www.dontneednomelody.com

好きなこと中心に細々ともの書き。読書とか映画とかリウマチとか




BettySmith ベティスミス デニムタックスリムパンツ BAB1113 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* 安い

■ベティシリーズ一覧はコチラ■ ■ルームウェアにもなるオシャレもんぺ■ ■畑作業にピッタリのデニム■  +・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+  なんと!!当店が、作業用品店として初めて!! 『 Betty Smith(ベティスミス)』  製品をお取扱いさせて頂くことになりました~~~!!!  +・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+・+  『Betty Smith(ベティスミス)』って?  もしご存知ない方がいらしたら、ぜひ知っていただきたい!  「Betty Smith」は、皆さんご存知、超有名アパレルショップにもその商品が並ぶ  知る人ぞ知る日本の老舗ジーンズメーカーなんです☆  1962年、国産ジーンズ発祥の地、岡山県の児島で  日本初の「レディースジーンズ」メーカーとして誕生!!  商品はすべて自社工場で生産しているという安心品質、  キレイなシルエット、かわいくって楽しくなるデザイン・・・  「Betty Smith」は誕生から半世紀にわたり、多くの女性の心を鷲掴みにしてきました。  また、2003年からは海外でも評されるオーダーメイドジーンズの販売、  2012年からはメンズラインの販売も開始し、ますますその名を広めていきました☆  更に興味深いのがその本社・・・なんと観光スポットになっているんです(驚)!  広大な敷地にジーンズミュージアム、アウトレットショップ、見学可能な製造工場、  体験型工房など、まるでアミューズメントパークのよう!  老若男女みんなが楽しめること間違いなしです!是非行ってみて下さいね☆  商品はもちろん、会社の在り方そのものも魅力いっぱいのブランド、Betty Smith。  ますます目が離せません!!!!  「 第3弾! BAB1113 デニムタックスリムパンツ 」 -High quality denim-  “「Betty Smith」自社工場の職人さん達が、一本一本丁寧に仕上げました。”  「Betty Smith」の工場は国内に3カ所、上海に1カ所。  なんとすべての商品が自社工場でつくられており、  このパンツは2001年に設立された上海工場の職人さん達の手で作られています!  え、日本製じゃないの?残念・・・と思ったお客様、ご安心ください。  上海工場には本社の技術スタッフが直接指導に赴き、  更に実際に本社で腕を磨いた職人さんが10名以上働いています。  その高い技術力は商品をみれば一目瞭然。  半世紀にわたり培われた技術力は海を渡っても健在なのです。  Betty Smithの自社工場だからこそ、日本製に負けない高い品質が作り出せるのです。 -Design&detail-  伸縮性に優れたストレッチジーンズ。  ウエスト履きで太ももはゆったり、裾に向かってすっきり細くなるテーパードタイプ。  かなりストレッチが効いているので動きやすさ抜群です!!  お出かけ用にはもちろんのこと、これなら屈むことの多い畑・庭仕事もラクラク☆  ヒップはきれいなシルエットが出るように、上部が立体的に縫製されています。  正面にはタック付で太もも周りがふわっとし、裾に向かって細くなるので  やわらかでカジュアルな雰囲気を持ったジーンズです。  裾はそのままでもオシャレなくるぶし丈になっていますが、  くるくるロールアップして履くのもかわいくておススメですよ☆  生地は厚すぎず薄すぎず適度な厚さなので、一年を通して活躍してくれること間違いなし!  春夏は素足にサンダルを履いたり、あえてお気に入りの靴下をちら見せしたり・・・  上の画像のように、赤・白と合わせてマリンテイストで着るのも爽やかでおすすめです☆  秋冬はニットにショートブーツと合わせてあったかかわいく・・・  今流行のモカシンやオックスフォードシューズなどのいわゆる「おじさん靴」を  合わせてマニッシュなコーディネートにもピッタリです☆    形に特徴があるので、他はとにかくシンプルなデザインに仕上がっています。  たとえば、ヒップポケットはジーンズによくある貼り付け式のポケットではなく、  切れ目が入ったスリット・ポケットになっていて、後姿もシンプル。  金具はフロントのボタンのみで、そのボタンもシルバーマットで主張せず  全体の雰囲気に馴染んでくれています。  そう、「THE・シンプル」なので、どんなコーディネートにもハマるんです!  柄物でも無地でも、どんなトップスや靴下とも相性がいいので  このジーンズがあるだけでコーディネートの幅が一気に広がりますよ♪ -Let's wear it!-  実際に着てみました!!!  身長156cm、普段着るボトムスのサイズ:SS~Sサイズ・5~7号の私(著者)が  着てみたところ、Sサイズがしっくりきました!  S着用でちょっとゆとりがあったので、もしSSサイズがあれば  SSでも着れると思いますが、Sサイズでもベルトをすればハイウエストで  履くことができました!  トップスは短めなものを着るか、インするのがかわいいと思います!  太もも周りはゆとりがありますが、裾に向かって細くなるのでダボダボには感じません。  また、ロールアップすると全体のシルエットがコンパクトにまとまり、  スッキリした印象になりました。  また、生地そのものに伸縮性があり、太もも周りがゆったりしているので  動き回ってもストレスフリーでした☆ 綿95%、ポリウレタン5% 製造国 中国 BettySmith ベティスミス デニムタックスリムパンツ BAB1113 2016 WEX 年間 作 服 レディース *パンツ レディース* 安い

BURTLE バートル カーゴパンツ 5302 激安大特価,豊富な

→Sから3Lサイズはコチラをクリック! →お揃いのジャケットはコチラをクリック! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年は、全国的に雪に翻弄された大変な冬ではなかったかと思います。現在も尚、雪に苦しんでいる地域にお住まいのお客様もきっと多いので、不謹慎な事はいえませんが、それでも雪と毎年戦っている北海道から一つ、お伝えする事があるとすればそれは「どんなに苦しめられた雪も、解けてしまえば怖くない」です。あともうちょっとの辛抱です!!春までじっくり・ゆっくり待ちましょう!!(ただし!!山間部にお住まいのお客様は雪崩・土砂災害にお気をつけください) さて、日に日に暖かくなってきている事を感じずにはいられない北海道ですが、いよいよ今年の春の新商品をお伝えする季節がまたやってまいりました!! やっぱり、春が近づいてくると皆さんそわそわすると思いますが、大半のお客様が「春に向けて作業服を新調しようかな~」って思っているんじゃないかと、私勝手に思っています(笑)。 もちろん、今の品揃えでも十分春の(新)作業服の新調にはオススメの商品がたくさんあるのですが、やっぱり 今年の春を代表する出来立てホヤホヤの新作作業服 が見たいし、欲しいですよね!! そんなお客様、大変お待たせいたしました!!当店で作業服!!といえば、みんなから「BURTLE(バートル)!!」と返ってくると思いますが、そう!!BURTLEさんの最強作業服が当店でGET 出来るようになりました☆ BURTLE自慢の新作作業服は・・・ あれ?ある意味「バートルさんらしくない?」コンセプトのタフネス・ワークウェア なんです!! 実は、この商品昨年2013年の夏に見て私(作者)が一目ぼれしたアイテム。本当は2013年の秋ー冬に入荷する予定だったんですが・・・、例のごとくBURTLEさんの人気ぶりが伺える事情なんですが、発注したときには既に「在庫が揃わない」といわれる始末・・・。仕方なく、再入荷を果たす2014年の春の目玉商品としてご案内する事にしました(苦笑)。本当に人気商品なのでまたいつ在庫がなくなるか、本当にヒヤヒヤしているんですが、在庫が揃っているうちに当店をご利用していただいているお客様にもご案内を差し上げたいと思い、マッハでお知らせしております!! 【#5301シリーズ専用(新)コンセプト!太くない、デカくない、深くない!】 ■太くない!・・・BURTLEさんの製品が日本全国のお客様に愛されている要因って、やはり「その形」にあると思っています。昨今、他社さんがこぞって開発している新感覚作業服はどれも「スリム」で「タイト」、ワークウェアを着用するお客様は「ガタイがイイお客様」が多いので、実際はこの風潮を喜ばしいと思っていない人も多いんです。 がしかし、昨今の「メタボ対策」の効果もあって、ちょっと前の日本よりもスリムなワーカーが増えたのも否めません。今回の新作は、BURTLE社が元来、得意としてきた「万人のワーカー体型に合うルーズフィット」の作業服から、1歩進んだ「イマドキのスタイリングを取り入れた」、周囲の”新感覚作業服を老舗ブランドBURTLEが手がけるとどうなるのか”と具現化したモデルといえます。 上着でいうと、腕周りや胴回りが今までのBURTLEアイテムよりも「若干細くなっている」ほか、パンツでいうとふとももから裾までのラインが明らかにシャープに仕上がっています。 今まで、どのBURTLEアイテムを着用しても、なぜか「どこかしらからだの一部分がガホガホしている・着られている感覚」がぬぐえなかったお客様は、体型がBURTLE製品にマッチしていない可能性がありましたが、そんなお客様には是非、今回の作業服に袖を通してみてもらえたら、今回のBURTLEのコンセプトをより深く理解できると思います。 ■デカくない!・・・BURTLE社の製品は、万人のワーカーに対してカッコよく着れる作業服を提供し続けている人気ブランドですが、そのコンセプトを遂行するために、上着もパンツも実は昨今の作業服より「ややワイド」に仕上げられています。これが大きな特徴であり、また細身のお客様からすると唯一の不満点だったと思います。 この商品はそんなワイドなシルエットから、若干細身に大変身!着用するとよく分かりますが、今までのBURTLE製品では感じた事のない「フィット感」を感じる事が出来ずスタイリングに、私(作者)は軽く衝撃を受けました☆ ■深くない!・・・これは「パンツ」のお話です。直接私(作者)がBURTLEさんから聞きましたので、間違いありませんが当商品(パンツ)は 股上が元来のBURTLEワークパンツよりも股上が浅く設定 されております!!この部分にBURTLEさんが着手したのは正直、「驚き」でしたね。BURTLEさんが頑ななまでに貫き通している事に「ワークパンツである以上、股上は深いほうが良い」という認識だと思っていましたが、あっさりこの商品で股上が浅いパンツの開発に乗り出しました。 BURTLEさんいわく、「今のところ、(股上が浅いパンツをつくるのは)このモデルだけです」と断言していますが、この身のこなしの軽さというか、フットワークのよさが今のBURTLE社人気を後押ししているような気がしてなりません。 どうです??全国にまたがるBURTLEファンの皆さまも、きっと今頃気になってしょうがないのではないでしょうか??今までのBURTLE製品とは一味違うこの商品は、きっと新たなBURTLEファンを生み出す起爆剤になること間違いなしと思っています。 早速、本日手元に届いた商品を手にしましたが、 商品を触った第一印象は”ゴツイ”な~。 でした。さすがカタログにも「タフ」を謳っている通り、かなり頑丈そうな生地です。「こりゃ間違いなく綿だな」って思っていたんですが、タグを見てみてビックリ、こんなに頑丈そうでタフに見えるのに、 ポリエステル65%+綿35%のツイル素材 を採用しているので、見た目とは全く違う「扱いやすさ」を有しています。綿製品って確かにタフで頑丈なんですが、ゴワゴワ感がハンパなかったり、お洗濯後乾きが遅かったり、縮みが心配だったりするんですが、ポリエステルが混ざることにより、それらの懸念ポイントが一気に消え去りました。 とはいえ、製品にかなりの厚みがある事は事実でそれが非常にタフな印象を与えている事はまちがいないと思います。春先にはこの商品は、この上ない以上の頼りがいのある作業服になると思いますが、正直6-8月の夏には暑過ぎて着れない時期があるように感じます。ただどちらにしても、生地の中を糸が通る「リップストップ」生地であることからも相当生地レベルで強靭なシロモノに仕上げられていると考えられます。 ブルゾンは、パッと見た目も良く分かるとおりかなり攻撃的に攻めたデザイン性でスタンドカラーが目を引く「ライダース・ジャケット」のように仕上げられています。袖丈もバッチリ保有しているので、腕を前に出しても袖が短くなる事はありません。随所に設けられたベンチレーション用の穴や、様々な切り替えし要素がより一層ファッション性を向上させています。 パンツも前評判通り、非常にスッキリしたフォルムとBURTLE製品として今まで感じた事の無い「股上の収まり方」が自分的にGOODでした☆一つ、間違えのないようにお伝えしておきますが決して「股上が浅い」という事ではありません。そこはBURTLEスピリットがしっかりと残してあり、作業パンツとしてありえない昨今のカジュアルパンツのような股上の浅さは、たとえお客さんがお願いしてもBURTLEさんは作りません。しっかりと作業パンツとして機能するように必要な股上はしっかりと保持されているので、細身のお客様のみならず、ガタイのイイお客様にもすっきりとお召しいただける綺麗なシルエットのワークパンツに仕上げられています。 最後に、実際に私が着て見ました!!BURTLEさんの作業服を試着するなんて本当に久しぶり☆しかも新コンセプトモデルなんで、なんとなく緊張している自分もいます。 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着る作業服のサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズでジャストサイズ、パンツはLサイズでピッタリ☆ でした。ちなみに上着のサイズは「インナーにシャツ1枚程度」でございます。それ以上着込むならLLサイズがオススメです。 新しい試み、そして開発コンセプト、とても面白いBURTLE新作作業服になりましたが、最後に超ド級の”ネタ”がございます。この商品、ラインナップ上、 女性専用型紙を採用した女性専用サイズ を採用しいている正真正銘の「ユニセックス」モデルなので、こんなに個性的ではありますが会社様で揃える時にも女性にもカッコよく来ていただけるサイズが予めご用意されているのがこの商品独特の利点です。 女性のページは別途鋭意製作中ではございますが、これもコレでカッコイイんですよね~☆ 男女でこの作業服に身を通し、屋外で作業している姿を見たら、きっと思わず見入っちゃうでしょうね・・・。それほどスタイリッシュでファッショナブルな一着です。 BURTLEさんの「カタさ」が取れた非常に感度の高い1着に仕上がっていると自分も思います。是非、実物をご確認ください☆ ※(新)サイズスペック サイズ参考身長着丈肩幅バストウエスト股下袖丈 S157-162464611080-907254 M162-167484811484-947456 L167-172505011888-987658 LL172-177 52 52 122 92-102 78 60 3L177-182545412696-1068062 BURTLE バートル カーゴパンツ 5302 激安大特価,豊富な

アイズフロンティア 夏生地メッシュ素材 カーゴパンツ 10012 新品,人気セール

■→4Lはこちら☆■ ■→お揃いのブルゾンはコチラ☆■ ■→究極に涼しくしたいなら「空調服」!!■ 【ページ制作者が語る、この商品の魅力!】 今年も暑い季節がやってきました・・・! 作業服の業界では長い間、生地が薄く通気性に特化した「夏生地作業服を夏場は着る」というのが当たり前になっていましたが、最近その風潮は少しずつ変化しております。 その要因は 近年、何かと話題にのぼる「空調服」 の存在です。私も最初は半信半疑でしたが正直機能が中途半端であれば毎年超ヒットの販売数は記録できません。実際に着てみましたが 間違いなく暑さを凌ぐ作業服としては空調服がNo.1!!です。 「え?じゃあ空調服を買えばイイの?」というお客様、暑さを凌ぐという事では空調服がベストですが、夏生地の作業服を着ることって暑さを凌ぐっていう事意外にも目的があるのではないでしょうか?? 【アナタは夏物作業服に何を求める?それで決まる作業服のカタチ】 ■暑さ・・・毎年「例年に無い猛暑」というニュースが流れています(笑)。毎年やっていたら「例年通りだろ」と突っ込みをいれたくなりますが、それでも猛暑日っていうのは最高気温が35℃以上でほぼ人体の体温と同じ温度・・・。考えただけでゾッとするその温度は立っているだけでも健康被害を及ぼします。その多くが平熱を保っていた体温が汗だけでは体温調節が間に合わなくなり、体が高温状態になる「熱中症・熱射病」です。 他の夏物作業服ではいくら通気性を上げても限界があり、衣服内に高い温度が滞留してしまいます。問題解決として一番効果が高いのはやはり「空調服」。空調服は衣服内に空気の流れを作り出し暖まった空気を滞留されることなく、また皮膚から体温を奪いながら、最終的に首下・手首・裾から抜けて外気へ放出されます。 ■湿度・・・夏場の屋外作業で一番困るのが「高い気温」と「高い湿度」ですよね。中でも「高い湿度」は気温と合わさり「発刊作用が促進される」ので人体の水分不足になる可能性が大です。実は無敵と思われている空調服も「高い気温」には対応していますが、「ムシムシした曇り空」や「長時間、小雨がシトシト降る梅雨シーズン」には、効果が得ずらいと言われています。この場合、大敵となるのは「高くなった体温」ではなく「強烈な湿度」なので、衣服内に貯まった湿った空気をどんどん外に放出するメッシュタイプの作業着がオススメです。 ■環境・・・空調服はまさに夏場最高のパフォーマンスを発揮すると言われていますが、それは必ずしも「完璧」ではありません。空調服はその独特な冷却方法から ウエスト・袖口のギャザーはキツめで、大きな空気の対流を生み出すためちょっと大きめな作りが特徴 です。がしかし、それが働く環境によっては×となる事もしばしば。。。もしも「極端に狭い場所(設備系)での作業」をする人や、「作業服の生地を激しく磨耗するお仕事、地面に寝そべって仕事をする人や鋭い枝や草木が覆う場所で働く人」には、空調服のようにボリュームが出てしまう作業服よりは、 もっと薄生地でもっとスリムでバッテリーなど出っ張りが無いシンプルな作業服 が向いているといえそうです。 ■予算・・・何事も「費用対効果」って凄く大事。真夏の太陽の下朝から晩まで屋外で働くなら多少値が張っても空調服の方が後々得られる効果は大きいです。ただし、屋外作業が頻度的にも時間的にも限定・断続的であるなら、それは費用の方が高くなってしまう可能性もあります。 「帽子を被る」「水分補給をマメにする」などのケアを怠らなければ、作業服にかける費用を抑えることも非常に大事な考えです。 そういうわけで、もしもお客様ご自身で上記をご確認になり、「あれ?俺の仕事って空調服に向いてるかも・・・」と思える部分があったお客様!!当店はそんなお客様もしっかりサポートしたいと思っています☆ 動けば汗がタラリ・・・あ~暑い。 もっと快適にお仕事した~~~い!そんな時におすすめの、風が吹き抜ける作業服のご紹介です☆ ご覧ください。 上着はその50%以上、背中にいたってはほぼ全面が総通気メッシュ(驚) で作られた究極夏生地作業服のご紹介です!! いやね、私(作者)も思いましたよ。空調服が席巻する前、「どうやっても暑いんだから、全部メッシュの作業服ってどっか作らないかな~(笑)。」って。。。まぁ、全部ではありませんがまさか当時の想いに応えてくれるメーカーさんがあるとは驚きでした!! 【こんなところにこだわりました!】 ~風が吹き抜ける作業服~ ご覧ください!どこもかしこも メッシュ!メッシュ!メーーーッシュ!!! 夏用の薄生地の作業服は、正直どこでも売っていますが、 ここまで涼しさを追求した商品はなかなかないのではないでしょうか!? この商品は一般的な夏生地の作業服に比べ、なんと 約8倍も通気 するんです!! 風がびゅんびゅん吹き抜けちゃいますよ~~~! ブルゾンは背中全面、袖の内側から脇を通り、脇腹まですべてメッシュ!!! カーゴパンツは両腰横のポケット部がメッシュ、お尻の上はメッシュの上から生地を重ねて ベンチレーション(通気口)を作り、風が通り抜けます☆ さらにそれらのメッシュをよくご覧頂くと、袖の内側とお尻の上のベンチレーション部以外はすべて メッシュが二重になっており、中に着るインナーのスケスケ具合を軽減してくれています。 さすがにちょっとは透けますが、1枚と2枚重ねとでは雲泥の差!! 強度も増しますので一石二鳥なわけなんです♪ ただ、二重になっているとはいえカーゴパンツの両腰横のポケット部のメッシュからは、 よく見ると細かな穴から下着が見えてしまうので、もし女性でご購入を検討されている方がいらしたら、 個人的にはおすすめできません(笑) 男性でも気にされる方はいらっしゃると思いますが、下着は1mmも見せたくないよ~という方には やはりお勧めできませんが、カーゴパンツと同系色の下着を履けば変に目立つことはないと思います☆ 夏場はとにかく暑さとの戦いなので、そんな細かいことは気にせず最大限涼しくしたい!!! という方には超お勧めの逸品ですよ!!!! 更に、「いや~もうメッシュでも暑いよ~~~」という時は、 ブルゾンの袖・カーゴパンツの裾をくるくるロールアップ♪ ただロールアップしても動くと落ちてきてしまいますが この商品はロールアップした袖や裾をボタンで留めて、落ちてこないように固定できるんです♪ ブルゾンの袖、カーゴパンツの裾ともに七分丈になりますよ☆ 暑すぎる日にはとっても嬉しい機能ですね! また、本体の表面はポリエステルで速乾。この商品は洗濯してもすぐ乾いてくれるので、 汗をかいて洗濯頻度が増える夏にはとっても嬉しいですよね! そして本体の裏面は綿素材になっており、直接触れても優しい肌あたり♪ また、ファスナーはすべて安心の品質を誇るYKK製を使用!細部までぬかりなしです☆ 【こんな時おすすめ☆】 特にオススメなのは気温が非常に高く、風が強い・雨の多い地方のお客様。空調服が弱点として持っている環境の問題をこの作業服なら解決してくれます。農家さんのお仕事着として、鳶さん、大工さん、設備屋さん、塗装屋さん、左官屋さんなど夏場でも屋外がメインの作業場になるお客様には神アイテムになりそうな雰囲気です。 その他、暑くてもネクタイを締めてビシッとした格好をしていなくてはならない「現場監督」の作業着、また不動産・建築系の営業マンさんの制服にもピッタリです。だって空調服を着て「ブ~ン」って言わせながら商談は出来ないですよね(苦笑)。また他社さんの通気が優れない作業服だと、タダでさえ暑い場所でダラダラをかきながら熱弁を繰り広げても暑苦しく思われるだけですから、そういう場合はこの作業服が大活躍するでしょうね。商談中もきっと涼しく応対でき、ビッグビジネスにも繋がるかもしれません。 【実際に着てみました~!】 早速、私(作者)が着てみたところ・・・、 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段着る作業服のサイズ:LLサイズ、普段着るインナーのサイズ:Mサイズ、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 ブルゾンはインナーTシャツ一枚でジャストフィット!!、パンツはL(84cm )でピッタリ☆ でした!! 見た目はベーシックに見えるかもしれませんが、立っているだけで風が抜けていく感覚、そしてイマドキの型紙を使用したすっきりとしたシルエットは間違いなく次世代型の猛暑対策用作業服と呼べそうです。 暑い夏はこの作業服を味方に乗り越えちゃいましょう~~~!!! 本体:ポリエステル85%、綿15%、 メッシュ:ポリエステル100% MADE IN VIETNAM アイズフロンティア 夏生地メッシュ素材 カーゴパンツ 10012 新品,人気セール

