www.dontneednomelody.com

好きなこと中心に細々ともの書き。読書とか映画とかリウマチとか




TS DESIGNPRO マッスルサポートウェア 着圧コンプレッション 84250 2016 WEX 防寒 インナー 超激得,SALE

→上に一枚羽織るならコレ! 必見、製作者が語るアピールポイント!! いやぁ、今年の秋冬モノはまさに新作TSデザイン一色になったなぁとまだシーズンが終わっていませんが、しみじみ思いながらTSデザインさんの当店の品揃えリストを見直していた時、 当店、重大なミスに気がついた んです・・・。それは、 ああっ!!TSデザインさんの商品、一つ掲載し忘れてるッ!! そうなんです。本ッ当にお客様にもメーカーさんにも悪いことをしてしまいました(詫)。正直青ざめましたね・・・、慌てて当店の在庫を調べてみると9月から倉庫に入ってました(恥)。あろうことか私の大好きなTSデザインさんで掲載漏れが起こるとは・・・、本日慌てて取り寄せをし、マッハでページを仕上げようと思います。 そうなんです、この秋TSデザインさんでは、本当に面白いインナーシャツを発売していたんです。それを真っ先にお伝えしようと思っていたのですが2ヶ月も経過してしまい申し訳ございません。 今回、ご紹介する商品は長年「レイヤリング(重ね着)」を提唱してきたTSデザインさんの”全て”を注ぎ込んだ 日本で働く全てのワーカーさんに「最高!」と言ってもらいたくて作り上げたコンプレッション・インナーウェア です!! 「え?コンプレッション??そんなの今じゃドコの作業服メーカーさんだって出してるよ!」と鋭い突っ込みのお客様、フフフ・・・確かに今じゃドコでも売っているコンプレッションシリーズ。だけど、今回は違いますよ。TSデザインさんのホンキ度が全く違うんです!! 【究極のコンプレッションを生み出したTSデザインの凄い開発力!】 ■着圧・・・「??」っていうお客様。コンプレッションの和訳が「着圧(圧力)」です。おっしゃるように今やどのメーカーさんもコンプレッションを名を打って販売していますが、そもそもの意味「着圧」的にどうなのか?といわれると「なんちゃって」が多いんです。注釈としてあえて言いますが、私は作業着でスポーツ選手が着るような本格的な着圧衣料は必要ないと思っています。 がしかし、TSデザインさんはこの禁断の域に開発の手を伸ばしてしまいました。 全身キツめのサポーターで包まれているかのような独特な感覚は恐らく着た人にしかわかりませんし、恐らく当商品以外では体験できない仕様 です。端的に言うと「キツイ」んですから、それを嫌がるお客様は当商品はあまりイイモノではないかもしれません。がしかし、脱いだときの爽快感はハンパじゃないです。体の全ての血流が「ドバァ~!」と一気に全身を駆け回る感覚です。仕事の疲れも肩や全身のコリも脱いだ途端、どこかに飛んでいってしまうようです。 ■防寒性・・・手にとるとすぐに分かりますが、この商品「地が厚い」んです。そのワケは「防寒仕様」になっているという点。ピタピタになるコンプレッションはどうしても外気の冷気を体に伝えやすいんですが、この商品は驚くべき方法でコンプレッションの持つ弱点を克服しています。 【トリプル・マテリアル・フュージョン】 ☆ボンディング・・・肩をスッポリと覆うようにコンプレッション肩部の裏生地には保温力の高いフリース・ボンディング(画像赤い部分)を採用。筋肉で覆うことがしずらく寒さが伝染しやすい肩をスッポリとフリースで覆うことにより、寒い屋外でもいつもポカポカの着心地を実現します。 ☆メッシュ・・・表素材をよ~く見てみると、異素材がいくつも合わさってこのコンプレッションが作られているのがわかると思います。暖かくなりすぎた体温熱を放出するため、脇の下には通気性がよく夏物作業着でよく使われるスポーツメッシュを採用し冬物にも関わらず通気とムレに対しても意識が高い商品だという事が伺えます。 ☆マイクロファー・・・首の付け根から肩甲骨辺りまでのエリアは毛足の長いマイクロファーを採用しています。ここって結構楽観しされやすいポイントなんですが、衣服を着て「かゆい!」と真っ先に思うのはココなんです。ですから首もとのデリケートゾーンにはフワフワした抜群に柔らかい裏生地を使用し、保温性はもちろんの事、着用者にとって全くストレスの感じない首周りにする事に成功しています!! ■ミドル・アウターレイヤー・・・この商品もTSデザインのレイヤリング・コンセプトモデルであり、先に発売された中間着を意味する「ミドルレイヤー」、そして外着を意味する「アウターレイヤー」、そして今回ご紹介している直接素肌に着る「インナーレイヤー」をもって、TSデザインが提唱する「防寒をレイヤリング(重ね着)する」というコンセプトが完成するわけです。 もちろん、一流スポーツ選手が着用するアン○ー○ーマーのような、脱ぐことも着ることも大変みたいな事はありません。脱ぎ着は全く問題なくできますが、着用すると「キツイ」と思える、それくらいの着圧感です。 TSデザインさんでもあまりの出来栄えの良さにコストも上がり、正直「お手ごろ価格」ではなくなったという事で、TSデザインのロゴの下に「PRO(プロ)」をサブタイトルをつけています。確かに興味本位で買うというよりは、やっぱり暖かさと着心地、そしてコンプレッションスタイルにこだわりを持つプロのワーカーさんに着て欲しい1着です。 正直このコンプレッションインナーを着ただけの防寒性能というと、 TS DESIGNPRO マッスルサポートウェア 着圧コンプレッション 84250 2016 WEX 防寒 インナー 超激得,SALE

