を保つ能力が高い」という事。夏場でも綿素材の肌着が重宝されるのは「体温を適正な温度で保つ」ため。つまり「暑くも寒くも感じない適温状態」を保つからです。一方防寒でいうところの保温性とは、「防寒素材、中綿等で温められた衣服内の高い温度を保つ」という意味。ポリ・ナイロン素材は通気性が良いため保温性も低くなりがちだが、綿素材はしっかりと防寒面でも活躍出来る素材といえる。 BURTLEさんの強みは、作業服メーカーとして何十年も培ってきた「作業着メーカーとしての誇りとノウハウ」をしっかりと新商品に注入でき、それを見た目で表現できるセンスが抜群な企画開発者がいらっしゃるという事です。ですから、BURTLEの作業着は「どんな体型のお客様」でも「どんな職種のお客様」でも完璧にニーズを捉えてしまうんです。 -作業着として通用するモノつくり-をいつも念頭においているからこそ、ファッション性の高さの他にも、 今回「目を見張る」機能性を引っさげてこの商品が発売になりました!! 。「ふぅ~ん。まぁ、防寒着なんて着て暖かければそれでいいけどね」っていうテンション低めなお客様、では、この商品の”もう一つの機能性”をご覧ください。実はそんなお客様にこそピッタリな魅力です!! 【自宅の洗濯機でジャブジャブ洗えちゃう”ウォッシャブル”機能を完全装備!!】 どうです?!これって相当魅力的じゃないですか??皆さんご存知の通り、防寒作業服ってほとんどが「中綿入り」です。要はふとんみたいに「表生地と裏生地の間に綿が詰まっている」状態。「え?防寒服って洗えないの??今まで洗っちゃってたよ」というお客様も多いはず(笑)。イメージしやすいのが前述のふとん。ふとんを家庭用の洗濯機で洗うとどうなるのか・・・、答えはとててシンプル。(答え1)とにかく乾かない。(答え2)綿落ち(綿が偏って乾燥)が発生する。と散々な結果を招きます。防寒服も同じで一度洗ってしまうと、とにかく完全に乾くまで時間がかかります。表面が乾いても中綿が乾かないのでとにかく湿った感じがつきまといます。そして一番問題なのは「綿落ち」。袖の綿が重力に引っ張られて袖に向かって偏りが生じ、とても不細工になると同時に使い勝手も極端に悪くなります。 今までは、軽い汚れであれば「濡れた布で拭く」、汚れが酷ければ「ぬるま湯で手もみ、またはクリーニング」を推奨していた防寒服を、とうとうBURTLEさんはやってくれました!!「洗濯機で完全に洗える防寒服」を完成させたのです!! 【ココに注目!だから洗濯機で洗えるんです!!!】 ■キルティング■ 実はふとんでもお馴染みの製法でその原理は「表生地と裏生地をダイヤ形に縫っていく」という製法。単に模様だと思っている方も多いですが、その本当の目的は表生地と裏生地をダイヤ形に縫った時に、中綿がそのダイヤ形の中にそれぞれ閉じ込められるんです。勘の良い方ならお気づきかもしれませんが、そうなんですお洗濯の後乾かしても、中綿が重力に負けて下がることが無いんです。すべてがダイヤ形の中で乾燥が進み洗う前とほぼ同じ形状で乾きます。当商品も中綿を閉じ込めている部分は全てキルティング加工を行いお洗濯による綿落ちを防止しています。 ■中綿乾燥システム■ 洗濯機によるお洗濯で文字通り中綿はびしょ濡れになってしまいます。基本的に汚れが気になるからお洗濯をするのであって、全く目に触れない中綿にはなんの罪もないのですが結果びしょ濡れになるわけです(笑)。その中綿を効率よく乾燥させるためこの商品は”ある工夫”を施しています。それは 「速乾メッシュ」 。袖口と裾の周りをグルリと 網の目が粗いスポーツメッシュを幅1cmくらいで縫い付けてあります。 「そんな場所にあってもあんまり変わらないんじゃない??」というお客様、これは実に理にかなった方法ですよ。だってお洗濯の後どうするかっていうと、100%のお客様が「ハンガーに掛けて干す」と思います。すると当然「袖口が下になり、裾口も下になる」と思います。そしてお洗濯後の湿った中綿(水分)が重力に負けて下に下に落ちていきます。通常の防寒服はここからが大変なんです。湿った水分が袖口・裾口に溜まってず~ッと濡れたままになって日数が経過すると生乾きの期間が長いため不衛生の要素になります。 ところがこの商品が凄いところは、袖・裾のメッシュが落ちてきた水分をメッシュからポタポタ落とし続けて乾きを早くするんです!!上にあっても、真ん中にあっても意味がなくて、あくまで袖と裾にあるからこそ「意味がある」機能です!!  この2大要素がお洗濯を可能にして、いつも清潔でイイ匂いのする防寒服を維持することが可能になったんです! もちろん、そのほかにもユーザーの欲しいと思えるポイントがいくつも用意されており、それらのポイントが「新しき要素」となってこの商品の絶妙なバランスを生み出しています。  またお揃いのパンツにしても「ここまでこだわる??」と思えるくらいの機能を盛り込んだつくりになっており、BURTLEさんのこの商品に掛ける意気込みがひしひしと伝わってきます☆ウエストゴムギャザーに加え、両サイドには更に調節用のバンドアジャスターが装備されています。これって主に安全ベルトや安全帯を着用するお客様には絶対必要な要素で、安全ベストや安全帯の重みで通常のゴムギャザーだけではズリ落ちてくるんですが、更にサイドベルトで締め付けるとズリ落ちが防止されます。 また、インナーパンツにアクセスがしやすいように「スルーポケット(貫通ポケット)」が用意されており、中のパンツにアクセスが容易になっているのも作業員さんからすると嬉しい機能ですよね?? また、裾はマジックテープで調節できるようになっており、別に裾上げをしなくても裾を絞れば床や地面を引きずってぼろぼろになることはありません。   気になるシルエットに関してはブルゾンは良くも悪くも大きめです。ただこれはBURTLEさんの作業服共通の特徴で「万人に愛される作業服つくり」を突き詰めると、やはり「大は小を兼ねる」ことからちょっと大きめに出来ています。パンツに関しても中綿が全体に入っていますので穿くと動きづらさが出てくるのは、この商品に限ったことではありませんが股上に関しては私が知っている限りこのモデルは「防寒パンツにしては浅め」だと思います。私にとっては穿きやすかったですが、正直意見が分かれるところですね。 最後に実際に私が試着してみて感じたことを。 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、インナーカジュアルのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ、 上下共にLサイズ で問題ありませんでした!!でもその時の服装はシャツ一枚と、スーツパンツでしたから、恐らく作業着の上からこの商品を着るとなったら上下共にLLサイズではないかと思います。 これだけ本格的な防寒服に仕上がっていますから、 この商品の適応気温は5℃から、-5℃くらいまでは対応可能。 ではないかと思います。 BURTLEさんの渾身の作、もちろん2012年度モデルの新作です!! BURTLE バートルウィンターワークブルゾン 綿100% 8110 新作,SALE

Dickies ディッキーズ コーチングジャケット D 400 * ワークウェア 作 着 作 服 メンズ* 新作,人気SALE

→☆ なぜ、Dickiesは愛され続けるのか。 -カッコイイから、だけでは続かない。誇り高きDickiesの作業服。- 「Dickies(ディッキーズ)」。この名を知らない人を探す方が難しいかもしれません。 アメリカ・テキサス州で小さなツナギ屋から始まったDickiesは、 今や世界中で愛される、有名すぎるワークカジュアルブランド。 働く人々のための「真のワークウェア」として機能性を 追及し続けたDickiesの商品は、多くのワーカーの仕事を支えました。 Dickiesといえば「874」。 石油労働者のために作り出された最も有名なワークパンツ「874」は、 作業着の枠を超え、ファッションとしても幅広く取り入れられるようになりました。 そうやって「世界で最も愛されているワークパンツ」が生まれたのです。 そんなDickiesから、アメカジファッションの代表的なアウター、コーチジャケットが登場です! プライベートのファッションとしてはもちろん お仕事用にもおすすめの商品です。 これは全身Dickiesで揃えたくなってしまいますね。例えば建設業、鳶さん、大工さんの作業服の上から、 車屋・バイク屋さんのスタッフユニフォーム、イベントユニフォームとしてもお勧めです。 ・・・ <D-400 コーチジャケット> ■選べる4色: 「ブラック」「ネイビー」「ブラウン」「エンジ」の4色展開。 どれも深みのあるレトロな雰囲気の落ち着いた色味です。 ・ブラック・・・もはや説明不要かもしれません。王道のブラックはどんな色にも合わせやすいので、 ブラックのアウターをお持ちでない方は、迷ったらコレです! ・ネイビー・・・ブラックよりもカジュアルな印象に見せるネイビー。 ベージュ、キャメル、白、カーキ等のアースカラーとの相性が抜群です。 ・エンジ・・・赤は赤でも、深みのある落ち着いたエンジ。 原色の赤では着るのにかなり勇気がいるという方も多いと思いますが この赤なら派手にならず、品よく着て頂けます。デニムとの相性がピカイチ! ・ブラウン・・・作業服としては珍しいブラウン。周りと被りにくく、 温かみのある落ち着いたカラーが魅力です。 実は先に販売を開始しているDickiesの作業服 D-1080シリーズでは、ブラックとブラウンがほぼ同じ販売数、 パンツに至ってはブラウンの方が人気という驚きの結果に。 通常、人気が出るのはブラックやベージュなどの王道カラーなのですが、さすがDickies。 Dickiesのブラウンは、カッコイイんです。こちらもアースカラーとの相性が抜群です。 ■仕様: 表地は全面ナイロン素材の、テカリすぎないほどよい光沢感のある生地を使用しています。 袖口はゴムギャザーなので風や砂ぼこりの侵入を防ぎます。 右ポケットの内側には更に小さなポケットが付いており 細かな物を入れてもポケットから落ちにくいよう工夫されています。 スマホを入れてみたところ、私のiPhone5sはすっぽり入る大きさでした。(縦約12×横約9cm) ※iPhone6はギリギリ入りませんでしたので、サイズをご確認下さいね! 外から見ただけではわからない、こんな細かい部分まで機能を追及する、 Dickiesのプライドが伝わってきますね。 裏地にはポリエステル100%のトリコット生地を使用しているので、 寒いときに羽織ってもで背中がひんやりすることがありません。 袖の裏地は滑りをよくするためにツルツルした生地を使用しています。 Dickiesである証のロゴは、左ポケットの下に縫い付けられています。 ブランドを主張しないさりげなさと、落ち着いた色味、シンプルさが魅力の 大人のコーチジャケットに仕上がっています。 ・・・ 【サイズ感 : 実際に着てみました!】 早速当店の男性スタッフに着てもらいました。 身長178cm、ウエスト82cm、体重71kgの男性スタッフに着てもらったところ ジャストサイズはMサイズ、ゆったり羽織るならLサイズ!でした。 ラグラン袖で肩幅を選ばないので、肩幅を気にせずお好みのサイズを着て頂けるのですが コーチジャケット自体がゆとりを持って着るために大きめに作られているジャケットなので 普段ゆとりのあるジャケットを着られない方はワンサイズ下げて選ぶのがおすすめです。 パーカーなどと重ね着をされる方や、作業用にするので動きやすさ重視の方、 コーチジャケットの本来のゆとり感をそのまま着たい方は いつものサイズを選ぶのがおすすめです。 是非お試しください! 素材:表 ナイロン100%裏 ポリエステル100% Dickies ディッキーズ コーチングジャケット D 400 * ワークウェア 作 着 作 服 メンズ* 新作,人気SALE

7 20~順次発送 ファン+充電池8本+充電器 サンエス 薄生地素材 ツイル長袖空調服スターターセット KU90470set 2013 EXS 新作 作 服 P=10 低価,人気SALE