BURTLE ”自宅洗濯可能”ウォッシャブルバートルウィンターカーゴパンツ 綿100% 8112 HOT,豊富な

サイズウエスト股下 M70-80cm76cm L80-90cm76cm LL90-100cm76cm 3L100-110cm76cm 4L(+500円)110-120cm76cm 5L(+500円)120-130cm76cm →お揃いのブルゾンはコチラ 発売日2012年9月12日頃予約販売有無予約無しで販売します。 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 いやぁ、当方北海道は最近朝晩どんどん寒くてなってきておりますが皆様の住まいの地域はどうでしょうか??「暑い~(汗)」って全国の皆さんがいってのはほんの一ヶ月前・・・、季節って確実に進んでいくんですね(しみじみ)。 さて、今回は「そろそろ今年の防寒服何にしようかな~。」ってぼんやり思い始めているお客様にとびっきりのウェアをお知らせしようと思いご案内差し上げることにしました。 初秋に開催した「2012-13プロノ秋冬モノ展示会」でも既に展示、そしてつい先日発売を開始した#7110 ウォッシャブル防寒ブルゾンの”お兄さん的”商品が本日めでたく掲載となりました!! 何故”お兄さん的存在”なのか??それは メインとなるお勧めポイントは7110と変わらないが付加価値として一つ重要なスペックが加えられている という点。価格もそれに伴って先日発売された7110ブルゾンよりも若干高価なんですが、その理由を聞くと誰もが「なるほどね」と納得していただけるのではないかと思っています。何を隠そうこの商品、 ぶ厚い装甲のような綿100%素材で作られたハードコア・防寒服! なんです!!「ん?ハード・コアって何じゃ?」っていうお客様、分かりやすくいうと まるで象のようなザラザラしたゴッツイ綿100%で構成された、どんな過酷な作業現場、作業環境、そして着用シーンでも、完璧に着用者の体を守る防寒服 という事です。とにかく丈夫に仕上げられたボディは、極力ガチャガチャした雰囲気にはならないように7110や他のBURTLE作業服と比べてシンプルし仕上げられているのが印象的です。また、ストレスが掛かり易いボディの随所に 金属の鋲(リベット)を打ち込んでいる のでちょっとやそっと強引に扱ってもリベットが外れほつれてしまうなんて事はありえません!! とにかくゴツく出来ているので、着用して「動きやすい!」とはいえませんが「寒い!」ともならないのではないかと思えるくらいゴツイです。重さもまさにヘビー級。 1着Lサイズ=1.23kg!! 。体力に自信のある殿方に是非着用していただきたい逸品です。「今までぼんやり”防寒は綿がイイ”って思っていたけど、よ~く考えてみると一体何がイイんだろうね」と核心をつく疑問を思いつかれたお客様、綿の防寒服ってこんなところがウリなんです!! 【分かっているようで実はぼんやり。綿素材のイイところ!!】 ■熱に強い!!・・・「え?別にイイよ」っていうお客様。冬場の作業場には必ずといってほど「ヒーター」がありそこで作業員さんは暖をとりますよね?そこがポイントです。市販されている防寒服のほとんどはポリエステル製。ポリエステルは高温にさらされると「融解(溶けてドロドロになる)」現象を引きおこします。まぁ、ヒーターに当たっていてドロドロになるまで気が付かない人はいないと思いますが、高温状態になった表面素材は火傷するくらい熱くなります。綿素材は熱くはなりますが溶けることはありません。ポリエステル素材が熱に晒されると「融解」するのに対し、綿は「炭化(焦げる)」します。溶けてしまった繊維に触れると当然火傷をし2次災害へと発展しますから綿素材の方が火・熱に対しては耐性があるのは事実です。 ■摩擦に強い!!・・・壁・床に擦っちゃった時に「やっちゃった~」と思ったことありませんか?そう、ポリエステル素材の特徴は摩擦が加わるとツルツル・ピカピカ状態になってしまい、新品だったかないがっかりしますよね?!綿素材は壁や床に生地を擦ってもツルツルにはなりません。しっかりと摩擦強度を持っていますので、なんともなかったようにピンピンしています。 ■綿は保温素材!!・・・防寒服に限らず綿素材の最大の特徴は「保温性が高い」という点。「保温性が高い」という言葉の正しい認識は「温度を保つ能力が高い」という事。夏場でも綿素材の肌着が重宝されるのは「体温を適正な温度で保つ」ため。つまり「暑くも寒くも感じない適温状態」を保つからです。一方防寒でいうところの保温性とは、「防寒素材、中綿等で温められた衣服内の高い温度を保つ」という意味。ポリ・ナイロン素材は通気性が良いため保温性も低くなりがちだが、綿素材はしっかりと防寒面でも活躍出来る素材といえる。 BURTLEさんの強みは、作業服メーカーとして何十年も培ってきた「作業着メーカーとしての誇りとノウハウ」をしっかりと新商品に注入でき、それを見た目で表現できるセンスが抜群な企画開発者がいらっしゃるという事です。ですから、BURTLEの作業着は「どんな体型のお客様」でも「どんな職種のお客様」でも完璧にニーズを捉えてしまうんです。 -作業着として通用するモノつくり-をいつも念頭においているからこそ、ファッション性の高さの他にも、 今回「目を見張る」機能性を引っさげてこの商品が発売になりました!! 。「ふぅ~ん。まぁ、防寒着なんて着て暖かければそれでいいけどね」っていうテンション低めなお客様、では、この商品の”もう一つの機能性”をご覧ください。実はそんなお客様にこそピッタリな魅力です!! 【自宅の洗濯機でジャブジャブ洗えちゃう”ウォッシャブル”機能を完全装備!!】 どうです?!これって相当魅力的じゃないですか??皆さんご存知の通り、防寒作業服ってほとんどが「中綿入り」です。要はふとんみたいに「表生地と裏生地の間に綿が詰まっている」状態。「え?防寒服って洗えないの??今まで洗っちゃってたよ」というお客様も多いはず(笑)。イメージしやすいのが前述のふとん。ふとんを家庭用の洗濯機で洗うとどうなるのか・・・、答えはとててシンプル。(答え1)とにかく乾かない。(答え2)綿落ち(綿が偏って乾燥)が発生する。と散々な結果を招きます。防寒服も同じで一度洗ってしまうと、とにかく完全に乾くまで時間がかかります。表面が乾いても中綿が乾かないのでとにかく湿った感じがつきまといます。そして一番問題なのは「綿落ち」。袖の綿が重力に引っ張られて袖に向かって偏りが生じ、とても不細工になると同時に使い勝手も極端に悪くなります。 今までは、軽い汚れであれば「濡れた布で拭く」、汚れが酷ければ「ぬるま湯で手もみ、またはクリーニング」を推奨していた防寒服を、とうとうBURTLEさんはやってくれました!!「洗濯機で完全に洗える防寒服」を完成させたのです!! 【ココに注目!だから洗濯機で洗えるんです!!!】 ■キルティング■ 実はふとんでもお馴染みの製法でその原理は「表生地と裏生地をダイヤ形に縫っていく」という製法。単に模様だと思っている方も多いですが、その本当の目的は表生地と裏生地をダイヤ形に縫った時に、中綿がそのダイヤ形の中にそれぞれ閉じ込められるんです。勘の良い方ならお気づきかもしれませんが、そうなんですお洗濯の後乾かしても、中綿が重力に負けて下がることが無いんです。すべてがダイヤ形の中で乾燥が進み洗う前とほぼ同じ形状で乾きます。当商品も中綿を閉じ込めている部分は全てキルティング加工を行いお洗濯による綿落ちを防止しています。 ■中綿乾燥システム■ 洗濯機によるお洗濯で文字通り中綿はびしょ濡れになってしまいます。基本的に汚れが気になるからお洗濯をするのであって、全く目に触れない中綿にはなんの罪もないのですが結果びしょ濡れになるわけです(笑)。その中綿を効率よく乾燥させるためこの商品は”ある工夫”を施しています。それは 「速乾メッシュ」 。袖口と裾の周りをグルリと 網の目が粗いスポーツメッシュを幅1cmくらいで縫い付けてあります。 「そんな場所にあってもあんまり変わらないんじゃない??」というお客様、これは実に理にかなった方法ですよ。だってお洗濯の後どうするかっていうと、100%のお客様が「ハンガーに掛けて干す」と思います。すると当然「袖口が下になり、裾口も下になる」と思います。そしてお洗濯後の湿った中綿(水分)が重力に負けて下に下に落ちていきます。通常の防寒服はここからが大変なんです。湿った水分が袖口・裾口に溜まってず~ッと濡れたままになって日数が経過すると生乾きの期間が長いため不衛生の要素になります。 ところがこの商品が凄いところは、袖・裾のメッシュが落ちてきた水分をメッシュからポタポタ落とし続けて乾きを早くするんです!!上にあっても、真ん中にあっても意味がなくて、あくまで袖と裾にあるからこそ「意味がある」機能です!!  この2大要素がお洗濯を可能にして、いつも清潔でイイ匂いのする防寒服を維持することが可能になったんです! もちろん、そのほかにもユーザーの欲しいと思えるポイントがいくつも用意されており、それらのポイントが「新しき要素」となってこの商品の絶妙なバランスを生み出しています。  またお揃いのパンツにしても「ここまでこだわる??」と思えるくらいの機能を盛り込んだつくりになっており、BURTLEさんのこの商品に掛ける意気込みがひしひしと伝わってきます☆ウエストゴムギャザーに加え、両サイドには更に調節用のバンドアジャスターが装備されています。これって主に安全ベルトや安全帯を着用するお客様には絶対必要な要素で、安全ベストや安全帯の重みで通常のゴムギャザーだけではズリ落ちてくるんですが、更にサイドベルトで締め付けるとズリ落ちが防止されます。 また、インナーパンツにアクセスがしやすいように「スルーポケット(貫通ポケット)」が用意されており、中のパンツにアクセスが容易になっているのも作業員さんからすると嬉しい機能ですよね?? また、裾はマジックテープで調節できるようになっており、別に裾上げをしなくても裾を絞れば床や地面を引きずってぼろぼろになることはありません。   気になるシルエットに関してはブルゾンは良くも悪くも大きめです。ただこれはBURTLEさんの作業服共通の特徴で「万人に愛される作業服つくり」を突き詰めると、やはり「大は小を兼ねる」ことからちょっと大きめに出来ています。パンツに関しても中綿が全体に入っていますので穿くと動きづらさが出てくるのは、この商品に限ったことではありませんが股上に関しては私が知っている限りこのモデルは「防寒パンツにしては浅め」だと思います。私にとっては穿きやすかったですが、正直意見が分かれるところですね。 最後に実際に私が試着してみて感じたことを。 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:67kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、インナーカジュアルのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ、 上下共にLサイズ で問題ありませんでした!!でもその時の服装はシャツ一枚と、スーツパンツでしたから、恐らく作業着の上からこの商品を着るとなったら上下共にLLサイズではないかと思います。 これだけ本格的な防寒服に仕上がっていますから、 この商品の適応気温は5℃から、-5℃くらいまでは対応可能。 ではないかと思います。 BURTLEさんの渾身の作、もちろん2012年度モデルの新作です!! BURTLE ”自宅洗濯可能”ウォッシャブルバートルウィンターカーゴパンツ 綿100% 8112 HOT,豊富な

76LUBRICANTS ナナロク 10ozデニムカーゴパンツ No.76 CP131 豊富な,送料無料

→4Lサイズはコチラ →夏モデルはコチラ →年間仕様のカーゴパンツ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 まだリリースして間もないNo.76-CP132 夏生地2WAYカーゴツナギはもうご覧になりましたか?なかなか魅力的な商品に仕上がっていますよね?!リリースした瞬間から、人気商品に現在もなっています。 そんな時を同じくしてリリースされた、実は もう一つのナナロク・カーゴパンツ があるんです。今回はそんな2013年春を彩るNo.76-CP131 ナナロク・デニムカーゴパンツ のご紹介です!! 当店ではただいま、春夏のワークシーンを飾る春夏物作業用品がワッサワッサと入荷中☆毎日、本当に凄い量が入荷になっていて私(作者)を含め、制作部門はただいま誰も口利かぬ状況で殺伐とした雰囲気で掲載作業が進んでおります。 さて、そんな折今日は、超目玉級の新商品をご紹介!!いつもは「掲載予定表」を元に掲載作業が進められるのですが、例のごとく「この商品」はある意味「いつも特別扱い」で他の商品を追い抜き優先掲載される商品です!! 初代は「CP111」で前作は「CP121」、そして先日リリースした商品が「CP132」、確かに品番が違いますよね。そうなんです、 見た目はそっくりですが、確かに品番を変える必要性があるくらい品質に差が出る商品 になったんです☆ そう!!その名も 「UNION76 公認デニムカーゴパンツ」 。これだけのラインナップになったら、そろそろ来るだろ~と勘ぐっていたお客様、さすがです☆その通り、「これだけカーゴパンツを出したら、次はデニムだね」なんて事を担当者と話しておりましたら、ホントに出来上がってしまいました。 この商品 ナナロク・カーゴパンツ”No.76-CP111” にソックリなんです。 形自体は、前作No.76-CP121と一緒ですから、リピーターさんにはとてもお買い求めいただきやすいサイズスペックに仕上がっています。 【ココが前作と変わった!新作ナナロク・デニムカーゴパンツ!!】 ■生地・・・先日リリースされた(CP132)のカーゴパンツは、元々「春・夏用」で開発された商品で、その軽さと独特なクタッとした感じが新鮮ですが、いかんせん、 我々のような北の地に住むものにとっては秋・冬穿けない っていう悲しい現実が待ち受けています。今回リリースされた商品は、 推定10オンス(メーカー非公表)のデニムを使用した年間着用モデル!! 。触った感じ、全く硬くなくふにゃふにゃなので、製品化されるまでに複数回洗濯しているものと思われます。色合いはワンウォッシュ風。「風」っていうのは、私の知っている「デニム生地」とはちょっと違うデニムを使用している点なんです。一般的な(私の知っているデニム)は、長い年月履くと全体的に「縦方向」に色が落ちて風合いが増すんですが、このデニムはどっちかというと「たて落ち」というよりは「縦横全方向」のような気がします。デニムの親戚で独特な風合いを醸し出す「スラブデニム」や「ダンガリーシャツで使用されるライトオンスのデニム」に良く見られるデニムのような気がしますね。  ですから、通常のデニムのように「色落ちを楽しむ」というよりは「綺麗穿きこなして現状の色調を出来るだけ維持する」方が長く着用出来るかもしれませんね。生地厚になっており、北の大地はもちろんのこと東北地方や、雪の降る地域でも十分ワークパンツとして使えるクオリティに引き上げられています。 デニムですからカラバリはありませんが、それ以外のスペック、特に生地感は恐ろしいほど良くなりました!!「このパンツ、カッコイイんだけど生地が薄くてなぁ~」ってこれから先の季節を考えるとどんよりしてたお客様!もうそんな心配はなくなりました。これぞ、最高のナナロク・カーゴパンツです。 その他の各種ポケットや、また上浅目の「美」スタイリングのシルエットはそのままで、ノータックで細身のお客様でもキレイに穿きこなせるシルエットは、もはや作業ズボンとは言えないレベルに達しています。また、ポケットはチノパンのように「斜めアクセス」のハンドウォームポケットに、左右見事に非対称な「アシンメトリ」を採用、よくある「ワークカーゴパンツ」のように「そんなにふとももポケットデカくても入れるものないよ!」と突っ込みをいただきそうなポケットではなく、カジュアル性・ファッション性に富んだデザインに仕上げているのもナナロクらしいですよね?? 一時、確かに全体にルーズなデニムやカーゴパンツが流行しましたが、現代は間違いなく「フィット(無駄なゆとりが無い)」シルエットが好まれ、またそれが流行になりつつあります。 ワークパンツ(作業ズボン)がルーズなシルエットが多い中、このナナロクカーゴのような「ファッションでもイケる」カーゴパンツは、全国作業服屋さんなんてたくさんありますが、探してもなかなか見つかりませんよ! ライトオンスとはいえデニムで出来たカーゴパンツであれば、ファッションショップでは6000円はしてしまいそうですが、そこらへんはさすがナナロク。 きっちりと作業パンツとして使ってもらえるギリギリの価格、4,990円に収めてきました(驚) 。 オシャレに気を遣う車屋さんやバイク屋さんのお店のスタッフ着・整備着として、また「制服」という観点に割と捉われず自由な作業着を着ることが多い「内装屋さん」や「設備屋さん」、休日をジーンズやチノパンで過ごす機会の多い世のお父さん、アメカジが大好きなお兄さんや、プレゼントにも最適です!! 最後に作者である私が実際にこのカーゴパンツを穿いてみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くパンツ・ジーンズのサイズ:82cm、31in の私が穿いてみたところ・・・、 Lサイズ(82cm) で問題がありませんでした!!いやぁ、穿いてみて改めて思いましたけど、イイラインが出ますねこのパンツ。特に裾の幅が他の作業パンツと全く異なります。 ヒップから裾にかけて、一気にテーパード(細くなっていく)がかかってる んですね。ひざから裾までのラインは、ファッション着としても◎。友達にも紹介したくなる一本です。 ただし、前作とそうだったんですが私がこの商品に対して思うことは「もうちょっと股下が長いと助かる」という点。デフォルトで80cmの股下ですから、私も当然問題無いはずですが欲を言えばあと2cm長くても良かったなと感じます。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L(+500円) ウエスト747882869196 ヒップ97101105109113117 ワタリ30.531.532.533.534.535.5 裾幅202122232425 股下787979808080 76LUBRICANTS ナナロク 10ozデニムカーゴパンツ No.76 CP131 豊富な,送料無料

I'Z FRONTIER ストレッチ 3Dワークカーゴパンツ 上下別売り #7252 SALE,限定SALE

→4L・5Lサイズはコチラ! →お揃いの上着はコチラ! →女性用ページはコチラ! ■お揃いのシャツ■■お揃いのカーゴパンツ■ 【WEB製作者が語るイチオシポイント】 * 作業着 作業服 ワークウェア * 北海道は寒さがより厳しくなってきていますが、皆さんのお住まいの地域はいかがなものでしょうか? 私たち作業服業界の人間は、まさに「これからすぐ春がやってくる」という感覚です。 この辺りは、周辺のアパレルよりもちょっとだけのんびりしていてもいいのですが、一般的に「お正月を過ぎたら春物」という流れがあり、早いところでは1月の1週目で冬物バーゲンをはじめるショップさんも多いですよね。 作業服業界ではそんな一般アパレルよりも1ヶ月くらい後倒しで春物が入荷になってきます。既に先発組はちらほら入荷になっていますが、今回は先発組でありながら 「超ド級」の新人作業服をご紹介☆ いたします。 見た目以上にすっごい着やすい(驚)!こんなデニム作業服を探していた!! っていう商品です。 メーカーさんは、当店としては「はじめまして」のお付き合い。これから先を占う上でも非常に重要な作業服なんです!!とはいっても一目ぼれしたのは当店(私)ですから、あとはお客様にこの商品の魅力をどのくらいお伝え出来るかがポイントになりそうです。 作業服の新作紹介は当店としても本当に久々ですから、気合を入れてご紹介しますね! 【最先端技術が詰まった全く新しい”デニム”の定義】 素材・・・綿98%、ポリウレタン2%のいわゆる「ストレッチデニム」。質感自体は濃い目のカラーという事もあり見た目はちょっとゴワゴワしていそうと思うかもしれませんが、実際はそうではなく 僅か2%混ぜられたポリウレタン素材は驚異のストレッチ(伸縮性)を生み出しています。 生地の厚さ的には実質9-10オンス程度の薄地のデニムを使用しているので重さも全く気にする必要がありません。 シルエット・・・よほど上記のストレッチ性に自信があるのか、見た目は非常に「タイト(細身)」に見えるので「着る人を選びそう」と思ったのですが、着てみるとその疑念は見事に吹き飛びます。とにかくよく伸びるので全く細身なデザインは気にする事がありません。それどころか社内では「普通の作業服よりも動き易いし、着やすい」と絶賛している人がいるほどでした。 デザイン・・・上下共に非常に凝っています。ジーンズ・デニムといえば「アメリカ」を連想しがりですが、デニム(生地)の誕生はヨーロッパ説が有力で、今もヨーロッパのジーンズマーケットは盛んです。当商品に色濃く反映されている高いデザイン性も多くが「ヨーロッパ」を感じさせるものに仕上げられています。 上下共に共通しているのが、(1)結構いろんな付属が着いており、この部分は好き嫌いがはっきり分かれる部分(2)ポケットがどの部位も小さく・浅め。アメリカ発祥のデニムではシンプルなデザインが多いんですがヨーロッパ発祥のデニムメーカーが作るトップスはこういうデザインになる事が多いような気がします。 パンツ・・・絶妙なカッティングで完全3Dを実現しています。3Dっていうのはよく耳にする言葉だと思いますが、アパレルで「3D」というと「飛び出す」という意味ではなく「立体的な」という表現が適切です。簡単にいうとアパレルは幾つものパーツが縫い合わされて製品となるんですが、出来上がりが「ぺったんこ」なんです。一方3Dは、簡単にいうと裸のマネキンにパーツを当ててその上で縫います。そうする作業台の上では直線で縫えた部分が、人体では直線では縫えず、大きく湾曲したり、特に膝は元来まっすぐではなく、直立していても僅かに曲がっているのが普通なので、それを再現しようとすると、膝部の縫製はとても複雑になります。 そうして出来上がったパンツは、複雑に縫合され畳んだ状態でも側面から見ると「くの字」に曲がった仕上がりになります。少々綺麗に畳みずらいのが難点ですが、着ると人体に合ったフォルムは体にストレスをかけることなく着用できるため、物凄い「着やすい」と感じるわけです。 既に画像をご覧いただいているお客様なら「いいな~」と思っていただけると思いますが、私もこの商品はとてもオススメです。正真正銘デニムの作業服ですが とても着やすく・重さも気にならず・絶妙なフィッティング なので、まさに「デニムの作業服、挑戦したいんだけどな~」と今までなんとなく興味がありながらもその重苦しいイメージから1歩踏み出せずにいたお客様には、心の底からオススメしたい商品ですね!! 軽い・軽いとは言ってますが、さすがに軽さをウリにしているウェアと比べるとそりゃ重いかもしれませんが、 上着で”800”g パンツで”650”g です。どうぞお手持ちの作業服と比べてみてくださいね。そんなに重さは気にしなくても良いというのは実感できると思います。 最後に私が実際に着て見ました!!っていうか 届いてすぐ試着してそのままデスクでこの説明文を打っていますが、全くストレスになりませんね、正直デニムのツナギでは感じた事の無い軽量感  に私が何より驚いております!! 身長:178cm、体重:68kg、ウエスト:82cm、普段履くパンツのサイズ:LEVI'S=31inch、ディーゼル=28inch、作業パンツ:82cm の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズ、パンツもLサイズでOK!! でした。上着は中にシャツ一枚、パンツは下着のみの着用です。 今も着ていますが、着用して真っ先に思うことは 「これ、パンツだけでも十分カッコよく履けるな」 という感想です。確かに上着だけ見ると、ちょっとオシャレなデニムジャケットに見えて、お仕事で着ていくと現場監督や、上司、先輩の目線がちょっと気になるかもしれませんが、パンツだけだと、上着にポロシャツやワークシャツを合わせると、お仕事でも全く問題ありません。 割と作業着に関しては自由度のある会社にお勤めのお客様、内装業、インテリアデザイナー、酪農業、農業、大工さんなど、元々デニムワークが定着していて、タフな生地を求める職種に最適です。 I'Z FRONTIER ストレッチ 3Dワークカーゴパンツ 上下別売り #7252 SALE,限定SALE

CACTUS ワークウェアカーゴパンツ CW 0003 綿混 返品交換不可 セール,限定SALE

品番:CW-0003 素材:綿35% ポリエステル65% 製造:タカヤ商事 ■■■商品説明文■■■  作業服もついにここまで進化しました。 「キング・オブ・作業服じゃないだろ」のご紹介です。 いまだに巷では「作業服は安いので十分!」という声が聞こえてきます。確かに価格は安いに越したことはありません。しかし、その結果作業服といえば、「ダサイ」とか「カッコワルイ」とか散々な言われようでした。ハッキリ言ってしまうと、多少のデザインや仕様に変化こそあれ、大胆な変革と呼べる作業服は必要なかったし、アテにもされていませんでした。  しかし昨今、仕事姿に「カッコ良さ」を求めるお客様が急増。実際お外でお仕事をされる多くのお客様が「いつも周囲の人に見られている」という感覚を持ち始めたのではないかと思います。悲しいかな、日本の伝統的な作業服「鳶装束」も現場によっては禁止・・・。というゼネコンさんも出現しています。 今回ご紹介するのは、ズバリ「作業服のカッコワルイ部分だけをそぎ落とした」シリーズであり、その代わりに「カジュアルのエッセンス」をかなり加えています。 まずは全体像から見てみると、う~ん、何から何まで違うのでどうご説明したら良いか本当に迷います。このヤフーショッピング内でもカジュアルウェアを扱っているお店はたくさんあり、端的にいうと「そういうお店で売っていそう」っていう感じです。お値段もそこそこしますから、やっぱりカジュアルなんじゃないかと思えてしまいます。  しかし、これはれっきとした何十年も作業服を作り続けたメーカーさんが打ち出したやっぱりれっきとした「作業服」なんです。  見た目はカジュアルですが、部分部分で見るとやっぱり作業服です。ちょっと安心・・・。例えば、「股上」の「深さ」。これは画像の見た目は今時の「ローライズ(股上浅め)」を彷彿とさせますが、実際履いてみると、そこら辺の安物の作業パンツを履くよりもお尻の収まりが良いです。この部分を結構見落としがちなんです。「股上」の深さが中途半端だと見た目だらしなく見える上に、何より下半身の収まりが悪いので履いていて非常に気持ち悪いです。頻繁に起こりえるのがたまに違うパンツを履いてみようと思って違うパンツを買ってみると、ウエストのサイズは一緒なのに何か違和感を感じる。。。って言うときはおそらくお客様の体にそのパンツの股上が合っていません。 一般的に股上は深ければ深いほど様々なお客様の体型に合わせることが出来るので今までの作業服は全て股上が「深め」だったんです。でもちょっと度を越している商品もあり、お尻の収まりに合わせてウエストを上げると「へそ」の辺りまでくるパンツもありました。  作業服の型紙は長年、「昭和」当時のままで昨今まで使用されていましたが、現代の時代の流れや食生活、生活習慣の変化などを経て我々日本人の体型も随分変わったんですね。そうなるともちろん型紙も「現代風」に変更しなくてはならず、そういった経緯で誕生したのがまさに「ちょうどいい」股上のパンツです。逆に時代の最先端の「ローライズ」では作業には向きません。何故って?股上が浅いと確かに「足が長く見える」「足が細く見える」効果はありますが、実用性向きではありません。「しゃがむとお尻が半分」出てしまうんで作業中、気になって仕事どころではなくなってしまうからです。  大型のポケットも作業服らしいこだわり。特にヒップポケットはマチ付きの大型ポケットを採用していますので、放っておくとどんどんモノが入ります。入れすぎに注意しなくてはなりません。  その他、「太目のベルトループ」や、裾にはパイピングを通す穴までついており、裾にヒモを通せば「きゅっ」と絞ってまくり上げる。なんて事も可能です。 最大の特徴であり、唯一の弱点は「全く作業服っぽく見えない」ところでしょうか?ですからお勤めの会社があまり「作業服に厳しくない」お客様にオススメです(苦笑)。また、個人事業主のお客様や、農家さんにもオススメ。もちろん、作業着としてではなくもう割り切って「オシャレ着」としてご購入されるのも一つの手かもしれません。  「それドコで買ったの?」「俺も欲しい!」と出勤したその日からヒーローになる事は間違いなしです!! CACTUS ワークウェアカーゴパンツ CW 0003 綿混 返品交換不可 セール,限定SALE

GLADIATOR グラディエーター ワイドポケットカーゴパンツ G7005 * ワークウェア 作 着 作 ズボン 作 服 メンズ* 本物保証

→スリムパンツのコチラもおススメ☆ →カモフラ柄のコチラもおススメ☆ シンプルなのに個性的。 作業ズボンもここまで来た。 待望のGカーゴ第3弾!G7005 収納力抜群のガーデニングパンツと、 丈夫で動きやすい作業ズボンを掛け合わせたクロスオーバーモデル。 ・・・ ■「シンプルなのに個性的!」 正面から見ると、至って普通のカーゴパンツ。 ですが・・・ このパンツの顔は、なんてったって「後ろ姿」!!なんです! (私の個人的な好みかもしれませんが(笑)) 実は正面に見えるポケットは、ぐるりと後ろまで繋がっているんです!! 作業ズボンとしてはかなり珍しい、個性的な後ろ姿。 (少なくともこんなデザインの「作業ズボン」、私は初めて見ましたよ!!) このデザインは・・・そう! ガーデニングパンツを意識したデザインなんです。 決して派手ではないのに、作業ズボンとしては個性が光る1本。 恐らくこれをお仕事で履いていたら、人と被るということはなかなかないと思います。 もしかしたら、「それ私服?」と言われてしまうかも!?(笑) その時はちゃんと「作業服の通販で買った、作業ズボンだよ~」と教えてあげて下さいね☆ ・・・ ■「万能カラー!」 選べる色は「チャコール」と「ゴールデンブラウン」の2色!! どちらの色にしようか迷ったら・・・ 私の個人的な意見としては、オシャレ度・人と被らない度重視ならゴールデンブラウン、 落ち着き度、コーディネートしやすさ重視ならチャコールをお勧めしたいと思います☆ ・チャコール・・・深いグレーです。白や黒を組み合わせてモノトーンコーデにすればカッコよく。 ベージュ、淡いカーキなどのアースカラーと合わせればやわらかな雰囲気になります。 ゴールデンブラウンよりも落ち着いた色身の、万人受けカラーです。 パンツの形はカジュアルですが、キャメルよりチャコールの方がきちんと感が出る色味でもあります。 ・ゴールデンブラウン・・・キャメルと思ってもらうとわかりやすいかと思います。 鮮やかでメリハリの利いたキャメルは、よりカジュアルな印象に。 プライベートで着るなら、真っ白なシャツに茶色の革ベルトと合わせると最高にさわやかですね~! 白の他、黒、チャコール、淡いグレー、ネイビー、同系色で統一してベージュやブラウンとも相性◎です! ・・・ ■「作業ズボンですよ!」 どう見てもオシャレパンツ!に見えるかもしれませんが、当店は作業用品店。 ただのオシャレパンツはお取り扱い致しません。 作業ズボンとしてのスペックはもちろん完備しているのでご安心ください!! ◎動きやすさ 摩擦に強く、吸汗性が高い、肌にも優しい綿を97%使用。 残りの3%はストレッチ性を高めるためポリウレタンを使用しています。 そのため、動きに合わせ生地が伸縮してくれるので ストレス感のない快適な着心地を実現しました! 更に、膝部部分は生地を織り込んで立体的に縫製することで ひざの突っ張り感を軽減。 股部分には特殊カッティングで足を大きく開いても裂けにくく突っ張りにくい仕様。 動きやすさを徹底追及しています。 ◎フィット感を高める工夫 生地がストレッチなのもフィット感を高めてくれる要因になりますが このGカーゴには更にたくさんの工夫がされています。 股上が前よりも後ろを長くした型紙を使用することでお尻を包み込み しゃがんだときも安心。 また、ベルトループが8本もついているんです!! 一般的なパンツは前2本、後ろ3本の計5本というのが基本ですから、 8本はかなり攻めてますよ! これは私が見てきた作業パンツの中で最多記録です(笑) 大きなサイドポケットに道具を入れることを見越して 腰でしっかり支えられるよう、ベルトループを増やしたんですね。 ベルトをしっかり固定してフィット感を高めます。 これらもすべて、動きやすさに繋がりますね! ◎その他仕様 ポケットは全部で6個!! そのうち2個は、この商品の最大の特徴であるフロントからバックまでを覆う大きなポケット。 また、前両脇に付いているポケット内側の下部には更に小さなポケットがついており、 細かなものがポケットの中で動きまわるのを防ぎます。 外側からは見えないこんな小さなところにも手を抜かない メーカーさんの優しさが伝わってきますね! ファスナーはずり落ちにくく丈夫な信頼のYKK製を使用。 細部まで抜かりがありません。 ↓おまけの豆知識↓ 気付く方はいらっしゃるでしょうか。 裾の内側に穴が開いているんです・・・!! これは実は、ヒモを通して裾を絞れるようにする穴なんです。 ヒモは販売していないので、100円ショップや手芸屋さんでご購入下さいね! 実はこの穴、特にアピールされていない商品が多いかもしれませんが 意外とひっそり開いている作業ズボンが多いんです! お持ちの作業ズボンにも穴があいているかも!?見てみて下さい☆ ・・・ ■「私の、ちょっとケチ(?)な策略。」 これだけの価値でお値段は2990円!! 自分で言うのもなんですが、ケチな私でも かなりコストパフォーマンスの高い商品だと思いますよ!! この商品、れっきとした作業ズボンなのですが ここまでおしゃれになると最初からお仕事用でなくプライベート用にゲット!! というのも大アリだと思います。 私なら、もしこのページを担当していなかったら 彼氏がデートでGカーゴを履いていても、まさか作業服屋さんで買った 作業ズボンだなんて絶対気付かない自信がありますもん(笑) 「これ、作業服屋で買ったんだ!」なんて告白されたら、 えええ~!?時代は変わったのね~!!と感心してしまいますね。 購入された方は、是非周りの方を驚かせて楽しんで下さい(笑) 私は結構ケチなので、更にこんなことを考えていました(笑) 最初はプライベートのオシャレパンツとして存分に楽しむ。 履き潰してから、作業ズボンとして再活躍させる!! 作業ズボンに汚れはつきものですから、多少古くなっていても私は気にしません☆ 1本で二度楽しむ!という策略です。 なんだかお得な感じがしませんか?(笑) ・・・ ■「実際に履いてみました!」 早速恒例の、当店の男性スタッフに着てもらいました!のコーナーです! 身長178cm、ウエスト82cm、体重71kgの男性スタッフは、 Lサイズでぴったりでした!! 太ももまではテーパード、膝から下はストレート。 太ももが割と細めにできているため、膝下がストレートでもダボダボ感がなく だらしなく見えません。 ストレッチ素材を使用しているため動きやすいのも◎! 建設業・運送業・倉庫業、農業など普段作業ズボンを履く方だけでなく、 プライベート用に世の男性すべての方におすすめします! ・・・ 素材:綿97%、ポリウレタン3% サイズ:全サイズ股下83cm GLADIATOR グラディエーター ワイドポケットカーゴパンツ G7005 * ワークウェア 作 着 作 ズボン 作 服 メンズ* 本物保証