76Lubricants ナナロク 長袖ポロシャツ No.76 1609 2016 WEX 新作 ナナロク 赤字超特価

ナナロク好きが作った ナナロク好きのための ナナロクポロシャツ。 これぞナナロク! 細部までナナロクらしさが詰まったデザイン性の高さに注目。 生地や形は王道のポロシャツを踏襲しながら、ポケットやプリントのデザインでアクセントを加えた、ナナロクならではのポロシャツです。お仕事はもちろんのこと、プライベートでも着られるデザインが最大の魅力。 【デザイン・機能】 ◆ナナロクBIGロゴ 一番のアクセント、半袖は右脇、長袖は右袖に大きく入ったロゴプリント。 シルバー・ブルーには白のプリント、ブラックには白だと浮きすぎるので、 あえて色味を抑えたグレーのプリントが施しました。 ◆襟裏プリント 首裏の襟にも注目。 ポロシャツといえば襟を立てて着るのがオシャレの鉄板。 このポロシャツは襟を立てたときに見えるように、首の後ろにもプリントをあしらいました。 是非襟を立てて着て下さい! ◆ペン差し機能付きフラップポケット ポロシャツには珍しいフラップ(上蓋)+ボタン付きの胸ポケットは、 ワークシーンで必須のペン差し機能付きです。 フラップを閉じたままでもペンが差せるよう、フラップ上部に便利な穴を開けました。 また、この胸ポケットには決して表面からは見えないこだわりがあるんです! ポケットの内側って、目に触れることがないので生地の端の処理がきちんとなされていなかったり、 端ミシンだけということが多いのですが、 このポロシャツは内側の処理を徹底し、ワークウェアとしての耐久性を高めました。 宛て布で補強しほつれにくくした上に、更に端ミシンを掛けて処理しているんです。 こんなところまで気をつけているなんて、きっとほとんどの方に気付いてもらえないと思ったので あえてここで書かせて頂きました(笑) ◆扱いやすい王道「カノコ」 生地はもちろんポロシャツの王道・「カノコ」と呼ばれる立体的な織り生地を使用。 肌に接触する面積が小くなるため、肌あたりが軽やかで通気性が高い特徴があります。 前作のポロシャツは綿100%でしたが、今作はポリエステルを混ぜることで しわになりにくく洗濯後の乾きも早まり、より扱いやすくなりました。 ◆動きやすいサイズ感 ワークシーンで動きやすいよう、ワーク基準のサイズ感に仕上げました。 実は前作のナナロクポロシャツは、スマートなシルエットをコンセプトに細身に仕上げており ファッション性が高い分ワークシーンでは動きにくい声がありました。 今作はワークシーンを基準に作ったので、前作より肩幅や身幅を広く取り より動きやすくなりました。 ワークでもプライベートでも活躍できるデザインなので、よりスタイリッシュに着たい方や 前作のサイズでちょうどいいという方は普段のサイズより1サイズ下げて選ぶのがおすすめです。 ◆右腕のエンブレム刺繍(※半袖ポロシャツのみ) 半袖ポロシャツには、右腕に「エンブレム刺繍」をあしらいました。 プリントでなく本刺繍にすることで立体感が出、より特別感のある仕上がりです。 モノトーンの落ち着いたデザインも魅力のエンブレムです。 【実際に着てみました】 身長178cm、体重71kg、ウエスト82cm の男性スタッフに着てもらったところ、 Mサイズでぴったり! でした。 というのも、ポロシャツの着こなしにも好みがあると思うのですが このスタッフはポロシャツは小さめに着たい派。 作業着として動きやすさを求めるならばゆとりを持ってLサイズでもよいのですが、 せっかくこんなに凝ったポロシャツをゲットするならば プライベートで着たい!とのことで小さめのMサイズを選ぶとのことでした。 あなたのお好みに合わせてサイズを選んでみて下さいね☆ 素材:ポリエステル65%、綿35% 76Lubricants ナナロク 長袖ポロシャツ No.76 1609 2016 WEX 新作 ナナロク 赤字超特価