※当店オリジナルセット内容 作業服:KU90470空調服×1着専用ファン:RD9260×1着電池:TOSHIBAニッケル水素電池TNH-3M×8充電器:TOSHIBA TNHC-34HC×1 →同等性能の空調服はコチラ☆ →電池なしのシンプルセット 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  いやぁ、いよいよこの時が来ましたね・・・。夏場でも30℃もいけば「暑い暑い!」とパニックになる我々北海道民。寒さには強いんですが、暑さにはめっぽう弱いのが特徴です。科学的な根拠もあり道民は27~28℃の気温で「熱中症」に掛かってしまうらしいです。 当然、夏用の薄い生地の作業着も扱っていますがメインで動くのは「6月~8月お盆」くらいまでです。(笑)北海道はお盆が過ぎたらもう「秋=一気に寒くなる」という気持ちですから、残暑が何日続こうとお盆が過ぎたら夏物は買わなくなってしまいます。 作業着に関しては、あまり薄いと返って「寒い」といわれますので、薄生地の中でも「厚手」をチョイスされるお客様が多いんです。そんな、そんな当店が・・・・、 バリバリ猛暑対策用の作業服 をお取り扱いを開始いたします!!「またぁ~?!また生地にこだわった、とか生地の厚さ・機能にこだわったとか、言うんでしょ??」とか思ってません?今回ばかりは、お客様からのそんな意見も吹っ飛ばす、「まさに」猛暑用の作業着の発売なんです!!! 画像をご覧のお客様なら、既にピーン♪ときているかも知れません。初めて見たお客様は「ぷっ!おぃおぃプロノまじかよ、とうとう作業着に扇風機つけちゃったよ」と笑われているかもしれません。しかし!!きっと説明文を読んでいただいているうちにきっと「イイかも☆」と思っていただけるのではないかと思います。 「?」だらけでどこからご説明したらよいか当店も悩んでしまいますが、まずはここからご説明いたします。 【ここだけ読めば7割は分かる!空調服の 大特徴☆】 ■扇風機?それとも・・・■ お客様全員が気になる部分といえば両脇下に取り付けられた「ファン」だと思います。これを見て「扇風機」と思ったお客様、非常に惜しいです。正解は「空調機(サーキュレーター)」です。照明の上についているプロペラとか、最近だと個人宅用の扇風機のようでいて見た目がゴツイ送風機がありますよね?それがサーキュレーターです。 扇風機の目的は「風を体に当てるため」ですよね?サーキュレーターは暖められた空気と冷たい空気を循環させ気流を生み出し、結果「快適な空気環境を作り出す」機械 です。  つまりこれは「扇風機」ではありませんから、体に当てる目的でくっついている訳ではありません。 ■涼しい仕組み・・・■ 前述通り、ファンが直接冷やす目的ではないとすれば、どうやって涼しくするのかというモヤモヤが残ります。実は「通気がしづらい生地を用いて衣服内で気流が発生」するように作業着は作られており、ファンで衣服内に入った空気は衣服内の肌の表面を流れながら(気流)、作業着の中をぐるぐる循環するわけです。 この時、肌表面の汗ばんだムレは気流の流れに反応し乾燥を早く促します。そして 肌表面の汗が乾燥した時に、肌表面の熱を奪い取る現象(マイナスの気化熱)が発生し、〓肌のベトベトが無くなり、〓新たな汗の発生源となる肌表面の体温上昇を抑える 効果を生み出します。 「う~ん。わかんね~なぁ」っていうお客様。自宅のお風呂を思い出してみてください。アツアツのお風呂は気持ちいいですが、換気扇をつけずに長時間放置するとお湯の温度が下がりますよね。これはお湯の温度を風呂場の空気が「奪う(マイナスの気化熱)」からです。そして、お湯の温度が下がり風呂場の室温度が上がりますよね。ここまでは分かってもらえると思います。 では、「アツアツのお風呂場で今度は換気扇をつけっぱにして放置しておくとどうなる?」と思いますか?これも想像しやすいんじゃないでしょうか?お湯の温度は下がりますよね。そして室温度が上がります。がしかし外気と繋がっている換気扇がガンガン動いていたら、室温はどんどん下がりますよね。下がった室温は、お湯から更に熱を奪う。恐らく正解は「お湯の温度がどんどん下がり、室温はそんなに上がらない」だと思いませんか?  この場合、「お湯=肌」「室温=衣服内温度」そして「換気扇=ファン」に置き換えられるわけです。結構アナログですがこれが涼しさのメカニズムです。 どうです?分かっていただけました?一応、メーカーさんからもらった説明書もWEB用に書き換えて転載させていただきますが、結構難しいので私なりにアレンジさせて今回ご説明させていただきました。 「う~ん、言いたいことは分かったけど、どうも信じられないなぁ」っていうお客様、私(作者)もそうでした。「暑いからファンをつけちゃえ的なウケ狙い作業着」と、最初思ったことも事実です。 こちらも参考資料でページにご案内差し上げましたが、イメージしづらいので当店がちょっと分かりやすくご説明いたします。ずばり、この空調服で日本の夏を乗り越えることができるのか??それは・・・、 【気温と湿度で徹底比較!猛暑にどこまでイケる?!空調服】 ◎北海道の夏(屋外)・・・気温28度、湿度55% 木をのこで切ったり、屋外での重労働を行っても科学的見地では「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎北海道の夏(雨)・・・気温24度、湿度100% 通常速度での長時間歩行や、日曜大工などの比較的動きのある作業を行っても「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎関東地方の夏(屋外)・・・気温35度、湿度60% ずっと動き続けるわけではなく、軽作業であれば「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎関東・関西地方の夏(雨)・・・気温28度、湿度100% 残念ですがあまり冷却効果を得ることが出来ません。 ◎九州南部・沖縄・離島地方の夏(屋外)・・・気温37度、湿度40% 通常速度での長時間歩行や、日曜大工などの比較的動きのある作業を行っても「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 ◎九州南部・沖縄・離島地方の夏(雨)・・・気温30度、湿度100% 通常速度での長時間歩行や、日曜大工などの比較的動きのある作業を行っても「汗をかかずに快適に作業が可能」となります。 っとまぁ、こんな感じでしょうか?全体通していえるのは「雨に日(高湿度)に弱い(効果が薄い)」っていう事です。ですからカンカン照りには、気温35度までなら重労働を除く大体の作業で「効果が得られる」のではないかと思います。 もしも、もうちょっと詳しくお知りになりたいお客様がいらっしゃいましたら、是非ページ上部の情報もご覧ください。 早速、話題の空調服を着てみましたよ!!これはお客様も「で、どうなのよ~!!」って気になりますよね☆北海道はまだまだ暑くはないので試しに日中太陽光が降り注ぐ「昼下がりの事務所」で着てみました!!着てからスイッチを入れようとするとモタモタするので、スイッチを入れてから着たほうがいいですよ!「ブーン」と音は常にしていますが、特に静かな空間でなければ気になる音ではありません。それよりも 風船みたいに膨らみます(笑) 。それもそのはず、この作業着、袖周りも首周りもあまり余裕がありません。ウエストのゴムギャザーに限っては 最近、経験したことがないくらい、キツめのギャザーにびっくり です。しかし、これが「空調服の真骨頂」なんです。  素材はポリ65%、綿35%のありふれたツイル素材なんですが「通気を少し落としている」んです。何故落とすかというと、ファンで取り入れた新鮮な空気が生地から漏れないようにするためです。ですからファンをつけたとたん、「ぷぅぅ」と膨らみます。正直私が感じたのは、膨らんだ途端、 な、なんだこれ!めっちゃ涼しい!! 空気の流れが生まれているのが着ていてすぐに感じる事が出来ますから、猛暑の時だけは見た目を気にせず熱中症対策をした方が良いと私は思います。 最後に私が実際に着用してみました!! 身長:178cm、体重:64kg、ウエスト:82kg、普段着る夏物作業着のサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでプゥッと膨らんでピッタリ☆ でした。 初めてお届けになったら、是非ご家族でご覧ください!イイ意味で笑いが起きて試着の際和みますよ☆ 最近、ひっぱりダコの空調服を、当店が電気屋さんよりも厳しい視点で選んだ「ファン用単3充電用乾電池8本(実際に使うのは4本)セット+充電器」とセットにして販売!!これは当店独自の販売スタイルですから是非、ご検討してみてください!! ■サイズスペック■ サイズ着丈肩幅袖丈胸囲裾回り裾回り最大 M64505411677112 L66525612082117 LL68545812487122 3L70566013292127 4L(+500円)70585814097132 7 20~順次発送 ファン+充電池8本+充電器 サンエス 薄生地素材 ツイル長袖空調服スターターセット KU90470set 2013 EXS 新作 作 服 P=10 低価,人気SALE

シンサレートウルトラ防水防寒ブルゾン 48380 2010 WEX 防寒 カッパ お得,お買い得

今シーズンの当店の品揃えで間違いなく一番「高額」の防寒服が登場です!!パンツだけでこの価格・・・。まさに最強な一着です。  まず、普通に納得いかないのがこの価格ですよね(苦笑)他の防寒服と何が違うのかというと、一番の違いは普通目にすることはない「中綿」です。高級防寒着に使用されることの多い「シンサレート」は、「綿より2倍暖かい」といわれる抜群の保温綿で、通常はその特性を生かし「中綿の容量を半分にし、通常の暖かさを保つ」ようにして、軽さを出すために使用されています。  ところが!!今回のこの防寒ブルゾンは「綿より2倍暖かいシンサレート」の最高峰「シンサレートウルトラ」を、重量を減らすことなく使用!!!重さを全く変えず中綿のボリュームを(※1)40%増やすことで熱を逃がさない「シンサレートウルトラ」は常識では考えられないような暖かさを実現する事に成功しました!!!その暖かさは動かずして発揮するので、異例の換気口(ベンチレーション)を儲け、無理やり上昇した熱気を外に放出する機能が付けられています。それだけ、内部に熱を溜め込むので氷点下の中でお仕事をされるお客様には心強いアイテムです!  そして忘れちゃいけないのが、「防水性」。もう当店をご利用のお客様はご存知かと思いますが、カッパの良し悪しを測る一つの基準、「耐水圧」はな、なんと当店のレインウェアのトップクラスの防水性値10000mmを記録!!!ほとんどカッパの防寒服なんです。  お揃いのパンツもございます。上下でお買い求めください (※1補足)シンサレートウルトラはとても繊維間の機密性が高い為、40%のボリュームアップでもモコモコして動きずらい・・・。といった事は起こりません。品番:48380 メーカー:自重堂 仕様:シンサレート”ウルトラ”  堂々のブルゾンのみで11000円。さすがにプロノウェブストアとしてもこれだけ高額な防寒ブルゾンは取り扱いが難しいのですが、たくさんのお客様より「もっとイイモノがあるはずだ!」と常にお問い合わせをいただいておりました。とはいえ、当店の防寒服はどれをとっても「価格善し・機能善し」のツワモノ揃い。  並大抵の防寒服では太刀打ちできないと思い、ずっと探してきましたがようやく見つけました。これぞ「一番」の防寒服。レインウェアと同じ「耐水圧10,000mm」の完全防水に、圧縮保温綿の最高峰「シンサレート」の最高グレード「シンサレートウルトラ」を使用、驚異の保温性と防水性を手に入れました。  今までの当店での品揃えに満足できなかった「完璧主義」のお客様、今シーズン、この防寒服を上回る防寒服はもう探しても出てきません。  3M株式会社が開発した保温性の非常に高いマイクロファイバーとポリエステルファイバーで生成された高機能中綿素材の名称。  特徴を一言でいうと「一般のポリ製中綿の2倍暖かい」とされ「ポリ中綿と同じ暖かさを得るには半分の重量で充分」という「薄いのに暖かい」事で有名な中綿。多岐に渡り枝分かれされているファイバーが暖かい空気を長時間留めておくことが出来、同時に外気の冷気をシャットダウンする断熱性に優れた繊維形状が魅力です。  レギュラーラインの「シンサレート」よりも「重さを変えずに40%ボリュームアップ」させ、もともと高い断熱性能を「15%アップ」させたシンサレートの最高級バージョンがこの「シンサレート”ウルトラ”」です。分かりやすくいうと、 「シンサレートよりもモコモコしているが重くなく、更に暖かくなった」 ということです。 通常中綿とシンサレート”ウルトラ”の保温力比較 3品とも「同じ重さ」というのを前提に考えたとき、通常綿の保温力を「1」とした時、シンサレートは2倍の「2」、シンサレート”ウルトラ”はシンサレートの14%アップとされているので「2.14」、通常綿と比べると、実に「2倍以上暖かい」という結論になります。 シンサレート”ウルトラ”とシンサレートの綿の厚みの関係  シンサレート”ウルトラ”は「シンサレートよりも40%厚みを持たせた」ことが特徴の一つであり、その結果「14%の保温力アップ」に繋がるのですが、この繊維の最大の特徴は、 「重さを変えずに」 厚みと保温力をアップさせたところにあります。  ■サイズスペック■ サイズMLLL3L 胸囲125129135141 肩幅54565860 袖丈58596062 着丈67707373 シンサレートウルトラ防水防寒ブルゾン 48380 2010 WEX 防寒 カッパ お得,お買い得

I'Z FRONTIER ストレッチ 3Dレディースワークジャケット 上下別売り #7250 2016 WEX 年間 作 服 レディース * 作 着 作 服 ワークウェア * 人気定番,品質保証

* 作業着 作業服 ワークウェア * →お揃いのカーゴパンツ(女性)はコチラ #7250 サイズスペック 単位:(cm) SS S 胸囲 92 96 肩幅 37 38 着丈 54 56 袖丈 57 58 【WEB製作者が語るイチオシポイント】 * 作業着 作業服 ワークウェア * 北海道は寒さがより厳しくなってきていますが、皆さんのお住まいの地域はいかがなものでしょうか? 私たち作業服業界の人間は、まさに「これからすぐ春がやってくる」という感覚です。 この辺りは、周辺のアパレルよりもちょっとだけのんびりしていてもいいのですが、一般的に「お正月を過ぎたら春物」という流れがあり、早いところでは1月の1週目で冬物バーゲンをはじめるショップさんも多いですよね。 作業服業界ではそんな一般アパレルよりも1ヶ月くらい後倒しで春物が入荷になってきます。既に先発組はちらほら入荷になっていますが、今回は先発組でありながら 「超ド級」の新人作業服をご紹介☆ いたします。 見た目以上にすっごい着やすい(驚)!こんなデニム作業服を探していた!! っていう商品です。 メーカーさんは、当店としては「はじめまして」のお付き合い。これから先を占う上でも非常に重要な作業服なんです!!とはいっても一目ぼれしたのは当店(私)ですから、あとはお客様にこの商品の魅力をどのくらいお伝え出来るかがポイントになりそうです。 作業服の新作紹介は当店としても本当に久々ですから、気合を入れてご紹介しますね! 【最先端技術が詰まった全く新しい”デニム”の定義】 素材・・・綿98%、ポリウレタン2%のいわゆる「ストレッチデニム」。質感自体は濃い目のカラーという事もあり見た目はちょっとゴワゴワしていそうと思うかもしれませんが、実際はそうではなく 僅か2%混ぜられたポリウレタン素材は驚異のストレッチ(伸縮性)を生み出しています。 生地の厚さ的には実質9-10オンス程度の薄地のデニムを使用しているので重さも全く気にする必要がありません。 シルエット・・・よほど上記のストレッチ性に自信があるのか、見た目は非常に「タイト(細身)」に見えるので「着る人を選びそう」と思ったのですが、着てみるとその疑念は見事に吹き飛びます。とにかくよく伸びるので全く細身なデザインは気にする事がありません。それどころか社内では「普通の作業服よりも動き易いし、着やすい」と絶賛している人がいるほどでした。 デザイン・・・上下共に非常に凝っています。ジーンズ・デニムといえば「アメリカ」を連想しがりですが、デニム(生地)の誕生はヨーロッパ説が有力で、今もヨーロッパのジーンズマーケットは盛んです。当商品に色濃く反映されている高いデザイン性も多くが「ヨーロッパ」を感じさせるものに仕上げられています。 上下共に共通しているのが、(1)結構いろんな付属が着いており、この部分は好き嫌いがはっきり分かれる部分(2)ポケットがどの部位も小さく・浅め。アメリカ発祥のデニムではシンプルなデザインが多いんですがヨーロッパ発祥のデニムメーカーが作るトップスはこういうデザインになる事が多いような気がします。 パンツ・・・絶妙なカッティングで完全3Dを実現しています。3Dっていうのはよく耳にする言葉だと思いますが、アパレルで「3D」というと「飛び出す」という意味ではなく「立体的な」という表現が適切です。簡単にいうとアパレルは幾つものパーツが縫い合わされて製品となるんですが、出来上がりが「ぺったんこ」なんです。一方3Dは、簡単にいうと裸のマネキンにパーツを当ててその上で縫います。そうする作業台の上では直線で縫えた部分が、人体では直線では縫えず、大きく湾曲したり、特に膝は元来まっすぐではなく、直立していても僅かに曲がっているのが普通なので、それを再現しようとすると、膝部の縫製はとても複雑になります。 そうして出来上がったパンツは、複雑に縫合され畳んだ状態でも側面から見ると「くの字」に曲がった仕上がりになります。少々綺麗に畳みずらいのが難点ですが、着ると人体に合ったフォルムは体にストレスをかけることなく着用できるため、物凄い「着やすい」と感じるわけです。 既に画像をご覧いただいているお客様なら「いいな~」と思っていただけると思いますが、私もこの商品はとてもオススメです。正真正銘デニムの作業服ですが とても着やすく・重さも気にならず・絶妙なフィッティング なので、まさに「デニムの作業服、挑戦したいんだけどな~」と今までなんとなく興味がありながらもその重苦しいイメージから1歩踏み出せずにいたお客様には、心の底からオススメしたい商品ですね!! 軽い・軽いとは言ってますが、さすがに軽さをウリにしているウェアと比べるとそりゃ重いかもしれませんが、 上着で”800”g パンツで”650”g です。どうぞお手持ちの作業服と比べてみてくださいね。そんなに重さは気にしなくても良いというのは実感できると思います。 最後に実際女性モデルに着てもらいました!! 身長:162cm、体重:○kg、ウエスト:○cm、普段履くスカートのサイズ:9号、上着のサイズ:女性Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 上着はSSサイズ、パンツは28インチで綺麗に履けました☆ でした。上着は中にニット一枚、パンツは下着のみの着用です。 モデルさんが着用して一番に 「え?最初見た時は小さそぉぉぉ~(不安)って思ったけど、着てみたらすっごい”楽”ですね!これいい~☆☆☆ と絶賛でした。見ている私(作者)も正直、こんなに女性がカッコよくなるものかとまさに「目からうろこ」の作業服です。 割と作業着に関しては自由度のある会社にお勤めのお客様、内装業、インテリアデザイナー、酪農業、農業、大工さんなど、元々デニムワークが定着していて、タフな生地を求める職種に最適です。これで仕事をして帰りにスーパーで買い物してもカタチが綺麗ですから、それが作業パンツであることはまずバレません。 "ちょっと友達に会いに・・・"とか、ストレッチが効いていてフィット感があるのでお部屋のお掃除の際の一本(家着)にもオススメです。 これぞワーク・カジュアルの理想系だと思っています。 「着やすい」 カジュアル・ワークにおいてこれ以上の褒め言葉はありません。 I'Z FRONTIER ストレッチ 3Dレディースワークジャケット 上下別売り #7250 2016 WEX 年間 作 服 レディース * 作 着 作 服 ワークウェア * 人気定番,品質保証