ITOZ アイトス 光電子 ”暖神”防寒透湿ハイエンドウインターパンツ 6062 得価,100%新品

【大きいサイズはコチラ】 →【お揃いのブルゾンはコチラ】 → ■光電子はもともと防寒肌着で活躍中!肌着で暖かいんだから、防寒ツナギでは最強です!! ■光電子(こうでんし)■  遠赤外線事業を営む(株)ファーベストが知的財産権を有する、遠赤効果を利用したセラミック配合生地による特殊繊維の名。  専門事業である遠赤外線の長所を活かし、「必要以上に熱くならず、一定の保温効果」を得意とする上記素材は昨今の防寒肌着や衣料を中心に多種多様な業界から注目されている。配合率が低くてもある程度の効果が見込めるため、小配合で低価格な商材を生み出せるのも魅力の一つ。 ■遠赤外線効果の実態■~一般発熱肌着と光電子肌着の着用・前・後の表面体温の変化~ ■着用前■ ■30分着用中■ ■脱いで20分放置■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年も残すところあと1ヶ月の12月、もう新商品なんて入荷しないって思っていませんか??甘~い!何を隠そう、当店は掲載が遅れています(苦笑)。今年いっぱいかけてどんどん新商品の掲載をしていきますよ!!「そんな事されたらこないだ買った商品が損した気分になるだろ!!」とお叱りを受けてしまいそうですが、これからご紹介する新商品の数々は、 当店で取り扱っていない商品、またはコアなお客様専用 に限られていますから、「お、追加で買おう」とか「そうそう、そんなマニアックな商品を探していたんだよ」っていうお客様がほとんどではないかなって思っています。 今回ご紹介する商品も、どちらかというと一般向けというよりは「コア(マニアック)」なお仕事、それに携わるお客様用っていう感じの防寒服です!!ど~ん!!そうです、今回ご紹介する商品は・・・、 ■光電子 防寒ワーカーズ・パンツ■ でございます。「光・・電・・なんだって????」というお客様、光電子(こうでんし)っていうのは中綿で使用される防寒繊維の名前です。結構、メジャーな繊維でしてちょっと防寒に詳しいお客様ならこの名前ってご存知だと思います。 一般的に防寒作業服で使われる中綿って、ポリエステルを細~ッく糸状にしたものを複雑に絡ませて作っているんです。その中綿の重量がそのまま暖かさの指標になるんです。ところがその数値っていうのはあくまで 普通のポリエステル綿だった場合の話 でして、使用される中綿がポリエステル綿ではなく、科学的に作られた防寒繊維であれば「重量=暖かさ」の公式はもろくも崩れてしまうんです。つまり、通常の中綿素材で仮に「10の暖かさを得るために10のポリエステル中綿が必要」なところ、科学的な見地から製造された防寒中綿「光電子」であれば「10の暖かさを得るために3~4の光電子量で十分」となってしまうんです。  光電子の大きな特徴としては、 体から発せられる放熱をふく射といって体に戻す防寒方法を用いており、衣服内外の温度差によっても発生する汗や結露といったムレも蒸気の状態で光電子が吸い取り、そのムレを衣服外へ放出 するという、まるで機械みたいな働きを繊維がしてしまうところが現代の化学繊維の恐ろしさを感じてしまいますね(笑)。 そして今回ご紹介する防寒服は、まさにその「光電子」を使用したモデルなんですが、凄いのはここからです。 このモデル、ポリ中綿よりも綿よりも暖かいはずなのに、使用している量が一般の防寒服以上に詰め込んでいる! んです(驚)。「(驚)って何が?」っていうお客様、噛み砕いてお話をすると、普通こういう特殊な繊維を使用する場合って中に詰め込む量を減らすんです。すると製品化すると「薄くて軽くて暖かい」っていう名文句が生まれるわけです。でもこのモデルに限っては「薄くて・・・」なんて死んでもいえないです、それどころか「軽い」なんてすらいえません。そうですね、この商品をうまく表現するキャッチコピーをつけるとすれば・・・、 アホみたいに熱い、厚くて重い、超極寒地専用防寒服 ですかね。ちょっと言葉が乱暴ですみません。ただ直球で伝えたほうがきっとお客様にも伝わると重い、あえて話言葉でコピーを付けさせていただきました。つまりは、私の住む札幌圏内でも「ここまでのものが必要かな~」と思ってしまうくらいの防寒性です。 私の思うところ、 重量:1300gのヘビー級、そして光電子綿を使用 しているとの観点から、 適応気温:-5℃~-15℃(別売りブルゾンと合わせて) くらいはいっちゃうんじゃないでしょうか??札幌市でも2月日中で気温が氷点下の事がありますが、それでもここまで必要かどうかはわかりません。まぁ、適応気温はそんな感じで、ではこの防寒服に一番適したお仕事は?というと、 一日中、屋外で立ったままのお仕事が多い警備員様、冷え込みが厳しい夜中屋外で作業されるワーカー様、冷蔵・冷凍庫、または底冷えする倉庫で勤務されるお客様、スキー場など高地で尚且つ屋外のお仕事が多いお客様 にはピッタリの商品です。 早速、手元に届いた商品を見てみると、いやぁ~さすがに高い商品だけあります。パッと見た目登山用の防寒ウェアです。少々の寒さではビクともしないような鎧みたいな防寒服です。表面素材はザラザラしたポリエステル素材なので、画像で見るよりは生地感としては柔らかいです。 【良く出来てるな~!最強”暖神”光電子パンツ】 ■ハイバック・ウエスト・・・ウエストの後ろが前よりも長くなっているハイバック・ウエストを採用。屈み作業や、しゃがみ作業のとき、またオートバイ運転のときには背中が出なくて快適です。 ■中綿&トリコット・・・中綿は当然注目素材「光電子」を使用し、肌と接地する裏生地には暖かいトリコット素材を採用、暖かさを追及しています。 ■最大の魅力!!・・・数多くある当店の防寒パンツの品揃えの中でも「裾オープン仕様」はこのモデルだけとなっています。ジッパーで開け閉めすると裾が広がって防寒長靴の上からもスッポリ覆うことが可能です!! どうです?こんなに暖かい防寒服がこの日本で必要としているお客様が一体どのくらいいるのは分かりませんが、やっぱり当店としては専門店ですから、「とにかく暖かいものをくれ~!」というお客様のニーズにもしっかりとお応えしなくてはならないと思い、掲載に踏み切りました。 早速、事務所の中で着てみましたが、 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ の私が着てみたところ・・・、 熱い!インナーシャツのみでLサイズでピッタリ でした!!でもちょっと袖が短かったんですよね・・・。私のように腕が他人よりもちょっと腕が長いと自覚のあるお客様は+1サイズ上げたほうが良いかもしれませんね。一応、光電子って汗やムレを逃がす機能もあるんですが、 室温20℃以上もある事務所内ではやっぱり汗かきます(笑) 。 光電子って、体温からのふく射熱がベースですから、冷え切った体で着るのではなく、暖かい場所で体温も一定に保たれている状態から着用していただき、外に出たほうが論理上は暖かさが持続します。また体温以上に衣服内の温度が高くなると、とたんに今度は温度を下げるため外気へと暖かすぎる空気を放出し常に衣服内の温度を一定に保つ、つまりは光電子最大の魅力とは 熱いとも寒いとも感じない自然な暖かさの実現!! なんです。 お揃いで防寒パンツもご用意していますので、是非上下で着用していただきたいと思っています。これぞ最強の防寒服、「暖神」です。 ITOZ アイトス 光電子 ”暖神”防寒透湿ハイエンドウインターパンツ 6062 得価,100%新品

76Lubricants ナナロク ミニヘリンボンワーカーズパンツ 2012年モデル No.76 CP121* ワークパンツ 作 着 作 ズボン カーゴパンツ メンズ * 最安値,人気

→Sから3Lサイズはこちらから →夏モデルはコチラ!! ■■■商品説明文■■■ 日に日に秋が近づいてい来る今日頃ごろ、つい何週間前の「あちぃ~な~(汗)」って言ってた日が今更ながら懐かしく思います。秋ってこんなに大急ぎできましたっけ??きっと北海道だけではなく、全国各地もう思える人って増えているんじゃないでしょうか?? 当店ではただいま、秋のワークシーンを飾る秋冬物作業用品がワッサワッサと入荷中☆毎日、本当に凄い量が入荷になっていて私(作者)を含め、制作部門はただいま誰も口利かぬ状況で殺伐とした雰囲気で掲載作業が進んでおります。 さて、そんな折今日は、超目玉級の新商品をご紹介!!いつもは「掲載予定表」を元に掲載作業が進められるのですが、例のごとく「この商品」はある意味「いつも特別扱い」で他の商品を追い抜き優先掲載される商品です!! そう!!その名も 「UNION76 公認ワークカーゴパンツ」 。「おいおい、俺をナメてもらっちゃ~、困るなぁ~。この商品はもう売ってる商品だろ!!嘘つくんじゃね~!!」と怒り心頭のお客様・・・、そうお思いになるのも当然かも知れません。そうなんです。画像を見てもきっと当店と長いお付き合いの客様なら「え?知ってますけど・・・」と思われても仕方がないくらい、昨年の秋に販売した ナナロク・カーゴパンツ”No.76-CP111” にソックリなんです。 でも品番を見てみると、前作は「CP111」で「CP121」、確かに品番が違いますよね。そうなんです、 見た目はそっくりですが、確かに品番を変える必要性があるくらい品質に差が出る商品 になったんです☆ 【ココが前作と変わった!新作ナナロク・カーゴパンツ!!】 ■生地・・・前作(CP111)のカーゴパンツは、元々「春・夏用」で開発された商品で、その軽さと独特なクタッとした感じが新鮮ですが、いかんせん、 我々のような北の地に住むものにとっては秋・冬穿けない っていう悲しい現実が待ち受けています。しかし、今回は相当生地厚になっており、北の大地はもちろんのこと東北地方や、雪の降る地域でも十分ワークパンツとして使えるクオリティに引き上げられています。 ■生地〓・・・前作は無地だったのに対し、今作は・・・驚いちゃいけませんよ☆、なんと!!! ミニ・ヘリンボン で作られています!!!「ん?ミニ・ヘ・・・、何??」っていうお客様、ヘリンボンっていうのは生地の「織り」の名前で通常、生地は無地で仕上がられるのに対し、ヘリンボンはよ~く見ると「縦じま」になっているのが分かりますか?これは「左斜め方向」「右斜め方向」の生地が交互に繰り返されて織り成す製法で、その特徴はのっぺらぼうになりがちな生地の表情を「リッチ(上質)」に、そして「ファッショナブルに」変化させます。 ワークパンツとしてはより「上質」に、そして普段穿きにとってはより「ファッショナブル」に進化 したワークパンツなんです!! カラバリこそ見栄えは変わりませんが、それ以外のスペック、特に生地感は恐ろしいほど良くなりました!!「このパンツ、カッコイイんだけど生地が薄くてなぁ~」ってこれから先の季節を考えるとどんよりしてたお客様!もうそんな心配はなくなりました。これぞ、最高のナナロク・カーゴパンツです。 その他の各種ポケットや、また上浅目の「美」スタイリングのシルエットはそのままで、ノータックで細身のお客様でもキレイに穿きこなせるシルエットは、もはや作業ズボンとは言えないレベルに達しています。また、ポケットはチノパンのように「斜めアクセス」のハンドウォームポケットに、左右見事に非対称な「アシンメトリ」を採用、よくある「ワークカーゴパンツ」のように「そんなにふとももポケットデカくても入れるものないよ!」と突っ込みをいただきそうなポケットではなく、カジュアル性・ファッション性に富んだデザインに仕上げているのもナナロクらしいですよね?? 一時、確かに全体にルーズなデニムやカーゴパンツが流行しましたが、現代は間違いなく「フィット(無駄なゆとりが無い)」シルエットが好まれ、またそれが流行になりつつあります。 ワークパンツ(作業ズボン)がルーズなシルエットが多い中、このナナロクカーゴのような「ファッションでもイケる」カーゴパンツは、全国作業服屋さんなんてたくさんありますが、探してもなかなか見つかりませんよ! このくらいの出来であれば、ファッションショップでは5~6000円はしてしまいそうですが、そこらへんはさすがナナロク。 きっちりと作業パンツとして使ってもらえるギリギリの価格、3,900円に収めてきました(驚) 。 オシャレに気を遣う車屋さんやバイク屋さんのお店のスタッフ着・整備着として、また「制服」という観点に割と捉われず自由な作業着を着ることが多い「内装屋さん」や「設備屋さん」、休日をジーンズやチノパンで過ごす機会の多い世のお父さん、アメカジが大好きなお兄さんや、プレゼントにも最適です!! 最後に作者である私が実際にこのカーゴパンツを穿いてみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くパンツ・ジーンズのサイズ:82cm、31in の私が穿いてみたところ・・・、 Lサイズ(82cm) で問題がありませんでした!!いやぁ、穿いてみて改めて思いましたけど、イイラインが出ますねこのパンツ。特に裾の幅が他の作業パンツと全く異なります。 ヒップから裾にかけて、一気にテーパード(細くなっていく)がかかってる んですね。ひざから裾までのラインは、ファッション着としても◎。友達にも紹介したくなる一本です。 ただし、前作とそうだったんですが私がこの商品に対して思うことは「もうちょっと股下が長いと助かる」という点。デフォルトで80cmの股下ですから、私も当然問題無いはずですが欲を言えばあと2cm長くても良かったなと感じます。 夏物と比べると、ずっとタフに、そしてファッショナブルに生まれ変わったこの商品、もう「前と同じじゃん!」って思うお客様はいなくなったと思います。 ナナロクカーゴが一年中穿けるようになったんですから、夏物を買ったお客様、そして今作から商品を知ったお客様、どちらのお客様も買わない理由なんて無くなりましたよね(笑)。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L(+500円) ウエスト747882869196 ヒップ97101105109113117 ワタリ30.531.532.533.534.535.5 裾幅202122232425 股下787979808080 76Lubricants ナナロク ミニヘリンボンワーカーズパンツ 2012年モデル No.76 CP121* ワークパンツ 作 着 作 ズボン カーゴパンツ メンズ * 最安値,人気

Prono プロノ 美ワーカーズノータックカーゴパンツ PCP142 超激得,送料無料

■お揃いのブルゾンはコチラ■ ウエスト 73 76 79 82 85 88 91 95 100 105 ヒップ 99 101 104 107 110 113 116 119 123 127 股上 27 27.5 28 28.5 29 29.5 30 30.5 31 31.5 股下 80 80 80 80 80 80 80 78 78 78 裾幅 21 21 21.5 21.5 22 22 22.5 22.5 23 23 必見、製作者が語るアピールポイント!!  ついに”発進”します!!当店が今までのオリジナルのコンセプト、「(メーカーさんでも)無いから作る!!」を忠実に遂行し、今、 とんでもないオリジナル作業服 が世に誕生してしまいました!! この商品を初めて見たのは確か2014年2月くらいだったと思います。おもむろに私(作者)の手元に渡されたこの商品のサンプルは、サンプルの時から異彩を放つ存在感に私は魅了され、まだ製品化になる前から「必ず製品化までこぎつけて欲しい(実はサンプルの8割は製品化されません)」と、当時の担当者に懇願しました。 そうです、私が目にした商品は紛れもなく「作業服」であり、それ以上でもそれ以下でもない、正真正銘の作業着だったんです。 「そんなの、ドコでもあるでしょ??」っていうお客様、果たして本当にそうでしょうか??最近リリースされる作業着はよくも悪くも「カッコイイ」です。このカッコイイの要素には「カジュアル的なエッセンス」も少なからず含まれます。 例えば、 (1)ジッパーの色を変える。 (2)ボタンや金具などの仕様が凝っている。 (3)ポケットデザインや、襟形状などカジュアル路線 などが挙げられます。いやいや、誤解しないで頂きたいのですがそれらの作業服が「悪い」って言ってるんじゃないんです。ただ、お店をやっている以上、「似た感じの作業着は必要ない」という意識もあるんです。ですから、これだけ巷に「カッコイイ作業着」が出てきて、ドコの作業着屋さんもカッコイイ作業着を置き始めると、今度は私(作者)は、もっと「ベーシック」で「シンプル」な作業着があってもいいんじゃないかって思っていたんです。 そこへ現れたのがこの作業着。飾りつけやカラーで「カッコイイ」を表現するんじゃなくて、出来るだけ無機質で出来るだけ無誇張のデザイン、この作業着は、 カッコイイではなく、”美しい”作業服 だと、心底ほれ込みました。 とにかくシンプルが強烈に打ち出されたこの作業着には他にもこんな特徴を兼ね備えています☆ 【まさに日本人らしい作業着。”美しい”を表現したポリ100作業パンツ】 ■素材・・・ ポリエステル100% で作られたこの作業服は、ポリ作業服らしい「テリ感」と抜群の「形態安定」を約束します。実は最近、めっきり「ポリエステルの作業着が減った」と思っていたところでした。理由は簡単、最近の作業着ってカジュアル的なビジュアルも必要としており、このポリエステルのテリ感はカジュアル衣料では「無し」のカテゴリ。必然的に綿混素材や、綿素材の作業着ばかりが注目されるようになりました。(ちょっと昔はほとんどがこのポリ100作業着だったんですよ(驚)) ■美スタイル・・・この作業着、当店の作業服担当者が 全くのゼロから作り上げたフル・オリジナルデザインの型紙 を採用しています。ポリ100%の作業着って上述通り、あったとしてもデビューからかなり経過しているものが多く、正直形が「昭和」のままなんです。昭和から平成へと受け継がれてはや20年超、この時間の経過の間に「メタボ」が注目され、カテキン・トクホなどの健康飲料も増え、日本人全体の体系も変わってきたと思います。 この作業着は、何十年もかけて進化してきた日本人の体系をしっかりサポートするために、イチから作り直されています。具体的には、 ノータック・・・ワンタック・ツータックというのはいわば「どんな体系のお客様にも同一の作業パンツで対応しちゃおう」という作業服メーカーさんの工夫の現われです。がしかし、細身のお客様や長身のお客様にはなんとも不細工な見た目になってしまう事もしばしば、その理由は太もも周りがブカブカになってしまい、不恰好になってしまうことが原因でした。 しかし、時代も流れカッティング技術が進化した今あえてタックを付ける必要も無くなりました。絶妙なバランスでカッティングされたパンツは、タックがなくても恰幅の良いお客様もガタイのいいお客様も、そして線の細いお客様もすっきり穿けるフォルムになりました。 股上・・・最近流行の作業パンツは股上が浅いんだよな!っていうお客様、意外と多いんです。でも安心してください。当店がこの作業パンツに求めることは「ローライズ(浅い股上)でスラッと足長効果」なんて全く狙っていません!!ですから、仕事の成果が出やすいように股上は元来の作業パンツと変わらないサイズにしました。 裾幅・・・ここは悩みました。私(作者)は今の作業パンツって「裾幅広すぎでしょ派」なんです。あと2~3センチ裾幅縮めても絶対仕事に影響は無いと思っているのですが、なかなかこの部分は当店内でも意見が割れました。そこで最終的に「一般市販されている裾幅よりも1cm程度」狭くするという決断に至りました。その理由はやはりコンセプトにある「作業着らしい作業着」を貫き通すためでした。 ■美デザイン・・・見てください。このデザイン。超シンプルです。それでいて作業服に求められている要素は何一つ削っていません。両胸ポケットも、両ハンドポケットも、ペン差しだって完備。私は常々「美しさを求めると、それはシンプルになる」っていう考えの持ち主ですから、まさにこのシンプルなデザインは「美しさの骨頂」だと思っています。 ■リッチテイスト・・・でも、作りをシンプルにしてデザインもシンプルにすると「安っぽく」見えてしまうこともあるんですが、これは何故かそうは見えません。実は、生地に工夫を施しており、よ~く見るとリッチモデルによく使われる素材「ヘリンボーン」を採用しています。このさりげない仕様がトータルバランスを向上させていることは間違いありません。 私は今年でこの業界に入り18年になりますが、これだけシンプルでこれだけ美しい作業着に出会ったのは18年を振り返ってもそうそうありません。「なんか最近の作業服を着ることに抵抗感を感じていた」、「なんかチャラチャラしたデザインの作業服が増えて俺は好かん!」っていうお客様がいらっしゃいましたら、是非、この作業服をご検討いただけたら幸いです。  今現在も大人気の当店オリジナル作業服「20918/915」シリーズもございますが、大きな違いは「生地の素材が違う」という事と、「パンツが裾上げ済みかオフセットモデルか」の違いです。  最後に私が着てみました!! 身長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段着るTシャツのサイズ:Mサイズ、普段着る作業着のサイズ:LLサイズ の私が着てみました!!すると驚き! 上着はシャツ1枚インアー着用でLサイズでピッタリ!パンツは82cmでOK でした!!作業着って今までLLサイズじゃないと袖丈が合わなかったんで仕方なくLLで着てたんですが、このモデルではLサイズでピッタリです。つまりサイズ感が「普段着るアウターに近い」印象です。いやぁ、見た目もシュッとして最高ですね!!ダラッとした作業着を着たワーカーをよく街中で見かけますが、これだとワーカーと通じて会社のイメージも上がりそうです☆是非、作業着一新を考えている社長さん、候補に入れてください。 屋外での作業には全般に向いているので、設備系、電設系、大工さん、鳶さんの上着としておすすめ です。当店が無いから作った美しさを追い求めた作業着の誕生です。 Prono プロノ 美ワーカーズノータックカーゴパンツ PCP142 超激得,送料無料