バッテリー充電器セット VES WARMER ベスウォーマー ヒーター内臓ホットソックス VK LR 正規品,お買い得

→■電気で温まるベスト!!■ →■電気で暖める手袋!!■【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■小さなサイズはコチラ■ 【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 私もそろそろ作業用品の販売に関って来年で19年(笑)。いやぁ、驚きです。この業界に19年いた事が驚きじゃなくて、学校を卒業してもう19年経過している事にただただ驚きます。さすがに19年も販売に携わっていると、流行に取り残された感が強い作業用品業界も確実に進化を繰り返してきているなぁと感じます。 私がこのお店に入社した時は、作業着なんて「アースグリーン」って呼ばれる薄い緑色がメインカラーでした!!(分かる~!っていうお客様も多いのでは??)そして、作業用の手袋は軍手・革手・ゴム手が主流で、今主流のPU素材なんてありゃしませんでした。 カッパなんて上下で売っている商品なんて数えるほどしかなく楽しい買い物なんて呼べるレベルではなかったですし、ツナギはほとんどが「スtランドカラー(立ち襟)」でした。ただ確実にその分野においてもスタイリッシュ化がすすみ、今までは「在るものから選びなさい」という作業用品の販売スタイルから、様々な職種やニーズに合わせ、 実に多様化された商品開発が進みました。 その時の流れの中で、基本的には「カジュアルでヒットした素材、機能の後追い」要素が強かったんですが、中には全くカジュアルの流れを汲まない「独自の進化」を遂げたアイテムがあります。それは、 空調服(両下腹部にファンがあり、空気を対流させ涼を得る) っていう、奇想天外なアイテムが業界で空前の大ヒットを記録しました!! 今でこそ、引く手あまたな空調服ですが発売当時は冷ややかな反応でした(きっとそれはメーカーさんが一番感じていますよね)。バッテリーを積み、両下腹部で「ヴ~ン」と音を立てながら作業着が膨らむ様は、決して当時受け入れられるものではなかったわけです。 ですが昨今の過酷な気温下での作業に向いているとなるや、信じられないくらいの大ヒット。今では「夏用作業着といえば空調服」と言われるくらいの影響力を持つ作業着に進化いたしました。 実はカジュアルの後追いよりも、最初は冷ややかな反応でも地道に効能を伝える努力をして華開くような商品の方が、 人気が持続する傾向が強い です。今回、ご紹介する商品もまさにそんな商品。「え~。そんなの仕事に向かないよ」っていうお客様、数年後にはどんな防寒服よりも、どんな高機能肌着よりも大人気になっているかもしれませんよ。まさにこういう「まだ世に認知されていない商品を紹介する」事こそ、インターネットを用いた作業用品店の役割だと思うわけです。 今回、ご紹介する商品は・・・ 衝撃!電気で温まる防寒靴下!! です!! 「・・・。靴下?靴下って消耗品じゃないの?」っていうお客様、私(作者)もそう思います。では、一体何処が新しいのか?!それらをじっくりご紹介いたしましょう☆ 【電気を使った防寒具では結構有名!ベス・ウォーマーシリーズ!!】 ■とにかく暖かい!ヒーター内臓!・・・恐らく、この広い日本中探しても「電気で暖める靴下」っていうのはそうそう無いんじゃないでしょうか。通常、電気を使用するヒーターは電線を通して「暖かく」なるように作られているのですが、さすがに素足に電線では危なくて仕方ありません。そこで電線の変わりに熱伝導率の高いカーボンファイバーを使用し、効率的、かつスピーディに発熱します。 ★トラブル解消・・・今までのヒーターのメカニズムは単純に電線・電熱線を用いていたので、ハードなお仕事についていけず断線などのトラブルが絶えませんでしたが、今回は前述通り カーボンファイバー(炭素繊維)を使用しているので断線の心配がなく 、密集した繊維が瞬く間に熱を伝えるので、電源を入れてから1分以内にMAXの90%まで発熱効果を発揮します。 ★暖かいその理由は・・・靴下って夏も冬もムレやすい衣料品。防寒だからといって靴下全体を発熱構造にすると暑すぎる、または低温火傷の原因に繋がってしまいます。そこでこの商品では足の裏、土踏まず部から各指の付け根あたりの一帯を発熱帯にしておりその一部が発熱することにより指先に温まった血流が流れ、冷たくなりがちな指先もホットになるというメカニズムです。 ★もっと考えました・・・ただ単純に電気の力を借りて暖めようという商品ではありません。靴下自体にも工夫がされており、素材はしっかりとした綿86%、その他14%で構成されており、通常市販されている靴下よりも厚生地になっていてこれだけでも十分暖かさそうな雰囲気です。 長さもロングソックスほどあり、最上部はふくらはぎをすっぽり覆うほど長いので「靴下だけ暖まって足が寒い・・・」なんてこともなさそうです。またバッテリーはふくらはぎ部裏にあり運動上、全く問題のない位置に小型のバッテリーを左右それぞれ搭載します。バッテリーから発熱部までは電線が通るわけですが、この電線においても足の脇をスルスルッと通す形になっているので、これまた全くストレスを感じません。バッテリーの位置、配線、どちらも良く考え抜かれた位置に装備されており、この位置に落ち着くまでは企画者さんの血のにじむようなトライ&チャレンジが何度も繰り返されたことだろうと思います。 どうです??ただでさえ暖かい厚地の靴下に更に暖かくて断線の恐れがないヒーターを内蔵し低音やけどの心配が少ない優しい防寒性を実現した靴下なんてなかなか見かけませんよ。 早速、私が実際にこの靴下を履いてみました!! 普段履くスニーカーのサイズ:25.5cm、ナイキ:26.5cm 私が履いてみたところ・・・Lサイズでピッタリでした。っていうか、私はお客様の変わりに身を投げ打ちました。肌着って試着レポートが出来ませんので、 私が実際に買ってからの体験 です。冒頭にも書きましたが、正直相当気合が必要ですね。だって靴下ですよ!!靴下に10,000円以上の金額は生まれて初めて出しました(笑)。既に申し上げましたが、靴下って消耗品、いつかは捨てちゃうものですよね??私は身銭を切ったときから、 決して捨てまい。と心に決めました(笑)。とはいえ、普通の靴下として使っていては持って一ヶ月の運命です。そこで私は考えました!! インナーソックスとして使おう。 つまり、この靴下を履いて更に上から靴下を履きます。これであれば痛むのは上に靴下でありインナーソックスであるこの靴下は無傷です。 さっそく素足に装着し、バッテリーを繋ぎました。うん。バッテリーも配線も今のところ気にならないです。普通の靴下ですね。締めつけというかサポート性はロング丈の長さもあってスポーツソックスに近いです。しっかりと締め付ける感覚はとても心強い印象です。少なくても数回の洗濯でダメになってしまうような素材・質感ではありません。 早速、手元のスイッチをオンにすると・・・。え?驚きです。スイッチ入れた途端暖かさを実感できました。こんなに温まるの早いの??っていう感覚です。こりゃ凄い。寒い!って思ったらすぐスイッチを入れたら即暖かくなります。暖かさは3段階で調節が可能です。バッテリーの持続時間は 最大で7時間 という事ですので、昼休憩はスイッチを切ってもらえたら基本日本の労働基準(8時間勤務)には対応します(笑)。 今回は、事務所の中での体験でしたが、次回は是非通勤で試してみたいです。きっと長靴など履くお客様ならこの手の靴下ってすぐ効果を感じてもらえるのではないかと思います。また、冬場のトラック運転手さんや、運送業、引越し屋さんなど目的地まで運転している間、足元って想像以上に寒くてかじかんできますが、その時間帯にスイッチを入れていただけましたらきっと快適な運転業務になると思います。 そして屋内事務仕事、基本的に足元寒くない私はどうやってこの靴下の元を取ろうか考えていましたが、案外すぐみつかりました。私はこの先行投資、 趣味のスノーボードで使います♪ リフトもゴンドラも乗っている時って足元が寒い寒い!!もう滑るのやめようかなって思えるくらい寒いです。そこで滑っている間は基本電源を入れっぱなしで楽しもうと思います!!もちろん、この商品がスノーボードに推奨されているわけではありませんので、使い方や怪我の防止方法は私自身が責任を持つ必要がありますが、10,000円の投資をしたからには何が何でも活躍してくれないと困るわけです!! 私のようにルールを守れば基本、使い道は無限大なので毎年足元寒くて嫌になっているお客様は是非、この靴下を試してみてください!! カート(買い物かご)に入れる時、かなりの気合が必要なので入れてしまった後は一気にご注文を完了した方が葛藤の渦に巻き込まれてしまいます。 バッテリー充電器セット VES WARMER ベスウォーマー ヒーター内臓ホットソックス VK LR 正規品,お買い得