TS design 防風ストレッチウォームジャケット 846626 * 作 着 防寒着 作 服 メンズ * HOT,人気セール

→インナーとしてこちらがお勧め →【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!長袖肌着→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!ズボン肌着 必見、製作者が語るアピールポイント!! 【846626】2013-2014AW(秋冬=AUTUMN+WINTER)の新商品があわただしく入荷になっており、ただいま当店では撮影→撮影→撮影の「地獄のような毎日(笑)」をすごしております。どれから先に出すが前もってスケジュールは立てているんですが、なかなかその通りにはいかないところが非常に難しいところです。さて、今回そんな鬼のような新商品を抜き去り、優先的に出した商品がこの "TS DESIGN"防風中綿ブルゾン です。 忘れもしない、関東地方を猛暑が襲った7月、北海道生まれの自分にとってはまさに「酷暑」といわれていた東京展示会に向かう事は、「拷問」に近いお天気でした。しかも当日はピーカン(今は言わない?快晴の事)で展示会場についたころにはゼーゼー、ハーハー、汗だくの瀕死状態でした(笑)。我々、アパレル業界に浸かっている人間は、「真夏の暑いときに寒さを凌ぐ防寒服を」、「真冬の寒いときに暑さを凌ぐ夏物作業服」の取り扱いを決めるわけですから、その時の気分でずいぶん取り扱うかどうか変わってくるんです。たとえばこの商品の時は、34度の時に展示会に着いた時点ですでに「クーラーの効いたホテルに帰りたい」って思っていますから、防寒服の説明を受けてもほとんど上の空です(笑)。 ただ、私(作者)の中でひとつ、ポイントにしている事がありまして、そういう逆の季節に逆の商品を選ばなくてはならない時、打算的な考え方ではなく、 商品を見たときの第一印象 で決めています。  そして今回、そんな私(作者)のおめがねに適った商品がこの「防風中綿ブルゾン」です。シャツ&スラックスで汗びっしょりの中、この商品だけ「試着」をさせてもらい、即取り扱いの意向をお知らせしました。私の経験上、こういう商品は間違いなくヒットします。だって、まだ暑い中、汗かいて試着しているんですから・・・(笑)、逆に袖を通してみたくなる欲望の方がその瞬間だけ真夏の暑さを忘れることが出来るんです!!  メーカーさんである「TS DESIGNブランド」は当店がインターネットで商売を開始した当時からのお取引様で、当時からちょっと他とは違った路線で勝負をしかけるいわば「攻めて、攻めて、攻めまくるメーカーさん」でした。ヤッケの概念に捉われず、それでいてヤッケの機能性はきちんと保持、デザインを一新してスポーツウェアのように仕上げる技術は当時から業界内でも一目おかれる存在でした。  ただ、残念ながら「良いものは真似される」のが世の常。イメージを一新する事に成功したTSdesignでしたが、その後は模倣品が出回る状況になってしまいました。通常であれば「真似をされたら怒る」と思いますが、TS DESIGNさんのすごい所は シゴト用・アウトドアウェアという新しいカテゴリを業界内につくり、真似され警告する手間よりも新商品が出るスピードの方をあげていったのです。 そして昨年立ち上げたのが、独自の理論で防寒を考える スリーレイヤー・システム でした。レイヤーとはこの場合「重ね着」を意味しますが、スリーと着いているので「3枚重ね着による防寒」という新しい概念を打ち出したのです。これが業界の枠を飛び越えて大当たり。一気にTS DESIGNをメジャーブランドまで押し上げたのです。  そして今回、私(作者)が一目ぼれした新商品は、スリーレイヤーの一番上「アウターレイヤー」に属するウインターブルゾンです。  昨年、このスリーレイヤーの「中間着」であるミドルレイヤーを「アウター扱い」として提案してしまい、多くのお客様に「アウターとして買ったのに寒いじゃないか」とのお叱りを受けてしまい、本当に反省しております。TSDESIGNの方向性も理解しておりましたが、あまりにもスタイリングが完璧だった目、中間着として着用するするのはあまりにもったいないとの判断でしたが、やっぱりメーカーさんが意図して作っているものを捻じ曲げちゃいけないなと大いに反省した次第です。  今回は紛れもなく「アウター着」としてメーカーさんも作っていますし、中綿がたっぷり入っている以上、インナー(中間着)としては私もお勧めできません。前回、ミドルレイヤーをアウターとしてお買い求めいただき、ご希望に沿うことが出来なかったお客様、ぜひ、今回はこのアウターをお試しいただきたく存じます。 【最新作TS DESIGN「防風中綿ワークジャケット」はこんなにすごい!!】 ■無重力シリーズ■ まぁ、言ってしまえば「無重力の軽い」って意味合いなんですが、言うまでもなく重さを感じないわけではありません。 実際の重量としてはMサイズで380gほどあり、言ってしまうと缶コーラ1本分より軽い ので、メーカーさんが無重力を謳うのも無理はありません。衣服、特に重くなりがちな防寒服をこの重量で抑えることはきっと物理的にも「ギリギリ」のラインでしょうね。発送時はダンボールでお送りしますが、箱を受け取った瞬間、「あれ?中身 入ってる??」と思えるほどの重量しかありません。 ■脅威のストレッチ■ この商品、形にとてもこだわっており見た感じも着た感じも「ちっちゃめ」です。私は今回、撮影サンプルであえて小さいサイズを着てみましたが、中綿が入っているのに、非常にタイトで周囲からは「きつくない??」といわれたんですが、正直着ている本人からすると 全然窮屈に感じない んです。その秘密は 生地全体が驚異的な伸縮性を誇るストレッチ素材で構成されており、縦・横どちらにも驚異的に伸びますので着心地がぴったりでも体の動きに合わせてストレッチが効くので全然辛くありません。 むしろ、スタイリングを楽しむため、お客様にもジャストフィットをお勧めしたいと思えるほどでした。 ■ケタはずれの撥水性能■ お届けになった時からこの商品には、通常の製品では加工されていない「超撥水加工」がボディ全体に施されておりますので、着用した日に急な雨に遭遇してもその日はずぶ濡れになることはないと思います。ただし、過信は禁物、あくまでも加工として防水性が劣化・低下する撥水加工ですので、一度ぬれてしまったり、お洗濯をご自宅でされてしまった場合には、その限りではありません。 ■抜群のスタイリング■ この商品、私が一番に気に入っているポイントは「スタイリング」のよさです。私のように線の細い人間はなかなか自分にぴったりくる作業服って出会わないんですが、これは別。抜群の伸縮性を誇っているからこそ可能な 「タイトなアームホール」、「シェイプされた身幅」 は完璧といえるほどのスタイリングをかもし出します。 どうです?ここまで読めば、この商品の魅力が十分に伝わったのではないかと思います。表面素材はポリエステルで作られており、肌触りは「サラサラ」した感じです。裏生地は首元までを毛足の長いフリース素材で寒くなりがちな首周りをしっかりと保温すると共に、それ以外は、 つるつるしたポリエステル素材で腕の滑りを良くする キルティング素材になっています。  早速、私が着てみましたが、7月に試着した時よりもさらにこの商品が良い品物だと実感しましたね。 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段着るアウターのサイズLサイズ の私が着てみたところ・・・、しっくりきたのは Lサイズ でした。実はMサイズも良かったんですが、さらに季節が進みインナーを着込むとすると相当キツイかな・・・と思い、今回は普段通りのアウターサイズをチョイスしました。ただし、着心地はあくまでタイトフィットですから、今までのLサイズや他の防寒着とは異なる感覚に陥ることは必至です。でもそこで実際に動きまわってみてください!きっと見た目はジャストで動きずらいと感じたお客様も、動いてみたらこれまた妙な感覚になります。 「あれ?苦しくないぞ??ってかむしろ無駄な余白はなくなって小回りが利くかも」と思ってしまうお客様がたくさん出現すると思います。これぞ、これこそ、メーカーさんが提案する次世代の作業服のイメージです。 TS design 防風ストレッチウォームジャケット 846626 * 作 着 防寒着 作 服 メンズ * HOT,人気セール

Makku マック 防水防寒中綿レインジャケット AS 3700 2016 WEX 防寒 カッパ 作 服 送料無料,本物保証

→お揃いの防水パンツ(1,990円)はコチラ! →Sから3Lサイズはコチラ! →【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「光電子」発熱丸首長袖肌着→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「光電子」発熱ズボン下肌着 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 寒い!今年は当方北海道はここ数年、っていうか去年の暖かい秋の印象が強すぎて今年の寒い秋には本当に辛い思いをしているのは私(作者)だけではないハズです。。。何が辛いかって?この時期の「雨」ですよ、雨!!ただでさえ気温が低いのに、降ってくる雨が更に「冷たい」んです(驚)。 私の場合、通勤手段が「自転車(所要時間20分)」のため、雨なんか降られると傘差すと道交法違反(知ってました?)ですから、カッパになるわけですが雨は防げても「寒さ」までは凌げないんです(悲) そんな時、まさに「ホット」なアイテムが私の手元に届きました☆正直、本日届くまでこの商品の存在をすっかり忘れていた私ですが、手元に届いた商品を見ると当時の感動「こんなの初めて見た!!!」という思いがまたこみ上げてきました。 そう! 当店が今回、自信満々でお伝えするアイテムは秋冬の強い味方☆完全防水・防寒レインウェア です。 ・・・・、「いやいや、もうお宅にはたくさん防寒レインウェアあるでしょ?何をもったいぶって・・・」と思っているお客様、確かに当店にはそれぞれ個性的な防寒レインウェアが現在も販売されていますが、全くコンセプトが異なる今回のレインウェアは見た目も「異色」、機能性も「別格」の 異次元防寒レインウェア と呼ぶにふさわしいアイテムなんです!! 販売しているところは多いですが、このメーカーさんの紹介をしているお店さんは少ないのでまずはメーカーさんのご紹介を。メーカーさんの名前は「Makku(マック)」さんといって日本のレインウェアを作っているいわば「レインウェア専門のメーカー」さんです。ひとつ、はっきり言っておきたい事は、 このメーカーさんは作業用品を作っているメーカーさんではなく、アウトドアシーンを主体としたレインウェアのメーカーさん、厳密にいうと我々作業用品業界とは元々”畑違い”のメーカーさん なんです。「いや、どっちでもイイんだけど・・・」というお客様、そうはいきません。作業用品のメーカーさんの「ものづくり」の感覚と、今までアウトドア業界をターゲットに成長を繰り返してきたマックさんとは、発想のスタートがそもそも違います。作業用品業界は「高い品質」と「高い機能性」、そして「作業服価格」が必須です。一方マックさんなど一般アパレルに属するメーカーさんは「見た目」と「高い機能性」、そして「一般アパレル常識価格」を念頭にものづくりを進めます。 「何が違うの?」っていうと、実は最後の「作業服価格」っていうのと「一般アパレル常識価格」っていうのが、かなり温度差があるんです・・・。当店の商品をご覧いただくとお気づきになると思いますが、基本的に「どれも安い」ですよね。これが作業服価格です。作業服はカッコよくても、形がよくても、価格が高いと1着も売れないんです。そりゃ、そうですよね、お仕事で着るんですからオシャレなお店で買うような価格をお客様も求めてはいないのです。では、一般アパレルはどうか?自分が好きでする趣味や、趣味を通じるアイテムを買い揃えるとき「最低価格でそろえる人ってそういない」と思います。予算もあると思いますが、それでも少しでもイイモノがほしい、欲しいと思ったら少しくらいの予算オーバーでも買っちゃえ!と踏ん切りが出来る・・・。これが作業服価格と一般アパレル価格の違いです。 作業用品のレインウェアっていうと、機能性(透湿性とか軽さとか)を最重要視するんでどうしても仕上がりが「地味」なんですよね。まぁ、それが良いというお客様もたくさんいらっしゃいますので、地味=ダメとは絶対にならないのですが、それでも私(作者)も最近他社さんのレインウェアを見ても「なんか、ドレも一緒になってきたな~」ってぼんやり思えるほど「面白みが無くなってきた」と感じていました。 ですが、今回元々畑違いであるマックさんからご紹介があり、実際に見てみると・・・「え~!!これめっちゃカッコイイ!!」と思えるサンプルに出会ったです☆それふがこの AS-3700 ヒートリフレクト防水防寒ジャケット だった訳です。いやぁ、驚きましたよ。絶対作業服メーカーさんには出来ない、カジュアルショップにしか置けないデザインもそうですが、最終的に私が納得したポイントが え?作業用レインウェア顔負けの機能性wこれだけ盛り込んで、価格はしっかり”作業服価格”に当てはめてきた メーカーさんの企業努力がポイント高かったです☆ 【アウトドアレインウェアメーカーさんがホンキで作ったスーパーレインウェア☆】 ■秀逸なカッティングに感動!・・・その商品のシルエットの良し悪しを決めるカッティングがとにかく秀逸。アウターなので一般的なウェアと比べると”大作り”ですが、「アームホール」「脇下のスッキリ感」と「タイトな身幅」は、スタート地点が作業服のメーカーさんであれば怖くて手が出さない分野です。このメーカーさんの強みは 一般アパレルをスタート起点としているため、ターゲットが一般客層である という部分です。つまり、「一生懸命、作業用品として販売しなくても良い」という感覚なんです。しかし、昨今作業服業界も「細身シルエット」が主流になりつつあり、こういった革新的なシルエットが「割と」働くお客様にもしんとうしつつある雰囲気はあります。 ■さすが専門メーカー・・・作業用品向けでも一般向けでもレインウェアメーカーはレインウェアメーカーです。しかも専門に作っていますから、出来上がった製品は、とても完成度が高い「ホンモノ」となります。当商品もレインウェアの機能性を図る上で重要な数値となる「耐水圧」が現在、当店主力で販売しているワーク用レインウェアの基準と同等です。作業用カッパの強みは一日中雨の中でもぬれずに仕事が出来る。というものですから、その作業用レインウェアと同等の防水性という事であれば、一時的な雨しのぎで着る一般用としてはむしろ「過剰機能」かもしれません。 それだけ、防水性が高いですから、もちろん毎日のお仕事にも全く問題の無いレインウェアといえそうです。 ■優れた防寒性・・・素肌の触れる「首・顔」には即効性の高い防寒素材「フリース」を裏生地に採用し、インナーの袖との摩擦を考慮して袖の裏生地には滑りの良いキルティング素材を採用しています。驚くべき事は、 背中一面に装備された”銀色の素材”ですが、実はこれ、高級防寒素材の代名詞である「アルミ」なんです!!(驚) 。アルミ素材の特徴は、「着用者の体温を最大限利用する」点で、着用者の体温をアルミで反射し着用者の体にぶつけるんです。そうすることにより着用者の体温が上がり「暖かい」と感じる防寒素材です。ですから、着用者に熱があれば、どんな方でも暖かく過ごすことが可能となります☆■防寒カッパとしては驚異的な軽さ・・・当店にもたくさん作業用の防寒カッパは取り揃えがありますが、このモデルは「軽さ」の面では群を抜く製品です。どうしてもカッパって重いんだよな~、と諦めてしまったお客様、それはこの商品をお買い求めいただいてからご判断ください☆ どうです?企画の出発点が異なる異業種からのアプローチ商品では、こんなに仕上がりに差が出るものかと正直驚いてしまいます。 デザインもオシャレで、特に迷彩柄(カモフラ)は流行のカジュアル・カモと呼ばれる本格的な迷彩柄とは異なる、ちょっとポップなカラーリングで迷彩が苦手なお客様にもすんなり受け入れてもらえるデザインに仕上がっていると思います。まぁ、上着が派手派手仕様なので、お揃いの防水・防寒パンツはとても色調とデザインを抑えた形に仕上げています。ちょうど上下合わせると 派手派手トップスと、地味目なパンツのコーディネートが上下で見るとしっかるまとまっています。 最後に私が実際にこの商品を着てみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、防寒作業服を着るとしたら?:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 インナー=シャツ一枚、Lサイズでジャストサイズ! でした!!インナーにトレーナーを合わせるとしたら、LLサイズが良いと思います。お仕事専用として考えると・・・、やっぱりLLですかね。LでもLLでもイケたんですが、Lサイズはマックさん持ち前の「カジュアル・レインウェア」の着心地を存分に味わえるサイズ感でした。 ちょっと今までの防水・防寒レインウェアにちょっと飽きていた方、雨でも一日中お仕事をしなくてはならない方、バイクのタウン着でしたら、きっとカモフラ柄がバイクと相性バッチリでしょう!その他、単純に綺麗に着ていただいてオシャレ着として着用も可能、っていうか元々それ用に作られていますから、バッチリ似合うと思います☆ これから北海道は本格的な冬を迎えますが、きっと今年はこのモデルが札幌の工事現場、至るところでお目にかかれるのではないかと今から非常に楽しみです!! ※(新)サイズスペック サイズ参考身長着丈胸囲裄丈 M160-170 74121 86 L170-18076124 89 LL175-185 80 127 91 3L175-18586 134 95 4L 180-185 89 138 98 Makku マック 防水防寒中綿レインジャケット AS 3700 2016 WEX 防寒 カッパ 作 服 送料無料,本物保証

HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 新品,お得

→4Lから5Lサイズはコチラをクリック→【お揃いのパンツもいかが☆】 →NEWマックスボリュームパンツ 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■首元の防寒にはコチラがおススメ!ハイネックタイプ■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 昨年楽天市場で爆発的ヒットを記録した「901」マックスボリュームブルゾンですが、今年もたくさんのお客様に喜んでもらうぞ~♪って思ってたら、早速当店に今年の在庫分が入荷になりました!!待ってました~っと、昨年販売したページの在庫を解除して、トップページにもってきて・・・と思ってたら、驚愕の事実が判明してしまいました!! えぇ~!!この商品、マイナーチェンジを経て!!まるっきり新しい商品に生まれ変わって しました・・・。っていうことは・・・、そうですこれからページの作り直し(泣)。もう泣きたいなら、お客様にお伝えするのが2~3日遅れるやらですっかり自分のテンションも下がりきってしまいました。 「はいはい、ど~せ見た目をちょちょっとイジって、品番も変えちゃったんでしょ」とかすっかり卑屈になってしまった自分に、この商品はある意味「強烈なインパクト」と「やさしさ」、両方を教えてくれました。 正直、防寒服のマイナーチェンジって前作のいただけない部分を見た目は変わんないけど今作は改善しました!凄いでしょ! 的なものが多いんですが、これは全くの別物である事が画像からもご覧いただけます。 【改善する必要の無いモノを改善!!このストイックさが凄い!905シリーズ!!】 ※この商品、そもそも昨年販売時点で致命的な初期不良や不具合は無かった商品。そう、通常マイナーチェンジを行うモデルには初期の段階で改善すべきポイントが明確にあり、そのポイントを次作で改善をするのが主流ですが、この商品(前作901/903)にはそのような改善すべきポイントなんて無かったんです。つまりほとんどの主流である「不具合(-)を改善で(+-ゼロ)」という一般的なマイナーチェンジモデルと、今作のように「特に不具合は無い=+-ゼロ」の状態から改善を加えたんで、結果的に昨年のモデルと比べると「+プラス」になって生まれ変わったという全く新しい改善の加え方を誕生した防寒服なんです! ■生地感触を徹底改善。■ この防寒服は見た目の通り、表面はツルツルしたポリエステル素材。昨年モデルまでは割と柔らかいポリエステル100%素材を使用していたんですが、今年のモデルを触った途端、違いがすぐに分かりました。表面素材の質感が向上しており表生地に「ハリとコシ」が加えられ、これから迎える寒い季節非常に頼りになりそうな頑丈な表素材に生まれ変わっていました。このバリッとした質感は、お届けの際「ちょっとバリバリ過ぎでは?!」と思えるくらい。メーカーさんに確認しましたが、着用する回数が増えてくると次第に馴染んでくるようです。 ■襟元ジャージで高級感アップ!■ かくゆう私(作者)は、何を隠そう「防寒着の襟はジャージが一番良い!」と思っている奇特な人間(笑)。一昔前まではたくさんあった襟ジャージの防寒服は、時代の流れと共に無くなっていってしまいました・・・。ところが、 前作、普通のダブル・カラー(2重襟)がったのに対し、今作は堂々の襟ジャージを採用!しかもアウター・カラーもあり2重襟仕様は変わらぬまま襟元の高級感が飛躍的に向上した のです。ただ見た目が良いだけではありません。ジャージにすると余計な隙間が生まれないので暖かさが逃げない&寒さが進入しない。という事と、首に接地しても不快な汗やムレは吸収してくれていつもサラサラなところはまさに改善を通しこして、一つの改革ですね!!  全体的なディティールとしては、一般的でオーソドックスなスタイルといえそうです。がしかし!!「普通」の防寒服を当店が扱うわけがございません。見た目には伝わりずらい部分ではありますが他社製品と決定的に違うのは、防寒である故に防寒性が違うといったところでしょうか?見た目は普通でも、使用される「素材の量」が違うんです。つまり防寒服になくてはならないもの、「中綿」の量ですね。前作というか、このモデルのモデルになった48420は160gの中綿を使用しており、これは一般的に販売される防寒服の「133%比」なんですね。ふとんでもそうですが、綿を詰め込むと当然暖かくなります。この商品は暖かさの基本的となる中綿量を更に増量(160g→180g)し150%の増量を実現、また表生地を改善し、48420前作と比べると総重量が「100gほど」軽く仕上がっております。今までの防寒服は「重ければそれほど暖かい」というのが定説でしたが、今作からは重さはほどほどに、暖かさはトップクラスという品質をしっかり確保してきました!!もちろん、お値段も1着3,490円で販売した価格を維持してのご案内がメーカーさんの協力により可能になりました!! これだけの中綿量であれば、冬季は雪に閉ざされる北海道でも、全然問題無いレベル、むしろ札幌圏では暑いと感じるかもしれません。 恐らく適応気温は0℃~-10℃のガンガン真冬対応防寒服といえそうです。  それだけ気合の入った防寒服ですから、当店のみならず系列店の「プロノ全店」でも同じ価格でお取り扱いをし、間違いなく今シーズンの主役になるアイテムだと確信しています!!数量も今のところ過去最高の数量を全店分として確保していますが、お客様のお好みが”一極集中”、または”プロノ全店で大ヒット”などとなると今から早期の売り切れは必至状態といえます・・・。  今作が始めてのお客様なら、前作の先入観がないので素直に「イイ感じだね」と思っていただけると思います。  サイズの問題は、やや小さく感じるとはいえ防寒服だからといって普段のサイズよりも1サイズ上げる事はしなくても良いと感じる程度です。むしろ、前作よりも無駄なダボツキをカットした・・・そんな感じです。  私個人的には全体的に「パリッ」とした雰囲気は大好きです。襟元もふにゃふにゃせず、”シャキッ”としています。付属のフードは後方でジッパー留めなので強風により飛んでいくということがありませんので風の強い現場や地域にはバッチリです。着丈も最近は「短い」丈が流行っているみたいですが、このモデルは前述どおりその辺りは「無難線」で仕上げられていますので「短い!!」と感じる事はありません。  今作から昨年モデルには無かったNEWカラーの「ネイビー」が追加。イイですよ~、とてもイイ色です。一般的な作業用のネイビーっていうと「濃紺」が多く、パッと見た目「ネイビー」なのか「黒」なのか分からないことが多いですが、これはどの角度から見ても「ネイビー」、いわゆる紺色です!!最近、ここまで潔い紺色は見た事がないので何故かスッキリしますね☆今作から初めてご利用のお客様にお伝えしなくてはならないのが「ミルブラウン」ですよね?イメージしやすい表現で表すと「こげ茶っぽい」カラーです。胸元に大きなポケット、袖にペン差し、大型のジッパーや、手袋を穿いたままでもアクセスが容易なハンドウォームポケット等、現場作業に必要な要素を全て詰め込んでいますので、どんな職種のお客様にもバッチリ☆な防寒服といえるでしょう。  作者である私が着用してみたところ(身長:178cm、体重:68kg、ウエスト82cm、普段着るアウター(作業着)のサイズ:LL)で LLサイズが妥当なサイズ でした。これはジャストサイズや大きめという観点ではなく、一般的な作業用として考えた時に、これくらいのゆとりは必要とのあくまで”作業用”としての適応サイズです。このブルゾンを普段着として着用される方はそんなにいないと思うのであえて作業サイズとして記載させていただきました。  間違いなく、今年当店で一番人気にまで上り詰めるであろう防寒着を暑さが収まりつつある今、早めにGETしておくのも良いかもしれません 。また寒さ厳しい地域にお住まいのお客様はブルゾンだけではなく お揃いのパンツも合わせてご購入いただくことをご検討 していただけましたら幸いです。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L5L 着丈66687072747676 肩幅51535557596163 胸囲120125130135140146152 袖丈56586062646666 HOSHI IDIES オリジナル防寒フード付”マックスボリューム”ブルゾン 905 新品,お得

GRANCISCO グランシスコ やわらか綿100%長袖シャツ GC5002 100%新品,高品質

→お揃いのカーゴパンツはコチラから 大変お待たせしました!! かねてより多くのご要望を頂いておりました 「綿100% 作業服」 がついに登場です!! これまで夏物しかなかった綿100%の作業服ですが 溶接など熱を扱うお仕事をされている方にとって、 ポリエステル混の素材では溶けてしまう恐れがあり着用頂けないこと、 何より綿は天然繊維で肌あたりが優しく丈夫な一押しの素材です。 化学繊維と比較すると、濡れると乾くまでに時間はかかりますが それ以上に素材のもつメリットを重視される方に大変おすすめの素材です。 綿100%の日本製生地の表面に起毛処理をした上に、 シリコンウォッシュという洗い加工を施し、綿にありがちなゴワつきやすい固さを軽減。 柔らかく滑らかな風合いに仕上げています。 作業服は買ったらまず洗濯して柔軟剤で柔らかくしてから着るという方も多いかと思いますが この商品は手元に届いたときから既に柔らかいので、 洗濯せずにすぐにご着用頂けると思います☆ 溶接工の方、鳶さん、大工さん等建設業の方の作業服として。 車屋・バイク屋さんのスタッフユニフォーム、イベントユニフォームとして。 是非おすすめ致します! ■色 この商品、なんと6色展開なんです!こんなにあると迷っちゃうかもしれませんが(笑)、これだけあればきっとお好みの色が見つかるはず!・ダークグリーン・・・カクタスもグリーン系ではありますが、カクタスよりも青味のある深いグリーンです。 ・ストーングレー・・・明るくさわやかな印象を与える、淡いグレーです。 ・ベージュ・・・作業服の王道カラー。中間色なので汚れが目立ちにくいのもポイントです。黒っぽい汚れが付きやすい方は、ベージュよりも暗い色がおすすめです。汚れに近い色を選ぶのがコツです。 ・カクタス・・・カクタスって何!?と思われた方、私もです(笑)「サボテン」を英語でカクタスと呼ぶらしいです。深いカーキ色(黄みよりのくすんだグリーン)は金ボタンとの相性が抜群で、オシャレ度をアップさせてくれる1枚です。 ・チャコール・・・濃いグレーです。白のトップスや黒の小物と合わせて全身モノトーンで統一すると、最強にカッコイイ。 ・ダークオレンジ・・・ビビットなオレンジでは着るのに抵抗がありますが、こちらはオレンジの色味を程よく落ち着かせた、ブラウン寄りのオレンジ。周りと差をつけられる珍しい色が魅力です。 生地の色によって付属のボタンの色まで変えてしまうこだわりよう。メーカーさんの本気度が伝わってきます。カクタス・ダークオレンジには光すぎないよう艶を抑えたセミマットなゴールドボタン、ダークグリーン・ストーングレー・ベージュ・チャコールにはビンテージ風の加工を施したプラチナカラーボタン、どちらも金属ボタンを使用し、生地の色身と相まって高級感を演出しています。 ■仕様 ブルゾンと同生地の厚手のシャツなので、1枚で着るのはもちろんのこと、ブルゾンのようにアウター感覚で着て頂くこともできます。 右胸ポケットはフラップ+ボタン付きのポケットとファスナー付きポケットとのWポケット。 左胸ポケットはフラップ+ボタン付きポケットにペン差し機能が付いています。 左腕にはペン差し兼小物の収納ができるフラップ付きポケット。 肘周りには特殊なカッティングを施し、突っ張りにくく動きやすくしています。 更に、腕の上げ下げがしやすいよう、背中の両サイドに切り込みをいれ、マチをつけたノーフォーク仕様になっています。 綿の作業服は生地が厚いとゴワついて動きにくいものが多い中、この商品は生地が柔らかくしなやかな上 縫製の工夫をすることで、丈夫でありながら動きやすい作業服を実現しています。 ファスナーももちろん抜かりなし。信頼のYKK製です。 <実際に着てみました!> 早速当店の男性スタッフに着てもらいました~!! 身長178cm、ウエスト82cm、体重71キロの男性に着てもらったところ ブルゾン・シャツはLサイズ、パンツは82cmでぴったりでした! 是非お試しください! 素材:綿100% GRANCISCO グランシスコ やわらか綿100%長袖シャツ GC5002 100%新品,高品質