EXOCET エグゾゼ 新 ウレタンストレッチレインパンツ”防水” F 11002P 2016 WEX 年間 カッパ 正規品,お買い得

F-11002 エグゾゼPU/ズボン 製品寸法 サイズ 総丈 股下 前股上 後股上 S 99 66 38 44 M 102 68 39 45 L 105 70 40 46 LL 108 72 41 47 3L 111 74 42 48 4L 114 76 43 49 5L 117 78 44 50 【4L~5Lサイズはコチラ】 【お揃いのジャケット】 →「EXOCET」レインジャケット ■■■商品説明文■■■ 当店で大人気なのは・・・「つなぎ」でしょう!、「ナナロク」でしょう!、「長靴」でしょう!そしてわすれちゃいけないのが・・・、 そう!雨ガッパ、レインウェア!! です!!! 当店はもともと作業用品専門店ですから、レインウェアの選定基準も職種に合わせて実に様々。。。「作業用だから安くて良い」っていうお客様用レインウェア、「作業用だけど快適に着用したい」っていうお客様用レインウェア、「重くても暑苦しくでもいいから丈夫なカッパが欲しい」っていうお客様用レインウェア・・・実にバラエティー豊富な品ぞろえで実際、多種多様なお客様に現在愛され着用されています。  しかし、気がついている人は既に気がついているかも知れません・・・。実は「ある用途のレインウェア」が長期欠品しております。それは・・・ 「縫い目ナシの伸縮性雨カッパ」 です。知っている方はかなり”通”ですが、その素材とは「ウレタン」。ウレタンとは防水性は100%「完全防水」なので、通常のレインウェアのように裏から防水フィルムコーティングは必要無いんですね。工程が一つ少なくて済むんでそれだけでまず「軽量化」が図れます。そしてウレタンがもつもう一つの特性は「伸縮性が良い」事です。両手の指でつまんで引っ張ると、確かに全方向に対して伸縮性を確認する事ができます。そして取って置きの特徴が「縫い目がない=ウエルド加工」を用いて、各主要パーツの結合はこの圧着製法で 縫い目が無く、縫い目からの浸水という事態は縫い目がなくなることにより論理的にありえなくなりました 。 【こんな人に向いている、伸縮「ウレタン」レインウェア】 (例)雨の日に着る・・・じゃなくて、仕事場が水気が多い場所。→→→通常のナイロン・ポリエステル素材のレインウェアは雨の日に着たりする「限定的な要素」で着用するなら快適ですが、「毎日のお仕事で長時間着用する」とかになると耐久性にやや不安が残ります。摩擦による表素材の僅かな損壊が防水の壁を破るからです。その点ウレタンは、上記のとおり「ウレタン自体が防水素材」、そして持ち前の「生地厚」から多少の表素材の損壊が発生しても水際で持ち堪える事が可能です。(トンネル工事現場/洗車場/コンクリート工場養生作業) (例)立つ・しゃがむを繰り返すお仕事。→→→これはウレタンの伸縮性を抜群に活かしたお仕事といえそうです。荷物を運んだり、車に乗せたり、おろしたり、また別の場所に移したり等のお仕事には必ず「立つ・しゃがむ」を連発する動作が発生します。その際、カッパの「背中」や「肩」、「お尻」「膝」が伸び縮みしレインウェア全体に掛かるストレスを軽減することが可能です。(運送業/引越し業/配達業) (例)一定の体勢で長時間維持する仕事・作業。→→→例えば趣味でする「釣り」。岸壁や、埠頭に腰を掛けて長時間します。腰を掛けるとき、まず「背中」、そして「お尻」、「膝」にテンションが掛かりストレスが発生します。しかし、このレインウェアは伸びた状態で素材を維持し、重量も軽いするので長時間同じ体勢でも疲れや凝りを感じにくいはずです。(陸釣り/バイク便/オートバイライダー) どうです??ウレタンの素材のレインウェアは、他店様を探してもなかなか見つからない素材です。それだけ「ウレタン」という素材は、レインウェアに転用しづらくまた作れたとしても「高コスト」なため、パフォーマンスが落ちてしまうんです。当店はそのウレタンウェアをしっかりと「低コスト」で製造出来るメーカーさんとめぐり合い、長い交渉の上、販売しているのでこの価格が実現出来ています。  早速、手に届いたばかりの(新)レインウェアを早速触りまくってみました☆。まずは質感、うん凄くイイです、しっとりした風合いは格別な一格上なレインウェアの素材を彷彿とさせ、またレインウェア特有の”カサカサ”音がありません。また、そんなに気にする人もいないかもしれませんが このレインウェア、全く臭いがしないんです 。上着に関してはボディと袖、ボディとフードは「ウエルド加工」を施しているので継ぎ目が裂けない限り浸水の可能性は0です。上着で唯一の収納となるハンドウォームポケットは両脇に設置しており、ポケットへの浸水を防ぐために前立てフラップを両端でリベット打ちし、フラップがめくれ上がって不用意な浸水を極力低減したポケットデザインに仕上がっています。 また、溶着されているフードは「襟収納式」なのであくまでイレギュラー対応程度のフードです。工事現場、オートバイ運転であればヘルメットが義務付けられているのでフードが簡易バージョンでも問題はありませんよね?!また、あると嬉しい「両裾スピンドル」は、ゴムひもを引っ張るときゅぅぅ~ッと裾が絞れます。これで台風などの雨+風のお天気でも裾からの浸水はほとんどなくなりました。  今回、共通のパンツとしてラインナップされたのが トレパン(ウエストゴム)タイプとサロペットタイプ。 どちらもブラック1色で統一されており、トップスにどのようなカラーが来ても落ち着いた雰囲気に仕上がるように作られています。  まずは、肩掛けのバンドが取り付けられている「サロペットパンツ」ですが、とってもシンプル。同じサロペットでも当店屈指の漁師さん用カッパ”マリンウェア・サロペット”に比べるとかなり細身のデザインです。どちらかというと、スッキリしたフォルムはカッパのサロペットパンツというよりは「ツナギのサロペットパンツ」のイメージの方がピッタリくるかもしれません。肩バンドはゴムを使用し、しゃがんだ際もこのゴムバンドが伸縮、なおかつウレタン素材自体も伸び縮みしますからサロペットだからといって肩が突っ張ることもありません。両脇にはマジックテープで簡単にウエストを絞る機能も付いていますから、ウエストのゆとりが気になる場合も手袋をしたままでキュッと調節が可能です。裾はプレーンなストレート。裾には裾幅を調節する「マジックテープ」が付いていますので幅が気になる・・・というよりは、長さが気になるお客様はここで絞っていただけると、裾がシューズに引っかかり裾を引きずる事はなくなります。  続きましては、ウエストがゴムで絞られている「トレパン」タイプ。基本的には同時発売の「サロペットパンツ」と相違はない機能性ですが、このパンツの特徴をあえて言うならば・・・「脱ぎやすいし、穿きやすい」でしょうね(苦笑)。「そんなもん、わかっとるわ!」とお叱りをいただきそうな雰囲気ですが、実は結構重要な要素。例えば「事務所」と「現場」を頻繁に渡り歩くようなお仕事であれば、脱ぎ穿きを優先したほうがイイと思いますし、一方一日中水気の中で仕事をされているお客様なら、脱ぎやすさよりも「ウエストよりも高い位置での防水(より高い防水性)」を求められると思うからです。この部分はお客様のお仕事を優先されたご選択をされると良いと思います。 最後に、作者である私が実際に(新)ウレタンレインウェアを着用してみました!! 身長:178cm、体重:66kg、ウエスト:82cm、普段着るレインウェアトップスサイズ:Lサイズ、パンツ:Lサイズ の私が上下で着てみたところ・・・、 どっちともLサイズでバッチリ☆ でした!!いやぁ、久々普段のサイズとおりで作業着が選べてよかったです。普段とおりで良いっていうことは、サイズ選びで悩む必要も無いってことですから、きっと多くのお客様も楽に感じると思いますよ! あ~、最後に肝心な事を言うのを忘れておりました。カッパといえば「防水」、そしてカッパといえば「ムレる(汗をかく)!」っていう問題がありますよね?この商品はどうかというと・・・、残念ですが防水性を高めるため、ボディには高い機密性を持たせており、ムレた空気の逃げ口はほぼゼロ・・・、つまり「汗は発生する」レインウェアと言えそうです。夏場に使用される際は、吸汗性の高いインナーウェアの着用を強くオススメいたします。 EXOCET エグゾゼ 新 ウレタンストレッチレインパンツ”防水” F 11002P 2016 WEX 年間 カッパ 正規品,お買い得

在庫限り終了 76Lubricants ナナロク ミニヘリンボンワーカーズパンツ No.76 CP121* ワークパンツ 作 着 作 ズボン カーゴパンツ メンズ * 低価,人気セール

→大きいサイズはこちらから ■■■商品説明文■■■ 日に日に秋が近づいてい来る今日頃ごろ、つい何週間前の「あちぃ~な~(汗)」って言ってた日が今更ながら懐かしく思います。秋ってこんなに大急ぎできましたっけ??きっと北海道だけではなく、全国各地もう思える人って増えているんじゃないでしょうか?? 当店ではただいま、秋のワークシーンを飾る秋冬物作業用品がワッサワッサと入荷中☆毎日、本当に凄い量が入荷になっていて私(作者)を含め、制作部門はただいま誰も口利かぬ状況で殺伐とした雰囲気で掲載作業が進んでおります。 さて、そんな折今日は、超目玉級の新商品をご紹介!!いつもは「掲載予定表」を元に掲載作業が進められるのですが、例のごとく「この商品」はある意味「いつも特別扱い」で他の商品を追い抜き優先掲載される商品です!! そう!!その名も 「UNION76 公認ワークカーゴパンツ」 。「おいおい、俺をナメてもらっちゃ~、困るなぁ~。この商品はもう売ってる商品だろ!!嘘つくんじゃね~!!」と怒り心頭のお客様・・・、そうお思いになるのも当然かも知れません。そうなんです。画像を見てもきっと当店と長いお付き合いの客様なら「え?知ってますけど・・・」と思われても仕方がないくらい、昨年の秋に販売した ナナロク・カーゴパンツ”No.76-CP111” にソックリなんです。 でも品番を見てみると、前作は「CP111」で「CP121」、確かに品番が違いますよね。そうなんです、 見た目はそっくりですが、確かに品番を変える必要性があるくらい品質に差が出る商品 になったんです☆ 【ココが前作と変わった!新作ナナロク・カーゴパンツ!!】 ■生地・・・前作(CP111)のカーゴパンツは、元々「春・夏用」で開発された商品で、その軽さと独特なクタッとした感じが新鮮ですが、いかんせん、 我々のような北の地に住むものにとっては秋・冬穿けない っていう悲しい現実が待ち受けています。しかし、今回は相当生地厚になっており、北の大地はもちろんのこと東北地方や、雪の降る地域でも十分ワークパンツとして使えるクオリティに引き上げられています。 ■生地〓・・・前作は無地だったのに対し、今作は・・・驚いちゃいけませんよ☆、なんと!!! ミニ・ヘリンボン で作られています!!!「ん?ミニ・ヘ・・・、何??」っていうお客様、ヘリンボンっていうのは生地の「織り」の名前で通常、生地は無地で仕上がられるのに対し、ヘリンボンはよ~く見ると「縦じま」になっているのが分かりますか?これは「左斜め方向」「右斜め方向」の生地が交互に繰り返されて織り成す製法で、その特徴はのっぺらぼうになりがちな生地の表情を「リッチ(上質)」に、そして「ファッショナブルに」変化させます。 ワークパンツとしてはより「上質」に、そして普段穿きにとってはより「ファッショナブル」に進化 したワークパンツなんです!! カラバリこそ見栄えは変わりませんが、それ以外のスペック、特に生地感は恐ろしいほど良くなりました!!「このパンツ、カッコイイんだけど生地が薄くてなぁ~」ってこれから先の季節を考えるとどんよりしてたお客様!もうそんな心配はなくなりました。これぞ、最高のナナロク・カーゴパンツです。 その他の各種ポケットや、また上浅目の「美」スタイリングのシルエットはそのままで、ノータックで細身のお客様でもキレイに穿きこなせるシルエットは、もはや作業ズボンとは言えないレベルに達しています。また、ポケットはチノパンのように「斜めアクセス」のハンドウォームポケットに、左右見事に非対称な「アシンメトリ」を採用、よくある「ワークカーゴパンツ」のように「そんなにふとももポケットデカくても入れるものないよ!」と突っ込みをいただきそうなポケットではなく、カジュアル性・ファッション性に富んだデザインに仕上げているのもナナロクらしいですよね?? 一時、確かに全体にルーズなデニムやカーゴパンツが流行しましたが、現代は間違いなく「フィット(無駄なゆとりが無い)」シルエットが好まれ、またそれが流行になりつつあります。 ワークパンツ(作業ズボン)がルーズなシルエットが多い中、このナナロクカーゴのような「ファッションでもイケる」カーゴパンツは、全国作業服屋さんなんてたくさんありますが、探してもなかなか見つかりませんよ! このくらいの出来であれば、ファッションショップでは5~6000円はしてしまいそうですが、そこらへんはさすがナナロク。 きっちりと作業パンツとして使ってもらえるギリギリの価格、3,900円に収めてきました(驚) 。 オシャレに気を遣う車屋さんやバイク屋さんのお店のスタッフ着・整備着として、また「制服」という観点に割と捉われず自由な作業着を着ることが多い「内装屋さん」や「設備屋さん」、休日をジーンズやチノパンで過ごす機会の多い世のお父さん、アメカジが大好きなお兄さんや、プレゼントにも最適です!! 最後に作者である私が実際にこのカーゴパンツを穿いてみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くパンツ・ジーンズのサイズ:82cm、31in の私が穿いてみたところ・・・、 Lサイズ(82cm) で問題がありませんでした!!いやぁ、穿いてみて改めて思いましたけど、イイラインが出ますねこのパンツ。特に裾の幅が他の作業パンツと全く異なります。 ヒップから裾にかけて、一気にテーパード(細くなっていく)がかかってる んですね。ひざから裾までのラインは、ファッション着としても◎。友達にも紹介したくなる一本です。 ただし、前作とそうだったんですが私がこの商品に対して思うことは「もうちょっと股下が長いと助かる」という点。デフォルトで80cmの股下ですから、私も当然問題無いはずですが欲を言えばあと2cm長くても良かったなと感じます。 夏物と比べると、ずっとタフに、そしてファッショナブルに生まれ変わったこの商品、もう「前と同じじゃん!」って思うお客様はいなくなったと思います。 ナナロクカーゴが一年中穿けるようになったんですから、夏物を買ったお客様、そして今作から商品を知ったお客様、どちらのお客様も買わない理由なんて無くなりましたよね(笑)。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L(+500円) ウエスト747882869196 ヒップ97101105109113117 ワタリ30.531.532.533.534.535.5 裾幅202122232425 股下787979808080 在庫限り終了 76Lubricants ナナロク ミニヘリンボンワーカーズパンツ No.76 CP121* ワークパンツ 作 着 作 ズボン カーゴパンツ メンズ * 低価,人気セール

BURTLE バートル T Cツイル 夏用ワークカーゴパンツ 6106 品質保証,定番

→お揃いのブルゾン サイズバスト肩幅袖丈着丈 SS102415560 S108445662 M112465864 L116486066 LL120506268 3L124526270 4L130546372 5L136566372 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  当店では、ネットでもしっかり作業服のよさを伝えネットも買いやすい「価格」と「実用性」、そして当店掲載基準のさいだい要素「ファッション性(カッコよさ)」が揃った商品を掲載しています。ですから当店を通じてお客様にお伝えする「作業服」は、いわば当店内の厳しい「チェックをクリア」した作業服であり、いつも最初にお客様が「こんなにあっちゃ、どれにしたらイイか分からない」という精神混乱状態を、予め当店が絞りを利かせる事により、ググゥ~ッと選択がしやすくなりました!!  当店の採用基準は上記の通りで、これは「昨年も取り扱ったからこのメーカーは来年もやろう」とか「当店と仲良しのメーカーさんの商品を優先的に取り扱おう」などといういやらしい選考基準はありません。いつもフラットな精神状態で「メーカーさんや過去の取引額」に関係なく、純粋に作業服の未来を考えているメーカーさんの作業服・作業用品を選定しています。その結果、当店で最速お届けサービスにご協力いただいている「SKプロダクトさん」や「BURTLEさん」の商品が多くなっていることは、ご協力いただいているからではなく、「当店の目指す作業用品の方向性と良く合致している商品を企画・開発」されているためです。今回、ご紹介の商品も昨年のリリースから圧倒的な人気を誇っていた6091シリーズの夏生地バージョン、たくさんの作業服の中から「ダントツ」の人気で見事当店掲載を勝ち取ったBURTLE社製の最新夏生地作業服です!! 【大人気”6091”が究極進化!ブルゾンのココが凄いよ!ポイント】 ■生地・・・サンプルの時からこの商品で使用されている生地の凄さが伝わってきました。何が凄いのかっていうと”生地厚”と”風合い”です。多分、私がここで伝えないと大部分のお客様が「これって綿100%だろ?」と誤解を受けかねないほど、しっかりした表素材は「パリッ!」とした肌触りと、「どんなハードなお仕事でも屈することの無い生地」が最大の特徴です!!そう、これぞBURTLEさんの真骨頂国産生地にこだわった綿混素材(綿65%、ポリエステル35%)です!!BURTLEさんはその生産の全てを海外へお願いしているわけではなく、創業以来ず~っと「生地は国産を使うべし!!」っていうのに重点を置いて作業服を作っているんです。  今でこそ「国産生地」っていうと「へぇ~」って感心してしまいますが、昔はドコのメーカーさんも国産の生地を使っていたよう。それが時代の急激な流れにより、「製造は海外に委託」され、そしていつか「生地も生産も全て海外で」という風潮に業界全体全体が流されていきました。もちろん、それが悪いとは私(作者)は思いません。その結果作業服に不可欠な「圧倒的なコスパ(低価格)」が手に入りますからね。でもBURTLEさんはその領域には踏みこまなかったんです。「BURTLE製品は、着た後からが本当の勝負」とメーカーさんも意気込んでいる通り、BURTLE製品は国産の生地を使用している点から「着古した時の風合い」や「作業服としての寿命も長い」などといった全国各地のユーザーさんから絶賛されているんです。 ■シルエット・・・これもBURTLEさんらしいポイント。昨今、周囲の作業服メーカーがカタチにこだわって作業服の既成概念を打ち崩すデザインやシルエットの作業服をたくさんリリースする中、BURTLEさんは「作業服として守るべきポイントをしっかりと守る」姿勢を決して崩しません。この姿勢がいまや「頑固者」といわれる「職人さん」や、ベテランの「ワーカーさん」にとって心地よすぎるメリットになっているんです!  昨今の作業服でも流行の「ショート丈」や、「タイト(細身)デザイン」、「装飾付属(キラキラしたボタンや装飾ジッパートップ)」などのスタイルは決してBURTLEさんは踏襲しません。着丈も、身幅も、そして付属も全てスタンダード。ここにファッション性を求めません。、これはBURTLE社の「作業服なんだから、いろんな人(体型・容姿・年齢)にきちんと作業をしてもらうのが一番」と考えるからこそなんです。 では画像をご覧頂いて、「この作業服って地味??」って聞くと、全員が「オシャレ」と答えます。ここがBURTLE製品の凄いところ。そうなんです!見た目ではなく、着たとき・仕事した時のことを想定しているからこそ可能になる、”内側”からファッション性がにじみ出てくるんです。襟の大きさだって、形だって袖形状だって昔と大差ありません。しかし、全体を見ると何故か「オシャレ」。これこそ作業服メーカーさんの出来る芸当”スキル”だと思います! ただし、全てを昔のままに当商品を作ったわけではありません。アームホール(腕と肩が合わせる周囲径)は昔よりもず~っと細め。この部分って昔からそんなに必要な太さって無かったんです。ですからここは自然とカットされていました。 ■機能性・・・届いた瞬間に感じていただけるのは「なんかゴッツイ服だな~」と思いますが、コレが着てみると実際はそうでもないんです。きっと腕の取り回しに、肩甲骨に辺りにある「ウイングカット(タックのようなもの)」は夏対応モデルということで大胆に 通気性が良いメッシュ に仕様が変更になっております。同様にわきの下にある 「ダイヤカット」もメッシュ化 されており、腕の取り回しと通気性の良さはほぼ完璧になったと思います。肩甲骨のタックは腕を前に向けた時に、このタックが伸びてストレスを感じなくさせる効果があり、脇の下のダイヤカットは、本来存在していない生地でありこの生地を前身・後ろ身・腕の間に入り込むことにより、腕を上げた際の身頃のモタツキや引っ張り・ツッパリにおけるストレスを軽減させています。 ■デザイン・・・BURTLEさんの製品って、絶対「ファッション性を優先した結果、○と○の機能性は若干損なわれました。」的な事は絶対にありえません。まず優先するのが「ワーク(仕事)」なわけですから、機能性を犠牲にするなんて考えはハナからありません。両胸元の大きなポケット、貴重品やメモを入れておく「ジッパーオープンポケット」も完備、両脇のハンドウォームポケットは入り口を若干小さくして生地を重ね、屈曲した際にも中身が落ちないような工夫が施されています。そして、こんな事ってあるんでしょうか、この価格帯で裏地に裏ポケットも装備します。どうです?これがBURTLE クオリティなんです。しかもこのモデルだけがこうなんじゃなくて全ての製品に対してこの「BURTLEクオリティ」は存在します。 そして今回の商品にはちょっとしたアソビ心が。脱いだ時に首元にチラッと見える「トリコロール・テープ」。こういう所に全力を尽くせるメーカーさんなんです。 【ココが凄いよ!おそろいカーゴパンツ!!】 ■生地・・・当然、 夏用の薄生地素材 です。お揃いですから生地はブルゾンと同クラスの生地厚と質感。どうしてもパンツの傷みが早い作業ズボンですが、こだけ生地がしっかりしていてタフだときっと、ブルゾンと同じくらい長持ちするに違いありません。 ■シルエット・・・当商品今流行のウエストの折込タックがない「ノータック・カーゴパンツ」。「俺ぁ、ノータックなんてキツくて穿かないよ」というお客様、幸い当店は返品をお受けできますので、どうか試しにこのノータック・カーゴパンツを一度穿いてみてください。実際、穿いてみると実感できますが、ウエストからワタリ(ふともも)にかけてまるで1タックパンツのようなゆとりがある事に気がつくはずです。少なくてもジーパンのようなパツッとした雰囲気にはなりませんよね。これこそ「マジック・ノータック」と呼ばれる手法で、見た目こそはオシャレなノータックですが、履き心地は機動性の高いワンタックのような履き心地なんです。これでスッキリした見た目で、いつも通りの仕事(成果)が約束されるわけです。BURTLEさんらしいこだわりが見え隠れするポイントです。 ■機能性・・・ふとももサイドにデッカイポケットが2つ付いています。これはデカイです(笑)。これ以上大きくしようがありません。多分このポケットにいっぱいモノを詰め込むと動けなくなりますね。。。でも、スッキリとしたポケットですから何も入れなくても、ファッション性は高くなります。 ■デザイン・・・ただ一点!!BURTLEさんにお願いしたい事が・・・。それは「センターバーツ(折り目)」を何とかして「サイドバーツ(パンツの真横に折り目がくる)」になるように袋詰めをお願いできませんか??・・・って多分、当店の担当者も伝えてると思います。きっと工場の都合がつかいないのかな??でも、当店は引き続きお願いし続けようと思います!! 以上、これがBURTLEさんの期待の新商品の全容です☆どうです??既にBURTLEさんのファンのお客さまも、そしてこれから作業服を買おうと思っているお客様もこれ以上、悩む必要のないクオリティだと思いますよ。そして!!そんなお客様に当店から当商品に関して最後のサプライズ!! それは・・・ 新商品6101ブルゾンのお値段は1着、2,690円!!(驚) 新商品6106カーゴのお値段は1本2,490円!!(驚)   どうです??多分、この価格を聞いて「や~めた」っていうお客様は皆無では??そう、BURTLEさんが最後に仕掛けたサプライズは「国産生地を使用し」「どんな方にも愛されるデザインにこだわり」「いかに暑い夏を乗り切るか」、そして最後は「圧倒的なコストパフォーマンス」だったんです!!いやぁ、凄いですね。 最後に作者である私が実際に着用してみました!!身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着る作業ブルゾンのサイズ:LLサイズ、普段穿く作業ズボンのサイズ:82cmの私が上下であわせてみたところ・・・、ブルゾン→Lサイズ、パンツ→82cmでカッコよく着こなせました!。ブルゾンはやっぱりBURTLEさん。LLだとちょっと身幅が余ったのでLサイズにしたら変なゆとりが無くなってスッキリしました。 ドコよりも早くリリースしようと思って、ず~っとBURTLEさんと打ち合わせしていました!!どうです??ドコよりも早かったですかね??(不安) BURTLE バートル T Cツイル 夏用ワークカーゴパンツ 6106 品質保証,定番

BURTLE バートル 働く女子専用作 服ヘリンボンテーパードストレート 1509 2016 WEX 年間 作 服 レディース 高品質,人気

→お揃いのブルゾンはコチラ☆ →同モデル・紳士サイズはコチラ☆ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 何故、こんな事が起きてしまったかは当店としても理解に苦しむことなんですが、本来、この商品は「2015年初頭に」発売される「ハズ」でした・・・。ですが、なかなか在庫が揃わず、とても当店の見込み受注数に対して在庫がメーカーさんでも足りておらず、この間、ようやく入荷したのもごく僅か・・・。もの凄くカッコイイ作業服だったので、出来れば春3月に皆さんにお披露目したかったのですが、女性用売れ筋サイズであるSS,Sサイズが一桁の在庫ではとてもじゃありませんが、皆さんにご紹介できるレベルではないと、正直、かなり在庫は少ない状態ですが、あえて秋までご紹介はせず、秋から一気に売り出そうと思っておりました。 しかし、そんな呑気を事を言っているのは当店だけなんだと、先日、散々待たされた畑美人からお叱りを頂戴しました。 -信じて待っているのに、一向に発売の気配がない。売ることが出来ないなら女性トップページ上で紹介するのはいかがなものか- ハッと思いました。全ッ然、この商品を待ってくれている畑美人の事など、口では大事にしているといいつつ、ないがしろにしている事に気が付きました。秋には・・・など悠長なことを言わず、今当店でかき集めるだけ在庫をかき集めて出来る限り 最速で商品をご紹介しよう!!と改心いたしました!!そして、本日、決して大量に在庫があるわけでもありませんが、やっと商品をお伝え出来る日がやってまいりました!! BURTLE製の女性専用ワークウェア!!! のご紹介です!!もう既に何ヶ月もページ上でイメージを公開していたのでカッコよさは伝わっていると思いますが、実際に実物を見ても、メンズモデルと遜色ない、非常にハイ・クオリティな1着に仕上がっています。 しかも単純に「女性専用の型紙を使用した作業服」という程度であれば今までも、数社かそのデザインを拝見した記憶はありますが、何故か変に味付けされており(ところどころピンクを使うとか(笑))、なんか押し売り臭い「可愛さ」が鼻をつくデザイン・シルエットが多かったのですが、これは間違いなく、 ガチガチのドボジョ仕様のカッコよすぎるワークウェア!! になっています。え?ドボジョって何かって??今話題の「土木ジョシ」の事です。ただ私(作者)、このドボジョという呼び名にはいささか違和感を感じています。なんていうか・・・なんか下品じゃありません??もうちょっと良いネーミングが無かったものかちょっと悲しくなっています・・・。 だって、外で筋肉むきむきの男性ワーカーに混ざって男勝りな仕事をするんですよ?!花屋さんも、カフェの店員も、ショップ店員も女性の人気の職種です。でも、男性陣に混ざっててきぱきする仕事もやっぱりカッコイイと思いません?今まではそんなカッコイイ仕事なのに、着る作業着がまともなものがない→紳士モデルの縮小サイズなどで、不細工な作業着も多かったんです。 でももうそんな心配は必要ありません!!誇りを持って仕事をしてもらえるように作業着も大きく進化しました!! BURTLEワールド全開のワークウェアを是非、その目でご確認ください!! 【これぞ、人気のレディース・ワークウェア☆完全無欠の決定版】 ■生地・・・綿70%+ポリ30%のちょっとゴワつくヘリンボン素材。ヘリンボンって遠くからみると縦ジマに見えるんですが、その縞の一つ一つが太くて遠目から見ると、光沢感がありとても綺麗な色調です。きっと太陽の下に下りるととても綺麗な発色をするんじゃないかと思っています。 同じ縦ジマでもヒッコリーのようにあからさまな縦ジマにはならないので、見ていてとても上品な仕上がりに見えるのはヘリンボンの特権だといえます。 ■抜群のシルエット・・・当店ではレディースの作業服が入荷した際、複数の「女性スタッフ」に着用してもらい感想を募ります。正直、カタログに載っているようなバキバキのモデルさんでは、販売店もイメージしずらい事があるんです。なので、カタログではモデルさんが超カッコ良く着てもらい、お店ではスタッフに着てもらって率直を印象を言葉にしてもらうことを大事にしています。 この商品、紳士モデル(紳士サイズ)も 同じ品番#1501で統一しているので、SSとSまでが女性専用の型紙を採用した特別モデル なので、ご注意ください。女性専用モデルは、 肩幅が女性の体型に合わせてせまく狭く、身幅を絞り、ウエストのくびれからヒップにかけてのボリュームアップに対応するため、裾(ウエストからヒップ)にむけてAラインの構造 が最大の特徴です。 BURTLEさんのファンは、BURTLEさんの持つ「イマドキながらもゆったりとしたサイズ感」が人気で、対応する年齢層も広い事が有名です。今回の女性サイズもまさにBURTLEイズムが継承されており、決して女性用だからって極端な着心地に傾かないように細心の注意がなされているモデルです。 ■綺麗なライン・・・特筆すべきは別売りとなっている「女性専用カーゴパンツ」。このパンツの出来は秀逸です。女性の下半身が野暮ったく感じない、それでいてローライズにはならない絶妙な股上を採用し、実際に履いてみたスタッフによると見た目以上に思ったよりも「ヒップの収まりが良かった」と言っていたのが印象的です。メンズに比べると明らかに裾に向けて細くなるシルエット「テーパート・ストレート」形状で、これは思った以上に「美脚効果」が見込めます。 決してスキニーではありませんので、履いてみて窮屈にならないのが◎。それでいて美脚効果・見た目がすっきりするんですから、”ドボジョ”ならずとも、ファーマーにもオススメしたい1本です。 サイドポケットも見た目を邪魔せず脚のラインに沿って出っ張ったりもしてませんので、本当に綺麗なカーゴパンツです。 これぞ、新しい「カッコイイ・レディース・ワークウェア」の新基準。せっかくカッコイイ仕事をしているんですから、格好もカッコしなくては勿体無いです。上着と上下で着るとよりワーカーっぽくなりますし畑美人には、カーゴパンツとお好みのトップスを合わせて、クールファーマーウェアとして大いに畑で存在感を発揮してもらいたいと思います!! 実際に画像で着ているスタッフは、 身長:162cm、体重:○○kg、ウエスト:○○cm、普段履くスカートのサイズ:9号、上着のサイズ:Mサイズ の彼女が着てみたところ・・・、 インナー1枚着用状態で上着:Sサイズ!パンツ:Sサイズでピッタリ☆ でした!! 彼女、いつもはOL風の格好をしているんでどちらかというと可愛い系ですが、この時ばかりは眼光鋭く「カッコイイ女子」でしたね。こうも着る服で印象が変わるって、メンズではそうそう無いかも・・・。と妙に納得してしまいました。 在庫はかき集めましたが、依然として少ないことには変わりありません。ず~っと待ってくれていた畑美人さんに是非、手に入れていただきたい1着です。 BURTLE バートル 働く女子専用作 服ヘリンボンテーパードストレート 1509 2016 WEX 年間 作 服 レディース 高品質,人気