76Lubricants ナナロク 半袖ポロシャツ No.76 1608 2016 WEX 新作 ナナロク 豊富な,格安

ナナロク好きが作った ナナロク好きのための ナナロクポロシャツ。 これぞナナロク! 細部までナナロクらしさが詰まったデザイン性の高さに注目。 生地や形は王道のポロシャツを踏襲しながら、ポケットやプリントのデザインでアクセントを加えた、ナナロクならではのポロシャツです。お仕事はもちろんのこと、プライベートでも着られるデザインが最大の魅力。 【デザイン・機能】 ◆ナナロクBIGロゴ 一番のアクセント、半袖は右脇、長袖は右袖に大きく入ったロゴプリント。 シルバー・ブルーには白のプリント、ブラックには白だと浮きすぎるので、 あえて色味を抑えたグレーのプリントが施しました。 ◆襟裏プリント 首裏の襟にも注目。 ポロシャツといえば襟を立てて着るのがオシャレの鉄板。 このポロシャツは襟を立てたときに見えるように、首の後ろにもプリントをあしらいました。 是非襟を立てて着て下さい! ◆ペン差し機能付きフラップポケット ポロシャツには珍しいフラップ(上蓋)+ボタン付きの胸ポケットは、 ワークシーンで必須のペン差し機能付きです。 フラップを閉じたままでもペンが差せるよう、フラップ上部に便利な穴を開けました。 また、この胸ポケットには決して表面からは見えないこだわりがあるんです! ポケットの内側って、目に触れることがないので生地の端の処理がきちんとなされていなかったり、 端ミシンだけということが多いのですが、 このポロシャツは内側の処理を徹底し、ワークウェアとしての耐久性を高めました。 宛て布で補強しほつれにくくした上に、更に端ミシンを掛けて処理しているんです。 こんなところまで気をつけているなんて、きっとほとんどの方に気付いてもらえないと思ったので あえてここで書かせて頂きました(笑) ◆扱いやすい王道「カノコ」 生地はもちろんポロシャツの王道・「カノコ」と呼ばれる立体的な織り生地を使用。 肌に接触する面積が小くなるため、肌あたりが軽やかで通気性が高い特徴があります。 前作のポロシャツは綿100%でしたが、今作はポリエステルを混ぜることで しわになりにくく洗濯後の乾きも早まり、より扱いやすくなりました。 ◆動きやすいサイズ感 ワークシーンで動きやすいよう、ワーク基準のサイズ感に仕上げました。 実は前作のナナロクポロシャツは、スマートなシルエットをコンセプトに細身に仕上げており ファッション性が高い分ワークシーンでは動きにくい声がありました。 今作はワークシーンを基準に作ったので、前作より肩幅や身幅を広く取り より動きやすくなりました。 ワークでもプライベートでも活躍できるデザインなので、よりスタイリッシュに着たい方や 前作のサイズでちょうどいいという方は普段のサイズより1サイズ下げて選ぶのがおすすめです。 ◆右腕のエンブレム刺繍(※半袖ポロシャツのみ) 半袖ポロシャツには、右腕に「エンブレム刺繍」をあしらいました。 プリントでなく本刺繍にすることで立体感が出、より特別感のある仕上がりです。 モノトーンの落ち着いたデザインも魅力のエンブレムです。 【実際に着てみました】 身長178cm、体重71kg、ウエスト82cm の男性スタッフに着てもらったところ、 Mサイズでぴったり! でした。 というのも、ポロシャツの着こなしにも好みがあると思うのですが このスタッフはポロシャツは小さめに着たい派。 作業着として動きやすさを求めるならばゆとりを持ってLサイズでもよいのですが、 せっかくこんなに凝ったポロシャツをゲットするならば プライベートで着たい!とのことで小さめのMサイズを選ぶとのことでした。 あなたのお好みに合わせてサイズを選んでみて下さいね☆ 素材:ポリエステル65%、綿35% 76Lubricants ナナロク 半袖ポロシャツ No.76 1608 2016 WEX 新作 ナナロク 豊富な,格安