TS design ヘビーウエイトミドルレイヤージャケット 84226 お買い得,限定セール

【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →クルーネックもあります! 発売日発売中掲載日掲載中 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L 着丈6163656769 肩幅4244464850 袖丈5860626465 胸囲100104108112118 必見、製作者が語るアピールポイント!! いきなりですみません。この商品をお待ちのお客様、たくさんいらっしゃったと思います。実は、数週間前からデリバリーが可能になり、ご注文をお受け出来る体制が整っておりましたが、次々といきなりリリースされる主要ブランド防寒グッズの掲載に追いやられ、ついには本日までズレ込んでしまいました。 いつもは、手に届いた瞬間に着用し、そのとき思ったことをそのままにこの説明文にするのですが、この商品に初めて触れたのはもう1ヶ月以上前・・・(泣)。今改めて試着をし、本来であれば既に掲載されていたであろう説明文+本日、改めて着て見て思ったこと文章にしてまとめたいと思います。  まずは、商品タイトルにもありますが「ミドルレイヤー」という語句。これは ミドルレイヤー→中間層 という意味で、つまりは「防寒服としてのメイン」としては考えられていない防寒アイテムです。 「な~んだ、それなら使えないな」とお思いのお客様、ご覧の通り今までの中間着(インナー)というと、本当に肌着等しか無かったのですが、この商品は、スタイリッシュでありながら肌着のように見られても照れくさく思う必要はありません。  全体的な形状としては「ジャケットスタイル」です。 手に持ってみたところ非常に軽く、重量は360gと、当店今シーズンの防寒シリーズではトップクラス!! 、着てみた感じも非常にしなやかで動きやすい商品です。  びっくりするくらい動きやすいので、いろいろ調べてみたところ、肩や肘、腕など、上半身の主要関節・機動箇所には、1枚素材のフリースが切り返しとして使用されており、これが恐らく360gという驚愕の軽さを生み出すのと、抜群の機動力を生み出す原動力だと思いました。その他の素材は、引き裂きに強い「マイクロ・リップストップ加工」を施したポリエステル100%のツルツルした素材です。光沢感もあり、見た目はバッチリ。 今時期にご購入いただくと、朝・晩のちょっとした寒い日はコレ一枚で十分 だと思えます。  中間着を意味する「ミドルレイヤー」ですが、なぜ「重ね着が善し」とされているのかというと、昨今のお天気事情があります。私(作者)もまだまだ若かった一昔前は、札幌も冷え込むとまつ毛が凍るくらい寒くなりました。当然、寒さをしのぐ防寒服も暑いくらいの防寒服を皆着ていました。しかし、最近は”ヒートアイランド現象””地球規模の温暖化””交通網の充実”等、寒いことは寒いのですが「都市部を中心に温暖化」が進み、輪をかけて「雪が降る・気温が下がる」季節がどんどん後ろ倒しになり、おまけに交通網が発達しているので、冬場はバス・電車通勤通学の方たちは家を出て「数分間のみ寒さに堪える」事が出来れば、昔のようなゴテゴテの防寒服は必要なくなってしまいました。つまり、「寒いのは嫌だから一番暖かいのをくれ!」と言って一番暖かい防寒服を買ってしまうと、特に都市部ではその暖かさを持て余してしまう可能性があるんです。 それであれば”必要最低限の保温力の防寒服を買って、一時的な寒さはインナーでカバーしよう” というのがミドルレイヤーの考え方なんです。ですから、本日この商品をお買い求めいただいて「新しいの買ったから、古いのはもう捨てよう」というもったいない事はせずに、新しいこの商品と、今までの防寒服をうまく合わせて着用していただけましたら幸いです。  全体的なスタイリングは、前述通りインナーにも転用できるようにタイト(細身)に作られています。「タイトはちょっと体型的に辛い」というお客様、全身に張り巡らされている軽量で伸縮性の良い「フリース素材」が、どんな体型のお客様にもストレス無く、フィットする事が可能になっているのでどうか諦めないでくださいね。むしろ私のように細身の人間よりもきっとガシッとした体型のお客様の方がカッコよく見えると思います。作業服っていうのはどうしても「様々な年代・体型の職人さん」にあわせる為、肩口や胴回りはかなりゆとりを持って製造されます。がしかしそれ故「重ね着をすると脇の下、胴回りがたわんで窮屈・・・」という事も発生しましたが、これにいたっては、脇の下も胴回りもすっきりしているので、重ね着しても窮屈になりません。  袖の部分には、なにやら「穴」が空いています。もうお察しのお客様もいらっしゃいますよね。そうです「親指を通す穴」です。「そんなもんして仕事が出来るか!」と突っ込みを頂きそうですが、この穴の本来の目的はミドルレイヤー、つまりは 重ね着をする際、インナーの袖が出てこない事のないように、最初に指を通してアウターを着用する 目的ですから、指を通してアウターの袖から見事親指が出てくれば、もう外していただいて良いんです。ただそれだけの機能のために取り付けられています。まぁ、考え方によっては 親指を通して、その上から防寒手袋。。 という可能性も無くはないですが、私的にはあまりオススメできません。 【これ1枚で無限の可能性!当店がオススメする理由!!】 ☆日中最高気温10~15℃・・・この商品、1枚アウターとして着用でOK! ☆日中最高気温5~10℃・・・ちょっと一枚では心細いので、パーカーやトレーナーを着て、アウターとして着用するとOK! ☆日中最高気温0~5℃・・・一般防寒服、またはレインウェア・レインスーツの中にインナーとして着用する。(レインウェアは機密性が高いため、冷冷気をある程度断熱する効果を持ち合わせています。) ☆日中最高気温氷点下・・・重防寒服のインナーとして着用するほか、更に中に綿製の厚手肌着を一枚着るとOK! ☆寒い冬が終わり春が近づいている・・・再度アウターとして着用する事が可能!  どうです?高価格帯の極厚生地のあったかい防寒服をご購入するのも一つの手でございますが、このミドルレイヤーを気温に合わせて着用に変化をもたせるというのも一つの方法であります。是非、ご賛同いただけるお客様は、今年から作業服メーカーさんがこぞってアピールしている中間着戦略を防寒対策に取り入れていただけましたら当店としても幸いです。  最後に1ヶ月ぶりに私(作者)が実際に着てみました! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着る防寒着のサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでピッタリ! でした。ただし!前述の親指ホールに親指を通すと袖が突っ張ります(苦笑)。あくまでインナーとしてこの穴を使用すると割り切れば指を通す必要はなくなりますので、袖丈はピッタリになります。  中にスウェットやパーカーを着込めば、ただいま最低気温が7℃前後の札幌ですが、歩いてドコかに行く分には全く問題がないレベルです。  この季節颯爽と走り抜ける「ツーキニスト(自転車で通勤する方)」、屋外でのレジャー、スポーツ全般、またはアウターとしてのオシャレ着、オールシーズン対応で内装屋さんや、事務処理での机冷え対策、屋内作業全般、見た目がスポーティで腕の取り回しや機動性もしっかり確保されているので、非常にヒットする用途は幅広いと思います。  プロノがこの秋・冬オススメする新感覚防寒”ミドルレイヤー”を是非、お試しください!! TS design ヘビーウエイトミドルレイヤージャケット 84226 お買い得,限定セール

BURTLE バートル ソフトツイルヘリンボンワークウェア 1501 100%新品,お買い得

→お揃いのパンツはコチラ☆ →女性専用モデルはコチラ☆ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 先日、発売したドボジョ用カッコイイ作業服!!発売した途端に反応が出ており、当店としてもビックリ!!今まで畑美人のお客様より「いつ入る?」と常々ご質問をいただいていた商品ですが、まさかこんなに多くのお客様に待ってもらっていたとは・・・。本当に恐縮です・・・。 さて、女性用がヒット!!ってなってくると当然湧き上がる声が(苦笑)。そう、今度は「俺らが着るこの商品のサイズは無いの?」です(笑)。そりゃそうですよね、女性をあれだけカッコ良く見せる作業着なんですから、当然男性が着れば「がっちりハマる」のも簡単に想像が出来ます。 そんな日々、オトコに磨きをかけているワーカーに今回、ご紹介いたします!!既に女性用でヒットしている大人気作業服の紳士バージョンのご紹介です!! 当然あった!!BURTLEヘリンボン・ワークウェア(MENS)!! 実はこの商品、春先からレディース用よりも前に当店の倉庫で在庫しておりました・・・。ホントは、今年の春先に「前人未到のアベックウェア(死語)!!」をして、男女共に同時に発売したかったのですが、レディースの手配は乱れ、発売が延期された時私のテンションもガタ落ちし「まぁ、もう秋でイイや」と思ってしまってから、倉庫に保管されていました。。。ただ、今回女性ワーカーから熱烈なリクエストを頂き、この暑い中、 年間モデル(生地厚)のご紹介 をさせてもらいました。 でもやっぱりイイモノはイイ!!って事ですよね、たとえ全国これから真夏を迎えますが、先日発売された女性用ワークウェアは全く問題なく売れています。 なので、秋まで置いておこうと思っていたメンズも今回、発売する時期としては間違いなくおかしいですが、きっと待っているワーカーもいらっしゃると思っての掲載となりました!! 一応、レディース用をご覧になっていないお客様にお伝えすると、この商品は年間通して着用する事ができる業界では「年間物」と呼ばれる作業服です。なので、生地厚が特徴的で関東以西であれば昼間ブルゾンだけで仕事をしていても大丈夫なほど生地がしっかりしています。ですから、Tシャツでもうだるような暑さの真夏では、当然着ているだけで暑苦しさ満開です(苦笑)が、だからこそ1年通して着用出来るんです。夏は何着ても暑いもんは暑いですからね。正直インナーで調節する(クール素材・吸汗素材)か、話題の空調服で無理矢理涼しく仕事をするかのどちらかです。 その生地厚の生地は、 BERTLE社自慢の高級「国産」調達生地 を採用しています。イマドキ、国産の生地を使っている作業服メーカーさんってどれくらいあるんでしょうか??BURTLE社は今も本社に工場を持ち、工員さんも抱えて縫製を行っている数少ない作業服メーカーさん。カッコイイ作業服を次々とリリースするメーカーさんなので何もかも「新し物好き」だと思われるお客様も多いかもしれませんが国産の生地に拘るところ等、少なくても古き善き時代を大事にし「温故知新」を地で行くメーカーさんだと思っています。なのでBURTLE社の製品は 好まれる年齢層が広く、リピート(反復購買)品番が多い。 のが特徴。 要するに、「性別・年齢に関らず、ワーカーすべてに愛されている」メーカーさんなんです。なのでいつも新商品が出たら大人気→→→すぐ欠品→→→販売店としては売る時期を逃す。となるわけですね(汗)。でも売れているからこそ欠品するのであって、人気の無い商品は欠品などしないわけです。 販売店としては、いつも悩まされるBURTLE社の欠品問題ですが、「人気がある故」「売れているから故」の出来事なのでどうしようも出来ないですね・・・。 今回ご紹介するヘリンボンは、 綿70%+ポリ30% という、俗に言う「綿混素材」なんですが、70%も綿が占めると、もう触り心地は「綿そのもの」です。ヘリンボンは特殊な繊維の織りから成される生地の柄なので、普通の綿素材・綿混素材の作業服と比べると、 バリッとした硬い触り心地が特徴 でその触り心地からも、どれだけハードな現場でも即座に対応するヘビーデューティなワークウェアに仕上がっています。 ヘリンボンの風合いは、どこかデニムと似ており、「着れば着るほど着用者にフィット・マッチしていく」素材で、汚すたび・洗濯するたびに着用者の体型に合わせた縮みをみせます。なのでカッコイイのは届いたその瞬間ではなく、 着ていくうちに馴染んでいき、ワーカーをいぶし銀のカッコよさに見せる 事が出来るのがヘリンボン、またはデニム素材ワークウェアの最大の魅力です。 着心地は?というと、前述通り夏に着るには暑いです、ゴワゴワしてますし(笑)。でも逆をいうなら、夏以外の季節であれば1着持っていて損は絶対にしないアイテムです。 「なら、夏が終わって秋に買えばイイや」と思いますよね?それがBURTLE製品の難しいところ・・・。いざ必要になって買おうと思うと「無い」んです(苦笑)。なので、BURTLE社の作業服は基本「ある時に買っておく」というのがファンの中では常識になりつつあります。本当に無くなるのが早いので・・・(苦笑) 全体的なデザインは、ヘリンボンそのものが持つ「風合い・リッチ感」を最大限に引き立たせるためにあえてのシンプルデザイン。ヘリンボン意外で目立つ箇所といえば、フロントファスナーの「黄色」でしょうか?お決まりの「Bマーク」でさえ控えめな位置に付けられています。 とはいえ、作業に必要な胸ポケット×2、ペン差し、ハンドウォームポケットはきちんと装備されていますからお仕事面でシンプルデザインが邪魔をする事は考えられません。またフロントファスナーはトップまで締めるとハイネック形状に変化するため風の強いときなど、襟をビッと立てて作業する事が可能です。 静電繊維なので、乾燥時期のあの「パチパチ問題(静電気)」も緩和してくれます。 さて、実際にこの作業服を私が着てみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、インナーのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 Tシャツ1枚インナー着用でLサイズでピッタリ☆、パンツはLサイズでピッタリ!! でした!!でも上着の方は本当にジャストサイズだったので、冬場インナーを着込む事を想定するとLLサイズの方が良かったかもしれません。 残念ながら、ポリエステルが混ぜてあるので火気を扱うお仕事のお客様には不向きといわざるを得ませんが、逆にそれ以外のお仕事であればバンバン着こなせると思います。 それどころか、ノータック・チノスタイルであるパンツなら、普段着でも着まわせるオールマイティな存在。男性・女性ワーカーを抱えている社長さんは社員の制服として用意すれば、従業員さんからの支持率・高感度急上昇間違いなしです。男性も女性もカッコよく見せる作業服って実は探してもそんなに見つかりません。 男性ワーカーの皆さん大変お待たせいたしました!!これぞ「働くオトコの戦闘服、鎧」です!! BURTLE バートル ソフトツイルヘリンボンワークウェア 1501 100%新品,お買い得

Prono プロノ 美ワーカーズブルゾン PLJ141 新作入荷,品質保証

■お揃いのパンツはコチラ■ 必見、製作者が語るアピールポイント!!  ついに”発進”します!!当店が今までのオリジナルのコンセプト、「(メーカーさんでも)無いから作る!!」を忠実に遂行し、今、 とんでもないオリジナル作業服 が世に誕生してしまいました!! この商品を初めて見たのは確か2014年2月くらいだったと思います。おもむろに私(作者)の手元に渡されたこの商品のサンプルは、サンプルの時から異彩を放つ存在感に私は魅了され、まだ製品化になる前から「必ず製品化までこぎつけて欲しい(実はサンプルの8割は製品化されません)」と、当時の担当者に懇願しました。 そうです、私が目にした商品は紛れもなく「作業服」であり、それ以上でもそれ以下でもない、正真正銘の作業着だったんです。 「そんなの、ドコでもあるでしょ??」っていうお客様、果たして本当にそうでしょうか??最近リリースされる作業着はよくも悪くも「カッコイイ」です。このカッコイイの要素には「カジュアル的なエッセンス」も少なからず含まれます。 例えば、 (1)ジッパーの色を変える。 (2)ボタンや金具などの仕様が凝っている。 (3)ポケットデザインや、襟形状などカジュアル路線 などが挙げられます。いやいや、誤解しないで頂きたいのですがそれらの作業服が「悪い」って言ってるんじゃないんです。ただ、お店をやっている以上、「似た感じの作業着は必要ない」という意識もあるんです。ですから、これだけ巷に「カッコイイ作業着」が出てきて、ドコの作業着屋さんもカッコイイ作業着を置き始めると、今度は私(作者)は、もっと「ベーシック」で「シンプル」な作業着があってもいいんじゃないかって思っていたんです。 そこへ現れたのがこの作業着。飾りつけやカラーで「カッコイイ」を表現するんじゃなくて、出来るだけ無機質で出来るだけ無誇張のデザイン、この作業着は、 カッコイイではなく、”美しい”作業服 だと、心底ほれ込みました。 とにかくシンプルが強烈に打ち出されたこの作業着には他にもこんな特徴を兼ね備えています☆ 【まさに日本人らしい作業着。”美しい”を表現したポリ100作業着】 ■素材・・・ ポリエステル100% で作られたこの作業服は、ポリ作業服らしい「テリ感」と抜群の「形態安定」を約束します。実は最近、めっきり「ポリエステルの作業着が減った」と思っていたところでした。理由は簡単、最近の作業着ってカジュアル的なビジュアルも必要としており、このポリエステルのテリ感はカジュアル衣料では「無し」のカテゴリ。必然的に綿混素材や、綿素材の作業着ばかりが注目されるようになりました。(ちょっと昔はほとんどがこのポリ100作業着だったんですよ(驚)) ■美スタイル・・・この作業着、当店の作業服担当者が 全くのゼロから作り上げたフル・オリジナルデザインの型紙 を採用しています。ポリ100%の作業着って上述通り、あったとしてもデビューからかなり経過しているものが多く、正直形が「昭和」のままなんです。昭和から平成へと受け継がれてはや20年超、この時間の経過の間に「メタボ」が注目され、カテキン・トクホなどの健康飲料も増え、日本人全体の体系も変わってきたと思います。 この作業着は、何十年もかけて進化してきた日本人の体系をしっかりサポートするために、イチから作り直されています。具体的には、 身幅・・・元来の作業服にありがちだった「ダボダボッ!」のデカすぎサイズスペックから、余計な余白を取り除いたシュッとした身幅に変更されています。とは作業着なので「スリム」というわけではなく、あくまで「標準値に近づけた」程度で変更は終えています。 アームホール・・・他の作業服と一番違う点かもしれません。アームホールっていうのは腕と胴体がくっついている部分の縫合の「長さ(周囲)」をいうんですが、元来の作業着はここが大きく採寸されており腕を下ろすと脇の下に余分な生地の余白がしわになることが当たり前だったのですが、この作業服ではその「変な余白部分を丸ごとカット」しているので、「気をつけ」の姿勢をしても脇の下に生地がたわむことは全くありません。 袖丈・・・既存する作業服の袖丈よりも1~2センチ長く出来ています。多分昔の作業着って袖丈を意図的に短くしていたと思うんです。それは安全面、当時のワーカーの体系の問題等、時代に即した仕様だったと思います。現代では若年層を中心に体系がスリム化の一途を辿っており、手や足の長さも何故か長い(羨ましい・・・)という話です。という事は、作業服に求められる要素も変わってくるので、袖丈の長さを長くしました。当然、サイズに不釣合いな長さはかえって邪魔なので、あくまで「常識内」での変更値だと思っていただけると幸いです。 ■美デザイン・・・見てください。このデザイン。超シンプルです。それでいて作業服に求められている要素は何一つ削っていません。両胸ポケットも、両ハンドポケットも、ペン差しだって完備。私は常々「美しさを求めると、それはシンプルになる」っていう考えの持ち主ですから、まさにこのシンプルなデザインは「美しさの骨頂」だと思っています。 ■リッチテイスト・・・でも、作りをシンプルにしてデザインもシンプルにすると「安っぽく」見えてしまうこともあるんですが、これは何故かそうは見えません。実は、生地に工夫を施しており、よ~く見るとリッチモデルによく使われる素材「ヘリンボーン」を採用しています。このさりげない仕様がトータルバランスを向上させていることは間違いありません。 私は今年でこの業界に入り18年になりますが、これだけシンプルでこれだけ美しい作業着に出会ったのは18年を振り返ってもそうそうありません。「なんか最近の作業服を着ることに抵抗感を感じていた」、「なんかチャラチャラしたデザインの作業服が増えて俺は好かん!」っていうお客様がいらっしゃいましたら、是非、この作業服をご検討いただけたら幸いです。  今現在も大人気の当店オリジナル作業服「20918/915」シリーズもございますが、大きな違いは「生地の素材が違う」という事と、「パンツが裾上げ済みかオフセットモデルか」の違いです。  最後に私が着てみました!! 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段着るTシャツのサイズ:Mサイズ、普段着る作業着のサイズ:LLサイズ の私が着てみました!!すると驚き! 上着はシャツ1枚インアー着用でLサイズでピッタリ!パンツは82cmでOK でした!!作業着って今までLLサイズじゃないと袖丈が合わなかったんで仕方なくLLで着てたんですが、このモデルではLサイズでピッタリです。つまりサイズ感が「普段着るアウターに近い」印象です。いやぁ、見た目もシュッとして最高ですね!!ダラッとした作業着を着たワーカーをよく街中で見かけますが、これだとワーカーと通じて会社のイメージも上がりそうです☆是非、作業着一新を考えている社長さん、候補に入れてください。 屋外での作業には全般に向いているので、設備系、電設系、大工さん、鳶さんの上着としておすすめ です。当店が無いから作った美しさを追い求めた作業着の誕生です。 サイズ 着丈 ZIP 胸幅 肩幅 M 63 54 54 43 L 64 50 57 45 LL 65 51 60 47 3L 66 52 63 49 4L 66 52 66 51 Prono プロノ 美ワーカーズブルゾン PLJ141 新作入荷,品質保証