シルモンド防水防寒パンツ 48341 高品質,セール

■お揃いのブルゾンはコチラから ■ 実店舗「プロノ」で 年間販売数4,000着超 (2014年) の超絶ヒット防寒ブルゾンの おそろいのズボン が登場です!! 【徹底解剖!!大人気の理由!!】 その1:とにかく暖かいんだよこれが!! 暖かさの秘密は中綿にあり!「シンサレート」という薄くても暖かい、高機能の中綿を使用しているんです。なんと、同じ厚みの一般的なポリエステル素材の中綿やダウンと比較すると、シンサレートの方が1.5~2倍の保温力があるんですよ!!保温力のカギは含む空気の量に関係します。シンサレートは中綿そのものの繊維が非常に細かく、より多くの空気をため込むことができ、高い断熱性・保温性を実現☆そのシンサレートをたっぷり使用しているんですから、暖かいのも頷けますね。 また、実店舗プロノは、店舗のほとんどが北海道にあります。その北海道のお客様が、厳しい真冬の寒さの中で着るために選ばれ続けているのがこの商品なのです!!北海道の真冬に着れる!!この暖かさは、北海道のお客様のお墨付きです☆ その2:よく考えてる~!!機能もりだくさん!! ■バックハイウエスト・・・しゃがんだときに背中が出づらいように、後ろの履き口(ウエスト)側が高く作られているんです!!おそろいのブルゾンは丈が短いので、セットで着たときに背中が出ないように考えられているんですね!もちろんおそろいのブルゾンでなくても合わせて着て頂けますよ☆ ■ベルトループ・・・ウエストにはゴムが入っていますが、ベルトループも付いているのでゴムだけでは緩いという方にも安心です! 通常のズボンは前に2本、後ろに3本の計5本が一般的ですが、このズボンは前に4本、後ろに3本(真ん中の一本は幅5cmで安定感があります)の計7本あるので、ベルトがずれることなく快適に着用できます。 ■フロントファスナー・・・ファスナー部分は安心のYKK製を使用し、上部にはパチッと止めるタイプのボタンが2つ、さらにマジックテープがついて、水を侵入しづらくするために2重比翼になっています。これなら開いてしまう心配もないですし、水が入りにくいのも嬉しいですね!! ■サイドポケット・・・左右に付いているポケットは、雨や雪の侵入を防ぐためポケットの入口に覆いかぶさるように別の生地が重なった被せ式のポケットになっています。重なった部分にはマジックテープが付いており、更にポケットの入口にはファスナーが付いています。これなら中のものは簡単には落ちないですね☆、ポケットの内側はトリコット生地になっており、ポケットに手を入れたときにも暖かいですよ☆ ■マジックテープ+二重裾・・・裾にはマジックテープ付きで裾幅を調節することができます。丈が長い時や、裾を長靴の中にしまいたいときに便利!また、二重裾になっており、内側には裾にゴムの入った裾が付いているので、冷気や雨雪の侵入から守ってくれますよ☆ その3:意外にないんだよこれが!!嬉しい「透湿防水」 一般的な防寒ズボンって、あくまで「防寒」なので雨やベチャ雪が降ると濡れて浸みてベチャベチャに・・・。 ですがこの商品は、 「透湿防水」 防寒ズボン!! 耐水圧は2000mmと一般的なカッパの中では低めの防水性 ではありますが、(当店のカッパ「クールレイン」・「アメプロレイン」:耐水圧10,000mm) 小雨やベチャ雪程度であれば、内側に浸みることなく快適 に着て頂くことができます!さすがに 濡れた場所でひざまずいたり座り込んだり、長時間雨の中で作業するとなると水が滲みてしまう恐れがありますので、その際はもっと耐水圧の高い「カッパ」をご使用くださいね! また、この商品は 「透湿性」 も兼ね備えているのが嬉しいところ!「透湿」という言葉は聞いたことはありますか?アウトドア用のカッパやスキーウェア、スノーボードウェアをお持ちの方はよくご存じなのではないかと思うのですが、私は入社して初めて聞く言葉でした。これは、 「水は通さないのに、水蒸気は通すことができる」 機能なんです。防水の商品は、内側で発生したムレを逃がすことができずに内側はベチャベチャになってしまうものがほとんど・・・。この商品は「透湿性」があり水蒸気となった汗(ムレ)を逃がしてくれるので、一般的な防水加工のみの商品と比較すると蒸れにくいというわけなんです。もちろん逃がしきれないほど汗をかけばムレますが、それでもこの機能があるのとないのとでは快適さが違いますよ! いかがでしたか?? 魅力てんこ盛りの頼もしい防水防寒ズボン!北海道のお客様に大人気の秘密が少しでも伝わってくれたら嬉しいです☆ 【実際に着てみました!!】 最後に、お待ちかね!実際に着てみましたのコーナー!! 身長170cm、体重60kg、ウエスト76cm、胸囲90cm、普段着るトップスのサイズ:S~Mサイズ(タイトに着るときはS)、普段着る作業服のサイズ:Sサイズ の男性スタッフに着てもらったところ・・・細身のジーンズの上から履いて Mでぴったり!! とのことでした。 お揃いのブルゾンはMだと丈や袖丈が短く、幅にゆとりはあるもののLサイズがいいと言っていましたが、ズボンに関してはLだとファスナーを開けなくてもそのまま履けてしまい、ベルトなしだとウエストが緩いとのこと。丈は長すぎずちょうどよかったので、ベルトをすれば履けますが、Mサイズでちょうどよいので、ズボンは買うならM!!だそうです☆履いた感じ、股上が深めに作られており、更に後ろの部分が高くなっているため、しゃがんでも腰が出ず暖かいとのことでした! 是非ご検討ください☆ 表地:ポリエステル100% 裏地:ポリエステル100% 中綿:ポリエステル100% 重さ:約660g(Lサイズ) シルモンド防水防寒パンツ 48341 高品質,セール

2015 初売 上下別売 76Lubricants ナナロク PUウィンターサロペット No.76 RS102B 新作登場,限定SALE

お揃いのジャケットもアウトレット☆ 【WEB製作者が語るイチオシポイント】 コチラは現在も大人気の「Dickies防寒ウレタンコート」の「ナナロクバージョン」なんです!!実は、同じ工場で作られているんですよ~!細かいディティールはディッキーズのものと同じですが、プリントがナナロクになるだけで、また違った雰囲気になると思いません??これぞ「ナナロクマジック」ですね!!  一応、「はじめてみた」っていうお客様も多いでしょうから、最初から商品のご説明を。この商品の一番の魅力は (1)軽さ (2)伸縮性 (3)防汚性 の3点。ウレタンという、カッパ素材ではダントツに軽い素材を使用しているので、見た目以上に驚くほど軽いのが特長です。冬場の作用現場では重ね着も常套手段になりますが、そんな際も楽々着こなしてしまうのがこのウレタンという素材です。また、もう一つのウレタンの特徴が「伸縮性」。指でつまんで引っ張ると簡単に伸び、また離すと元に戻ります。まるでゴムのような質感ですが、あまり知られていないゴムの特徴ですが、ゴムは「伸びたら伸びっぱなし」なんです。巷のゴムは伸縮性を持たせるため、ゴムに後加工を施しているんですね。それと、この生地厚と、伸縮性を出そうと思ったら、上記のようにかなり重たくなってしまいますが、ウレタンだと心配なし。見た目ゴツゴツしていますが、着てみると意外としなやか☆っていうのがたくさんのお客様にご好評を頂いています。  フードはボタンで固定され、フードエンドは襟の内部で固定されるので、たとえフードを被らなくても被っても、いつも襟元はスッキリとした印象です。ちょうど寒さが堪える肩の部分には、裏地キルティングの他、起毛素材を縫い付けていますので、いつもぽかぽかな着心地です。  もともと、漁師さんをターゲットに作られていますので海上での過酷な使用状況も想定され耐久性と防寒性は抜群です。  ゆったりした着心地なので、普段お召しになられているツナギや、作業着の上からも全く問題なく切着れるのがなんとも嬉しい限りです☆ 2015 初売 上下別売 76Lubricants ナナロク PUウィンターサロペット No.76 RS102B 新作登場,限定SALE

夏生地 BURTLE バートル 夏用ノータックカーゴパンツ 6086 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 品質保証,お得

【お揃い夏生地モデル】 →6081夏生地ブルゾン発売予定日2012/04/24掲載予定日掲載中 品番:6072 素材:ポリエステル65%/綿35% この商品は人気商品「6072」の夏生地モデルです。おまちがいの無いようにお気をつけください。 ■BURTLE自慢のカラーリングの特徴をご紹介!! ■ただの”安いパンツ”ではありません。コダワリのスタイルをご紹介!! ■■■商品説明文■■■  今までも当店では「カッコイイワークパンツ」を中心にご紹介し、多くのお客様にご好評を得てまいりましたが、やっぱり作業ズボンは作業ズボン、「もっと安くてカッコイイものを紹介して!」とご要望をたくさん頂いておりました・・・。  正直、使い勝手でいうと、向かうところ敵無し状態の「プロノ」レッドラベル裾上げ不要カーゴパンツが一番のオススメですが、あともう一歩!!っていう点が・・・。それは「タック」です。「タックって何じゃ?」っていうお客様はさすがにいないと思いますが、一応復習をしておきます。”タック”というのは、ウエストの帯のすぐ下、ハンドウォームポケットの上に配置されている「折り目」のことですね。この「タック」が入ると、ウエストはそのままでもワタリ(太もも)のゆとりが生まれるんです。作業ズボンは動きやすさが一番ですので、ちょっと前まではほぼ全ての作業ズボンにはこの「タック」が付いていました。しかし、現在、カジュアルとワークが限りなく近づいている今、カジュアルパンツを見てみると明らかに タックの無いパンツ、つまり「ノータックパンツ」が主流 になっていることが分かります。特にデニム(ジーパン)では皆無の状態。むしろタックが付いていると「ダサイ!」といわれる始末です・・・。では何故、昔のパンツにはタックが必要だったのか・・・。一つは当時の「穿き方」に特徴がありました。  当時の作業ズボンといえば「股上が恐ろしいほど深い」のが当たり前。お尻の収まりもいいし、動きやすいといえば動きやすいんですが、その代わり、ベルトの位置が腰のくぼみにくるため、「キュっ」と絞ったウエスト周りになるんです。ですから、当時の股上の深さできゅっとしたウエストを設定するとワタリも合わせて細くなってしまうんですね。だからこそ、太くするために「タック」が必要だったんです。  このモデルはまさに現在主流の「ノータックパンツ」。「おいおい、タックが無いってことは細いんじゃないのか!」といわれちゃいそうですが、ここからが現代の作業ズボンの違うところ。実は最近のワークパンツと呼ばれる分類の作業ズボンは、当時ほど股上が深くないんです。だから、穿いた感じも ウエストのくびれじゃなくて、腰骨の出っ張っている部分に引っかかる ような印象で穿きます。出っ張りの部分で穿きますから、当然昔の作業ズボンのように「きゅっ」としたウエストではなく初めからゆったりとしたウエストなのでワタリも自然とゆったりします。ですから、このモデルにタックを付けてしまうと今度は「太すぎる!」という事態を招いてしまうんですね。  タックが無くて見た目もスッキリしている上に、穿きやすい。そんなカーゴパンツが最新ブランド「BURTLE(バートル)」から発売されたら、当店としてやらない訳にはいきませんでした!!   生地はとてもパリッとした感触。とてもハリとコシがあります。 またある程度重量感もありますので、画像を見る以上にタフ(丈夫)な印象を持ちました。ノータックということもあり、裾まで「ズドン」としたシルエット、つまり「スリムタイプ」ではありません。ウエストに合わせて穿くとどうやってもルーズな履き心地になります。  とはいえ、冒頭の「もっと安くてカッコイイパンツ」とはつまり「安くて動きやすくて、形がしっかりしたパンツ」という事ですから、ルーズなシルエットでもお客様のご要望にはお応えできる自信があります。  ちょっとゴツめな安全スニーカー(スケータースニーカー)や、ブーツっぽい安全靴を合わせると雰囲気出ますね。大型のサイドポケットもルーズシルエットなら全然OKな仕様です!!  最後に作者である私が実際穿いてみました!! 身長:178cm、体重:61kg、ウエスト79cm の私が穿いてみたところ、「79cm」がピッタリでした。つまり、普段お召しになられているサイズで全然問題がありません。きっとイマドキのワークパンツの最先端のカタチを最安値でお試しいただくことが出来るノータックパンツです!!   同時発売でブルゾンもラインナップ! もし宜しければコチラをクリックして御確認ください!! 夏生地 BURTLE バートル 夏用ノータックカーゴパンツ 6086 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ * 品質保証,お得

EvenRiver ”EURO MODELLISTA”3Dカッティングワークカーゴパンツ US 902 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ 作 服*夜市 大人気,送料無料

【同じメーカーさんです】 →「デニム」カーゴパンツ 発売日発売中掲載日掲載中 必見、製作者が語るアピールポイント!!  春に向けて作業用品のご用意は順調に進んでおりますか?当店でそろえるなら是非「カーゴパンツ」は見ていただきたいです☆日本にたくさん「作業服屋さん」はあるでしょうが、正直ここまで「カッコよさ」にこだわって商品を品ぞろえしているお店もそうそうないと思います(笑)。逆に当店の弱点といえば、「当たり障りのない作業服が無い」っていう事になりますが、今のところ当店をご利用のお客様からそういったご要望をいただく事が無いので、今のところ必要は無いんだろうなと感じています。  そして!今回ご用意いたしましたカーゴパンツは・・・、 3Dカットワークパンツ です!!「ん?3D?メガネ掛けると飛び出すの?」とか思っているお客様、惜しい!飛び出しはしませんが3Dの意味までは合っています。3Dとは「スリー・ディメンション」の略称(by wiki)で、軸が3つに分かれている事柄全般を指します。例えば、「縦・横」のみで構成されたモノは「2D」と呼ばれ別名「平面」です。一方、同じ原理で「縦・横・高さ」と3つの基準軸を設けたモノを「3D」と呼ばれ通称「立体」です。一時期話題になりました「3Dテレビ」は、「縦・横・奥行き」の3次元を表現した3D映像ですね。一方、私も好きなアニメは、どこまで鮮明に描いても「2D」です。このような基準となる軸を3つ設けている3D、この考え方をなんと「ワークパンツ」に流用してしまったエーカーさんがありあす。その名も・・・「EvenRiver」さんです、お世話になっておりま~す☆  カタログで見て興味本位でサンプルを手配して、本日手元に届きました。 素材は綿100%のゴワ素材 です。EvenRiverさんっぽい、アウトドアにも使えそうでタフな印象を与えてくれます。畳んである状態では、正直どこが3Dなのかは全く分かりません。 【ここが違うぞ!3Dカッティング!】 ■製作方法・・・通常、一般的にワークパンツを製造する際には、「図面を引き」「型紙を起こし」「パーツに分け」「工場で一気に縫う」のが一般的。ところが当モデルのような商品は、 マネキンの足に直接布を当てて、そのまま型紙を起こし、パーツに分ける のが主流。つまり、誕生のきっかけが「机の上」なのか「マネキンの足」かの違いですね。机の上で図面に書く時は前述の理論でいうと「縦・横」の2次元。マネキンの足に当てて裁断を行う手法は「縦・横・高さ(肉厚感)」の3次元を元に作られます。もうお分かりですよね?そうなんです、この裁断(カッティング)方法こそが「3D 」と呼ばれるゆえんなんです。(当然、手間も莫大に発生します。) ■履き心地・・・マネキンの足が型紙を起こすベースになっている訳ですから、出来上がりもマネキンの足を包み込むようなふんわりとした仕上がりになります。当然、それが人間の足になっても同じ事。つまり、3Dカッティングは「立っていても」「座っていても」「動いていても」抜群の「自然」を演出します。世の男子が得意とするポーズ「ウ○コ座り(お食事中の方申し訳ございません)」も、一般的なパンツであれば股の辺りが突っ張って当たり前ですが、このパンツは全く問題ございません。「動きやすい」というよりも「何も感じない、自然」という表現の方が合っているような気がします。 ■畳めない・・・3Dカッティングのパンツをお持ちのお客様ならご存知の方も多いかもしれません。立体裁断(3D)で作られたパンツは、うまく畳めないです(2Dには戻せない)。そのため普通に畳もうとすると変な箇所に折りじわがついてしまいます。ここから先は私の個人的な意見ですが、こういう3Dカットされたパンツは「無理して畳まない」方が商品の価値を引き立てるような気がします。つまり、「ハンガー掛けでぶら下げておく」んです。そうすると変な箇所についた折りじわも無くなり、3D特有の「ふんわりした柔らかなフォルム」が現れます。これぞ3Dの良い形なんで、私の意見に賛同していただけるお客様は是非、挑戦してみてください。 なるほど~。ここまで細部にわたって見渡してみると、確かに一般的なワークパンツ、変わりどころを連発して掲載してきた当店としても「初めて」の取り扱いになるな。と実感しました。  全体的なシルエットとしては「太め」だと思います。ただしワイドパンツのような太さではなく「ふんわり」した太さなので、嫌がる事はないかなと思います。私も体の線が細い人間なので、ワイドと聞くと「いらないです」といっちゃいがちですが、これはOK。とても自然なゆったり感はさすが3Dですね。  またヒット作を連発するメーカーさんらしく、3D以外にもこだわりのポイントが多数存在。カーゴポケットを外付けでがちゃがちゃさせるのではなく、パンツに埋め込んでぱっと見た感じ「スラックス」にも見える外見を確立。また、それでいてハードユースにも耐えられるように、ポケットエンドの随所にはジーンズでお馴染みの「リベット」を打ち込んであります。通常、穿いた時にサイドに現れる「縫製」は、膝に向かうにつれ中心に向かって弧を描くラインは3D 特有です。このライン(縫製)は「人間の足が決して(表)と(裏)の単純な合わせで構成されていない」確固たる証拠だと思います。  シルエットとしては、膝まではゆとりがあるラインで膝で一旦タイトになって、裾に向かうにつれ”ややフレア”になる構造。私が太く感じたのは、「裾幅」の印象が強かったからかもしれませんね。実際に穿いてみるとブーツカットまでは行きませんが、ブーツ・長靴の上から十分に覆うことが出来る幅を有していると思います。 最後に作者である私が実際に穿いてみました!! 身長:178cm、体重:62kg、ウエスト:82cm、普段穿くパンツのサイズ:82cm、または31inch の私が穿いてみたところ・・・、 Mサイズでピッタリ! でした☆でも不思議な事が・・・、このパンツのMサイズのタグには「ウエスト75cm」の表記が・・・。いやいや75cmではないですよ。このゆとりは80cmくらいはありそうな気がします。 一応、タグ通り・メーカーさんからいただきましたサイズ表の表記をさせていただきますが、私の感想を信じて頂ける方は表記ウエストサイズ+3~4cmが実寸と思っていただけたら幸いです。 ここまで丈夫だとお仕事はもちろんの事、屋外作業全般やレジャー、お父さんのお出かけ着にだってなっちゃいます。恐らく、当店イチ「穿き易い」ワークパンツの登場です。是非お試しください♪ EvenRiver ”EURO MODELLISTA”3Dカッティングワークカーゴパンツ US 902 * ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ 作 服*夜市 大人気,送料無料

BURTLE バートル 夏素材綿100% ワークカーゴパンツ 8096 人気定番,豊富な

→お揃いのワークブルゾンはコチラ☆ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 「今年の夏物の作業着って・・・やらないの??」と不安なお気持ちのお客様、そんな事はないですよ!もちろん、当店でも大人気の作業着メーカーさん「BURTLE」さんの夏物作業着も発売になりますよ!! BURTLEさんって言えば、当店とは古くからのお付き合いでして最近のお話ではメーカーさんからお客様のお住まいへ直送するサービス「BURTLE エクスプレス」なんてサービスも行っていました。当店のWEB通販の可能性をひたすら信じてくれて、メーカーさんからお客様の下へ1年間ちょっとご協力していただきました。当店がBURTLEさんのワーキング(作業着)が大好きなところってやっぱり 抜群のカッコよさ☆ だと思います。 ただ私も作業着服屋さんの端くれです、もう一つ別の目で見たときもBURTLEさんの製品が好きなんです。 【ココが好きなんだ!!BURTLE商品の凄いところ☆】 ■こんな世の中にこそ日本製!・・・今や、家電も海外製、服も海外製、身の回りはほとんど海外製、もちろん作業着業界だってそのほとんどは「海外製」なんです。しかし!!こんな世の中にこそ「日本製の良さを知ってもらおう!」と動いているのがこのBURTLEさんなんです。私は一度社屋(広島県)へお邪魔させていただきましたが、製品のほとんどは今やアウトソーシング(外部委託)で作っている中、BURTLEさんはその社屋の中の一角に未だに「縫製工場」を構えているんです!!(驚)。その中には昔ながらの職人さんがミシンをリズム良く刻み、そしてアイロンがけをしていました。日本で作られる生地を日本の工場で、豊富な経験をもつ職人さんが緻密な計算の元、完成度の高い作業着を未だに作っているんです!! そう!つまり、当商品は国産の生地(綿100%)を使用した作業着 なんです!!今ドキ、日本で生地を調達したら結構お金がかかってしまい、ついつい海外製の生地を調達してしまうのが人情なんですが、BURTLEさんは今作だけではなく、以前から一部の作業着に関しては未だに国産生地にこだわって作っているんです☆ ■カッコイイの意味を履き違えない・・・カッコイイ=ファッショナブル。ほとんどの人がそう思っているし、ある意味、それでいいのかもしれません。ただし、BURTLEさんが考え、商品としてリリースする作業着は、 ファッションとしてのカッコよさ。ではなく、あくまで作業着として(コレを着てハードに仕事をする)カッコイイと思える商品作り をモットーに作っています。「同じじゃねーかよ」って突っ込まれたちょっと辛いんですが、簡単にいうと、BURTLEさんの作業着は誰が見てもカッコイイですよね?これ着て仕事場に行きたいと誰もが思いますよね?!ただし、 コレを着てデートや、中心部にショッピングにはなかなか行きづらい・・・ ですよね。でも、それでイイんです。BURTLEさんの狙うカッコよさは街やデートで着れるカッコよさではなく、あくまで「舞台は仕事場」なんです。昨今の作業着はどれもファッション性を追及してどっち付かずなデザインになっている事が多いんですが、BURTLEさんの製品はどれを見ても旧新作どれを見ても「作業着としての軸」をブレずにカッコよさを追求しています。 ■ターゲットが広い・・・作業着としてカッコよさを追求すると、行き着く先は「シンプル」。シンプルなのでワーカーさんであれば老若男女全てのお客様から高評価をいただけるんです!!ファッション性を高めると「ツートーンなど色の切り替え」や「ジッパーやボタンがガチャガチャ」したデザインになりがちで、そんなファッション性作業着をほしいと思えるワーカーさんはどちらかというと若年層です。そう考えるとBURTLE作業着は本当にターゲットが広いデザイン性の高さだと思います。 最先端をひた走っているように見えながら、実は業界の中でも屈指の「職人気質」メーカーさんかもしれません。ですから、当商品もやっぱり随所に「作業着だな」と思える感触が残っているんです。 作業着は、薄くサラサラした触り心地の綿100%素材。持ってみるとさすがに夏物、軽いですが綿製品ということで「他の夏物よりも圧倒的に軽いという事ではない」と断言できます。まぁ、私の感覚では夏物としては「ごく普通の重さ」ではないかと思います。早速袖を通してみると、うん。なかなかいい着心地です。着丈も昨今の「ショート丈作業着」からはいち早く脱出した感じで好感が持てますね☆着丈もしっかりとしています。ただ一つ、 今作、ウエストにアジャスターが無いのでウエスト幅の調節は不可、私のような線の細い人間は大きめのサイズを選んでしまうとウエスト幅が余りガバガバしてしまう 可能性があります。胸ポケットも大きくて使いやすい、コレも作業する事を考えると大きなポケットの方が良いに決まっています。ストレスがかかる箇所にはリベットが打っており、ポケット自体の強化もなされています。ペン挿しも実に豊富(笑)。こんなにあればペンをたくさん持っていても問題ありません。これも仕事を考えるとあって困る機能ではございません。中でも必見なのが 肩周りの取り回しの良さと通気性 でしょうか。肩(腕)とボディのつなぎ目の間には通気性向上を目的としたメッシュが装備されており、このメッシュの柔らかさと伸縮性のよさ、そして通気性の良さで抜群の効果を発揮します。  また、腕から伸びる肘の部分には、2本小さい折り込み(タック)を入れて肘の自然な曲線に合わせてスタイルが維持できるようにシルエットを変えています。首元にはメッシュの背アテも付いておりジメジメした日にはこの背アテの有無が随分着心地を左右します。 身幅もたっぷり取られており、 全体的にやや大作り(ルーズシルエット)なのは、BURTLEさんがあくまで作業着=いろんな体型・年齢層・性別にストレスなく着てもらうため に、ルーズに仕上げられています。 同時発売する別売りのカーゴパンツも、やっぱりルーズストレート・スタイル。 「ノータック」、「股上が深い」ことや「ワタリ(フトモモ幅)が大きい」、「裾幅も広い」 そんなスタイルは、分かりやすく言うと ズドン!としたワイド・カーゴパンツ といえそうです。股上が深いので正直腰骨で引っ掛けて履くウエストハンギング(腰履き)では、「やりすぎはダラしなく見えてしまうので注意が必要」です。ウエストのくびれの2~3cmちょっと下辺りで採寸するのが良いかもしれません。 最後に実際に私が着てみた感想をお伝えします!! 身長:178cm、体重:64kg、ウエスト:82cm、普段着る上着のサイズ:Lサイズ、普段履くパンツのサイズ:82cm(ジーンズ32inch) の私が着てみたところ・・・、 上着はLサイズで少し身幅大きめ、パンツは82cmでピッタリ でした。ちなみにインナーはTシャツ1枚のみですから、もうちょっと着る方はLサイズでピッタリかもしれません。パンツは・・・太ッいですね~(笑)。でもノータックなので画像を見ていただいたらお分かりになると思いますが「すっきり見える」のではないでしょうか?? 夏物なんですぐほしい!に対応するためにシーズン当初は「翌日配達サービス」対象とさせていただきます。 BURTLEの製品がとにかく好きなお客様、今年の夏からず~と気になっていたBURTLE社の作業着に衣替えを考えていたワーカーさん、職人さん、最近では日本固有の作業着「鳶装束」からBURTLE社の作業服にイメージチェンジをする鳶さん、火気や熱を帯びた作業場では綿100%は持ち前の特性(生地が溶けない) を発揮します。 BURTLE バートル 夏素材綿100% ワークカーゴパンツ 8096 人気定番,豊富な