TULTEX タルテックス フリース裏アルミハーフJIPミドルレイヤーウェア 10331 2016 WEX 防寒 インナー 作 服 赤字超特価,爆買い

■最安値コンプはコチラ■ 必見、製作者が語るアピールポイント!!  きましたね~、この時期が・・(汗)。暑くて汗かいているわけではなくて、忙しくて汗かいているわけです・・・。 まさに今が「嵐の前の静けさ」のように、お客様からのお問い合わせも、ご質問も落ち着いているんですが、我々制作班は、現在異常なモチベーションで掲載作業に没頭しています。 朝来ると、机が見えないほどの荷物がド~ン!と積んであり、メモ書きで「撮影お願いしま~す」と一言・・・。それらを撮影し、編集し、ページとして仕上げてゲッソリして会社を後にするんですが、次の日にはまた「撮影お願いしま~す」とメモと一緒にドサッと置いてあります。毎日、これの繰り返しでこの生活がこれからほぼ1ヵ月半、続くわけです(苦笑)。ですから、今社内では「制作班が殺気立っており」、一方受注や問い合わせ班は割と時間通りに帰れたりしちゃいます。社内は今、不思議~な空気感ですが、今日もホットな情報をお届けします!!(←古ッ)  今回ご紹介する商品は・・・、なかなかの商品ですよ!!実はこの商品の前に 2アイテム、掲載待ちの商品があったんですが、優先度を考えると今回ご紹介する商品が高いと思い、順序をすっ飛ばしてのご紹介☆ です!!そう、それは、 新基準・ミドルレイヤー・インナーウェア ・・・、「そうだね、インナーだね。他で売ってるのと何か違うの?」と画像をみた限りなかなか他のインナーと判別つかないのは当然っていえば当然です。今回ご紹介する商品は、既に当店でもチョコチョコ賑わせている「TULTEX(タルテックス)」というブランドのワークウェア。冬場を意識したインナーウェアのご提案なんですが、これが何とも◎なコンセプト何です☆  それは、 使い方次第では、ミドルレイヤー(中間着)として大活躍する可能性がある とても、使用用途の広いアイテムなんです。 「ミドル・・・、何それ?」というお客様も多いかと思いますが、ミドルレイヤーとは直訳すると「中間着」、中間着を分かりやすくいうと、 防寒着ほどゴツイアウターは必要ないが、シャツ1枚ではちょと寒い なんて時に着る、 秋口はアウター(外着)として、冬にはインナー(肌着)として着用出来るスグレモノ の事です。ですから、夏場を除いて1枚持っていると何かと融通が利くワークウェアです。 【中間着だけが特徴じゃない!この商品のすごい所!!】 ■ふく射熱作用・・・裏返すと目を見張るのがところどころ「銀色に光る」部分。実はこれ「アルミプリント」という反射剤。何を反射するかというと、「体温を反射」します。裏地にアルミプリントを施すと体の表面温度をアルミで反射し、体温が冷たい外気へ放出されるのを防いでいます。自身の体温で保温するので、衣服内が異常な暑さになることはなく、しかも一般の防寒着のように中綿を使用することもないのでスリムに一定の暖かさを得ることが可能です。 ■遠赤外線効果・・・正直、上記「裏アルミ」だけでも十分な暖かさを得る事が出来るのですが、この商品それだけではなく、 遠赤外線効果による保温 も実現しています。遠赤外線っていうのは、日頃から私たちは恩恵を受けている「太陽光の一部に含まれる」目には見えない光線で、簡単に言うと照射により当てられた対象物(人)が「温まることが出来る光線」の事を遠赤外線っていいます。ですから、「サウナ」もそうですね。ただあの個室に座っているだけで汗が吹き出てくるのは湿度のほかには「遠赤外線」の効果が大きいです。 ■軽量・伸縮性・・・表生地にはフリースを採用。この部分は今年扱っているコンプレッションにはないTULTEX独自の仕様。フリースを用いる事によって、抜群の軽量感とフリースの持ちえる高ストレッチ性、見た目にも良くなるのでアウターとしても着用出来る事が非常に良い結果になっていると思います。ざっくりとしたフリースではなく、マイクロフリースといって肌触りもとても良い作りになっています。  今まで掲載してきたインナーウェアって何をどう着ても「インナーはインナー」なんですが、この商品は秋口には「アウター」として冬には「インナー」として着用していただけるので、 長く着用出来るという事が、この商品の最大の特徴です。  上記の通り、ワーカーを寒さから守る機能・特性は十分です。パッケージにも自信満々に表記してありますが、このインナー、 着用する事により+3℃の効果アリ☆ と明記されています。この3℃の効果って大きいです。人が寒さを感じる気温って大体15℃くらいからってよく聞きますが、+3℃効果であれば15℃の気温下で着用しても18℃くらいには保温されるわけですから、18℃だと寒くは感じませんよね? 最後に本日、手元に届いた商品を実際に着てみました!! 伸長:178cm、体重:71kg、ウエスト:82cm、普段着るTシャツのサイズ:Mサイズ の私が着てみたところ・・・、 中にシャツ1枚着ている状態でアウターとして着るならLサイズ、インナーとして着るなら袖丈がちょっと短くなるけどMサイズ がベストサイズでした。まずは、アウターとして着てみましたが、非常にイイですね☆フリースが要所要所でストレッチが効いて非常に着ていてストレスを感じません。  インナーとして着用すると表素材のフリースがアウターの裏生地と摩擦を起こし、多少モタつくことが難点です。まぁ、フリースなので仕方の無い部分もありますが・・・。  とても良いインナーシャツだと思いますし、今時期(10月)だとアウターで着用することも可能だと思うので、本当に商品価値が高い商品だと思います☆ただし、ここのメーカーさん、非常に全国にお客様が多く、人気商品は即終了・・・(泣)ってこともしばしば起きますので、是非、欲しいと思った時に在庫があれば、即座にご購入いただけることをお勧めいたします。 TULTEX タルテックス フリース裏アルミハーフJIPミドルレイヤーウェア 10331 2016 WEX 防寒 インナー 作 服 赤字超特価,爆買い