EVERIVER イーブンリバー MA 1タイプフライトジャンパー R 27 新作入荷,限定SALE

→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!長袖肌着→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!ズボン肌着 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 ただいま当店では秋冬モデルが毎日、撮影サンプルとして「どっさどっさ」入荷になっており、我々撮影技術班(っていっても2名)は狂ったように撮影をし、そして編集をし、そして夜な夜な説明文を作っています。ですから夜中っていう事でたまに訳が分からない事で説明が長くなったり、異様にテンション上がって説明文全体が収拾つかない事もしばしば・・・。でも今回は、そんな夜中の作業でも目が覚めるっていうか「ある商品を見直す」事が出来るアイテムが入荷になりました☆ そう!画像を見て「懐かしいな~、おい!!」っていうマジかよ~っていうお客様、そのまさかです。この冬、当店では 中綿フライトジャケット(MA-1タイプ) を取り扱う事を決定いたしました☆ 「イマドキ、そんなの着ている人なんていねえよ、ダサいよ!!」っていうお客様、本当にそうでしょうか・・・。私にはどうもこのMA-1(タイプ)がダサい形とはどうしても思えないんです・・・。 私が思うに、 このMA-1をはじめとする、ミリタリーフライトジャンバー系は”日本のファッション業界によって持ち上げられ、そして落とされた”被害者的なアイテム だと思っています。今でもUS AIRFORCEや、AVIREXなどメジャーブランドで作られ続けていますが、ホンモノのMA-1は見るとシビレますよ!!バリッとしたナイロンボディに安全面を考慮されたデザイン、パイロットや整備員の体型・人体工学にあわせたデザインは知れば知るほど「ファッション」の一語で決して片付けてはならないアイテムです。 大半の方、特に20代のお客様の中ではMA-1とは、一昔前のファッション着と思っているお客様も多いかもしれませんが、私はこのMA-1(タイプ)の失われた市民権を得るため、あえてお伝えいたします。「何故」私がMA-1(タイプ)を取り扱うのか、「何故」MA-1に詳しいのか?その答えは超・簡単。だって、 お国は違えど、MA-1は、立派な作業着・防寒服だから。 です。当店は作業用品専門店、そしてMA-1(タイプ)も作業服、多くのお客様から「オシャレな作業服屋さん」といっていただけるまで成長した当店がこの商品をご紹介する理由は「作業服であり、ダサくはなく、むしろ超カッコイイ☆」からです。かくゆう私も久々MA-1を見ましたが、決して古さも感じず、むしろ街でこれを着ている人を見かけなくなりましたから、むしろ新鮮でカッコよく思いました。 当店で扱うMA-1タイプジャケットは、あくまで「タイプ(~風)」であり、アメリカ産のいわゆるホンモノではありません。がしかし、日本における作業服・防寒服におけるスペックを踏襲した当商品は、きちんと日本のニーズに合わせた「日本企画版MA-1」といっても良いのでは?と思えるくらいしっかりした作りに驚きました☆ 【知っておこう!これがMA-1(タイプ)っていうヤツです☆】 ■独特なシルエット・・・MA-1といえばその独特なシルエットが当時の「古着ファッション」や「ミリタリーカジュアル」でもてはやされ、やがて落ち着いてしまいました。でもこの独特な仕様こそがMA-1の真髄であり「ファッションで片付けてはいけない部分」だったと思います。襟は短くカットされたV字型をしており、これは中に制服を着るために防寒服にも襟があったら邪魔なため排除されたとか・・・、そしてショート丈なのは 整備士だけではなくパイロットも防寒着として着用しており、搭乗の際は着丈の長さは必要最小限であった方が良かったのではないかと思います。そしてボディ全体は非常にシンプルに作られており、これはこの上から更に軍備のベストを着用する事が多かったためで、必要なものはベストに収納していたからだと思います。そして、日本仕様の作業服では左腕には「ペン差し」が当たり前ですが、MA-1では「タバコを収納するポケット」が着いているのもお国柄の違いです。襟・袖・裾をキツめのリブで覆っているのは、飛行場内が強風に晒されるため、隙間風やMA-1が膨れるのを防止するのが目的です。  バサッと置いてもらえたら分かりますが、袖が内側に湾曲して縫製してあるのも独特な形状のひとつです。 MA-1が昔のトレンドだなんて私は少なくても思いませんし、そもそもこれは「防寒着」であり「ファッション」ではありません。毎日のお仕事の防寒着、または通勤・通学の際のウインドブレーカー(風避け)としても最適です。出来れば、ファッションとして再注目される日が来てくれると嬉しいんですが、それは時代の流れに任せることにして、MA-1の本来あるべき姿である「防寒着」としての役割なら今すぐトップレベルでこの商品で果たすことが可能です。  早速私がこの商品を着てみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでピッタリ☆ でした!!ひさびさMA-1(タイプ)に袖を通しましたが、とても懐かしい気持ちと改めてこれが防寒作業着である事を実感しました。今後、このMA-1という形がファッションの流行り廃りに流れることなく、「ジーンズ」や「オーバーオール」、「ダッフルコート」など時代の流れに翻弄されない「冬の定番着」として根付くことを祈らずにはいられません。 EVERIVER イーブンリバー MA 1タイプフライトジャンパー R 27 新作入荷,限定SALE

TULTEX Aitozリップストップワークアスリートパーカーブルゾン 10302 2016 WEX 年間 ヤッケ 作 服 最安値,豊富な

【お揃いのパンツあります】 →「TULTEX」ワークアスリートパンツ 発売日発売中掲載日掲載中 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  日に日に暖かくなっていく今日この頃、私だけでしょうか、外に出ると気になるのが「日差し」と「風対策」ですよね。特に私が住んでいる札幌市は、暖かくはなっていますが、それと同時に「風」が強くなってきており「春一番」ではありませんが、強風対策も必要に感じています。当店の品ぞろえで「強風対策」といえば・・・、そうヤッケ!です。ただ周囲のヤッケって、何の飾り気もなく、無機質な上に、地味なカラー。とファッションからは認知されない条件ばかり揃っています。  いやいや、決してヤッケがダメだってじゃないんです。例えば、内装屋さんや塗装屋さん、その他お仕事場で埃が巻き上がる現場ではファッション性よりも「実用性」と「価格(安い)」が重要になって当然だと思います。だって、汚れたらファッションも何もありませんもんね。納得です。  しかし、そのほかにもヤッケって使い道があるんです。それは・・・ ウインド・ブレーカー としての使い道です。埃や汚れが割と少ないお仕事場では、実用性も大事ですが、同時に「オシャレに見えるか」という要素も大事にされるお客様が多くなります。  今回は、そんな 風よけとしてのヤッケ・ウインドブレーカーは必要だけど、それと同じくらい周囲に与える印象を大切にしたい! っていうお客様に是非ご覧いただきたい商品です!!  その名も「ワーク・アスリート・シリーズ」です!!「・・・、なんだそりゃ??」というお客様も多いんじゃないかと思います。何を隠そう、このワーク・アスリートって言葉、私も初めて聞きました(笑)。私も、そしてご覧のお客様も知らなくて当然かもしれません、この商品とシリーズ名、 「2012年春」よりスタートした新企画商品 なんです!!画像をご覧頂いても一目でオアわかりになると思いますが、 見た目、相当「シャレオツ」です☆☆☆ スポーティなデザインは決して見せかけではなく、しっかりと実用性と着心地の面で両立されたとってもよく出来た商品に仕上がっています!!  当店内では既にTS DESIGNシリーズが「カッコイイ・ヤッケシリーズ」の地位を確立していますが、その地位を揺るがしかねない、強烈なライバルが誕生したと思っています!!この2社によってもっともっと「ヤッケ」のイメージが変わればイイな!と思ってやまない毎日です。 【着てみて分かった♪ワーク・アスリートシリーズ】 ■定番リップストップ・・・もはや当店ではその特性と持ち味が説明し尽くされた感もある「リップストップ」シリーズ。その破れずらさとファッション性の高い「格子状模様」は、当店のみならず他の有名アウトドアブランドでも多く採用される耐久性の高いポリエステル生地です。 ■フル・メッシュ・・・「メッシュが付いていると爪や指に引っかかって嫌だ!」なんていうお客様もいらっしゃいますが、ちゃんと意味があって付いていますので、どうかご勘弁を・・・。メッシュは「汗取り」で付いているので、よく「メッシュがあるから暑い!」というお客様もいらっしゃいますが、メッシュが付いていないと発生した汗が逃げ場を失うので、結果生地が肌に貼りつき不快な思いをします。当商品は、首元から袖口・裾口に至るまで全てが裏メッシュ構造。つまり、体のいたる場所から汗が発生しても汗を吸い取ってくれる1級品です。 ■スリム・スタイル・・・通常、ヤッケっていうと普通のアパレルと比べると「大きい」というのが定番。また自身に合ったサイズを選んでも、「腕周り」「胴回り」がブカブカ・・・なんて事もしばしば・・・。でもこの商品は型紙から変更を加えブカブカ感を軽減しました!つまり、いつもスタイリッシュに着こなせるワケです! どうです??画像を見てもなんとなくオシャレな感じはしますが、その特徴を読んでみるともはやヤッケと呼んでいいのか私自身も悩むところです。 既に昨今の作業ヤッケは既に周囲で販売されている「ウインドブレーカー」並のファッション性と着心地を有していながら、作業用品の”要”である”価格”を限界ギリギリまで押し下げているのが特徴 です。  今回ご紹介する商品は、フードが一体化された「パーカー・スタイル」。今、流行に流行ってる型です。手に取ってみた印象は パリッとしたコシのある表素材(ポリエステル100%) を使用しており、多少のカサカサ音があります。前述のリップストップの模様もどのカラーを見てもはっきり・くっきり目視で認識出来るので、一目で高級感がただよっているのが特徴です。 どのカラーもオシャレなツートーン基調のカラバリで、視認性も抜群、お仕事でもカジュアルでも、そして通勤・通学でもカッコよく着こなすことが可能です♪。  お揃いでパンツも品ぞろえとしてラインナップされているので、上下セットアップでご使用いただくことも可能です。  実際に私(作者)がこの商品を着てみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るヤッケ(ウインドブレーカー)のサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでピッタリ☆ でした!!  最近、ちょっと太っちゃいましたがそれでも線の細い私、ウインドブレーカーの類ってなかなか着てみてシックリくることってないんですが、これはピッタリきました!!特に脇の下(アームホール)のピッタリ具合には感動!!まるでファッションブランド製のトップスを纏ったかのような、気持ちよすぎるサイズ感でした。  オシャレさんな塗装屋さんや、内装屋さん、車屋さんの美装作業や、アウターを着るほどでもない気温・室温のちょっと着、日々のお散歩やジョギング、お子さんの運動着や軽登山等の何回もない学内レクレーション着(そんなに高いモノ買えないですもんね)、各イベントのユニフォーム等、出せばキリのないほど使い道があるように思えます。  オシャレなファッションを取り扱うアパレルショップさんではどの程度のお値段がちょっと自分には分かりませんが、当店価格2,490円は間違いなく「作業用品としての」価格だと思います。これだけの機能が詰まっていて、価格は作業用ヤッケと同価格帯。私は、着用した時「チャリ通勤に使おう」と即座にその使い道がひらめきました。  「こんなときにイイかも☆」と思ったお客様!間違いなく「こんな時」に使える1着です!! サイズ 着丈 肩幅 身幅 SS 64   104 S 66   108 M 70   114 L 72   118 LL 74   123 3L 76   128 TULTEX Aitozリップストップワークアスリートパーカーブルゾン 10302 2016 WEX 年間 ヤッケ 作 服 最安値,豊富な