76LUBRICANTS ナナロク 10ozデニムカーゴパンツ No.76 CP131 送料無料,人気SALE

→Sから3Lサイズはコチラ →夏モデルはコチラ →年間仕様のカーゴパンツ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 まだリリースして間もないNo.76-CP132 夏生地2WAYカーゴツナギはもうご覧になりましたか?なかなか魅力的な商品に仕上がっていますよね?!リリースした瞬間から、人気商品に現在もなっています。 そんな時を同じくしてリリースされた、実は もう一つのナナロク・カーゴパンツ があるんです。今回はそんな2013年春を彩るNo.76-CP131 ナナロク・デニムカーゴパンツ のご紹介です!! 当店ではただいま、春夏のワークシーンを飾る春夏物作業用品がワッサワッサと入荷中☆毎日、本当に凄い量が入荷になっていて私(作者)を含め、制作部門はただいま誰も口利かぬ状況で殺伐とした雰囲気で掲載作業が進んでおります。 さて、そんな折今日は、超目玉級の新商品をご紹介!!いつもは「掲載予定表」を元に掲載作業が進められるのですが、例のごとく「この商品」はある意味「いつも特別扱い」で他の商品を追い抜き優先掲載される商品です!! 初代は「CP111」で前作は「CP121」、そして先日リリースした商品が「CP132」、確かに品番が違いますよね。そうなんです、 見た目はそっくりですが、確かに品番を変える必要性があるくらい品質に差が出る商品 になったんです☆ そう!!その名も 「UNION76 公認デニムカーゴパンツ」 。これだけのラインナップになったら、そろそろ来るだろ~と勘ぐっていたお客様、さすがです☆その通り、「これだけカーゴパンツを出したら、次はデニムだね」なんて事を担当者と話しておりましたら、ホントに出来上がってしまいました。 この商品 ナナロク・カーゴパンツ”No.76-CP111” にソックリなんです。 形自体は、前作No.76-CP121と一緒ですから、リピーターさんにはとてもお買い求めいただきやすいサイズスペックに仕上がっています。 【ココが前作と変わった!新作ナナロク・デニムカーゴパンツ!!】 ■生地・・・先日リリースされた(CP132)のカーゴパンツは、元々「春・夏用」で開発された商品で、その軽さと独特なクタッとした感じが新鮮ですが、いかんせん、 我々のような北の地に住むものにとっては秋・冬穿けない っていう悲しい現実が待ち受けています。今回リリースされた商品は、 推定10オンス(メーカー非公表)のデニムを使用した年間着用モデル!! 。触った感じ、全く硬くなくふにゃふにゃなので、製品化されるまでに複数回洗濯しているものと思われます。色合いはワンウォッシュ風。「風」っていうのは、私の知っている「デニム生地」とはちょっと違うデニムを使用している点なんです。一般的な(私の知っているデニム)は、長い年月履くと全体的に「縦方向」に色が落ちて風合いが増すんですが、このデニムはどっちかというと「たて落ち」というよりは「縦横全方向」のような気がします。デニムの親戚で独特な風合いを醸し出す「スラブデニム」や「ダンガリーシャツで使用されるライトオンスのデニム」に良く見られるデニムのような気がしますね。  ですから、通常のデニムのように「色落ちを楽しむ」というよりは「綺麗穿きこなして現状の色調を出来るだけ維持する」方が長く着用出来るかもしれませんね。生地厚になっており、北の大地はもちろんのこと東北地方や、雪の降る地域でも十分ワークパンツとして使えるクオリティに引き上げられています。 デニムですからカラバリはありませんが、それ以外のスペック、特に生地感は恐ろしいほど良くなりました!!「このパンツ、カッコイイんだけど生地が薄くてなぁ~」ってこれから先の季節を考えるとどんよりしてたお客様!もうそんな心配はなくなりました。これぞ、最高のナナロク・カーゴパンツです。 その他の各種ポケットや、また上浅目の「美」スタイリングのシルエットはそのままで、ノータックで細身のお客様でもキレイに穿きこなせるシルエットは、もはや作業ズボンとは言えないレベルに達しています。また、ポケットはチノパンのように「斜めアクセス」のハンドウォームポケットに、左右見事に非対称な「アシンメトリ」を採用、よくある「ワークカーゴパンツ」のように「そんなにふとももポケットデカくても入れるものないよ!」と突っ込みをいただきそうなポケットではなく、カジュアル性・ファッション性に富んだデザインに仕上げているのもナナロクらしいですよね?? 一時、確かに全体にルーズなデニムやカーゴパンツが流行しましたが、現代は間違いなく「フィット(無駄なゆとりが無い)」シルエットが好まれ、またそれが流行になりつつあります。 ワークパンツ(作業ズボン)がルーズなシルエットが多い中、このナナロクカーゴのような「ファッションでもイケる」カーゴパンツは、全国作業服屋さんなんてたくさんありますが、探してもなかなか見つかりませんよ! ライトオンスとはいえデニムで出来たカーゴパンツであれば、ファッションショップでは6000円はしてしまいそうですが、そこらへんはさすがナナロク。 きっちりと作業パンツとして使ってもらえるギリギリの価格、4,990円に収めてきました(驚) 。 オシャレに気を遣う車屋さんやバイク屋さんのお店のスタッフ着・整備着として、また「制服」という観点に割と捉われず自由な作業着を着ることが多い「内装屋さん」や「設備屋さん」、休日をジーンズやチノパンで過ごす機会の多い世のお父さん、アメカジが大好きなお兄さんや、プレゼントにも最適です!! 最後に作者である私が実際にこのカーゴパンツを穿いてみました☆ 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くパンツ・ジーンズのサイズ:82cm、31in の私が穿いてみたところ・・・、 Lサイズ(82cm) で問題がありませんでした!!いやぁ、穿いてみて改めて思いましたけど、イイラインが出ますねこのパンツ。特に裾の幅が他の作業パンツと全く異なります。 ヒップから裾にかけて、一気にテーパード(細くなっていく)がかかってる んですね。ひざから裾までのラインは、ファッション着としても◎。友達にも紹介したくなる一本です。 ただし、前作とそうだったんですが私がこの商品に対して思うことは「もうちょっと股下が長いと助かる」という点。デフォルトで80cmの股下ですから、私も当然問題無いはずですが欲を言えばあと2cm長くても良かったなと感じます。 ■サイズスペック■ サイズSMLLL3L4L(+500円) ウエスト747882869196 ヒップ97101105109113117 ワタリ30.531.532.533.534.535.5 裾幅202122232425 股下787979808080 76LUBRICANTS ナナロク 10ozデニムカーゴパンツ No.76 CP131 送料無料,人気SALE

BURTLE バートル サーモトロン”RagiPoka”防寒パンツ 7212 大得価,送料無料

→お揃いのブルゾンはコチラ →【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!長袖肌着→【お手持ちの防寒服をアップグレード!】→「HIDRO WARMER」究極の保温繊維!ズボン肌着 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年(2013年冬)のBURTLEさんの新商品、ドレも凄い人気ですよね。当店も「無ければ作る」をコンセプトに次々とオリジナル化を進めているお店ですので、こういう先進的なデザインを繰り出すBURTLEさんを尊敬しています。 「作業着は作業着、カジュアルでも無ければアパレルでもない、BURTLEはあくまで”作業着のカッコよさ”を目指す」という開発コンセプトが、結果全国多くのお客様の厚い支持とファンを獲得し続けている要因だと思います。BURTLEさんの新商品って決して「作業服以上」のモノを作らないんです。「必要以上にタイト」とか「柄つきのカラバリ」、「作業服とは思えない高額価格設定」などの作業服としてあってはならない仕様は決して企画として上げなのがBURTLEさんの強みです。 そして!今回ご紹介する商品もまさに「BURTLEイズム」が凝縮した逸品です!今まで当店で販売されていたBURTLEさんの製品はいわば「軽防寒(適応気温15度~5度)」前後の、まさに今時期着用するにはピッタリの商品ですが、今回ご紹介するのは「極寒冷地用防寒作業服」といって、どちらかというと冬の寒さが厳しい地域(適応気温:10度~-5度)前後の屋外作業に適したモデルです!! この極寒冷地仕様の防寒服って実はメーカーさんとしても「そんなに作らない」んです。だって、日本全国 そんなに寒いところってそんなに無い ですからね。必要最小限の数しか作らないので、どのメーカーさんも大体12月くらいで大方無くなってしまいます。 実は、今回ご紹介するこの商品も元々は「4色」あって、当店ではその全てを取り扱う予定でおりましたが、BURTLEさんの人気は凄まじく当店が在庫を確保する頃には 既に在庫が無くなっていた(泣) という事情があります。 【そりゃ、無くわな!BURTLEさん新商品#7210防寒服の凄いところ!!】 ■軽量・防風・保温設計・・・見た目重たそうな雰囲気を醸し出していますが、これが持ってみると意外! 軽い!んです。ポリエステル100%の生地で触った感じもサラサラした風合いで、重さはLサイズで810g!! とこのクラスではトップクラスの軽さを実現しています。また、生地の裏から ポリウレタンコーティングといって防水膜を生地の裏に貼り付けているので、生地を通しての浸水はなくなりました! ただし、縫い目の防水保護は行っておりませんので、「完全防水」と呼べない点はご了承ください。このポリウレタン膜、実は防水性のほかに「防風性」という特性も持ち合わせているため、 「生活防水(一般生活上で発生する水がかかる程度の防水)+防風」 、両面の特性を持っています。 ■サーモトロン・ラジポカ・・・肌身に接する裏生地にはユニチカさんで作っている「サーモトロン・ラジポカ」を採用しており、裏生地の銀色の部分がまさに「ラジポカ」です。このサーモトロンの特徴はざっくばらんにいうと「体温と光を原料に暖かさを作り出す」という発熱要素と「作られた暖かを維持」する保温要素、両面を併せ持った業界注目の「防寒繊維」です。太陽光から吸収された「光」は即座に熱に変換、体温から発する熱は、裏生地から「反射」され再度身体へ戻る「ふく射熱」を応用し、ダブルで保温します。まぁ、正直、繊維のアップ写真を見てもよく分かりませんので、簡単にいうと「最先端素材で、科学的に蓄熱・保温・維持する凄い素材」だという事を認識いただけましたら幸いです。 ■静電気防止で「パチパチ防止」・・・防寒服の大敵といえば「脱ぎ着の際のパチパチ」です。寒ければ寒いほど、乾燥していれば乾燥しているほどパチパチが発生するという、夏場のじめじめ同様、冬場のもっとも「嫌われるポイント」ですよね。当モデルは裏生地に「サーモトロン・ラジポカ」を採用すると同時(一緒)に、 静電気防止のメガーナを採用 してるので、脱ぎ着の際もパチパチは軽減されています。(パチパチが絶滅するわけではありません・・・) ■スマートデザイン・・・極寒冷地仕様の重防寒着なのに、どこかスッキリして見えるのは、 フード周り(首周り)のもたつきは解消 されています。フードはジッパーで固定されていますが、通常の防寒服であればフードの淵と、襟の淵が首もとのあたりでゴチャつくんですが、このモデルではそれがスッキリ。ですから、スマートに見えているんです。 襟の淵に小さなポケットがあり、そこにフードの淵がすっぱりと挿入、フードエンドが襟の一部になってしまうんですね!!そしてワザアリポイントなのがフードの接面されているパイピングがネオングリーンなのが非常に良いアクセントになっています 。 ■襟裏にはブロック・フリース採用・・・常に顔に接地する「襟裏素材」は、常に触れていても心地いい「ブロックフリース」を採用。ポコポコした風合いが、肌に触れていてもさわやかな上、全くストレスに感じません。 ■ユニセックス対応サイズ・・・な、なんと当モデルでは SS、Sサイズは女性専用の型紙を採用 しているため事実上の「女性サイズ」となっております。BURTLEさんは数年前から、「女性のワーカーさん」にも重点を置いていますから、今までの「男性サイズの縮小版をダボダボで着用する」という現実から、「男性が着ているのと同じ感覚で女性のワーカーもカッコよく着れる(仕事がこなせる)」事が可能となりました☆ どうです?これぞ、「絶対に作業服の粋を脱しない、BURTLEイズムの結晶」だと思います。BURTLEさんはず~っと前から作業服を作り続けているメーカーさん。日本のワーカーさんを昭和から支え続けてきた老舗の作業服メーカーさんは平成の世になっても「決してカッコだけに捉われない」「決して作業服価格を逸しない」、その上で時代を反映したデザインを落とし込むこのモノづくりの技術は本当に凄いな~って、販売店である当店も感動しちゃうくらいですから、それを買うお客様はもっと感動しちゃうのも無理はないと思います。 最後に、今日手元に届いた商品を実際に私(作者)が着用してみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、シャツのサイズ:Mサイズ の私が着用してみたところ・・・ 上着はインナーシャツ1枚であればLサイズ、パンツはインナー1枚であればLサイズでピッタリ!! でした!!いやぁ、朝の寒い事務所で上下試着したんですが・・・、 暑ッい!! ですね・・・。それでいて重防寒特有の「ズシッ。」とした重量感がないのが本当に不思議でした!! なにしろ、後発なので他店さんと比べて取り扱いカラーが少なく感じますが、それでも当店は寒さ厳しい北海道のお店!在庫はそれなりに確保しましたよ~!!是非、重防寒をご希望のお客様は「BURTLEさんのイチオシ商品」なので早めにご検討・ご購入くださいますようお願い申し上げます☆ BURTLE バートル サーモトロン”RagiPoka”防寒パンツ 7212 大得価,送料無料

防寒パンツ 48421 2009 防寒服 発売中 限定SALE,大得価

冬場の北海道はとにかく寒い!どうやっても屋外で作業服だけでは仕事が出来ません。防寒服は冬場の作業から身を守る大事なワークアイテム。最大手メーカーだから出来る品質とありえない低価格で大ヒット商品の防寒ズボンです。生地を2重にしてその中に綿を詰め込む「中綿」タイプで保温性は抜群なのに軽いのが特徴です。ちょっと長めな裾丈は屈んだときなどに裾が捲くれあがないようにとメーカーの心遣いの表れです。しかし、長いものは長い。そんな時は裾口についているマジックテープで裾を絞ればカカトを引きずることもないし、長靴に入れるときだって便利です!北海道でお墨付きの防寒ズボンを是非「価値ある低価格」でお試しください。 メーカー自重堂 様価格2590円発売日発売中(一部お取り寄せ) 防寒パンツ 48421 2009 防寒服 発売中 限定SALE,大得価

BURTLE バートル ワークカーゴパンツ 6092 お買い得,お買い得

→お揃いのブルゾン サイズウエスト股下 707080 737380 767680 797980 828280 858580 888880 919180 959580 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】  当店では、ネットでもしっかり作業服のよさを伝えネットも買いやすい「価格」と「実用性」、そして当店掲載基準のさいだい要素「ファッション性(カッコよさ)」が揃った商品を掲載しています。ですから当店を通じてお客様にお伝えする「作業服」は、いわば当店内の厳しい「チェックをクリア」した作業服であり、いつも最初にお客様が「こんなにあっちゃ、どれにしたらイイか分からない」という精神混乱状態を、予め当店が絞りを利かせる事により、ググゥ~ッと選択がしやすくなりました!!  当店の採用基準は上記の通りで、これは「昨年も取り扱ったからこのメーカーは来年もやろう」とか「当店と仲良しのメーカーさんの商品を優先的に取り扱おう」などといういやらしい選考基準はありません。いつもフラットな精神状態で「メーカーさんや過去の取引額」に関係なく、純粋に作業服の未来を考えているメーカーさんの作業服・作業用品を選定しています。 その結果、当店で最速お届けサービスにご協力いただいている「SKプロダクトさん」や「BURTLEさん」の商品が多くなっていることは、ご協力いただいているからではなく、「当店の目指す作業用品の方向性と良く似ている商品を企画・開発」されているためです。今回、ご紹介の商品も たくさんの作業服の中から「ダントツ」の人気で見事当店掲載を勝ち取ったBURTLE社製の最新作業服 です!! 【6091ブルゾンのココが凄いよ!ポイント】 ■生地・・・サンプルの時からこの商品で使用されている生地の凄さが伝わってきました。何が凄いのかっていうと”生地厚”と”風合い”です。多分、私がここで伝えないと大部分のお客様が「これって綿100%だろ?」と誤解を受けかねないほど、しっかりした表素材は「パリッ!」とした肌触りと、「どんなハードなお仕事でも屈することの無い生地」が最大の特徴です!!そう、これぞBURTLEさんの真骨頂 国産生地にこだわった綿混素材(綿65%、ポリエステル35%) です!!BURTLEさんはその生産の全てを海外へお願いしているわけではなく、創業以来ず~っと「生地は国産を使うべし!!」っていうのに重点を置いて作業服を作っているんです。  今でこそ「国産生地」っていうと「へぇ~」って感心してしまいますが、昔はドコのメーカーさんも国産の生地を使っていたよう。それが時代の急激な流れにより、「製造は海外に委託」され、そしていつか「生地も生産も全て海外で」という風潮に業界全体全体が流されていきました。もちろん、それが悪いとは私(作者)は思いません。その結果作業服に不可欠な「圧倒的なコスパ(低価格)」が手に入りますからね。でもBURTLEさんはその領域には踏みこまなかったんです。「BURTLE製品は、着た後からが本当の勝負」とメーカーさんも意気込んでいる通り、BURTLE製品は国産の生地を使用している点から「着古した時の風合い」や「作業服としての寿命も長い」などといった全国各地のユーザーさんから絶賛されているんです。 ■シルエット・・・これもBURTLEさんらしいポイント。昨今、周囲の作業服メーカーがカタチにこだわって作業服の既成概念を打ち崩すデザインやシルエットの作業服をたくさんリリースする中、BURTLEさんは「作業服として守るべきポイントをしっかりと守る」姿勢を決して崩しません。この姿勢がいまや「頑固者」といわれる「職人さん」や、ベテランの「ワーカーさん」にとって心地よすぎるメリットになっているんです!  昨今の作業服でも流行の「ショート丈」や、「タイト(細身)デザイン」、「装飾付属(キラキラしたボタンや装飾ジッパートップ)」などのスタイルは決してBURTLEさんは踏襲しません。 着丈も、身幅も、そして付属も全てスタンダード。ここにファッション性を求めません。 、これはBURTLE社の「作業服なんだから、いろんな人(体型・容姿・年齢)にきちんと作業をしてもらうのが一番」と考えるからこそなんです。  では画像をご覧頂いて、「この作業服って地味??」って聞くと、全員が「オシャレ」と答えます。ここがBURTLE製品の凄いところ。そうなんです! 見た目ではなく、着たとき・仕事した時のことを想定しているからこそ可能になる、”内側”からファッション性がにじみ出てくる んです。襟の大きさだって、形だって袖形状だって昔と大差ありません。しかし、全体を見ると何故か「オシャレ」。これこそ作業服メーカーさんの出来る芸当”スキル”だと思います!  ただし、全てを昔のままに当商品を作ったわけではありません。アームホール(腕と肩が合わせる周囲径)は昔よりもず~っと細め。この部分って昔からそんなに必要な太さって無かったんです。ですからここは自然とカットされていました。 ■機能性・・・届いた瞬間に感じていただけるのは「なんかゴッツイ服だな~」と思いますが、コレが着てみると実際はそうでもないんです。きっと腕の取り回しに、肩甲骨に辺りにある「ウイングカット(タックのようなもの)」と、わきの下にある「ダイヤカット」と呼ばれる別生地のおかげであると考えられますね。 肩甲骨のタックは腕を前に向けた時に、このタックが伸びてストレスを感じなくさせる効果 があり、 脇の下のダイヤカットは、本来存在していない生地でありこの生地を前身・後ろ身・腕の間に入り込むことにより、腕を上げた際の身頃のモタツキや引っ張り・ツッパリにおけるストレスを軽減 させています。 ■デザイン・・・BURTLEさんの製品って、絶対「ファッション性を優先した結果、○と○の機能性は若干損なわれました。」的な事は絶対にありえません。まず優先するのが「ワーク(仕事)」なわけですから、機能性を犠牲にするなんて考えはハナからありません。両胸元の大きなポケット、貴重品やメモを入れておく「ジッパーオープンポケット」も完備、両脇のハンドウォームポケットは入り口を若干小さくして生地を重ね、屈曲した際にも中身が落ちないような工夫が施されています。そして、 こんな事ってあるんでしょうか、この価格帯で裏地に裏ポケットも装備 します。どうです?これが BURTLE クオリティ なんです。しかもこのモデルだけがこうなんじゃなくて全ての製品に対してこの「BURTLEクオリティ」は存在します。 そして今回の商品にはちょっとしたアソビ心が。脱いだ時に首元にチラッと見える「トリコロール・テープ」。こういう所に全力を尽くせるメーカーさんなんです。 【ココが凄いよ!おそろいカーゴパンツ!!】 ■生地・・・当然、お揃いですから生地はブルゾンと同クラスの生地厚と質感。どうしてもパンツの傷みが早い作業ズボンですが、こだけ生地がしっかりしていてタフだときっと、ブルゾンと同じくらい長持ちするに違いありません。 ■シルエット・・・当商品今流行のウエストの折込タックがない「ノータック・カーゴパンツ」。「俺ぁ、ノータックなんてキツくて穿かないよ」というお客様、幸い当店は返品をお受けできますので、どうか 試しにこのノータック・カーゴパンツを一度穿いてみてください。 実際、穿いてみると実感できますが、ウエストからワタリ(ふともも)にかけてまるで1タックパンツのようなゆとりがある事に気がつくはずです。少なくてもジーパンのようなパツッとした雰囲気にはなりませんよね。これこそ「マジック・ノータック」と呼ばれる手法で、見た目こそはオシャレなノータックですが、履き心地は機動性の高いワンタックのような履き心地なんです。これでスッキリした見た目で、いつも通りの仕事(成果)が約束されるわけです。BURTLEさんらしいこだわりが見え隠れするポイントです。 ■機能性・・・ふとももサイドにデッカイポケットが2つ付いています。これはデカイです(笑)。これ以上大きくしようがありません。多分このポケットにいっぱいモノを詰め込むと動けなくなりますね。。。でも、スッキリとしたポケットですから何も入れなくても、ファッション性は高くなります。 ■デザイン・・・ただ一点!!BURTLEさんにお願いしたい事が・・・。それは「センターバーツ(折り目)」を何とかして「サイドバーツ(パンツの真横に折り目がくる)」になるように袋詰めをお願いできませんか??・・・って多分、当店の担当者も伝えてると思います。きっと工場の都合がつかいないのかな??でも、当店は引き続きお願いし続けようと思います!! 以上、これがBURTLEさんの期待の新商品の全容です☆どうです??既にBURTLEさんのファンのお客さまも、そしてこれから作業服を買おうと思っているお客様もこれ以上、悩む必要のないクオリティだと思いますよ。そして!!そんなお客様に当店から当商品に関して最後のサプライズ!! それは・・・ 新商品6091ブルゾンのお値段は1着、2,790円!!(驚) 新商品6092カーゴのお値段は1本2,290円!!(驚)   どうです??多分、この価格を聞いて「や~めた」っていうお客様は皆無では??そう、BURTLEさんが最後に仕掛けたサプライズは 「国産生地を使用し」「どんな方にも愛されるデザインにこだわり」、そして最後は「圧倒的なコストパフォーマンス」 だったんです!!いやぁ、凄いですね。 最後に作者である私が実際に着用してみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着る作業ブルゾンのサイズ:LLサイズ、普段穿く作業ズボンのサイズ:82cm の私が上下であわせてみたところ・・・、 ブルゾン→Lサイズ、パンツ→82cmでカッコよく着こなせました! 。ブルゾンはやっぱりBURTLEさん。LLだとちょっと身幅が余ったのでLサイズにしたら変なゆとりが無くなってスッキリしました。  ドコよりも早くリリースしようと思って、ず~っとBURTLEさんと打ち合わせしていました!!どうです??ドコよりも早かったですかね??(不安) BURTLE バートル ワークカーゴパンツ 6092 お買い得,お買い得

BURTLE バートル ノータックレディースパンツ 6079 新作,限定セール

発売予定日2010/10/16掲載予定日掲載中 品番:6079 素材:ポリエステル65%/綿35% ■■■商品説明文■■■  「あれ?コレどこかで見たことあるぞ??」というお客様は、間違いなく当店のお得意様ですね(笑)そうです。このモデル、実は 2010年春夏作業用品展示会で既に発売していたモデル です。  しかし!!見た目もカタチも同じだけど決定的な違いがあります。それは 前作は薄生地の夏モデル、今作は厚生地の通年モデル です。夏生地のモデルを前回発表の際、リリース直後から多くのお客様から反響をいただきました。このモデルは紳士サイズもラインナップされているんですが、すごいところは 紳士サイズを小さくするだけの既存の考え方ではなく全く独立したデザイン が目を見張ります。紳士よりも股上が浅く、フロントジッパーを紳士と比べると一目瞭然。また、お尻周りのカッティングも紳士とはまるで異なります。股上が浅い割にお尻の収まりが良いのは、恐らくこのヒップラインが決めてになっていると思われます。大きくふんわりとしたお尻周りは女性らしいラインを演出すると共に抜群の動きやすさを両立しています。  また、これも紳士と大きく異なる点ですが、全体的なシルエットが セミフレアといって、太ももから膝まではストレート、裾にかけてやや末広がり(ブーツカット) になっていますので、まるでオシャレ着の”美脚ジーンズ”を穿いたかのような美しいシルエットで日々のお仕事が可能になります。  「現在紳士モノの小さいサイズを我慢して穿いている」「違和感を感じつつも市販の女性用作業パンツを穿いている」「こんなカッコ、恥ずかしくて友達にばったり会ったらどうしよう」「どうせなら可愛く仕事がしたい!」等、普段から疑問をお持ちだったお客様にはは超オススメ!!きっと穿いた瞬間から「イイ!」と思っていただけるのはないかと思います。  使用している生地も 綿とポリエステルの混紡(ツイル) なのでいつもパリッした風合いと、綿のしなやかさが特徴です。  一つだけ前作より大きく変わった点があり、それは 透け防止の別素材(サテン地)が今作より廃止 された点。これは男性である私からすると意外でした。てっきり前作までは「さっすが女性視点に立ったパンツだなぁぁ」なんて感心していたんですが、実際お買い上げのお客様からは意外な言葉(レビュー)が・・・(泣)「暑い!!」らしかったです。まぁ、サテン地でツルツルしているとはいえ、やっぱり余分についている生地な上、せっかく薄生地にしてもその透け防止のサテン地のせいで効果が半減・・・。ということでしょうか??ともあれ、今年は猛暑の連日が続きましたから、ひょっとすると例年並みだと出てこなかった声かもしれませんね。  今作からは、生地も厚くなったし下着が透ける事はありえませんので、穿いた時によりスッキリした穿き心地になりました。 BURTLE バートル ノータックレディースパンツ 6079 新作,限定セール