76Lubricants ナナロク ”着圧”コンプレッションインナーウェア No.76 CI111 2016 WEX 年間 インナー 低価,お買い得

【価格で選ぶならコレ!】 →「BURTLE」コンプレッションウェア発売予定日発売中掲載予定日掲載中 ■■■商品説明文■■■  私(作者)にとってホッと一息をつける日って訪れるのでしょうか。本日、新商品入荷が止まらない当店屈指のワークブランド「ナナロク」にまたまた新商品が私の手元にお届けになりました!!  何やら小さく折りたたまれたパッケージ・・・、「ん?Tシャツ?肌着?ナナロクはとうとうその分野まで進出したのかい??」と思ってパッケージから商品を出してみると・・・、え!!!という驚きの正体でした!  その正体は・・・、 当店でもおなじみのコンプレッション・インナー!!! でした。いやぁ、有る意味、Tシャツや肌着よりもビックリしました。まさに穴場ですよね?!それでいて言われてみると「ナナロクから発売されていても可笑しくはない」ともいえますよね。なるほどぉぉぉ~とデスクで一人で納得していました。  コンプレッションとは、直訳すると「着(ると感じる)圧(力)インナー」、つまり 筋肉を締め付け、筋肉運動を科学的にサポートする衣料 なんです。スポーツ選手や、市民ランナーなどよ~っく見ると皆さんこの着圧インナーを着用されています。ア○ダーア○マーさんとか超有名ですよね??ナナロクのコンプレッションは、そんな本格的な運動をされる方向けではなく、日ごろ筋肉を使い屈強なワーカーさんを より逞しく、そして動きやすく そういった意味合いで製作されました。  一言に「着圧!」って言っても、その機能性や特徴はまさに「千差万別」であり「十人十色」です。様々な効果や機能があり、様々な目的を持って製作されているので、着圧インナーをお探しのお客様はその辺りをポイントに商品選びをされますよう、お願い申し上げます。  ナナロクの着圧インナーは、そのカラーリングにも特徴がありますが大きな特徴はそれではありません。この商品にはナナロク開発者が商品にこめたアツい想いがぎっしりと詰め込まれています。語るにはあまりにも多い特徴&機能をご紹介いたします!! 【ただの”ピタT”じゃありません!機能性抜群のインナーウェア】 ■ハイネック仕様・・・首元を大きく覆うことが出来るハイネック仕様になっているのが当店他の品ぞろえではありえない仕様です。だって、今”夏”ですからね。しかし、ナナロクはあえて「仕事用インナー」を考えるとき「ハイネックであるべきだ」と考えた訳です。ハイネックは往年のワークウェアといえばハイネックという事から採用しました。そういえば野球選手のコンプレッションもハイネックでしたよね。。。 ■独特な肩縫製・・・当商品の肩部は複数のパーツにより生成されており、特に肩上部を覆うパーツには通常の縫製では得られることの出来ない立体的な着心地(肩の周囲どこにもストレスが生じない)を実現しています。 ■ここまでヤル?裾ストッパー・・・他の着圧商品と圧倒的に異なるのは裾が捲くれ上がることがないようにゴム製のストッパーが「裾全体をグルッと覆って」います。これにより裾が捲くれてピタピタなのにシワシワな着心地ではなく、いつも・どんな時も・動いていても裾が固定されることによりしゅっとした見た目を演出する事が可能です。 ■脇下・肩甲骨部はテンション違い・・・単にツートンで作られている訳ではありません。この色が変わっている部位はそれそれボディ生地とはテンションが異なり、異なる力量で伸縮します。そのため筋肉はいつも適正な位置に固定され、ベストな機動性を生み出します。 ■エレ○バン・・・肩から肩甲骨にかけて何やら磁気を帯びた「エレ○バン」的な物体が・・・。実はこれ、丸い伸縮性の無いプリントを生地に上から乗せることにより更に部位によっては伸縮性に違いが出るように付けられた後加工です。残念ながら、相当シビアな設定のようで、着ていてその効果を感じる事はありませんが見た目的にも良いアクセントになっていますから、ひとまずはOKではないでしょうか。 ■プリント・・・今回ナナロクといえば「至る所に”ロゴプリント”」ですが、今回はそういう意味ではオトナしめ・・・(苦笑)。どちらかというとロゴによる存在感というよりは、溢れる機能性と、そのカラーリングでナナロクを主張しているように見えます。ちなみに首元に「union76」、左手に「HIGH PERFORMANCE MORTOR OIL」とプリントしております。素材はポリエステル80%のポリウレタン20%の混率で仕上げられており、ポリウレタンが混ざる理由は「伸縮性を持たせるため」だと思われます。そんなノビノビ素材が20%も含まれるわけですから、フィット感があるのは当たり前でその着心地もポリエステルのサラサラが利いていて、とても気持ちがいいです。腕を伸ばしたり縮めたりすると、ちゃんと肩甲骨の生地がテンションが利いているのも実感できますよ!いろんな意味で着用の場が広がるウェアをナナロクが開発してくれました!! 普段全くといっていいほど私には縁遠い「着圧ウェア」ですが、試着してみました!! 身長:178cm、体重:65kg、胸囲:100cm、ウエスト:82cm、普段着るTシャツのサイズ:M(インポートではS) の私が着てみたところ・・・、 Mサイズで締め付けが気持ちイイ!! でした。今まで当店が発売してきたコンプレッションと明らかに違うのが「着るときキツイ」です(苦笑)。しかし着用してみるとしっかり圧力を感じますのでこれがジャストサイズであると考えます。 見た目にこだわりシャープな見た目に仕上げたいお客様は「BURTLE」さんのコンプレッション、適度な着圧で落ち着いた雰囲気を望むお客様には「TS DESIGN」のコンプレッション、しっかりとした着圧で、バリバリ目立つ見た目がお好みのお客様は当商品 がオススメ。  速乾性が良いので、夏場の屋外競技やレジャー、スポー、ジョギングや、ファーマー・漁師さんのインナー着として、はたまた半袖Tとコラボしてオシャレにレイヤードとしてタウン着などにも最適。  ナナロクが作った、ナナロクらしいコンセプトの着圧インナーを是非お試しください!! 76Lubricants ナナロク ”着圧”コンプレッションインナーウェア No.76 CI111 2016 WEX 年間 インナー 低価,お買い得