BURTLE バートル 国産生地採用タフネスライダースワークウェア長袖ジャケット 5301 * 作 着 作 服 ワークウェア * 数量限定,安い

* 作業着 作業服 ワークウェア * →4L,5Lサイズはコチラ →お揃いのカーゴパンツはコチラ   【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 * 作業着 作業服 ワークウェア * 今年は、全国的に雪に翻弄された大変な冬ではなかったかと思います。現在も尚、雪に苦しんでいる地域にお住まいのお客様もきっと多いので、不謹慎な事はいえませんが、それでも雪と毎年戦っている北海道から一つ、お伝えする事があるとすればそれは「どんなに苦しめられた雪も、解けてしまえば怖くない」です。あともうちょっとの辛抱です!!春までじっくり・ゆっくり待ちましょう!!(ただし!!山間部にお住まいのお客様は雪崩・土砂災害にお気をつけください) さて、日に日に暖かくなってきている事を感じずにはいられない北海道ですが、いよいよ今年の春の新商品をお伝えする季節がまたやってまいりました!! やっぱり、春が近づいてくると皆さんそわそわすると思いますが、大半のお客様が「春に向けて作業服を新調しようかな~」って思っているんじゃないかと、私勝手に思っています(笑)。 もちろん、今の品揃えでも十分春の(新)作業服の新調にはオススメの商品がたくさんあるのですが、やっぱり 今年の春を代表する出来立てホヤホヤの新作作業服 が見たいし、欲しいですよね!! そんなお客様、大変お待たせいたしました!!当店で作業服!!といえば、みんなから「BURTLE(バートル)!!」と返ってくると思いますが、そう!!BURTLEさんの最強作業服が当店でGET 出来るようになりました☆ BURTLE自慢の新作作業服は・・・ あれ?ある意味「バートルさんらしくない?」コンセプトのタフネス・ワークウェア なんです!! 実は、この商品昨年2013年の夏に見て私(作者)が一目ぼれしたアイテム。本当は2013年の秋ー冬に入荷する予定だったんですが・・・、例のごとくBURTLEさんの人気ぶりが伺える事情なんですが、発注したときには既に「在庫が揃わない」といわれる始末・・・。仕方なく、再入荷を果たす2014年の春の目玉商品としてご案内する事にしました(苦笑)。本当に人気商品なのでまたいつ在庫がなくなるか、本当にヒヤヒヤしているんですが、在庫が揃っているうちに当店をご利用していただいているお客様にもご案内を差し上げたいと思い、マッハでお知らせしております!! 【#5301シリーズ専用(新)コンセプト!太くない、デカくない、深くない!】 ■太くない!・・・BURTLEさんの製品が日本全国のお客様に愛されている要因って、やはり「その形」にあると思っています。昨今、他社さんがこぞって開発している新感覚作業服はどれも「スリム」で「タイト」、ワークウェアを着用するお客様は「ガタイがイイお客様」が多いので、実際はこの風潮を喜ばしいと思っていない人も多いんです。 がしかし、昨今の「メタボ対策」の効果もあって、ちょっと前の日本よりもスリムなワーカーが増えたのも否めません。今回の新作は、BURTLE社が元来、得意としてきた「万人のワーカー体型に合うルーズフィット」の作業服から、1歩進んだ「イマドキのスタイリングを取り入れた」、周囲の”新感覚作業服を老舗ブランドBURTLEが手がけるとどうなるのか”と具現化したモデルといえます。 上着でいうと、腕周りや胴回りが今までのBURTLEアイテムよりも「若干細くなっている」ほか、パンツでいうとふとももから裾までのラインが明らかにシャープに仕上がっています。 今まで、どのBURTLEアイテムを着用しても、なぜか「どこかしらからだの一部分がガホガホしている・着られている感覚」がぬぐえなかったお客様は、体型がBURTLE製品にマッチしていない可能性がありましたが、そんなお客様には是非、今回の作業服に袖を通してみてもらえたら、今回のBURTLEのコンセプトをより深く理解できると思います。 ■デカくない!・・・BURTLE社の製品は、万人のワーカーに対してカッコよく着れる作業服を提供し続けている人気ブランドですが、そのコンセプトを遂行するために、上着もパンツも実は昨今の作業服より「ややワイド」に仕上げられています。これが大きな特徴であり、また細身のお客様からすると唯一の不満点だったと思います。 この商品はそんなワイドなシルエットから、若干細身に大変身!着用するとよく分かりますが、今までのBURTLE製品では感じた事のない「フィット感」を感じる事が出来ずスタイリングに、私(作者)は軽く衝撃を受けました☆ ■深くない!・・・これは「パンツ」のお話です。直接私(作者)がBURTLEさんから聞きましたので、間違いありませんが当商品(パンツ)は 股上が元来のBURTLEワークパンツよりも股上が浅く設定 されております!!この部分にBURTLEさんが着手したのは正直、「驚き」でしたね。BURTLEさんが頑ななまでに貫き通している事に「ワークパンツである以上、股上は深いほうが良い」という認識だと思っていましたが、あっさりこの商品で股上が浅いパンツの開発に乗り出しました。 BURTLEさんいわく、「今のところ、(股上が浅いパンツをつくるのは)このモデルだけです」と断言していますが、この身のこなしの軽さというか、フットワークのよさが今のBURTLE社人気を後押ししているような気がしてなりません。 どうです??全国にまたがるBURTLEファンの皆さまも、きっと今頃気になってしょうがないのではないでしょうか??今までのBURTLE製品とは一味違うこの商品は、きっと新たなBURTLEファンを生み出す起爆剤になること間違いなしと思っています。 早速、本日手元に届いた商品を手にしましたが、 商品を触った第一印象は”ゴツイ”な~。 でした。さすがカタログにも「タフ」を謳っている通り、かなり頑丈そうな生地です。「こりゃ間違いなく綿だな」って思っていたんですが、タグを見てみてビックリ、こんなに頑丈そうでタフに見えるのに、 ポリエステル65%+綿35%のツイル素材 を採用しているので、見た目とは全く違う「扱いやすさ」を有しています。綿製品って確かにタフで頑丈なんですが、ゴワゴワ感がハンパなかったり、お洗濯後乾きが遅かったり、縮みが心配だったりするんですが、ポリエステルが混ざることにより、それらの懸念ポイントが一気に消え去りました。 とはいえ、製品にかなりの厚みがある事は事実でそれが非常にタフな印象を与えている事はまちがいないと思います。春先にはこの商品は、この上ない以上の頼りがいのある作業服になると思いますが、正直6-8月の夏には暑過ぎて着れない時期があるように感じます。ただどちらにしても、生地の中を糸が通る「リップストップ」生地であることからも相当生地レベルで強靭なシロモノに仕上げられていると考えられます。 ブルゾンは、パッと見た目も良く分かるとおりかなり攻撃的に攻めたデザイン性でスタンドカラーが目を引く「ライダース・ジャケット」のように仕上げられています。袖丈もバッチリ保有しているので、腕を前に出しても袖が短くなる事はありません。随所に設けられたベンチレーション用の穴や、様々な切り替えし要素がより一層ファッション性を向上させています。 パンツも前評判通り、非常にスッキリしたフォルムとBURTLE製品として今まで感じた事の無い「股上の収まり方」が自分的にGOODでした☆一つ、間違えのないようにお伝えしておきますが決して「股上が浅い」という事ではありません。そこはBURTLEスピリットがしっかりと残してあり、作業パンツとしてありえない昨今のカジュアルパンツのような股上の浅さは、たとえお客さんがお願いしてもBURTLEさんは作りません。しっかりと作業パンツとして機能するように必要な股上はしっかりと保持されているので、細身のお客様のみならず、ガタイのイイお客様にもすっきりとお召しいただける綺麗なシルエットのワークパンツに仕上げられています。 最後に、実際に私が着て見ました!!BURTLEさんの作業服を試着するなんて本当に久しぶり☆しかも新コンセプトモデルなんで、なんとなく緊張している自分もいます。 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着る作業服のサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズでジャストサイズ、パンツはLサイズでピッタリ☆ でした。ちなみに上着のサイズは「インナーにシャツ1枚程度」でございます。それ以上着込むならLLサイズがオススメです。 新しい試み、そして開発コンセプト、とても面白いBURTLE新作作業服になりましたが、最後に超ド級の”ネタ”がございます。この商品、ラインナップ上、 女性専用型紙を採用した女性専用サイズ を採用しいている正真正銘の「ユニセックス」モデルなので、こんなに個性的ではありますが会社様で揃える時にも女性にもカッコよく来ていただけるサイズが予めご用意されているのがこの商品独特の利点です。 女性のページは別途鋭意製作中ではございますが、これもコレでカッコイイんですよね~☆ 男女でこの作業服に身を通し、屋外で作業している姿を見たら、きっと思わず見入っちゃうでしょうね・・・。それほどスタイリッシュでファッショナブルな一着です。 BURTLEさんの「カタさ」が取れた非常に感度の高い1着に仕上がっていると自分も思います。是非、実物をご確認ください☆ ※(新)サイズスペック サイズバスト肩幅袖丈着丈 M110465963 L114486165 LL118506267 3L122526369 4L(+500円)128546370 BURTLE バートル 国産生地採用タフネスライダースワークウェア長袖ジャケット 5301 * 作 着 作 服 ワークウェア * 数量限定,安い

Even River ”イーブンリバー”エボリューションワーカーズシャツ SR3006 新品,正規品

【新入荷!】 →「エボリューション」カーゴ! 発売日発売中掲載日掲載中 →お揃いのカーパンツはコチラ!! 必見、製作者が語るアピールポイント!! 随分時間を要してしまい、本当に申し訳ございませんでした!いよいよあの”人気カーゴパンツ”のお揃いのシャツがリリースになりました!!当店のスタッフにも掲載される事を伝えたところ、「え?そんなのあるんですか??」ときょとんとした顔・・・。まさか、「存在自体を知らない」とかないですよね?!(不安)。ほら、あのデニムカーゴパンツのページでベージュ色のパンツに合わせてるシャツですよ!!思い出してもらえました?? 早速、前回着たシャツを今一度じっくりと観察しました!う~ん、前回着た時も感じましたがやっぱりこれイイですね☆雰囲気と着心地が抜群です。これならお仕事ではもちろんの事、プライベートでも着用可能です☆ 【ここが違う!ワーキングシャツ!】 ■見た目がスッキリ&綺麗な1ウォッシュカラー・・・「濃いなぁ~」と思ったお客様、まぁ、人それぞれの好みによりますが、一般的に濃い色の方がパンツとの合わせがしやすいかと思います。また濃色は「汚れが目立ちずらい」というメリットがありますので、お仕事中の汚れは目立ちずらく清潔なイメージを維持し続ける特色があります。 ■着てもそんなにゴワつかない?その秘密は・・・一見デニムと言うとことで「綿100%」をイメージするお客様も多いはず。私も洗濯タグを見るまで全く気がつきませんでした。何を隠そうこの商品は「綿60%、ポリエステル40%」の正真正銘の”綿混素材”、ツイルなんです。つまりは「見た感じはデニムそのものだけど、着心地・軽さは通常の厚手の作業シャツくらい」のサラッとした着心地です。しかも!!デニム生地の宿命である「幾度の洗濯による色落ち」もこの商品に限っていうと「ほとんど発生しない」のではないかと思えます。ただし、お手元に届きたての時には最初のお洗濯である程度の色落ちは覚悟しておいてください。2回目以降からは色落ちは落ち着き、気にならないレベルになると思います。 ■カジュアルではなくワーク。・・・縫製はさすがワーキングメーカーさんが作っただけのことはあり、かなりの強度を縫製により確立しています。通常は2本の縫合線が並行して並ぶ「ダブルステッチ」を採用しており、背中と胸部のストレスがかかりやすい箇所には3本の線が並ぶジーンズではお決まりの縫製「トリプルステッチ」を採用してます。また、今までのワークシャツはどうしても肩口と腕の縫合箇所が太くて、「気をつけ!」をすると脇の下がダブダブになってしまうんですが、このシャツは幾分、今までのワークシャツよりはスッキリとして見えます!! このほか、襟もしっかりと立てることが出来るし、袖も捲くりやすいのでお仕事は格段にしやすくなっています。まぁ、あえて改善点、もしくはデメリットを挙げるとすれば・・・ 各部位で使用されているボタンの厚さが厚くて掛けずらいし、外しずらい という事くらいでしょうか・・・。まぁ重要といえば重要な部分ではございますが、言い換えると「掛けるとなかなか外れない」という事になり、これはまさしく「仕事着としての必要な要素」だとも言い換える事が可能です。  最後に、作者である私が前回着た時のシャツのサイズをお知らせいたします!! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着るシャツのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズがピッタリ! でした。ホントはMサイズが良かったんですが、袖丈が足りません。是非、作業服メーカーさんにお願いしたいんですが、新作企画の際は袖丈をもうちょっと伸ばしてもらいたいですね。ア○クロの長袖丈くらいあっても自分としては問題無いレベルですし、何より「長い分には不自由しません」が「短いと着れない」というのはちょっと辛いですよね??  今回ご紹介のシャツは是非、「上下色違い」で着てみてもらいたい商品です。上下異なるカラーでも合わせることが出来るのは、カジュアル色が強い決定的な証拠です!!  きっと当店のシャツの中でもトップクラスの人気商品になるのではないでしょうか??では、本日より発売開始です!! SizeMLLL3L4L(+500円) 着丈73cm75cm77cm80cm80cm 肩幅46cm48cm50cm52cm54cm 袖丈58cm59cm60cm61cm62cm 胸囲112cm116cm120cm124cm128cm Even River ”イーブンリバー”エボリューションワーカーズシャツ SR3006 新品,正規品