GRANCISCO グランシスコ やわらか綿100%カーゴパンツ GC5011* ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ* お買い得,低価

→お揃いのブルゾンはコチラから 大変お待たせしました!! かねてより多くのご要望を頂いておりました 「綿100% 作業服」 が、ついに登場です!! これまで夏物しかなかった綿100%の作業服ですが 溶接など熱を扱うお仕事をされている方にとって、 ポリエステル混の素材では溶けてしまう恐れがあり着用頂けないこと、 何より綿は天然繊維で肌あたりが優しく丈夫な一押しの素材です。 化学繊維と比較すると、濡れると乾くまでに時間はかかりますが それ以上に素材のもつメリットを重視される方に大変おすすめの素材です。 綿100%の日本製生地の表面に起毛処理をした上に、 シリコンウォッシュという洗い加工を施し、綿にありがちなゴワつきやすい固さを軽減。 柔らかく滑らかな風合いに仕上げています。 作業服は買ったらまず洗濯して柔軟剤で柔らかくしてから着るという方も多いかと思いますが この商品は手元に届いたときから既に柔らかいので、 洗濯せずにすぐにご着用頂けると思います☆ 溶接工の方、鳶さん、大工さん等建設業の方の作業服として。 車屋・バイク屋さんのスタッフユニフォーム、イベントユニフォームとして。 是非おすすめ致します! ■色 この商品、なんと6色展開なんです!こんなにあると迷っちゃうかもしれませんが(笑)、これだけあればきっとお好みの色が見つかるはず!・ダークグリーン・・・カクタスもグリーン系ではありますが、カクタスよりも青味のある深いグリーンです。 ・ストーングレー・・・明るくさわやかな印象を与える、淡いグレーです。 ・ベージュ・・・作業服の王道カラー。中間色なので汚れが目立ちにくいのもポイントです。黒っぽい汚れが付きやすい方は、ベージュよりも暗い色がおすすめです。汚れに近い色を選ぶのがコツです。 ・カクタス・・・カクタスって何!?と思われた方、私もです(笑)「サボテン」を英語でカクタスと呼ぶらしいです。深いカーキ色(黄みよりのくすんだグリーン)は金ボタンとの相性が抜群で、オシャレ度をアップさせてくれる1枚です。 ・チャコール・・・濃いグレーです。白のトップスや黒の小物と合わせて全身モノトーンで統一すると、最強にカッコイイ。 ・ダークオレンジ・・・ビビットなオレンジでは着るのに抵抗がありますが、こちらはオレンジの色味を程よく落ち着かせた、ブラウン寄りのオレンジ。周りと差をつけられる珍しい色が魅力です。 生地の色によって付属のボタンの色まで変えてしまうこだわりよう。メーカーさんの本気度が伝わってきます。カクタス・ダークオレンジには光すぎないよう艶を抑えたセミマットなゴールドボタン、ダークグリーン・ストーングレー・ベージュ・チャコールにはビンテージ風の加工を施したプラチナカラーボタン、どちらも金属ボタンを使用し、生地の色身と相まって高級感を演出しています。 ■仕様 履いた時に動きやすい、全体的にゆとりのある作りになっていますが、決してだらしなさを感じさせないシルエット。 その秘密はウエストから腰にかけて無駄がなくスマートなシルエットに仕上げているからです。 裾の幅にゆとりがあるだけでなく、膝周りに特殊なカッティングを施し、更に突っ張りにくく動きやすくしています。 裾裏には紐を通せるかがり穴付きなので、裾を絞りたい方はご自身で紐を通してご使用頂けます(紐は別売)。 ベルトループは7本。後ろ腰中央部分には3.5cmある幅広のベルトループが付いており、その他は幅約1.7cm。 一般的なパンツはベルトループが5本ですので、7本にすることでベルトのずれを防ぎしっかりとフィット。 ポケットは全体で7個も付いていおり、収納力も抜群です。 ヒップポケットはアシンメトリーデザイン。左側はフラップ付きのポケット、右はフラップなしのポケットになっています。 財布などすぐに取り出したいものは右ポケットに収納すると便利です。 左手のカーゴポケットはフラップ+ボタン付きポケットにペン差し機能が付いています。 右手のカーゴポケットは、フラップ+ボタン付きのポケットとファスナー付きポケットとのWポケット。 ファスナーももちろん抜かりなし。信頼のYKK製です。 <実際に着てみました!> 早速当店の男性スタッフに着てもらいました~!! 身長178cm、ウエスト82cm、体重71キロの男性に着てもらったところ ブルゾン・シャツはLサイズ、パンツは82cmでぴったりでした! パンツはワタリ(太もも周り)にゆとりがあり、裾も全体的に幅を広めにしためなつくりになっているので まさに作業用にピッタリのパンツです。 ゆったりしながらも決してだらしなく見えないのは、ウエストから腰にかけてのシルエットがスマートだから。 素材:綿100% サイズスペック:全サイズ股下80cm GRANCISCO グランシスコ やわらか綿100%カーゴパンツ GC5011* ワークパンツ 作 着 作 ズボン メンズ* お買い得,低価

76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズチノカーゴパンツ No.76 WP142 人気定番,お買い得

→4Lサイズはコチラをクリック! →お揃いのブルゾンはコチラ! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 「あのさ~、ナナロクのカーゴパンツって何で上着はないの??」と言われ続けて、早いもので2年も経過してしまいました。もともとの構想から「上着は必要ない」とのスタートだったので、お客様からどんなにご要望を頂いてもお応えできずにおりました・・・。 当時から当店では、「作業服ってさ~、ホントに上下で色がそろっていなきゃ、ダメなのかな~??」と誰にも相談できないモヤモヤを抱きながら毎日を過ごしていましたが、そんな時にナナロクから、「作業用パンツのみを開発しようと思っています。上着はお客様の自由です。」とのご連絡があり、当店の他にも同じ事を思っているブランドがあったという事で当時、ものすごく嬉しかった事を今でも覚えています。 狙い通り、発売後のナナロク・カーゴパンツは記録的大ヒット!!当店もナナロクも今までの作業用パンツに対するモヤモヤをすっかりと晴らし気分が良い毎日が続きました。ところが販売数が伸びれば伸びるほど「上着は無いの?」というご要望の数もどんどん増加していったんです・・・。  そうなんです。確かに「作業着に上着はいらない」というお客様はたくさんいたんですが、作業員全てのお客様にご満足いただくスペックではないとの結論に至りました。。。状況を問題視した当店とナナロクは徹底的にご購入いただいたお客様のご職業、着用用途をリサーチしどんなお客様に好まれて、どんなお客様にお買い求めいただけていないのかを調べ上げました。 ■ご好評いただいたお客様のご職業■ (1)車屋さん(メカニック・整備業含む)(2)内装屋さん(3)庭師さん(4)各種サービス業(イベント・ユニフォーム)(5)農家さん(6) ■お仕事以外でのご使用(着用)用途■ (1)普段着(2)オートバイ運転着(3)アウトドア・釣り・その他屋外での趣味着 ■好評を得られなかったご職業ランキング■ (1)建設業(2)鳶さん(3)大工さん 以上の結果になり、当店は愕然としてしまいました・・・。だって、大工さんや鳶さん、建設業のお客さんっていわば、当店の屋台骨を支えるお客様だったんですからそのお客様に前回のカーゴパンツ&上着無しという製品は、あまり受け入れられなかったという結果を目の当たりにして私はもう、ショックを通り越して頭が真っ白になってしまいました・・・(泣) この結果をないがしろにしてはいけないと、ナナロクと当店はホンキで悩みました。今まで当店を支えてくれたお客様になんとしても「ナナロク・ワーキング」の良さを実感してほしいと思っていたんです。そして、出た結論が「よし!お揃いの上着付きの作業パンツを作ろう♪」という事でした。ただし、既存のカーゴパンツに上着をつけてしまってはカーゴパンツそのもののコンセプトが崩れ去ってしまいます。そこで、 今度は、建設業・鳶さん・大工さんにも喜んで着てもらえる、バビッ!としたワーキングウェアを作ろう!! 、まるでイチから構想を練り直していよいよこの日を迎えました!! そう!!今回のナナロク・ワークウェアは上着が存在する、本格現場作業服の登場!! です!! 開発コンセプトが前出のカーゴパンツとは決定的に異なるので、もはや比べることがナンセンスですが、大きな違いは「生地が厚くて丈夫」っていうのと「ファッション重視のシルエットから、実用性重視の現場向き志向」が強いスペックが魅力です!! 【とにかく、額に汗するワーカーさんに着てほしい!本格的な作業服の登場です!(ワークパンツ編)】 ■こだわり抜いたシルエット!・・・シックな雰囲気を与える杢調の生地はオトナが着ると上品、若い方が着るとシッカリ者に見えてしまう魔法の生地です。ノータック・チノスタイルを踏襲したスタイリングで体型問わず非常にスッキリとした見た目にまとまります。イメージとしてしやすいのは一般的なカジュアルチノで、裾幅も主要ワークウェアボトムと比べると狭いですが、一般チノパンと比べると決してドカン型ではありません。つまりアメカジを楽しむ上での適度なゆとりを有したワークパンツだと思っていただければと思います。  ■ロゴに頼らないブランドイメージ・・・ナナロクといえば、オレンジボールに76の文字がトレードマークですが、今回のワークウェアではそのナナロクの代名詞であるオレンジボールはベルトループ上のみ、つまりベルトを通してしまうとほとんどナナロク・ブランドだという認識はありません。つまり、着ていると全くナナロクとは認知されないデザインにこだわっているのは上着同様、パンツも同じコンセプトです。これぞ「見えないオシャレ」であり、既存カーゴパンツで受け入れられなかった職業をされているお客様へのナナロクからの心遣いだと思います。 ■アメリカン・ワークスタイル・・・大きさ・着心地・スペックに関しては、古き良き時代のアメリカのワークウェアをイメージ。 ポリ×綿の扱いやすいツイル素材の生地をぶ厚くして耐久性を大幅にアップ 、お届けになった時のさわり心地は最初は決して着心地が良さそうには思えない「ゴワゴワ・バリバリ×100」の質感に驚かれると思いますが、洗濯を繰り返す度にクタッとしてきてとても良い風合いに変化します。その時にはゴワゴワ感もバリバリ感もなくなっていると思いますので、ご安心ください。 全体的なシルエットは上着は着丈は長く昔ながらの無骨で寸胴シルエット、パンツはイマドキのやや股上浅めのノータック・チノスタイル ですから、上下で合わせた感じはスタイリッシュなタイトデザインというよりは、現場作業向きのモリモリ筋肉マンスタイルでアメカジ風(全体的にルーズ・シルエット)だと思います。 ■こだわりのディティール・・・ロゴで製品をアピールするのではなく、あくまで「モノの良さ」でブランドを主張したいと思ったナナロクは細部のディティールにも手を抜かず、ゴールドの金属製のジッパーやリベットの代わりに「×」印の補強刺繍を行うなど、当時金属不足でやむなく行ったアメリカのワークウェア事情もしっかり再現。驚きなのは、袖のボタンには「76」が刻印されたオリジナルボタンをわざわざこのカーゴパンツのために製造しています。 どうです??今までカーゴパンツだけお買い求めいただいていたお客様からすると「なんともいえない」商品になるのかもしれませんが、少なくても今までのカーゴパンツだけではご満足いただけていなかったお客様、または着たくても上着が無いことで会社からNGを出されてしまったお客様には良い知らせではないでしょうか??しかもただとってつけた「オリジナル・ウェア」ではなく、仕事の事を真剣に考えた「これがナナロク・ワークウェアだ!」と各部においてさりげなくナナロクを主張する全くあたらしいワークウェアの「あるべき姿」を表現しています!! 最後に私が早速手元に届いたワークウェアを着てみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くカーゴパンツのサイズ:82サイズ、普段穿くジーンズのサイズ:31サイズ の私が着てみたところ・・・、 作業着として着るならLサイズ(82cm)!! という結論に達しました。 っていうのも、ブルゾン同様、カーゴパンツも全体的に大作り感なのは否めません。これはアメリカン・ワークを踏襲したデザインであり、ある意味「クラシックなスタイリング」といえそうです。ですから、私のように線の細い人間はちょっと各部でゆとりが出てしまいます。この商品が似合う人はきっと、中肉・中背の一般体型のお客様から、ガッチリしたマッチョ体型、そしてちょっとふっくら体型のお客様には、ピッタリ・ジャストサイズでお召しになることが可能ではないかと思います☆ 前作、「ナナロク・ワーカーズ・カーゴパンツ」でご満足に至らなかったお客様、これぞ「ザ:ワークウェア」の登場です!それがナナロク・ブランドから出るんですから、これを着て現場に出たらしばらくは周囲からの絶賛・質問攻めにも耐えなくてはなりませんね☆ ※この商品は、初回のお洗濯で縮む可能性がございます。お届けの折、サイズがかなり大きく感じるかもしれませんが、それは初回のお洗濯で縮む事を予想してやや大作りになっております事、お買い求めいただく前にご了承ください。 ※ サイズスペック サイズウエスト内股下裾幅 S748020.50 M788021 L828021.50 LL868022 3L907822.50 76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズチノカーゴパンツ No.76 WP142 人気定番,お買い得

上下別売 EXOCET エグゾゼ 新 ウレタンストレッチレインサロペットパンツ”防水” F 11002S 2016 WEX 年間 カッパ 赤字超特価,定番人気

【大きいサイズはコチラ】 【お揃いのジャケット】 →「EXOCET」レインジャケット ■■■商品説明文■■■ 当店で大人気なのは・・・「つなぎ」でしょう!、「ナナロク」でしょう!、「長靴」でしょう!そしてわすれちゃいけないのが・・・、 そう!雨ガッパ、レインウェア!! です!!! 当店はもともと作業用品専門店ですから、レインウェアの選定基準も職種に合わせて実に様々。。。「作業用だから安くて良い」っていうお客様用レインウェア、「作業用だけど快適に着用したい」っていうお客様用レインウェア、「重くても暑苦しくでもいいから丈夫なカッパが欲しい」っていうお客様用レインウェア・・・実にバラエティー豊富な品ぞろえで実際、多種多様なお客様に現在愛され着用されています。  しかし、気がついている人は既に気がついているかも知れません・・・。実は「ある用途のレインウェア」が長期欠品しております。それは・・・ 「縫い目ナシの伸縮性雨カッパ」 です。知っている方はかなり”通”ですが、その素材とは「ウレタン」。ウレタンとは防水性は100%「完全防水」なので、通常のレインウェアのように裏から防水フィルムコーティングは必要無いんですね。工程が一つ少なくて済むんでそれだけでまず「軽量化」が図れます。そしてウレタンがもつもう一つの特性は「伸縮性が良い」事です。両手の指でつまんで引っ張ると、確かに全方向に対して伸縮性を確認する事ができます。そして取って置きの特徴が「縫い目がない=ウエルド加工」を用いて、各主要パーツの結合はこの圧着製法で 縫い目が無く、縫い目からの浸水という事態は縫い目がなくなることにより論理的にありえなくなりました 。 【こんな人に向いている、伸縮「ウレタン」レインウェア】 (例)雨の日に着る・・・じゃなくて、仕事場が水気が多い場所。→→→通常のナイロン・ポリエステル素材のレインウェアは雨の日に着たりする「限定的な要素」で着用するなら快適ですが、「毎日のお仕事で長時間着用する」とかになると耐久性にやや不安が残ります。摩擦による表素材の僅かな損壊が防水の壁を破るからです。その点ウレタンは、上記のとおり「ウレタン自体が防水素材」、そして持ち前の「生地厚」から多少の表素材の損壊が発生しても水際で持ち堪える事が可能です。(トンネル工事現場/洗車場/コンクリート工場養生作業) (例)立つ・しゃがむを繰り返すお仕事。→→→これはウレタンの伸縮性を抜群に活かしたお仕事といえそうです。荷物を運んだり、車に乗せたり、おろしたり、また別の場所に移したり等のお仕事には必ず「立つ・しゃがむ」を連発する動作が発生します。その際、カッパの「背中」や「肩」、「お尻」「膝」が伸び縮みしレインウェア全体に掛かるストレスを軽減することが可能です。(運送業/引越し業/配達業) (例)一定の体勢で長時間維持する仕事・作業。→→→例えば趣味でする「釣り」。岸壁や、埠頭に腰を掛けて長時間します。腰を掛けるとき、まず「背中」、そして「お尻」、「膝」にテンションが掛かりストレスが発生します。しかし、このレインウェアは伸びた状態で素材を維持し、重量も軽いするので長時間同じ体勢でも疲れや凝りを感じにくいはずです。(陸釣り/バイク便/オートバイライダー) どうです??ウレタンの素材のレインウェアは、他店様を探してもなかなか見つからない素材です。それだけ「ウレタン」という素材は、レインウェアに転用しづらくまた作れたとしても「高コスト」なため、パフォーマンスが落ちてしまうんです。当店はそのウレタンウェアをしっかりと「低コスト」で製造出来るメーカーさんとめぐり合い、長い交渉の上、販売しているのでこの価格が実現出来ています。  早速、手に届いたばかりの(新)レインウェアを早速触りまくってみました☆。まずは質感、うん凄くイイです、しっとりした風合いは格別な一格上なレインウェアの素材を彷彿とさせ、またレインウェア特有の”カサカサ”音がありません。また、そんなに気にする人もいないかもしれませんが このレインウェア、全く臭いがしないんです 。上着に関してはボディと袖、ボディとフードは「ウエルド加工」を施しているので継ぎ目が裂けない限り浸水の可能性は0です。上着で唯一の収納となるハンドウォームポケットは両脇に設置しており、ポケットへの浸水を防ぐために前立てフラップを両端でリベット打ちし、フラップがめくれ上がって不用意な浸水を極力低減したポケットデザインに仕上がっています。 また、溶着されているフードは「襟収納式」なのであくまでイレギュラー対応程度のフードです。工事現場、オートバイ運転であればヘルメットが義務付けられているのでフードが簡易バージョンでも問題はありませんよね?!また、あると嬉しい「両裾スピンドル」は、ゴムひもを引っ張るときゅぅぅ~ッと裾が絞れます。これで台風などの雨+風のお天気でも裾からの浸水はほとんどなくなりました。  今回、共通のパンツとしてラインナップされたのが トレパン(ウエストゴム)タイプとサロペットタイプ。 どちらもブラック1色で統一されており、トップスにどのようなカラーが来ても落ち着いた雰囲気に仕上がるように作られています。  まずは、肩掛けのバンドが取り付けられている「サロペットパンツ」ですが、とってもシンプル。同じサロペットでも当店屈指の漁師さん用カッパ”マリンウェア・サロペット”に比べるとかなり細身のデザインです。どちらかというと、スッキリしたフォルムはカッパのサロペットパンツというよりは「ツナギのサロペットパンツ」のイメージの方がピッタリくるかもしれません。肩バンドはゴムを使用し、しゃがんだ際もこのゴムバンドが伸縮、なおかつウレタン素材自体も伸び縮みしますからサロペットだからといって肩が突っ張ることもありません。両脇にはマジックテープで簡単にウエストを絞る機能も付いていますから、ウエストのゆとりが気になる場合も手袋をしたままでキュッと調節が可能です。裾はプレーンなストレート。裾には裾幅を調節する「マジックテープ」が付いていますので幅が気になる・・・というよりは、長さが気になるお客様はここで絞っていただけると、裾がシューズに引っかかり裾を引きずる事はなくなります。  続きましては、ウエストがゴムで絞られている「トレパン」タイプ。基本的には同時発売の「サロペットパンツ」と相違はない機能性ですが、このパンツの特徴をあえて言うならば・・・「脱ぎやすいし、穿きやすい」でしょうね(苦笑)。「そんなもん、わかっとるわ!」とお叱りをいただきそうな雰囲気ですが、実は結構重要な要素。例えば「事務所」と「現場」を頻繁に渡り歩くようなお仕事であれば、脱ぎ穿きを優先したほうがイイと思いますし、一方一日中水気の中で仕事をされているお客様なら、脱ぎやすさよりも「ウエストよりも高い位置での防水(より高い防水性)」を求められると思うからです。この部分はお客様のお仕事を優先されたご選択をされると良いと思います。 最後に、作者である私が実際に(新)ウレタンレインウェアを着用してみました!! 身長:178cm、体重:66kg、ウエスト:82cm、普段着るレインウェアトップスサイズ:Lサイズ、パンツ:Lサイズ の私が上下で着てみたところ・・・、 どっちともLサイズでバッチリ☆ でした!!いやぁ、久々普段のサイズとおりで作業着が選べてよかったです。普段とおりで良いっていうことは、サイズ選びで悩む必要も無いってことですから、きっと多くのお客様も楽に感じると思いますよ! あ~、最後に肝心な事を言うのを忘れておりました。カッパといえば「防水」、そしてカッパといえば「ムレる(汗をかく)!」っていう問題がありますよね?この商品はどうかというと・・・、残念ですが防水性を高めるため、ボディには高い機密性を持たせており、ムレた空気の逃げ口はほぼゼロ・・・、つまり「汗は発生する」レインウェアと言えそうです。夏場に使用される際は、吸汗性の高いインナーウェアの着用を強くオススメいたします。 ※ご覧頂いている商品は上下別売りとなっております。 上下別売 EXOCET エグゾゼ 新 ウレタンストレッチレインサロペットパンツ”防水” F 11002S 2016 WEX 年間 カッパ 赤字超特価,定番人気

BURTLE VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーワイドカーゴパンツ 5106 数量限定,低価