Snap on スナップオン インナーデニムパンツ SNO ID151 2016 WEX 新作 年間 インナー 新品,高品質

→■お揃いのシャツ(丸首)はこちら■ →■防風ジャケットはこちら■ 【ページ制作者が語るこの商品のイイトコロ☆】 大変お待たせいたしました!! 昨年発売になったSnap-onハイネックシャツが大反響。 今年は万人受けの「丸首タイプ」と、パンツをご用意しました!! インナーデニムパンツと謳っていますが、薄手のスウェットのようなパンツなので、ツナギなどのインナーにするだけでなく、部屋着やおしゃれ着としてもおすすめのおしゃれパンツです。 【スナップオン・インナーデニムパンツ】 ■素材・・・綿65%、ポリエステル35%の綿高混率素材。何故綿の配合が多いかというと、やはりそれはワーカーの事を考えての事。綿は吸汗性が高く肌に馴染みやすいが、「型崩れをしやすい」という事と、「洗濯の乾きが悪い(遅い)」というデメリットも併せ持っており、この二つの問題を解消するのが「35%のポリエステル」。たった35%異素材を合わせることにより、ワーカーとしては嬉しい「長期間の着用」が可能になるんです。綿100%で仕事を着用すると「アッ!」という間に伸びてダラしなく見えてしまうことが難点。 逆にポリエステル高混率の場合は、洗濯後の乾きは早いのですが、毛玉ができやすく静電気が起きやすくなるというデメリットがあります。 このパンツの良いところは、リーズナブルな価格で手に入りながら、その持つ寿命を大幅に超える商品寿命を有しているという点。作業着として買うなら、どんなにオシャレであっても、どんなに安かったとしてもやっぱり長持ちしてくれないと本当の意味で役に立ったとはいえません。 ■スウェット&デニム イイトコ取り!・・・この商品、形は薄手のスウェット。それも今流行りの裾に向かって少しずつ細身になっていくテーパードタイプで、裾のダボつきを抑えたきれいなシルエットが特徴です。ウエスト部は安定感のある幅の広いゴム(幅約5cm)入りで、そこにこれまたがっちりとしたヒモがついてウエスト調節が可能になっています。ウエストの前右側には1本だけベルトループが。そう、カギをひっかける人のために、ここに1本だけ付けたんです。なくてもいいけど、あったら嬉しい。シンプルに見えて、実はこういうちょっとした細工がされているのがこの商品の魅力かもしれません。色はネイビーとブラックの2色をご用意。生地はデニムを意識し、ネイビー×白、ブラック×白というように、白い糸と一緒に織ることで、デニムのような色のムラ感、風合いを出しました。また、一般的なスウェットはポケットが2つ~多くても4つというものが多いですが、このパンツには5つもポケットが付いています。 これも実は「デニム」を意識したデザイン。デニムにはサイドポケットの中に、コインが入るくらいの小さな「コインポケット」と呼ばれるポケットが付いており、この商品もジーパンに倣ってコインポケットを付けたんです。とはいっても本当にコインが入るだけでは役に立たないので、ポケットティッシュが入る大きさにしたのがミソ。お届け時も、デニムを意識しヒップポケットにフラッシャー(紙製のブランドラベル)がついた状態でお届け。※この商品は箱には入っていません。 ■オトナ・デザイン・・・「え?どの辺でスナップオンって分かるの?」っていうお客様。それが今回の「狙い」でした!!世の中のカジュアルTシャツで一番売れる色が「黒」っていうのと同じ原理で、つまり 上にどんな服を持って着ても、決してコーディネートがおかしくならない ようにする事が目的で、カラーはシックな2色、デザインもあくまで上の服を引き立てるようにと、あまりスナップオンのブランドを誇張する事の無いように開発面で気を配りました。 スナップオンとして第三者が認知できるのは、左サイドポケットの白ワッペン、それと右ヒップポケットの赤タブの2箇所のみ。つまりは近くで見ない限りはスナップオンだという事は第三者には分かりえません。これぞ「主張しすぎないオシャレ」というヤツです☆ 早速男性スタッフに着てもらいました!! 身長:170cm、体重:60kg、ウエスト:73cm、普段着るTシャツ・インナーのサイズ:S~Mサイズ(タイトに着ます) の男性に着てもらったところ・・・、 素肌の上に着用でMサイズでワークウェアとしては十分なゆとり があり、生地がサラサラして素肌にとても気持ちよいとのこと。仕事用や部屋着としてならMサイズが動きやすく、おしゃれ着として着るならSサイズがあればよかったなぁとのことでした。すみません、今回はMサイズからの展開となっております・・・ この商品、ニットですから ストレッチが効いていて伸縮性が高い! です。特に横方向に伸縮するので、ピッタリ着てもかなりカッコ良く着れるのではないかと思っています。  スナップユーザーの方にはもちろんの事、メカニックさんや車屋さん、バイク屋さん、もちろんスナップオンをご存知ないお客様にも決して損をしたと思わせない価格設定だと思います。 単位(cm) サイズ ウエスト 股上 股下 渡り 裾幅 M 78 26.5 74 30 13 L 84 27.5 75 31 13.5 LL 90 28.5 76 32 14 3L 96 29.5 76 33 14.5 Snap on スナップオン インナーデニムパンツ SNO ID151 2016 WEX 新作 年間 インナー 新品,高品質