BURTLE バートル 防水防風 中綿ワークベスト 5224 超激得,超激得,HOT

入荷予定日 2013/10/03 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  当店と長い付き合いのお客様なら既にご承知おきしていただいていると思いますが、私(作者)は元々「作業用品にベストは必要ないでしょ派」だったんです。理由はたった一つ、 だって北海道だと着る期間も、防寒としての防寒性も期待できないでしょ?! っていうのがいつも品揃えの根底にあって、数多くのツナギや防寒服のご紹介の中にベストはいつも「1~2アイテム程度」だったんです。ここまで言い切る私も普段着ではやっぱり1着もベストを持っていないです。だって本当に着るタイミングが北海道では短すぎるんですよ~。日中着て外出しても夜には「寒ッ!」って事がたくさんあって自然と、コーディネートの候補から無くなっていきました。  ただし、その考えもここ2~3年で大きく変わりました。まず考え直すきっかけをくれたのはこのお店。そう、インターネットで作業用品を何年も販売しているとおのずと「販売データ」が蓄積されていきます。驚きだったのが、シーズンを終えて集計を取ると大抵トップ10圏内にこの”防寒ベスト”が入っているんです。品揃えが毎シーズン1~2アイテムの品揃えでですよ?!それはもう驚きです。  調査を繰り返していくと、驚愕の事実が判明したんです。それは 当店インターネットストアを利用してお買い物をされるお客様の比率で、ホームグラウンドで北海道以外の販売構成比率はなんと、95%以上!! だったんです。いやぁ、いろいろな部分で「納得」しましたね。一つは「何故、防寒ベストが売れるのか」という事と、「何故、北海道外で当店が人気なのか」という事。これは似て非なる事象で、実店舗プロノが北海道内主要都市には1店舗ずつ存在しているので、北海道にお住まいのお客様には特にインターネットを使わなくても魅力的な商品が手に入ってしまうという事、また北海道外のお客様、特に西日本のお客様には当店が推し進める「北海道仕様の本格防寒服までは、特に必要としていない」という点です。  北海道の秋・冬では確かに袖が付いていないと正直仕事にならないほど寒い日が続くんですが、本州ではそうでもない。という事の表れだと思いました。そこで2~3年前から当店では積極的に袖なしの防寒服「ベスト」の品揃えを着々と増やしていったんです。 そして今回、当店で取り扱いを決定したBURTLEさんの新商品ベストですが、私はこの商品を観た時に「その全てが気に入ってしまった」んです。この商品が持つ「気品」、「機能」、「価格」全てです。もう何年も作業服を作り続けている老舗メーカーさんだからこそ出来る モノ作りの考え がこの一着に凝縮されています。「カッコイイだけの作業服ならドコでも作れる。大事なのは多くのワーカーさんに着てもらい、そして実際に仕事で活躍できるモノ作り」、これが今のBURTLEさん製品の人気を足元から支える原動力になっています。その証拠に、BURTLEさんはサイズスペックをほとんどカジュアル寄りにしていません。多くのメーカーさんが細身や、ジャストフィットシリーズを打ち出す中、BURTLEさんは1サイズにかなりの余裕を持って作っています。これは今まで贔屓にしてくださっている既存のお客様に対し、リスペクトしている証拠だと思います。  細身に飛びつくお客様より、今までのBURTLEの作業服がイイと言ってくれるお客様を今も大事にしている証拠です。だから、新商品を出すたびに今までもBURTLE製品が好きだったお客様も引き続き新商品で満足できるスペックに仕上げています。 今回も例外にあらず、やっぱり大事にしているのは既存のお客様だと思います。だからこそ、新しいお客様と熱狂的なリピーターさんの両方を取り込むことに成功している数少ない「本当の作業服メーカーさん」だと思っています。 【「気品」「機能」「価格」BURTLEが提唱する新3Kワークウェア基準!!】 【気品】・・・私が展示会でこのベストを見た時、最初は「売り物ではなく、他商品のアクセント」だと思ったんです。BURTLEさんの展示会(ディスプレイ)はトータルコーディネートでご紹介する場合が多く、その中にはたくさんの非売品(他社さんのアクセサリー)なんかも混じっているんです。しかしよく観ると、このベストが主役でした。  中綿入りの防寒ベストはいまや正直「ドコにでも売っている鉄板商品」であり、それだけだと別にBURTLEさんじゃなくても良いわけです。しかし私が魅了されたのは、「作業用品として」という前提に立った企画だったという事で、 着丈が長めで屈んでも背中が出ない 事や、 手袋を履いた事を想定して、フロンファスナーの金具が大きく 出来ている事、そして 作業の際、必須となる内ポケットが存在 している点です。カタチだけにこだわるのではなく、作業用品としてのスペックをしっかりと踏襲している点がとてもよく分かりました。  またボディを覆う素材も、昨年まで人気だった「薄くてテカテカしているシレー素材」ではなく、一見触り心地がザラザラしていて無骨、そして光沢感を抑えたマットなカラーに、襟元のアクセントにもなっている襟裏のボアがちょうど着用の際、襟の上からチラッとだけ見えるさりげなさが、全体の雰囲気をとても上質なウェアに押し上げています。 中でも限定色・コンバットは、ガチャガチャしがちな迷彩柄を大人の雰囲気で仕上げてた逸品☆ 近くに来て初めて「あ、迷彩柄なの??」と思える大胆な柄をあえて目立たなくする思い切った手法で商品価値を上げています。 【機能】・・・取り扱いの大きな決め手でした。この商品、見た感じ全くそう感じませんが 裏生地にビニールを貼り付けている防水モデル なんです!(驚)まぁ、袖が無いので「完全防水」とはいえませんが・・・(笑)。それでも他社の防寒ベストと比べると圧倒的な防水性を誇っていることは間違いないです。前述の「ちょっとゴツくてガサガサした感じ」というのはまさにこの部分で、表素材の裏からビニールを貼り付けているので、全体的に生地にコシが生まれているんです。また、防水素材にする事により副産物として「トップクラスの防風性」も手に入れました。通常、この手のベストで使用されるベストの素材は、ナイロンかポリエステルなんですが、両者共通の特徴として「通気性が良い」というのがあります。この通気性、防寒ウェアを作るときには案外邪魔な存在で、見た目モコモコしているのに実際は寒い・・・という事が多々発生するカジュアルの安価品防寒ベストは、裏生地処理を行わないので、冷たい風がベストを貫通するからです。BURTLEさんは「仕事で着るんだから、雨も風も防がなくては意味がない」という事で、ある意味最高の防寒ベストを作り上げたわけです。 【価格】・・・BURTLE製品が日本全国で愛される大きな要因の一つに「こんなにカッコイイのに、安いだけの作業服とほぼ同じ値段!!!」というのがあります。これはBURTLE製品を愛するユーザーが多く、また「BURTLEユーザーが他社製品に浮気をしない」というのが、結果的にありえない価格を実現しているんです。作業服の価格はざっくばらんにいうと一般アパレルよりも「安い」と感じる人が多いと思います。そのからくりは意外だと感じる人も多いかもしれませんが「単品で見るとカジュアル衣料よりも作業服の方が販売数が多い」からです。「え?」というお客様、よ~く考えてみると分かりますが、カジュアルは買わなくても日常に大した変化は起こりませんが、作業服を買いに来る人は仕事上「不都合を感じている人が多い」んです。つまり、「今日、今、この瞬間に買っていかないと明日の仕事が出来ない」という事で、結果販売に繋がるわけです。 つまり、BURTLEさんほど全国にファンが多いメーカーさんは、そこらへんのカジュアル衣料の何倍も販売し、そして作りこむわけです。衣料品を作るうえでコストに大きく関わるのが「製造に使用する生地の面積」ですから、単なる安価なカジュアルベスト、また同価格帯の他社製防寒ベストよりも作業用品の本格ベストの方が同じような価格帯でも品質が全く異なる訳です。 本日、実際に手元に届いたベストを実際に触って見ました。いやぁ、マジでこのベストいいです。もちろん、BURTLEさんとしては仕事で使ってもらいたくてこのベストを開発したと思いますが、 正直、この質感だとタウンユースでも全然イケるレベル です。生地の硬さも決してしなやかとはいえませんが、それが不快に感じるほどではありません。腕が通るアームホールはパイピングで処理され、肩のラインが自然になるので、切りっぱなしのベストのように肩が張ったシルエットにはなりません。どんな方でも自然な肩の流れが出てカッコよく着れると思います。 とはいえ、ちょっとズドンとした寸胴感もありますが、これはBURTLEさんが様々な体型のお客様にフィットして着れる事が出来るギリギリのサイズ余白だと思います。もしも私のように線が細いお客様は、 裾元にあるスピンドルを絞っていただけましたら、ジャストフィットな着心地が実現 するのではないかと思います。 最後に実際に私(作者)がこの魅力だらけのベストを着てみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るカジュアルベスト:Mサイズ、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 今時期、薄インナー1枚程度であればMサイズ、パーカーなど厚地のインナーで冬を過ごす気ならLサイズ でした。私の好みですが、ベストはジャストフィットがカッコイイと思います。どんなに大きくても「普段のアウターサイズ」程度でお買い求めされた方がこのBURTLEさんの防寒ベストの持ち味を120%味わえると思います☆ ※(新)サイズスペック サイズバスト肩幅着丈 M1084163 L1124365 LL1164365 3L1224769 BURTLE バートル 防水防風 中綿ワークベスト 5224 超激得,超激得,HOT

VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーシャツ 5103 全国無料,全国無料,HOT

発売予定日 2011/04/09 掲載日 掲載中 ■サイズスペック■ サイズバスト肩幅袖丈着丈 M110475974 L114496076 LL118516278 3L122536380 「当店でしか買えないワークギアを!」という事で、オリジナル商品化を進める当店(プロノ)ですが、時たま「やっぱりメーカーさんには適わないなぁ」と思ってしまう商品と出会うときがあります。一昔前の作業服では当店オリジナルのワークウェアの方が断然イイ!と思えて仕方無かったのですが、昨今の作業服メーカーさんの意気込みには、正直頭が下がります。そんな「すごいなぁ」と思わせてくれるメーカーさんの一つが、この春 「クロカメ被服」から「BURTLE(バートル)」に社名を変更した メーカーさん。以前から、他の作業服メーカーさんとは明らかに一線を画す路線を突っ走ってきた感のあるメーカーさんですが、ようやく時代が追いついてきた感じで今、ノリにノッているメーカーさんです。  「BURTLE」が長きにわたって追い求めてきたのが「ワークカジュアル」。そうです、当店現在、「最近の作業服はこんなにカッコイイんだよ!」という「ワークギアをカジュアルに着る」という「ワークカジュアル」を 当店よりもず~っと前から追求してきたメーカーさんです。 その間、失敗もあれば、成功もあり、そんな経験「ノウハウ」が今のBURTLEの人気をしっかり根元から支えています。  今回、ご紹介するアイテムは、「BURTLE」に社名を変更する前からの商品ですが、しっかり「ワークカジュアル」しています。画像を見ただけでもお分かりになると思いますが、ブルゾン一つ見ても「あ、他とは違うな」と一目瞭然。 作業服であるという前提をしっかり考慮しながら、余分なダブツキや、今まで作業服とはこういう形・・・という固定観念を根底からひっくり返しています。 プロノでは、年々、当店をご利用されるお客様が増え、実にさまざまなご要望が毎日当店へ届きます。その中でダントツのトップが「何で作業服屋なのに、作業服少ないの?」、「もっとプロノの視点から見た作業服が見てみたい」等、作業服屋元来の中心アイテム「作業服」への要望が高くなっています。確かに当店では今まで、あえて「作業服」には手を出してきませんでした(作業服屋なのに(笑))。理由は簡単、つい2~3年前までは、どこのメーカーさんの作業服も似た感じだったんです。だからネット上で販売しようにも、商品を撮影して一覧で並べると・・・、「どれも同じ」に見えてしまうため作業服の取り扱いはオリジナル以外は掲載していませんでした。  しかし!ようやく今年から当店は、バンバン作業服をリリースします!!一覧でご覧になったときに、「あれもこれも、全部が魅力的」と思っていただける作業服を取り扱う事になりました。その先駆けが今回紹介する「BURTLE」というわけなんです。  では、早速商品のご紹介を。今回ご紹介するのは ブルゾン・シャツ・カーゴパンツの3種類。 今まで当店では、「カーゴパンツのみ」を扱うことが多かったのですが、当店でパンツを販売しすぎてしまい、メーカーさんに「ブルゾンだけ余る」という由々しき事態が多発。メーカーさんからのたっての希望もあり、今年からは上着も扱う事にありました。「おや?どっかで見たことあるな??」というお客様は、当店と長いお付き合いをされているお客様。そうです、この商品、冬時期に「防寒着」としてリリースした ヌバックタッサー防寒ブルゾン と同じシリーズになる 夏服バージョン なんです!!ヌバックタッサーユーザーには、突然の朗報ですよね!!  ヌバックタッサーも例外なく、スタイリッシュなシルエットが大好評でしたが、夏服になってもそのシルエットの美しさは健在。夏服といっても過度なペラッペラッな生地ではなくて、綿100%の素材を使用しているので、市販されている「ペラッペラッ」な作業服ではなくて、何回洗濯をしても「パリッ」とした着心地がとても気持ちイイ作業服になっています。また生地は 国産のリップクロス素材 を使用しているので、信頼性抜群!!っていうか、「リップクロスって何?」とお思いのお客様もいらっしゃいますよね??リップクロスとは、もう当店では有名な素材。ただ「ジャンルが異なり」ます。そうです、一般的にリップが使用されるワークウェアは「ヤッケ」や「カッパ」が多いです。 リップとは生地の中を別糸が格子状に走り、あらゆるテンションによる引き裂けと、破れを防止する 事が目的として使用されている加工です。ですから、画像をよ~く見てみると・・・、表面に格子状の模様が見えますよね?これが「リップクロス」です☆そしてこの素材は「日本で作られている」という事ですね。ただし!だから「日本製」とはなりません。当商品の場合、「国産生地を外国へ持ち込み縫製」するので、輸入法上は「外国産」となってしまいます。がコストのかかる日本生地をこだわり使用しているBURTLEってやはりタダモノではない!って気がしませんか??さて、ここからは、「ブルゾン」「シャツ」「カーゴパンツ」について、個別のご案内。 説明が長いですね・・・。どうか諦めないで読んでくださいね(苦笑) 【5101 ブルゾン編】 手にした見た感じ、「とってもしっかりしているなぁ」と思ったのが第一印象。この質感は「日本生地を使用」しているからなのか「リップがもたらす生地のコシ」なのかはちょっと分からないですが、とにかくしっかりしています。それで明らかに年間作業服とは異なる生地厚を実現しているのだから、驚きです。ただし、夏場25~30度近くになってしまうと、さすがに綿素材は暑く感じてしまいそう・・・。つまり、極暑日に至るまでの「4月」「5月」「6月」、また秋口の「9月」あたりまで、ガッチリカバー出来る作業服のような気がします。  シルエットに関しては、もはやBURTLE製品は何の心配もなし。かなりカッコイイです。私(作者)のように線の細い人間にはありがたい「裾がバタバタしない」形状のブルゾンは、胸囲や、裾幅などの細かいスペック変更で、本当に余分なダブツキはありません。もちろん今まで必要の無かったダブツキですからガッチリ体型のお客様はNGという事では絶対ありません。またBURTLEの特徴としては「ブルゾンの丈が短く」感じる方もいらっしゃるかもしれません。この部分はどちらは悪いとかではなくお客様の好みにより賛否が分かれるところ。私個人の考えですが、私的にこの長さは「アリ」だと思います。というのも、羽織った感じ「ジージャン(古い?)」のような雰囲気です。これ以上長くなってしまうと、上下で合わせた時のバランスが崩れてしまうような気がします。また着用の際、ちょっとダラしなく思えるかもしれませんが、「フロントジッパーを上まで上げる」着方ではなく、夏場は全開!!みたいなワイルドな意気込みで着用すると、よりBURTLEの世界観が伝わると思います。  よく作業服で見かける「脇ゴム」もナシ。襟元はライダースジャケット(シングル)のようなボタンでスタンドカラーに早代わりする襟形状。袖口もゴムは使わず、全体的に「ストンしたストレート形状」が魅力です。 ちなみに作者ではある私が実際に着てみました! 身長:178cm、体重:62kg、普段着用するブルゾンのサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでジャストサイズ! でした。いやぁ~、細身の私でも作業服がかっこよく着れるなんて夢のようですね(泣)。サイズ選びのコツは、この商品、パンツは割とゆとりがありますので、作業上許される範囲内で、「ブルゾン→ジャストサイズ、シャツ→ジャストサイズ、パンツ→通常サイズ」で合わせると、ボトムのボリュームがトップスのスッキリ感で中和され、すんごいオシャレに見えます。ブルゾンもシャツも大き目を買うと、全体的にダブダブな印象になりますのでご注意ください!! 【5103 長袖シャツ編】 当店がシャツを扱うなんて、あまり考えられない事ですよね(苦笑)それだけBURTLE製品に対し、当店が信頼を寄せている証拠。ブルゾンよりも2割くらい薄い生地を使用しているので、見た目ブルゾンと同じ印象に思われちゃいますが手にした感じはかなり違います。ブルゾンと比べるとかなりソフトな印象です。私(作者)の場合は大丈夫でしたが、ひょっとすると「ブルゾン」と「シャツ」のサイズが異なるお客様もいらっしゃるかもしれません。それだけ着た感じの印象は違います。詳細は別記のサイズスペックをご参照下さい。シルエットとしてはタイトではありませんがスッキリした形なので、「シャツの中に着込む」事は基本的にお勧めできません。肩口の周囲寸法「アームホール」がスリムなため、厚地の下着や重ね着をすると、脇の部分で生地の大渋滞が起こります。裾形状もゆるやかなアールを描いているので、居ないとは思いますが、シャツを出して着用する事も可能です。 実際に私(作者)が着てみました! ブルゾンサイズと同じLサイズがジャスト! でした。う~ん、でもホントはMサイズでいきたかったんですが、袖丈が足りませんでした・・・。 【5106 パワーカーゴパンツ編】 近未来「ワークカーゴパンツ」みたいです(笑)。明らかに今までの作業カーゴパンツとは違います。ノータックスタイルでシンプルに仕上げている他、デザインを崩さないよう配慮されている出っ張りが無いサイドのポケット等、恐らく「今までのタックの作業パンツに抵抗があったお客様」は、それだけで魅力的なスペックではないでしょうか?しかし、一方で”しっかり作業パンツしているな”と思わせる点も。見た目はなかなか分かりませんが、実はこのパンツ「太い」です。つまりワンタックを潰しても決して細くはせず、作業に必要なワタリ(ふともも部の巾)はしっかりと確保されているんです。ですから「ノータックがキツイよな~」っていうガッチリ体型のお客様もご安心ください。びっくりするくらい問題無く履けますよ。まさに見た目のマジックですね。またタックを潰す事により、折り目がパンツの両足のセンターを通らず(スーツのパンツは両足のセンターに折り目が走りますよね)、ジーンズやチノパンと同じサイドに折り目がくる構造になるので、これだけでかなり見た目の印象も変わります。  また画像では全部が”イマドキ”のように見えますが、こんな部分でもBURTLEが大事にしている箇所があります。それは 「股上」 です。イマドキのジーンズのようにまた上が浅く見えますが、それは大間違い。実は、「かなり股上が深く設定」されているのでお尻の収まりがすんごく良いです。他社さんメーカーでやっちゃいがちなのが、全部を”イマドキ”にしてしまい、股上も浅く設定してしまうんです・・・。これではもういくらカッコよくてももはや作業服ではなく単なる「カジュアルパンツ」です(泣)。この部分はBURTLEがワークカジュアルを提唱し、ノウハウとして蓄積した結晶。「股上」を変にイジッてしまうと、仕事が出来なくなってしまうんです。BURTLEは、前衛的なワークデザインを実現しながら、しっかりと「古き善き知識」はしっかりと踏襲しているメーカーさんなんです。  最後に私(作者)が実際に履いてみました。 私の好みでは82cmがベストサイズ! でした。前述通り、トップスはジャストサイズで攻めて、ボトムは少しゆとりを持たせると、カッコイイスタイリングになるのではないかと思います。 VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーシャツ 5103 全国無料,全国無料,HOT