発売予定日 2011/04/09 掲載日 掲載中 「当店でしか買えないワークギアを!」という事で、オリジナル商品化を進める当店(プロノ)ですが、時たま「やっぱりメーカーさんには適わないなぁ」と思ってしまう商品と出会うときがあります。一昔前の作業服では当店オリジナルのワークウェアの方が断然イイ!と思えて仕方無かったのですが、昨今の作業服メーカーさんの意気込みには、正直頭が下がります。そんな「すごいなぁ」と思わせてくれるメーカーさんの一つが、この春 「クロカメ被服」から「BURTLE(バートル)」に社名を変更した メーカーさん。以前から、他の作業服メーカーさんとは明らかに一線を画す路線を突っ走ってきた感のあるメーカーさんですが、ようやく時代が追いついてきた感じで今、ノリにノッているメーカーさんです。  「BURTLE」が長きにわたって追い求めてきたのが「ワークカジュアル」。そうです、当店現在、「最近の作業服はこんなにカッコイイんだよ!」という「ワークギアをカジュアルに着る」という「ワークカジュアル」を 当店よりもず~っと前から追求してきたメーカーさんです。 その間、失敗もあれば、成功もあり、そんな経験「ノウハウ」が今のBURTLEの人気をしっかり根元から支えています。  今回、ご紹介するアイテムは、「BURTLE」に社名を変更する前からの商品ですが、しっかり「ワークカジュアル」しています。画像を見ただけでもお分かりになると思いますが、ブルゾン一つ見ても「あ、他とは違うな」と一目瞭然。 作業服であるという前提をしっかり考慮しながら、余分なダブツキや、今まで作業服とはこういう形・・・という固定観念を根底からひっくり返しています。 プロノでは、年々、当店をご利用されるお客様が増え、実にさまざまなご要望が毎日当店へ届きます。その中でダントツのトップが「何で作業服屋なのに、作業服少ないの?」、「もっとプロノの視点から見た作業服が見てみたい」等、作業服屋元来の中心アイテム「作業服」への要望が高くなっています。確かに当店では今まで、あえて「作業服」には手を出してきませんでした(作業服屋なのに(笑))。理由は簡単、つい2~3年前までは、どこのメーカーさんの作業服も似た感じだったんです。だからネット上で販売しようにも、商品を撮影して一覧で並べると・・・、「どれも同じ」に見えてしまうため作業服の取り扱いはオリジナル以外は掲載していませんでした。  しかし!ようやく今年から当店は、バンバン作業服をリリースします!!一覧でご覧になったときに、「あれもこれも、全部が魅力的」と思っていただける作業服を取り扱う事になりました。その先駆けが今回紹介する「BURTLE」というわけなんです。  では、早速商品のご紹介を。今回ご紹介するのは ブルゾン・シャツ・カーゴパンツの3種類。 今まで当店では、「カーゴパンツのみ」を扱うことが多かったのですが、当店でパンツを販売しすぎてしまい、メーカーさんに「ブルゾンだけ余る」という由々しき事態が多発。メーカーさんからのたっての希望もあり、今年からは上着も扱う事にありました。「おや?どっかで見たことあるな??」というお客様は、当店と長いお付き合いをされているお客様。そうです、この商品、冬時期に「防寒着」としてリリースした ヌバックタッサー防寒ブルゾン と同じシリーズになる 夏服バージョン なんです!!ヌバックタッサーユーザーには、突然の朗報ですよね!!  ヌバックタッサーも例外なく、スタイリッシュなシルエットが大好評でしたが、夏服になってもそのシルエットの美しさは健在。夏服といっても過度なペラッペラッな生地ではなくて、綿100%の素材を使用しているので、市販されている「ペラッペラッ」な作業服ではなくて、何回洗濯をしても「パリッ」とした着心地がとても気持ちイイ作業服になっています。また生地は 国産のリップクロス素材 を使用しているので、信頼性抜群!!っていうか、「リップクロスって何?」とお思いのお客様もいらっしゃいますよね??リップクロスとは、もう当店では有名な素材。ただ「ジャンルが異なり」ます。そうです、一般的にリップが使用されるワークウェアは「ヤッケ」や「カッパ」が多いです。 リップとは生地の中を別糸が格子状に走り、あらゆるテンションによる引き裂けと、破れを防止する 事が目的として使用されている加工です。ですから、画像をよ~く見てみると・・・、表面に格子状の模様が見えますよね?これが「リップクロス」です☆そしてこの素材は「日本で作られている」という事ですね。ただし!だから「日本製」とはなりません。当商品の場合、「国産生地を外国へ持ち込み縫製」するので、輸入法上は「外国産」となってしまいます。がコストのかかる日本生地をこだわり使用しているBURTLEってやはりタダモノではない!って気がしませんか??さて、ここからは、「ブルゾン」「シャツ」「カーゴパンツ」について、個別のご案内。 説明が長いですね・・・。どうか諦めないで読んでくださいね(苦笑) 【5101 ブルゾン編】 手にした見た感じ、「とってもしっかりしているなぁ」と思ったのが第一印象。この質感は「日本生地を使用」しているからなのか「リップがもたらす生地のコシ」なのかはちょっと分からないですが、とにかくしっかりしています。それで明らかに年間作業服とは異なる生地厚を実現しているのだから、驚きです。ただし、夏場25~30度近くになってしまうと、さすがに綿素材は暑く感じてしまいそう・・・。つまり、極暑日に至るまでの「4月」「5月」「6月」、また秋口の「9月」あたりまで、ガッチリカバー出来る作業服のような気がします。  シルエットに関しては、もはやBURTLE製品は何の心配もなし。かなりカッコイイです。私(作者)のように線の細い人間にはありがたい「裾がバタバタしない」形状のブルゾンは、胸囲や、裾幅などの細かいスペック変更で、本当に余分なダブツキはありません。もちろん今まで必要の無かったダブツキですからガッチリ体型のお客様はNGという事では絶対ありません。またBURTLEの特徴としては「ブルゾンの丈が短く」感じる方もいらっしゃるかもしれません。この部分はどちらは悪いとかではなくお客様の好みにより賛否が分かれるところ。私個人の考えですが、私的にこの長さは「アリ」だと思います。というのも、羽織った感じ「ジージャン(古い?)」のような雰囲気です。これ以上長くなってしまうと、上下で合わせた時のバランスが崩れてしまうような気がします。また着用の際、ちょっとダラしなく思えるかもしれませんが、「フロントジッパーを上まで上げる」着方ではなく、夏場は全開!!みたいなワイルドな意気込みで着用すると、よりBURTLEの世界観が伝わると思います。  よく作業服で見かける「脇ゴム」もナシ。襟元はライダースジャケット(シングル)のようなボタンでスタンドカラーに早代わりする襟形状。袖口もゴムは使わず、全体的に「ストンしたストレート形状」が魅力です。 ちなみに作者ではある私が実際に着てみました! 身長:178cm、体重:62kg、普段着用するブルゾンのサイズ:LLサイズ の私が着てみたところ・・・、 Lサイズでジャストサイズ! でした。いやぁ~、細身の私でも作業服がかっこよく着れるなんて夢のようですね(泣)。サイズ選びのコツは、この商品、パンツは割とゆとりがありますので、作業上許される範囲内で、「ブルゾン→ジャストサイズ、シャツ→ジャストサイズ、パンツ→通常サイズ」で合わせると、ボトムのボリュームがトップスのスッキリ感で中和され、すんごいオシャレに見えます。ブルゾンもシャツも大き目を買うと、全体的にダブダブな印象になりますのでご注意ください!! 【5103 長袖シャツ編】 当店がシャツを扱うなんて、あまり考えられない事ですよね(苦笑)それだけBURTLE製品に対し、当店が信頼を寄せている証拠。ブルゾンよりも2割くらい薄い生地を使用しているので、見た目ブルゾンと同じ印象に思われちゃいますが手にした感じはかなり違います。ブルゾンと比べるとかなりソフトな印象です。私(作者)の場合は大丈夫でしたが、ひょっとすると「ブルゾン」と「シャツ」のサイズが異なるお客様もいらっしゃるかもしれません。それだけ着た感じの印象は違います。詳細は別記のサイズスペックをご参照下さい。シルエットとしてはタイトではありませんがスッキリした形なので、「シャツの中に着込む」事は基本的にお勧めできません。肩口の周囲寸法「アームホール」がスリムなため、厚地の下着や重ね着をすると、脇の部分で生地の大渋滞が起こります。裾形状もゆるやかなアールを描いているので、居ないとは思いますが、シャツを出して着用する事も可能です。 実際に私(作者)が着てみました! ブルゾンサイズと同じLサイズがジャスト! でした。う~ん、でもホントはMサイズでいきたかったんですが、袖丈が足りませんでした・・・。 【5106 パワーカーゴパンツ編】 近未来「ワークカーゴパンツ」みたいです(笑)。明らかに今までの作業カーゴパンツとは違います。ノータックスタイルでシンプルに仕上げている他、デザインを崩さないよう配慮されている出っ張りが無いサイドのポケット等、恐らく「今までのタックの作業パンツに抵抗があったお客様」は、それだけで魅力的なスペックではないでしょうか?しかし、一方で”しっかり作業パンツしているな”と思わせる点も。見た目はなかなか分かりませんが、実はこのパンツ「太い」です。つまりワンタックを潰しても決して細くはせず、作業に必要なワタリ(ふともも部の巾)はしっかりと確保されているんです。ですから「ノータックがキツイよな~」っていうガッチリ体型のお客様もご安心ください。びっくりするくらい問題無く履けますよ。まさに見た目のマジックですね。またタックを潰す事により、折り目がパンツの両足のセンターを通らず(スーツのパンツは両足のセンターに折り目が走りますよね)、ジーンズやチノパンと同じサイドに折り目がくる構造になるので、これだけでかなり見た目の印象も変わります。  また画像では全部が”イマドキ”のように見えますが、こんな部分でもBURTLEが大事にしている箇所があります。それは 「股上」 です。イマドキのジーンズのようにまた上が浅く見えますが、それは大間違い。実は、「かなり股上が深く設定」されているのでお尻の収まりがすんごく良いです。他社さんメーカーでやっちゃいがちなのが、全部を”イマドキ”にしてしまい、股上も浅く設定してしまうんです・・・。これではもういくらカッコよくてももはや作業服ではなく単なる「カジュアルパンツ」です(泣)。この部分はBURTLEがワークカジュアルを提唱し、ノウハウとして蓄積した結晶。「股上」を変にイジッてしまうと、仕事が出来なくなってしまうんです。BURTLEは、前衛的なワークデザインを実現しながら、しっかりと「古き善き知識」はしっかりと踏襲しているメーカーさんなんです。  最後に私(作者)が実際に履いてみました。 私の好みでは82cmがベストサイズ! でした。前述通り、トップスはジャストサイズで攻めて、ボトムは少しゆとりを持たせると、カッコイイスタイリングになるのではないかと思います。 BURTLE VICEUNITED国産夏生地使用リップクロスサマーワイドカーゴパンツ 5106 数量限定,低価

上下別売 Dickies ディッキーズ ワークパンツ D 1873 * ワークウェア 作 着 作 ズボン 作 服 メンズ* 高品質,お得

→お揃いのジャケットもご一緒に☆ なぜ、Dickiesは愛され続けるのか。 -カッコイイから、だけでは続かない。誇り高きDickiesの作業服。- 「Dickies(ディッキーズ)」。この名を知らない人を探す方が難しいかもしれません。 アメリカ・テキサス州で小さなツナギ屋から始まったDickiesは、 今や世界中で愛される、有名すぎるワークカジュアルブランド。 働く人々のための「真のワークウェア」として機能性を 追及し続けたDickiesの商品は、多くのワーカーの仕事を支えました。 Dickiesといえば「874」。 石油労働者のために作り出された最も有名なワークパンツ「874」は、 作業着の枠を超え、ファッションとしても幅広く取り入れられるようになりました。 そうやって「世界で最も愛されているワークパンツ」が生まれたのです。 そんなDickiesから、当店では初となる「作業服」が登場です。 今回ご紹介するシリーズは シンプルで年齢問わず着られる万人受けデザインといえます。 カジュアルテイストのファッションとして取り入れられるのはもちろん 「チノクロス」と呼ばれる丈夫な生地を使用しているので、 ハードワークをされている方にもおすすめできる商品です。 もっと厚手で丈夫な生地をお求めの方には、D-1080・D-1085をお勧め致します。 D-1080・D-1085は更に厚手の「カツラギ」という生地を使用しています。 例えば建設業、鳶さん、大工さんの作業服、 車屋・バイク屋さんのスタッフユニフォーム、イベントユニフォームとして。 見た目も機能も洗練された作業着は 着る人の気持ちまで変えてしまうのではないでしょうか。 ・・・ <D-1873 ストレートパンツ> ■色: 「カーキ(ベージュ)」「チャコール」の2色展開。 「カーキ(ベージュ)」は色名はカーキになっていますが、「ベージュ」と思って頂いて結構です。ベージュはチノパンの王道。Dickiesの作業服は、代表作874を含め普段使いしても最高にカッコイイです。専ら普段使いするためにご購入されるお客様もかなり多いのではないでしょうか。白、黒、ネイビー、カーキ等の色味との相性が抜群です。これをプライベートで着ていても、作業用品店で買ったとは思われないでしょう(笑)また、ベージュといっても白に近い淡い色からキャメル・ブラウンのような濃い色まで幅広いですが、このベージュはちょうど中間のThe・ベージュ。このベージュの特徴は、普段づかいしやすく汚れが目立ちにくいこと。汚れの多くは灰色なので、濃い色の服だと汚れた部分が白っぽく目立ち、白っぽい服だと黒っぽく目立つんです。そのため汚れが目立ちにくいのは、淡くもなく濃くもない、中間の色、という訳なのです。ただし、機械油などで黒く汚れることが多い方には、チャコールがおすすめです。付きやすい汚れの色に近い色を選ぶのがポイントです。「チャコール」は濃い目のグレー。機械油などで黒く汚れることが多い方にはこちらのチャコールをお勧めします。淡いグレーだと野暮ったくなりがちな作業服も、濃い目のグレーならクールで洗練された印象に見せてくれます。白、黒などモノトーンで統一するとより一層クールに。夏場は白を合わせるのがさわやかです。 ベージュではカジュアルすぎるという方も、チャコールなら綺麗目にまとまります。カジュアルで柔らかい印象を求めるならカーキ(ベージュ)、クールで洗練された印象を求めるならチャコールがおすすめです。 ■仕様: ストレートでシンプルなチノパン。Dickies代表作874よりもワタリが狭く、太もも周りのダブつきが抑えられており、裾はストレートになっています。カーゴポケットも付いていないので、スラッと縦の線が強調され、シンプルでより清潔感を感じられるデザインになっています。 右太ももの後ろ側にはポケット(縦約15cm×横約9cm)が付いており、小さめのスマートフォン(iPhone5Sは余裕がありましたが、iPhone6はギリギリ入りました!)を入れたり、ペン差しにも使える便利な大きさです。ウエスト部分はDickiesロゴ柄の裏地を縫い付け補強。裏地にあえてロゴ入りの別生地を使用する、そんなさりげないところにも遊び心が隠れています。  ウエスト部には7か所(3cm幅×6、4cm幅×1(後ろ中央))のベルトループ付き。一般的なパンツのベルトループは幅1cm程度のものが5か所、というものが多いですが、7か所にすることでよりしっかりとベルトを支え、ずれにくいので体にフィットするというメリットがあります。  ヒップポケットは左側はボタン付き、右側はボタンなし。フラップはあえて付けずシンプルなデザインに仕上げました。 ・・・ 【サイズ感 : 実際に着てみました!】 早速当店の男性スタッフ2名に着てもらいました。 ●身長178cm、ウエスト82cm、体重71kgの男性スタッフ  ブルゾン:Lサイズ、パンツ:82cmでぴったり! ●身長170cm、ウエスト76cm、体重60kgの男性スタッフ  ブルゾン:Mサイズ、パンツ:76cmでぴったり! ブルゾンはお尻の上部が隠れる程度の短い着丈でスッキリとした印象です。 Dickies代表作874よりもワタリが狭く、太もも周りのダブつきが抑えられており、裾はストレートになっています。決して細身というわけではありませんが、874だとワタリが広すぎると感じる方にはピッタリの、控えめな太さのストレートシルエットです。 素材: 綿70%、ポリエステル30% 上下別売 Dickies ディッキーズ ワークパンツ D 1873 * ワークウェア 作 着 作 ズボン 作 服 メンズ* 高品質,お得

BURTLE バートル ソフトツイルヘリンボンワークカーゴパンツ 1502 激安大特価,新作

→お揃いのブルゾンはコチラ☆ →女性専用モデルはコチラ☆ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 【1501 メンズ】先日、発売したドボジョ用カッコイイ作業服!!発売した途端に反応が出ており、当店としてもビックリ!!今まで畑美人のお客様より「いつ入る?」と常々ご質問をいただいていた商品ですが、まさかこんなに多くのお客様に待ってもらっていたとは・・・。本当に恐縮です・・・。 さて、女性用がヒット!!ってなってくると当然湧き上がる声が(苦笑)。そう、今度は「俺らが着るこの商品のサイズは無いの?」です(笑)。そりゃそうですよね、女性をあれだけカッコ良く見せる作業着なんですから、当然男性が着れば「がっちりハマる」のも簡単に想像が出来ます。 そんな日々、オトコに磨きをかけているワーカーに今回、ご紹介いたします!!既に女性用でヒットしている大人気作業服の紳士バージョンのご紹介です!! 当然あった!!BURTLEヘリンボン・ワークウェア(MENS)!! 実はこの商品、春先からレディース用よりも前に当店の倉庫で在庫しておりました・・・。ホントは、今年の春先に「前人未到のアベックウェア(死語)!!」をして、男女共に同時に発売したかったのですが、レディースの手配は乱れ、発売が延期された時私のテンションもガタ落ちし「まぁ、もう秋でイイや」と思ってしまってから、倉庫に保管されていました。。。ただ、今回女性ワーカーから熱烈なリクエストを頂き、この暑い中、 年間モデル(生地厚)のご紹介 をさせてもらいました。 でもやっぱりイイモノはイイ!!って事ですよね、たとえ全国これから真夏を迎えますが、先日発売された女性用ワークウェアは全く問題なく売れています。 なので、秋まで置いておこうと思っていたメンズも今回、発売する時期としては間違いなくおかしいですが、きっと待っているワーカーもいらっしゃると思っての掲載となりました!! 一応、レディース用をご覧になっていないお客様にお伝えすると、この商品は年間通して着用する事ができる業界では「年間物」と呼ばれる作業服です。なので、生地厚が特徴的で関東以西であれば昼間ブルゾンだけで仕事をしていても大丈夫なほど生地がしっかりしています。ですから、Tシャツでもうだるような暑さの真夏では、当然着ているだけで暑苦しさ満開です(苦笑)が、だからこそ1年通して着用出来るんです。夏は何着ても暑いもんは暑いですからね。正直インナーで調節する(クール素材・吸汗素材)か、話題の空調服で無理矢理涼しく仕事をするかのどちらかです。 その生地厚の生地は、 BERTLE社自慢の高級「国産」調達生地 を採用しています。イマドキ、国産の生地を使っている作業服メーカーさんってどれくらいあるんでしょうか??BURTLE社は今も本社に工場を持ち、工員さんも抱えて縫製を行っている数少ない作業服メーカーさん。カッコイイ作業服を次々とリリースするメーカーさんなので何もかも「新し物好き」だと思われるお客様も多いかもしれませんが国産の生地に拘るところ等、少なくても古き善き時代を大事にし「温故知新」を地で行くメーカーさんだと思っています。なのでBURTLE社の製品は 好まれる年齢層が広く、リピート(反復購買)品番が多い。 のが特徴。 要するに、「性別・年齢に関らず、ワーカーすべてに愛されている」メーカーさんなんです。なのでいつも新商品が出たら大人気→→→すぐ欠品→→→販売店としては売る時期を逃す。となるわけですね(汗)。でも売れているからこそ欠品するのであって、人気の無い商品は欠品などしないわけです。 販売店としては、いつも悩まされるBURTLE社の欠品問題ですが、「人気がある故」「売れているから故」の出来事なのでどうしようも出来ないですね・・・。 今回ご紹介するヘリンボンは、 綿70%+ポリ30% という、俗に言う「綿混素材」なんですが、70%も綿が占めると、もう触り心地は「綿そのもの」です。ヘリンボンは特殊な繊維の織りから成される生地の柄なので、普通の綿素材・綿混素材の作業服と比べると、 バリッとした硬い触り心地が特徴 でその触り心地からも、どれだけハードな現場でも即座に対応するヘビーデューティなワークウェアに仕上がっています。 ヘリンボンの風合いは、どこかデニムと似ており、「着れば着るほど着用者にフィット・マッチしていく」素材で、汚すたび・洗濯するたびに着用者の体型に合わせた縮みをみせます。なのでカッコイイのは届いたその瞬間ではなく、 着ていくうちに馴染んでいき、ワーカーをいぶし銀のカッコよさに見せる 事が出来るのがヘリンボン、またはデニム素材ワークウェアの最大の魅力です。 着心地は?というと、ブルゾンほど季節に左右されないアイテムですが、やっぱり夏に着るには暑いです、ゴワゴワしてますし(笑)。でも逆をいうなら、夏以外の季節であれば1着持っていて損は絶対にしないアイテムです。 「なら、夏が終わって秋に買えばイイや」と思いますよね?それがBURTLE製品の難しいところ・・・。いざ必要になって買おうと思うと「無い」んです(苦笑)。なので、BURTLE社の作業服は基本「ある時に買っておく」というのがファンの中では常識になりつつあります。本当に無くなるのが早いので・・・(苦笑) パンツの全体的なデザインは、BURTLE社のサイズスペックを見事に踏襲したモデル、つまりメンズサイズに関しては「太めデザイン」です。ウエストはピッタリでも太ももから裾にかけて必要な隙間の余裕があるのでノータックであってもまず問題ありません。光沢があるヘリンボンなのでパンツ単体で穿くと作業用にはまず見えませんね・・・。 上着同様、とてもシンプルなデザインなので トップスに何を持って来ても、作業靴に何を持って来てもまずコーディネートが邪魔をする事はありません。 なので、いつものトップス、いつもの靴でアップグレードが図れるんですから、これは魅力的です。 ただし、以下のお客様はご注意ください。 私、そんなに足が長いという認識も自負もありませんが、このパンツを穿いてまず思ったことが「股下が短くなりそうで不安」 という部分、あまりに心配なんでカタログで確認したんですが股下80cm設定にはなっていますが、BURTLE社のパンツにしては凄く股下が短い感覚に驚きました。 股下78cm以上のお客様は、ちょっと厳しいかもしれません。っていうか最初はギリギリ大丈夫でもお洗濯で縮んだり、ヨレたりすると途端に短く見えてしまいそうで怖いです。このパンツに限ってはモデル画像でもそのように写していますが、 ちょっとだけウエスト・ハンギング(腰骨の出っ張りに引っ掛けて穿く)方がスタイルが良く出ます 。その点だけご購入の際、ご注意ください!! あ、それと静電繊維なので、乾燥時期のあの「パチパチ問題(静電気)」も緩和してくれます。 さて、実際にこの作業服を私が着てみました!! 身長:178cm、ウエスト:82cm、体重:71kg、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、インナーのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 Tシャツ1枚インナー着用でLサイズでピッタリ☆、パンツはLサイズでピッタリ!! でした!!でも上着の方は本当にジャストサイズだったので、冬場インナーを着込む事を想定するとLLサイズの方が良かったかもしれません。 残念ながら、ポリエステルが混ぜてあるので火気を扱うお仕事のお客様には不向きといわざるを得ませんが、逆にそれ以外のお仕事であればバンバン着こなせると思います。 それどころか、ノータック・チノスタイルであるパンツなら、普段着でも着まわせるオールマイティな存在。男性・女性ワーカーを抱えている社長さんは社員の制服として用意すれば、従業員さんからの支持率・高感度急上昇間違いなしです。男性も女性もカッコよく見せる作業服って実は探してもそんなに見つかりません。 男性ワーカーの皆さん大変お待たせいたしました!!これぞ「働くオトコの戦闘服、鎧」です!! BURTLE バートル ソフトツイルヘリンボンワークカーゴパンツ 1502 激安大特価,新作

76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズチノカーゴパンツ No.76 WP142 豊富な,セール

→Sから3Lサイズはコチラをクリック! →お揃いのブルゾンはコチラ! 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 「あのさ~、ナナロクのカーゴパンツって何で上着はないの??」と言われ続けて、早いもので2年も経過してしまいました。もともとの構想から「上着は必要ない」とのスタートだったので、お客様からどんなにご要望を頂いてもお応えできずにおりました・・・。 当時から当店では、「作業服ってさ~、ホントに上下で色がそろっていなきゃ、ダメなのかな~??」と誰にも相談できないモヤモヤを抱きながら毎日を過ごしていましたが、そんな時にナナロクから、「作業用パンツのみを開発しようと思っています。上着はお客様の自由です。」とのご連絡があり、当店の他にも同じ事を思っているブランドがあったという事で当時、ものすごく嬉しかった事を今でも覚えています。 狙い通り、発売後のナナロク・カーゴパンツは記録的大ヒット!!当店もナナロクも今までの作業用パンツに対するモヤモヤをすっかりと晴らし気分が良い毎日が続きました。ところが販売数が伸びれば伸びるほど「上着は無いの?」というご要望の数もどんどん増加していったんです・・・。  そうなんです。確かに「作業着に上着はいらない」というお客様はたくさんいたんですが、作業員全てのお客様にご満足いただくスペックではないとの結論に至りました。。。状況を問題視した当店とナナロクは徹底的にご購入いただいたお客様のご職業、着用用途をリサーチしどんなお客様に好まれて、どんなお客様にお買い求めいただけていないのかを調べ上げました。 ■ご好評いただいたお客様のご職業■ (1)車屋さん(メカニック・整備業含む)(2)内装屋さん(3)庭師さん(4)各種サービス業(イベント・ユニフォーム)(5)農家さん(6) ■お仕事以外でのご使用(着用)用途■ (1)普段着(2)オートバイ運転着(3)アウトドア・釣り・その他屋外での趣味着 ■好評を得られなかったご職業ランキング■ (1)建設業(2)鳶さん(3)大工さん 以上の結果になり、当店は愕然としてしまいました・・・。だって、大工さんや鳶さん、建設業のお客さんっていわば、当店の屋台骨を支えるお客様だったんですからそのお客様に前回のカーゴパンツ&上着無しという製品は、あまり受け入れられなかったという結果を目の当たりにして私はもう、ショックを通り越して頭が真っ白になってしまいました・・・(泣) この結果をないがしろにしてはいけないと、ナナロクと当店はホンキで悩みました。今まで当店を支えてくれたお客様になんとしても「ナナロク・ワーキング」の良さを実感してほしいと思っていたんです。そして、出た結論が「よし!お揃いの上着付きの作業パンツを作ろう♪」という事でした。ただし、既存のカーゴパンツに上着をつけてしまってはカーゴパンツそのもののコンセプトが崩れ去ってしまいます。そこで、 今度は、建設業・鳶さん・大工さんにも喜んで着てもらえる、バビッ!としたワーキングウェアを作ろう!! 、まるでイチから構想を練り直していよいよこの日を迎えました!! そう!!今回のナナロク・ワークウェアは上着が存在する、本格現場作業服の登場!! です!! 開発コンセプトが前出のカーゴパンツとは決定的に異なるので、もはや比べることがナンセンスですが、大きな違いは「生地が厚くて丈夫」っていうのと「ファッション重視のシルエットから、実用性重視の現場向き志向」が強いスペックが魅力です!! 【とにかく、額に汗するワーカーさんに着てほしい!本格的な作業服の登場です!(ワークパンツ編)】 ■こだわり抜いたシルエット!・・・シックな雰囲気を与える杢調の生地はオトナが着ると上品、若い方が着るとシッカリ者に見えてしまう魔法の生地です。ノータック・チノスタイルを踏襲したスタイリングで体型問わず非常にスッキリとした見た目にまとまります。イメージとしてしやすいのは一般的なカジュアルチノで、裾幅も主要ワークウェアボトムと比べると狭いですが、一般チノパンと比べると決してドカン型ではありません。つまりアメカジを楽しむ上での適度なゆとりを有したワークパンツだと思っていただければと思います。  ■ロゴに頼らないブランドイメージ・・・ナナロクといえば、オレンジボールに76の文字がトレードマークですが、今回のワークウェアではそのナナロクの代名詞であるオレンジボールはベルトループ上のみ、つまりベルトを通してしまうとほとんどナナロク・ブランドだという認識はありません。つまり、着ていると全くナナロクとは認知されないデザインにこだわっているのは上着同様、パンツも同じコンセプトです。これぞ「見えないオシャレ」であり、既存カーゴパンツで受け入れられなかった職業をされているお客様へのナナロクからの心遣いだと思います。 ■アメリカン・ワークスタイル・・・大きさ・着心地・スペックに関しては、古き良き時代のアメリカのワークウェアをイメージ。 ポリ×綿の扱いやすいツイル素材の生地をぶ厚くして耐久性を大幅にアップ 、お届けになった時のさわり心地は最初は決して着心地が良さそうには思えない「ゴワゴワ・バリバリ×100」の質感に驚かれると思いますが、洗濯を繰り返す度にクタッとしてきてとても良い風合いに変化します。その時にはゴワゴワ感もバリバリ感もなくなっていると思いますので、ご安心ください。 全体的なシルエットは上着は着丈は長く昔ながらの無骨で寸胴シルエット、パンツはイマドキのやや股上浅めのノータック・チノスタイル ですから、上下で合わせた感じはスタイリッシュなタイトデザインというよりは、現場作業向きのモリモリ筋肉マンスタイルでアメカジ風(全体的にルーズ・シルエット)だと思います。 ■こだわりのディティール・・・ロゴで製品をアピールするのではなく、あくまで「モノの良さ」でブランドを主張したいと思ったナナロクは細部のディティールにも手を抜かず、ゴールドの金属製のジッパーやリベットの代わりに「×」印の補強刺繍を行うなど、当時金属不足でやむなく行ったアメリカのワークウェア事情もしっかり再現。驚きなのは、袖のボタンには「76」が刻印されたオリジナルボタンをわざわざこのカーゴパンツのために製造しています。 どうです??今までカーゴパンツだけお買い求めいただいていたお客様からすると「なんともいえない」商品になるのかもしれませんが、少なくても今までのカーゴパンツだけではご満足いただけていなかったお客様、または着たくても上着が無いことで会社からNGを出されてしまったお客様には良い知らせではないでしょうか??しかもただとってつけた「オリジナル・ウェア」ではなく、仕事の事を真剣に考えた「これがナナロク・ワークウェアだ!」と各部においてさりげなくナナロクを主張する全くあたらしいワークウェアの「あるべき姿」を表現しています!! 最後に私が早速手元に届いたワークウェアを着てみました!! 身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段穿くカーゴパンツのサイズ:82サイズ、普段穿くジーンズのサイズ:31サイズ の私が着てみたところ・・・、 作業着として着るならLサイズ(82cm)!! という結論に達しました。 っていうのも、ブルゾン同様、カーゴパンツも全体的に大作り感なのは否めません。これはアメリカン・ワークを踏襲したデザインであり、ある意味「クラシックなスタイリング」といえそうです。ですから、私のように線の細い人間はちょっと各部でゆとりが出てしまいます。この商品が似合う人はきっと、中肉・中背の一般体型のお客様から、ガッチリしたマッチョ体型、そしてちょっとふっくら体型のお客様には、ピッタリ・ジャストサイズでお召しになることが可能ではないかと思います☆ 前作、「ナナロク・ワーカーズ・カーゴパンツ」でご満足に至らなかったお客様、これぞ「ザ:ワークウェア」の登場です!それがナナロク・ブランドから出るんですから、これを着て現場に出たらしばらくは周囲からの絶賛・質問攻めにも耐えなくてはなりませんね☆ ※この商品は、初回のお洗濯で縮む可能性がございます。お届けの折、サイズがかなり大きく感じるかもしれませんが、それは初回のお洗濯で縮む事を予想してやや大作りになっております事、お買い求めいただく前にご了承ください。 ※ サイズスペック サイズウエスト内股下裾幅 S748020.50 M788021 L828021.50 LL868022 3L907822.50 76Lubricants ナナロク USA WORKSTYLE ワーカーズチノカーゴパンツ No.76 WP142 豊富な,セール